FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

ぽっぽが千林にやってきた! 

先週の土曜日に、私の住むローカルな
大阪市の千林というところに
民主党議員の応援で
鳩山代表がやってきた。

ダイエー発祥の地で、近くに千林商店街
があり、いわゆる大阪の下町のおばちゃん、
おっちゃんが多く住む街にやってきたのだ。
 

街頭演説など生まれてはじめて聞くのだけど、
用事もなかったし近所なのでツレと聴きに
いった。

写真だけとって去る人、
「どれが鳩山かわからんわ」と言って
去る人もいたが、動員のひと以外に多くの
人が演説をききにきていたような気がする。


一号線の道路脇の狭いスペースに
車がとめられ今回の衆議院選の候補者のあと、
鳩ちゃんの演説があった。

「民主党支持者、自民党支持者、公明支持者・・
いいじゃないですか。
みんなで官僚主導政治をかえていこうじゃ
ありませんか。」
ということを言われていたのが一番印象に
のこった。


麻生首相のアニメ好きでアニメの殿堂
建設については言及するが、アニメ業界従事者の
劣悪な労働条件についての発言はないが、
鳩ちゃんはちゃんとふれていた。


今日、民主党のマニュフェストが発表された
らしいが、麻生首相は効果のとぼしい
ご自分が提案した定額給付金給付のことを
もう忘れたのか、民主党案はバラマキ
だとか「民主党案は財源が定かでない」
といつもの決まり文句。


自民党は「埋蔵金などない」と何年もいって
いたくせに、補正予算に7兆円以上も埋蔵金
から調達している。


埋蔵金の確かな総額は与党でなければわからない
と思うので、政権交代すれば埋蔵金の総額が
明らかになるだろう。

植草さんが、
バラマキ予算と景気対策のことを書かれている
ので下記に一部転載します。

===========

★2009年7月22日 (水)
「麻生首相が強調する景気回復重視論の欠陥」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-d000.html


>麻生政権は3度の補正予算編成で、追加財源として
27兆円もの真水を調達した。
(国債の増発:18.7兆円、埋蔵金の利用:7.6兆円)


>GDP比5%を超す史上空前のバラマキ予算が
編成された。
これだけの巨額の国費をバラマいて、経済が底入れ
しない訳がない。


2009年7‐9月期GDP成長率は、経済崩壊の
反動で高めの数値になる。この発表日が総選挙
公示日前日の8月17日に意図的に設定された
可能性がある。
この「からくり」をあらかじめ指摘しておくべきだ。


(本年5月の生産指数が)>3割も低いということは、
依然として、深刻な失業、倒産、所得減少が持続している
ことを意味する。とても「景気回復」などと呼べる代物
でない。


>補正予算を3度も編成したのは、麻生政権が経済
金融の見通しを誤ったためである。対応が遅れ、
補正予算の規模が大きくなった。最後の補正予算は
2009年度の補正予算である。


麻生内閣2009年度補正予算の内訳

>公的部門の施設整備費:2.8兆円、
>58の政府の基金:4.6兆円

>役所の公用車購入1万5000台=588億円、

>役所等の地デジ対応テレビ購入7万1000台=
71億円、

>大盤振る舞いの補正予算で、役人が使用する
公共施設に巨額を注ぎ込んだ。


>マンガ・アニメの殿堂には建設費だけで117億円が
用意される一方、
生活保護の母子加算200億円は切り込まれたまま
にされた。


>役人お手盛り予算満載と、「エコカー」、「エコ家電」
支援策などの経団連企業への巨大補助金政策を軸とする
補正予算である。


★2009年7月24日 (金)
「民主党対自民党:経済成長を促すのはどちら」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-5212.html

>私はかねてより、
a.特定産業救済型の景気対策
ではなく、
b.購買力付与型の景気対策
が望ましいと述べてきた。


>公共事業はa.の典型例である。地方の
建設業が厳しいから景気対策で公共事業を増やす。
こうした景気対策は、景気対策で恩恵を受ける
事業者が特定され、政治利権と
結び付きやすい。

>また、本来は縮小しなければならない産業を
延命させる側面をも有し、経済構造の変化を
妨げる要因になる。


>これに対して、購買力付与型の政策は、失業給付、
育児手当、各種助成金などにより、個人に購買力を
付与する政策を指す。

>可処分所得が増加した個人は、それぞれの自由な
意志により、支出先を定め、支出を拡大させる。


>この支出拡大によって恩恵を受けるのは、伸びて
いる産業である。支出の内容を政府が決めるので
なく、市場メカニズムに委ねるのである。

>政府の施策は個人に対する可処分所得増加策で
あるから、利権にはなりにくく、汚職も生まれにくい。

 
投票権の重さ

一年間の国家予算:約80兆円(一般会計)X4年間

スポンサーサイト



category: 健康

cm 4   tb 0   page top

コメント

-- =320万円

有権者数:約1億人



一人、320万円(車が買えます!)の投資です。



選挙にいきましょう!

また、最高裁判所裁判官に×を!


#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXTENDED BODY:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXCERPT:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

KEYWORDS:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/976-7479ec2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ