FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

オーストラリア★★★ 

ニコール・キッドマンと
X-マンのヒュー・ジャクソン
主演の映画「オーストラリア」をみた。

日曜日の夕方にみにいったけど、大ホールだったのに
がらがら。始まったばかりなのに、かなり景気
がひびいているのかなぁ?


冒険と愛がいっぱいの映画でした。
オーストラリアびいきで、オーストラリアの
アウトバックの大好きなあずーるには
とても満足な映画でした。

監督も出演者もオーストラリア人だから、
オーストラリアの素晴らしいアングルが満載。

アボリジニーのおじいさんは
「クロコダイルダンディー」にも
主演したことのある、ノーザンテリトリー
のアーネムランド出身。
英語のうまい(時代背景にあっていないけど)
アボリジニーの子供ナナは
西オーストラリアのブルーム出身。

アウトバックの広大な景色、パースに住んで
いた時に旅行したことのある西オーストラリア
のバングルバングル、NTのカカドゥ、
バオバブの木、さえぎるもののまったく
ない夕焼け、砂漠など、大画面で迫力満点。
1500頭もの牛追いのシーンがはらはらどきどきで、
大迫力。

時代設定は、太平洋戦争で日本軍がダーウィン
を攻撃する前後。


ニコール・キッドマンは英国人の貴族で遠く離れた
夫の牧場に一人でやってくるという、気が強く、
プライドの高い女性サラ役を演じている。


英国系の貴族の偉そうな英語と、ねちゃっとした
オーストラリア英語、
自分のことしか考えていない白人の金持ちと
労働者階級の男尊女卑で教養のない白人、
勇気のある仲間を大切にするアボリジニーの
人たち。またドローバーのようなアボリジニー
の人たちと公平につきあう白人からは
なかまはずれにされる。


ヒュー・ジャクソンは、束縛されるのがいやな
ドローバー(牛追い。英語ではカウボーイ)
を演じるが、正義感の強い、でも何でもそういう
もんだとあきらめ権力にはさからわないでいた
保守的なマッチョの労働者がサラの影響か
少しづつかわっていく。


ダーウィンに到着したときと、映画の
終わりのサラのかわりようがおもしろいが、
泥だらけになってもニコールはやっぱり綺麗。


アウトバックではじめてカンガルーがトラックの
横を通るのをみて「ビューティフル」っていう
サラの気持ちがよくわかる。
ほんとアウトバックで出会う野生動物には感動
する。

アボリジニーの文化や白人の同化政策で
子供達の施設への強制収用(Stolen Generation
失われた世代)にもふれていたし、女性や
アボリジニーの人はバーにはいれなかったり、
白人とアボリジニーの間に生まれた子供は
警察につれていかれるとか、白豪主義
についても正しく描かれていた。


アボリジニーのドリーミング(神話の
ようなもの)のレインボー・サーパント
(虹色の蛇)とオズの魔法使いの
夢がかなうという歌♪(虹もでてくる)の
ひっかけは、ちょっと無理がある
ようなかんじだったけど。


映画のはじめに、英語でアボリジニーの人は
亡くなった人の名前がでてくるので注意して
くださいというコメントがでてたし、
最後に、2008年にオーストラリア政府
(労働党ラッド首相)が公式に
Stolen Generationのアボリジニーの人たち
に対して謝罪したこともでてきた。


ナナはブラックでもなくホワイトでもなく、
クリームだって言っていた。
多くのアボリジニーの人たちが現代の豪州でも
悩んでるアイデンティティーの問題。


この映画をみていても、アウトバックでは
法などあったって関係ないから
自分を守るために銃が必要というのも
わからないでもない。

豪州にいるときに、「ドローバーの妻」
という短編の本をよんだことがあるが、
1年の半分はアウトバックの牧場でドローバー
にでかけた夫を一人でまっているために、
大きな蜘蛛がでてきても、怪しい物音がして
も全て自分で対処するたくましい女性が描か
れていたのを思い出した。


それから、豪州人がイギリス軍として戦争に
参加したり、日本軍がダーウィンに突撃した
という事実は、豪州にいくまで全くしらな
かったけど、この映画で知る人が多くなると
いいなと思う。
お薦め映画です♪★


ちょうど、2月28日に「世界ふしぎ発見」で
オーストラリアのことをやっていて
カウラの日本人墓地と日本庭園
が紹介されていたので、それについてちょこっと。
(私も最近になって知った事なので。)

シドニーの西250kmのカウラの日本人
捕虜収容所から脱走した日本人のために
作られた墓地と庭園である。

捕虜収容所では強制労働もなく、主食もわざわざ
米をとりよせたもので、リラックスした環境で
捕虜は収容されていたのに、”生きて虜囚の辱めを
受けず(戦陣訓)”を叫ぶものがでてきて、
545名以上が脱走をこころみ、その半数近くが
なくなり、日本人負傷者は100名を越えた。

日本人脱走兵が豪州兵に捕まるのをみた一般の
豪州人が、「その前に、ご飯をたべさせてあげて」
と助けたという一般の豪州人のことが
紹介されていた。
戦後、その時助けられた日本人の一人は
お礼を言いにわざわざ日本から訪ねて来てくれた
という話をされていた。


追記:ビラボン(このブログのタイトルですが)
のこと、川って字幕では翻訳されていたけど、
正確には雨季のときは川のような水量になる
水溜りで乾季のときは乾いた大地になる。

===================
★映画「オーストラリア」
日本語 公式HP
http://movies.foxjapan.com/australia/


★英語版 公式HP 
映像をクリックしていくと魅力満載
http://www.australiamovie.com/


★世界自然遺産:バングルバングル
西オーストラリアのキンバリーは日本全体の
面積よりすこし小さい
http://worldheritage.jams.tv/purnululu/index.htm/id-6154


★カウラの紹介、日本人捕虜集団脱走事件
http://www.holidayfarm.com.au/cowra.html

=======
ニコール・キッドマンの「ザ・インタプリター」
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1061356

スポンサーサイト



category: 映画

cm 6   tb 1   page top

コメント

ダーウィン?

この映画、米の視点から見てもかなり面白そうですね。
オーストラリアのダーウィンなんて、ほとんどの欧米人はどこにあるかさえ知らないと思うし。
まして、太平洋戦争中に日本軍がしつこく空襲してた事などは、日本人自身も知らないでしょうね。
ちなみに私は小学生の頃、坂井三郎(伝説の撃墜王)の「大空のサムライ」という本を愛読してたので、ダーウィン空襲のことは知ってました。(シドニー港を特殊潜航艇で攻撃したこともあったはず)
アボリジニーの精神文化には、アイヌやネイティブアメリカンと共通する自然観があって興味があります。
彼らの伝統楽器ディジリドゥは、日本でもかなりポピュラーになってきましたけどね。
電気猫@FreeTibet #79D/WHSg URL [2009/03/03 20:23] edit

なんせDOWN UNDERだしね〜

電気猫さん、詳しいですね〜
アメリカから見るとオーストラリアは遠いけど、アメリカから移民する人も多いようですよ。広いしのんびりしているし、アメリカ人は嫌いだけど、一目おいているし。オリビア・ニュートンジョンも今、オーストラリアに住んでるし、ニコールもそうみたい。
>坂井三郎(伝説の撃墜王)の「大空のサムライ」
メモしとこっ^^
司馬遼太郎の「木曜島の夜会」は、日本が貧しい時代に和歌山から真珠ダイバーでオーストラリアにわたったひとのことがかかれていて、真珠で有名なブルームで博物館や日本人墓地にいったとき、その時代のひとのこといろいろ考えてしまいました。
まだなら、この本、薄いので是非よんでみてください。
>アボリジニーの精神文化には、アイヌやネイティブアメリカンと共通する自然観
そうですね。先住民だものね。
アボリジニー関連は大学で何科目かとったけど、スピリチュアルな文化以外にも奥が深いです。いろんな地域によって違うアボジジナルアートもいい。
>ディジリドゥ
なかなか正確に発音できません^^
アウトバック、また行きたくなってきました。
あずーる #79D/WHSg URL [2009/03/04 21:10] edit

カウラの日本人墓地と日本庭園の話

私ちょうどテレビで見てました。
日本に帰る事を夢見ながら死んでいった捕虜たちのために、オーストラリア政府がこの墓地の領土を日本領にしてくれたという話、すごく良い話でしたね。( ^-^)
オーストラリアの人は親日家が多いと聞きますが、日本人の性格と相通ずるものもあるのかもしれません。
映画もあずーるさんのお薦めなら見てみたい気がしてきました。
( ^-^)
九子 #79D/WHSg URL [2009/03/04 23:41] edit

RE

九子さん、ひさびさにコメントくださったのに、カメレスですいませんm−−m
九子さんも同じ番組みてられたのですね。
うん、ほんといい話でした。
私の知っているオーストラリア人(友達や旅であった人たち)は、人間的にいいひと多いです。人が少ないから困っている人を助けるというか・・・。(アウトバックでは特にですが、街でもそうですね。最近は、日本人のほうが不親切かも。)
西オーストラリアのキンバリーの下にピルバラ地方というところがあります。夏には温度が40度以上になるところです。
鉄鉱石の露天掘りのトムプライス(日本の企業が鉄鉱石をここから輸入しています)という赤土のアウトバックがあるのですが、そこをツレと乗用車で旅行しているときにタイヤがバーストして危機一髪という事件がありました。(ちなみにこの地域、大好きなところなので、また行こうとおもっています。海岸のほうは世界自然遺産のジャークベイ(ジュゴンの生息数が世界一)やジンベイザメのやってくるエックスマウスというところがあります。)
そんなところ皆、4WDなのに、小さな車で走っているから休憩で止まってても、通りがかる車がいつもとまってくれて「大丈夫か?」って声かけてくれました。
あとでオージーの友達にきいたら、君達はラッキーだったねと驚いてました。そこのアウトバックに入るときは、警察に届けて行かないと、本当に暑さと水がなくて脱水状態で死ぬ人もいると脅されました。それほど、アウトバックでは人が少ないのです。
九子さん、ぜひ、この映画みて感想きかせてくださいなぁ。。
あずーる #79D/WHSg URL [2009/03/07 01:08] edit

こんにちは♪

こんにちは、あずーるさん、
しばらくmixiを留守にしていたので、
あずーるさんはお元気かしらと久々にお邪魔させて戴きましたら、
新しいお仕事も決まられて、めでたしですね♪
 この映画、気になっていましたが、そんなにいい映画なのですか、見たいですが、DVDになるかも
かおり #79D/WHSg URL [2009/03/13 20:53] edit

かおりさん、こんばんわ♪

留守だけならよかったです。:−)
MIXIの記事がアップされていなかったので、元気かなぁと思ってました。
仕事はめでたしでもないです。2ヶ月だから、すぐ終わりますよ;;
かおりさん、私はオーストラリアびいきだから余計によかったので、そのへん少しさしひいて見るほうがいいと思います。
でも、ご当地オーストラリアでは、この映画すでに興行成績いいようですよ。アメリカとはやっぱり全然ちがいます。
この映画、オーストラリアのアウトバックの景色がスケールが大きいのでDVDより、やっぱり大画面のスクリーンでみたほうがずっといいと思います。時間があれば劇場にいってみてくださいな。*^^*

あずーる #79D/WHSg URL [2009/03/14 01:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/952-16ca4ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「オーストラリア」美男美女共演!でも…。

[オーストラリア] ブログ村キーワード ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。バズ・ラーマン監督作品。『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演出なんですが、どうもイマイチ…、何と申しますか…。 第2次世界大戦勃発直前。イギリス在住の貴族夫人サラ(ニコール・キッドマン)は、1年もの間、帰国しない夫の真意を問質すべく、夫の住むオーストラリアを訪れる。そこで彼女を待っていたのは、ド...
シネマ親父の“日々是妄言” [2009/03/03 22:15]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ