FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

食糧はあるのに飢餓問題 

先日の国連食料サミットで世界の貧困国の
食糧問題がとりあげられていましたが、
食料はあまっているのにサブプライムローンで
だぶついた投機マネーが行き場を失い、
アグロ(農業)ビジネスへの投資で食料価格を
ひきあげているそうです。

金持ち国の人たちが、アグロビジネスに投資する
ことで世界の飢餓を促進しているので、
投資する前に、考えましょうという英語の記事を
読みました。
そして、金のような食料に関係ないものに投資
しましょうとも。

報道では、食料価格高騰を気候変動とバイオ燃料
(バイオとは環境にいいような響きがあるので、
食べるものを燃料にすることに反対する人はアグロ燃料
という言葉を使っているようです)のせいにする人が
多いですが、問題はもっと複雑なようです。

ニュース23で少しだけ米国食料大手のカーギル社の
利益が去年と比べ80%増収、ADMが
7倍という数字をだしていましたが、
もっと恐ろしいのは種子の独占で利益をあげつづける
米国の補助金(税金)で守られている
モンサントです。

遺伝子組み換え種が、価格高騰の中、
日本にもはいってこようとしています。

モンサントのドキュメンタリーが土曜にNHKBSで
放映されるのでお見逃しなく。

**********
◆◆6月14日(土)NHKBS1
「モンサント社7つの大罪」放送予定

■■■━オピニオン情報誌『いのちの講座』■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

悪名高きモンサント社については、フランスの
ジャーナリスト、マリー=モニック・ロバン
(Marie-Monique Robin)が、ラウンドアップや
遺伝子組換大豆の危険性、いかにそれを政府・
行政との癒着によって隠蔽してきたか、そして
PCBや枯れ葉剤製造という悪魔の歴史について、
3年をかけて綿密に調査し、告発しています。

それを「ドキュメンタリー・フィルム」と「書籍」にまとめ、
今年の3月にテレビ放映/刊行し、フランスで
大反響を巻き起こしています。


そのドキュメンタりー・フィルム版は、NHK BS1で、
6月14日午後7時10分から
9時まで放映される予定です。

http://www.nhk.or.jp/wdoc/yotei/index.html


<シリーズ 地球は訴える 〜大地〜>
アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略 前編
6月14日(土)午後7:10〜8:00

フランス政府が遺伝子組み換え作物を禁止する検討を
始めるなか、世界最大のシェアを誇るアメリカ・モンサント社の歩みを、企業側の説明と批判的な科学者の声を
両論併記しながら検証したドキュメンタリー。

前編は、米食品医薬品局FDAが栽培植物の
遺伝子組み換えを認可したプロセスを調べていく。


<シリーズ 地球は訴える 〜大地〜>
アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略 後編
6月14日(土)午後8:10〜9:00


フランス政府が遺伝子組み換え作物を禁止する検討
を始めるなか、世界最大のシェアを誇るアメリカ・
モンサント社の歩みを、企業側の説明と批判的な科学
者の声を両論併記しながら検証したドキュメンタリー。

後編では、同社が世界各国で自社の遺伝子組み換え
種子を販売することで、たとえばトウモロコシの
原産国メキシコで地元農民が育ててきた原種にちかい
品種が絶滅の危機に直面するなど、各国の農業や
食文化に多様性が失われつつある現状を描いていく。


●発行者:安田節子

『安田節子ドットコム』:http://www.yasudasetsuko.com/


**********
遺伝子組み換えトウモロコシ製品 
食用に供給開始 日本食品化工、原料入手困難で
4月18日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 世界的な穀物価格高騰を受け、原料に価格の
安い遺伝子組み換え(GM)トウモロコシを使った
食品が相次いで販売される見通しになった。
スターチ(デンプン)最大手、日本食品化工は
米国産GMトウモロコシを原料とするコーンスターチを
製造し、17日までに飲料メーカーなどへの供給を
開始した。

他社もGMコーンスターチ量産の検討に入った。
GM穀物を原料とする食品は消費者に敬遠される
として食用油などを除きほとんど製品化されて
いなかった。


 日本食品化工によると、輸入元の米国で非GM
トウモロコシの必要量確保が困難になったことを
受け、今年2月に初めてGMトウモロコシを輸入。
年内に調達予定の75万トンのうち、15万トンを
GMでまなかう計画だ。


 工業用途の非GM製品をGM製品に切り替え、
余裕のできた非GM製品を食品用に回すなどの
対応をしているが、
「すでに飲料メーカーを含む複数の食品メーカーから
の要請に応じる形でGM製品の供給を始めた」という。
供給先は明らかにしていない。


 農林水産省によると「国内では天ぷら油などの
食用油を除き、GM穀物を食品に使う例は
ほとんどない」(総合食料局)という。


 一方、王子製紙グループの同業、王子コーン
スターチは、大口ユーザーであるビール各社など
と値上げ交渉を進める中で、値上げを回避する
ための有力な選択肢として、GM原料を使った
製品供給の検討に入った。


 同社はすでにGM製品の需要拡大を見越し、
コーンスターチ製造設備を持つ化学大手、
群栄化学工業などとと提携。
今後、GM製品需要が拡大した場合、両社の製造
ラインの一部をGM製品専用とし製品を分け合う考えだ。


 日本が9割を頼る米国のトウモロコシは、石油代替
燃料のバイオエタノール向け需要の拡大で生産量は
年々増加しているが、非GMトウモロコシは作付面積
が昨年の約3割から今年は2割弱に減少。

スターチ各社は契約農家に「ジャパン・プレミアム」と
呼ばれる上乗せ料金を支払い食用向けの非GM
トウモロコシを確保している。


 しかし、「2〜3年後には入手が困難になる」
(日本食品化工)見通しで、今後、さまざまな食品に
GM原料の使用が広がるのは避けられないとの
見方もある。

                   ◇

 ■ビール・飲料各社、利用に慎重

 ビール・飲料各社は遺伝子を組み替えていない
コーンスターチの調達難と価格高騰という厳しい
環境の中で遺伝子組み換え(GM)原料の使用
に慎重姿勢を崩していない。
当面は値上げで難局を乗り切る構えだ。


 大手ビール・飲料各社はGM原料に慎重な理由に
「安全性が確保されているというイメージが
まだ定着していない」(サッポロビール)ことを挙げる。

GM原料を使用していると表示した場合、売り上げ
が3〜4割減少するとの予測もあり各社とも
製品・企業イメージの悪化を恐れている。


 しかし、現状を維持したまま今後の急激な原料高
にどこまで対応できるかは未知数だ。
非GMコーンスターチは昨年1月以降、約2割も
上昇した。

それでも過去2年で約2・6倍に急騰したトウモロコシ
価格や原油高の悪影響は吸収しきれずスターチ業界
は「存亡の危機にある」(日本スターチ・糖化工業会)
という。


 こうした中でスターチ各社はビール・飲料業界に
対し非GMトウモロコシの値上がり分を負担するか、
低価格のGMに切り替えるかの二種択一を
迫っている。

値上げ交渉の激化に伴い、
「ビール各社はGM使用に慎重姿勢を崩していない
が、ジュースなどについては柔軟なユーザーもあり、
温度差が出ている」(王子コーンスターチ)という。


 ビール各社は2月以降、相次いでビール類
(発泡酒含む)の値上げを実施しているが、
キリンは「原料価格の高騰が続き、利益を圧迫
する事態が生じれば、当然、再値上げを考える
ことになる」としている。


=============
ドキュメンタリー映画「食の未来」
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1693841

★遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
100万人署名
(まだの方、是非、おねがいします!)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei
 
==========
遺伝子組み換えで誰が得する?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801


笑顔^−^で毎日いられるように!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1670776


ロハスにトランス脂肪はバツ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1474091


毎日食べる食品に混入。表示に偽りあり!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1446284


フランケンシュタインになる
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1043598


私を特大サイズにして!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=863096

★モンサントによるモンサントのための世界
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1780571

★食糧はあるのに飢餓問題2
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1757858

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 8   tb 0   page top

コメント

NHKを見ますね。

食糧問題も戦争といっしょですね。弱者や貧しい者が被害を受け 金もちがさらに金もちになるという構図です。モンサントは犯罪的です。,もういやな事ばかりですが、知らないで のんきにノー天気に生きていて「自分がよければいい。今がよければいい」という人がそういう犯罪を助けていると言えます。
非戦 #79D/WHSg URL [2008/06/08 23:53] edit

食糧問題は戦争といっしょ。

非戦さんのいうとおりだと思います。
ハイチでは、1日2ドルで生活しているのに、米国から輸入の少しの量のお米を買うため生活費の倍以上をはらえないと買えない。
多くの人は、泥に小麦をまぜて天日ぼししたセンベイで生活しているとか。もともとは、ハイチでもおコメを作ってたのに、米国の補助金で作られた安いおコメがはいってきて、ハイチの農家は廃業においこまれたとか・・・。
いっぽう米国の人たちはそんな意識はなく、飢餓とかの募金をしたりしているんですもんね。
知らないで加害者にまわっていること、罪ですよね。
あずーる@FreeTibet #79D/WHSg URL [2008/06/09 23:20] edit

ありがとうございます

 こんばんは、あずーるさん、その節はご心配をおかけしてすみませんでした、お陰様で元気になりました。
 よい番組を教えて下さってありがとうございます。
公に放映されるなんてよかったです
 アグロ燃料という言い方があるのですね、バイオと呼ぶのが嫌だったので嬉しいです
かおり #79D/WHSg URL [2008/06/10 19:46] edit

かおりさん、わぁーひさしぶりです♪

かおりさん、元気になられて本当によかったですね。*^^*
私もずっっと調子悪くて、何にもする気になれなくて、
この1ヶ月ほどブログもほったらかしPCもさわらない
状態だったんですよ。
また、そのうち そちらにもよりますね。
食糧危機という情報が意図的に作られていて、操作されていることを知りブリブリおこっています’へ'
ひとりでも多くの人にモンサントのこと知ってほしいですね。
あずーる@FreeTibet #79D/WHSg URL [2008/06/10 22:19] edit

無理しない

>この1ヶ月ほどブログもほったらかしPCもさわらない
どうしたかな?と思ってました
うんうん、そういう時は、休むのがいちばん
最近、ネリカ米といアフリカ用のコメに興味があります
ネリカとは New Rice for Africaです
アジア稲(多収量)とアフリカ稲(疫病・害虫に強い)
ふたつのいい特性が、あります
タバスコ #79D/WHSg URL [2008/06/11 12:16] edit

タバスコさん、ありがとう!

普通のひとより、スロー・ライフなんですけどね・・
年には勝てないのかも^^
仕事で一日中PCさわっているので、せめて自宅では
なるべく体休めてあげようって思っています。
>ネリカとは New Rice for Africa
そんなのあるんですね。
GMOより自然交配で緩やかにしていかないと、そのうち
取り返しのつかないことになると思います。
スティーブンキングの映画「ミスト」で、軍のおこした
人為的行為でかなりグロテスクな生き物たちが人間を
襲ってました。
(この映画は後味悪いので、見ないほうがいいです)
あずーる@FreeTibet #79D/WHSg URL [2008/06/11 20:42] edit

リンクさせて戴きました☆

いつも事後報告でごめんなさいね☆
いつもありがとう☆
かおり #79D/WHSg URL [2008/06/14 15:38] edit

かおりさん、いつもありがとう♪

もう、昨日のドキュメンタリーには驚きの真実ばかりでしたね。
「食の未来」で言われていたことがフランスのジャーナリストに
よってさらに詳しく表現されていました。
米国政府食品機関であるFDAとモンサントの天下り、こんなにひどいのかと驚くばかりです。
また、有吉佐和子の「複合汚染」で書かれていたPCBについても情報を長年隠蔽していたモンサントという会社が今も存続し、利益をあげているというのが信じられません。
最後にモンサントの株主は年金基金であり、個人投資家であるというのが皮肉なコメントでしたが、先日、読んだ英文の記事で食糧危機を個人投資家が悪化させているという警告とおなじだったので納得できました。
また、なぜ欧米人が巨大多国籍企業やグローバリゼーションに反対するのかよくわかりました。
非戦さんが言われたように、食料問題というのは戦争といっしょというのがぴったりです。
90%の米国大豆が遺伝子組み換えだというから、米国から輸入が多く食品表示もきつくない日本におそらく遺伝子組み換え大豆製品がはいってきているのでしょうね。
政府に表示義務を早急にもとめていかないと、環境汚染のみならず、私達の健康が心配です。
あずーる@FreeTibet #79D/WHSg URL [2008/06/15 15:02] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/885-7ed36388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ