FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

なんでこんなに簡単に死刑執行??? 

今日、3人の死刑囚が死刑された。
2人は、まだ40代。
罪は罪だと思うけど、これから悔い改める
という機会を与えられなかったのが残念。

鳩山法務大臣は、
「今回から死刑が正しくおこなわれたことを
国民にわかってもらうために名前を公表する」
というようなことを
言っていたが、死刑執行してからでは
遅くて、その前に公表すべきだと思う
(もちろん死刑には反対です。)

それに世界では133カ国が死刑を廃止
しているのに・・・

[アムネスティーより]
国連 : 死刑の執行停止に関する画期的
な決議を採択 2007年11月15日
AI Index: IOR 41/000/2007 

11月15日、国連総会第3委員会は、全世界的
な死刑の執行停止を求める決議を採択した。
アムネスティ・インターナショナルはこれを
「歴史的な決議であり、全世界での死刑廃止
に向けての大きな一歩である」と述べた。

http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=401

さらに今日の抗議声明から一部抜粋
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=407

 (2007年12月07日 17:48)

国際連合では11月15日、世界規模で死刑の
執行停止を求める決議が国連第3部会で
採択されました。

この決議は、
?死刑廃止を念頭に置いて、執行を停止する、
?死刑に直面する者の権利の保護を確保
する保障規定をさだめる国際基準を遵守し、
?死刑の適用を厳しく制限し、死刑相当
犯罪の数を削減するよう各国に求めています。

アムネスティはこの決議採択を歴史的な快挙
とみなし、歓迎しています。
同決議案は今月中旬に総会に提出され、
採択される見通しです。

国連拷問禁止委員会は、2007年5月に拷問
等禁止条約の実施状況に関する第一回日本
政府報告書に対して最終見解を発表しました。

委員会は死刑確定者の処遇状況に関し、
日本の死刑制度に関する多くの条項が
「拷問あるいは虐待に相当しうる」とし、
改善に向けてあらゆる手段をとるよう勧告
しました。

また、死刑確定者の法的保障措置が制約
されている点についても深刻な懸念を
表明し、死刑の執行をすみやかに停止し、
死刑を減刑するための措置を考慮し、
恩赦を含む手続きを改善し、すべての死刑
事件の上訴権を必須とし、死刑執行が
遅延した場合は死刑を減刑することを
確実に法律で規定すべきと勧告しました


現在の日本のシステムではだれでもが
冤罪をせおわされる可能性があります。

11月末の朝まで生テレビで「検察の正義とは
なにか?」というテーマで、逮捕経験のある
ムネムネや日歯連ヤミ1億円疑惑で1審
無罪、2審有罪で現在も闘っている村岡
議員も出演していました。
証拠うらづけもなく裁判官の印象で罪が
確定するなんて、信じられないシステムです。

鹿児島志布志事件で11名もが冤罪の罪を
長くおわされていたその中の一人の県議員
中山さんも出演していて、検察のでっちあげ
書類を吟味もしないで有罪にす裁判官の
ことを言われていた。

また、地元のメディアは警察から情報を
もらうため間違った報道はできない。
そして、地元の記者クラブ制度で、
違った報道をすると記者クラブから締め出すぞ
というような脅しもあるので地元メディアは
報道できなかったという話もあった。

前に講演会できいた逮捕経験のある辻元
清美議員も、いままで友達だと思っていた
人も急にいっせいにTVで彼女のことを
非難しはじめる。
でも、あとで「ごめん、あれ本心違うよ」
なんてメールしてくるということを言っていた。
TVの影響は大きいのに・・・

- 追記 - (2007年12月08日 12:27)
[昨日、NEW23では、犯罪被害者の死刑
されてすっきりしたという人と、死刑になっても
大切な自分の弟がなぜ殺されなければなかった
のかがわからず、今も癒されないという犯罪
被害者の人のインタビューがとりあげられていた。

後者の人は、犯罪者から度重なる手紙をもらい
年月がすぎてようやく犯人とあう決心をしたという。
しかしながら、死刑確定後、犯罪者と面会も
できず、結局、「なぜ弟なのか」がわからなかった
という。その人は、犯人の死刑執行までに死刑を
やめるように働きかけたが、結局、死刑は執行
された。

またZEROでは、社民の保坂議員が見学に
いってみたという死刑場のイラストをもとに
CG再現された画像が紹介されていた。
国家による殺人といえるのではないかと
思う。

★そもそも どーなの:死刑執行も「カイカク」
  しますか?
http://somosomo.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_9af1.html
その下にある死刑制度関連記事もよんでください。

★木偶庵通信さんの下記の記事のリンクも
よんでください。
http://dek.asablo.jp/blog/2007/11/19/2447809]

- 追記 - (2007年12月13日 17:20)
[保坂議員のブログ:
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/aafbb40e358d7c07a756ca92e4d06cc0

死刑執行の現場とはどのようなものか、生々しい証言:
http://luxemburg.exblog.jp/4219915

アムネスティの声明、抗議の送り先等:
http://homepage2.nifty.com/shihai/kougi.html
(私は、内閣官房と法務省に抗議メールを送りました。) ]

- 追記 - (2007年12月21日 00:14)
[下記のようなニュースがありました。
*****
死刑停止決議を採択 国連委、日米中など反対

【ニューヨーク15日共同】国連総会第3委員会
(人権)は15日、死刑制度がある国連加盟国
に対し、死刑の一時停止(モラトリアム)を求
める決議案を賛成99、反対52、棄権33で
採択した。日本や米国、中国などは反対した。
イタリアなど欧州連合(EU)各国をはじめ
80カ国以上が共同提案した。

 死刑廃止を求める決議は、国連人権委員会
(人権理事会に改組)でも採択されてきている
が、192の全加盟国が参加する総会委で
採択されるのは極めて異例。

第3委には1990年代にも同様の決議案が
提出されたが否決されている。

 決議は、死刑が「(犯罪)抑止に結び付く
という確実な証拠はなく、死刑の誤判は取り
返しがつかない」と指摘。
死刑制度を定めている国に対し「死刑廃止を
視野に死刑執行のモラトリアムの確立」を
求めた。

 決議は総会本会議に送付され、年内に
採決されるが、正式に採択されても法的
拘束力はない。

2007/11/16 10:13 【共同通信】 ]


下記に反戦ビラ弾圧救援会の
メールニュースを貼り付けておきます。
お近くのかた、是非参加を!

=======
〜立川反戦ビラ弾圧救援会メール
ニュースNO.37 07/12/5〜
 反戦ビラ弾圧救援会の井上森です
メールニュース37号をお送ります。

   転載転送大大大歓迎です!

?来年2月23日に弾圧4年集会 
〜鬼が笑うというけれど〜手帳にチェックを!

 来年2月23日(土)、立川反戦ビラ弾圧4年
集会を行います。
今年の講師は、『日本の公安警察』の著書
があるジャーナリストの青木理さんです。
早いものでもう四年。来年こそ無罪を取
りたいものです。


〜立川反戦ビラ弾圧から4年集会(仮称)〜
日時:2008年2月23日(土) 
  午後1時開場1時半開始予定
会場:三多摩労働会館・大会議室
(JR立川駅北口徒歩3分)
地図
http://www.sanroukaikan.or.jp/index.html


講演:青木理さん(ジャーナリスト・
「日本の公安警察」著者)
「公安警察ってなんなんだ?」(仮称)
ほか、被告・弁護団・関係者などから
多数報告予定


?次回署名取りは、京王府中駅です
●反戦ビラ弾圧無罪署名集め
日時:12月22日(土)13:00〜15:00
場所:京王線府中駅南口伊勢丹西側路上
(駅南口をでて伊勢丹を確認。
その西側の路上。大国魂神社の参道の
けやき並木沿いです)

※前回聖蹟桜ヶ丘では110筆を集めました。
人が居ればもっと集まります。
ぜひぜひ来てください。


?第8次最高裁情宣・提出行動
日時:2008年1月16日(水)
12:00〜13:00 最高裁西門情宣
14:00頃から 署名・上申書提出行動

※こちらは久々の最高裁です。
ご参加ください。

来年こそは無罪を勝ち取りたいものですね!
良いお年を! 森


【立川反戦ビラ弾圧救援会】
□立川市富士見町2-12-10-504□042-525-9036
tachikawa227q@yahoo.co.jp(Eメール)

http://www011.upp.so-net.ne.jp/tachikawatent/index.htm
(WEB)
※ ※ ※ ※

立川反戦ビラ弾圧とは?=04年2月27日、
立川自衛隊監視テント村のメンバー3名が、
立川市内の防衛庁集合住宅への反戦ビラ
投函を「住居侵入罪」にでっちあげ
られて逮捕され、起訴された弾圧。

75日の長期勾留と八王子地裁での裁判を
経て、04年12月一審では無罪を獲得。
05年12月の東京高裁判決では全員に
罰金刑の逆転有罪判決。
被告は上告して闘いは最高裁へ!


==========
★記者クラブ制度
http://www5a.biglobe.ne.jp/~NKSUCKS/contents.html

ちょっと待って!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1471465

8ヶ月で10人が死刑
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1647212

テロリスト VS グッドシェパード
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1676841

健全な社会とは・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=553131

スポンサーサイト



category: サステイナブル

コメント

死刑廃止は疑問です

国連やアムネスティ・インターナショナルが、
光市母子殺害事件遺族の本村洋さんに
「あなたは被告が死刑執行されることを
求めていけない」と説得できるのでしたら、説得を
試みて欲しいと思っています. 
23歳の妻を殺された挙げ句、強姦されて、
生後11か月の愛娘まで殺された本村洋さんに、
犯人の死刑を望んではいけないなど、
どうして言えましょう?
【光市母子殺害事件】
山口県光市で99年4月に会社員本村洋さん(31)の妻
弥生さん(当時23)と長女夕夏ちゃん(同11カ月)が
殺害された事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪
に問われている元少年(26)の差し戻し控訴審
第11回公判が18日、広島高裁であった。
検察側は最終弁論で、元少年が殺意の明確な否認に転じた
点について「事実を捏造(ねつぞう)、歪曲(わいきょく)
し、被害者を冒涜(ぼうとく)している。
死刑を免れるための虚構」と非難し、一審・山口地裁の
無期懲役判決(求刑死刑)を量刑不当とし、
改めて死刑を求めた。
http://www.asahi.com/kansai/kouiki/OSK200710180044.html">http://www.asahi.com/kansai/kouiki/OSK200710180044.html
身勝手な犯人によって断たれた、何の罪もない
犠牲者たちの人生を、犯人がその寿命を全うする
ことで公正となるのでしょうか?
犯人が悔い改めているか否かを、第三者は
どうやって知ることができるのでしょうか?
「刑務所生活のほうがいい」などと、あえて犯罪を
犯す失業者がいるくらいです. 
日本では5日に一人の割で餓死者が出ている
とも言われています. 刑務所にいれば餓死する心配は
ありませんので、死刑にされるより反省している
振りをして生きながらえるほうがいい、と思う
犯人もいるはずです.
「死刑にしても犠牲者は帰って来ないから」と
言って無期懲役にするなどは、不完全な人間が
創り出す究極の不公平です. 罪の無い、かけがえのない
大切な何人もの命を奪った犯人は、自らの大切な命を
もって償うべきです. その観点から、フセイン
元大統領の死刑執行は妥当だと思っています.
「遺族の方々のやり場のない激しい怒りと、
胸が張り裂けそうな悲しみは、鋭い槍となって
私の心に突き刺さってきます」とマブチ事件
(3件の強盗殺人事件で4人を殺害)の小田島死刑囚が
自ら控訴を取り下げたように、無期懲役が生涯に
わたって続く拷問になる可能性もあるのです. 
点子 #79D/WHSg URL [2007/12/10 11:43] edit

RE: 死刑廃止は疑問です

点子さん
光市母子殺害事件遺族の本村洋さんのことを書かれていますが、実際、自分も本村さんの立場におかれたら「殺してやりたい」と思うと思いますし、その悲しみの大きさなどは計り知れないものだと思います。
私は日常、「殺してやりたい」などと思った経験がない幸せな人ですが、うちのつれは親とずっと仲がわるく若い頃はしょっちゅう殺したいとおもったことがあるそうです。でも、今、よくおこっているように「殺したい」と思う人が実際「殺す」行為は別ものですよね。
でも、うまく表現できませんが、死刑は、殺されたから国家が被害者にかわってあだ討ちをうっているようなものだと思います。
犯人が死刑にされて、被害者の心は本当に癒されるのでしょうか?
また、犯人も生まれたときから犯罪をおこすべく生まれてきているのではなく、生い立ちや社会が犯罪をおこさせるようになったという背景もあると思います。池田小学校の小学生殺害事件の宅間も早くに適切な精神的ケアをうけていれば、あんな事件はおこさなかったと思います。現在のうつ病患者などをみても、適切に精神的ケアを受けない人が沢山いるので、米国のように銃が手に入りやすければ、とりかえしのつかない事件が沢山おこっていることと思います。
犯人の罪のない人の命を奪った罪は、その犯人が死刑になろうと、無期懲役であろうとかわりません。ならば、なぜその犯人がそういう犯行にいたったのか、そして自分の犯した罪を悔いて、2度とそういうことをおこさないと反省し、また社会としても、そのような犯人を産む社会をつくらないということをしてこそ犯罪が減るような気がします。
現在の日本では一度、罪をおかし服役したひと(冤罪をきせられたひとも)が、社会復帰するのにもできない社会システムになっています。そして、刑事事件で検察が起訴した場合、99・9%が有罪という現在のように証拠もなしに有罪とされるシステムでは誰もが冤罪をおわされる可能性があるのです。実際に冤罪の可能性があるのに死刑でなくなられた人もいます。
>「刑務所生活のほうがいい」などと、あえて犯罪を
犯す失業者がいるくらいです
>日本では5日に一人の割で餓死者が出ている
とも言われています
これは、憲法では保障されている健康で文化的な生活が補償されているのに、「生活保護がもらえない」というシステムもあわせて考えねばならないと思います。
現在でもこうゆう状況なのにフリーターたちが年老いて職も住むところもなくなれば、そういう考えになる人も多いと思います。(働くても仕事がみつからないのですから。)
■アムネスティの回答、下記もあわせてよんでみてください。
http://homepage2.nifty.com/shihai/QA1.html">http://homepage2.nifty.com/shihai/QA1.html
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/10 15:38] edit

追記

死刑廃止の講演会で聞いたことを追記します。
■仙台の病院の弛緩剤注射事件で看護士が
マスコミによって犯人みたいにしたてられていますが
実際は冤罪の可能性が高いようです。
(権力者によって冤罪の被害にあうのは 私達、ふつうの市民です。特に、外国人などは国選の通訳もつかないし、人として最低限の権利さえ剥奪されます。)
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe096/index.htm">http://www.kahoku.co.jp/spe/spe096/index.htm
http://www.mars.sannet.ne.jp/arakitsuneo/hp/hokuryoukurinikku.uchimaku.html">http://www.mars.sannet.ne.jp/arakitsuneo/hp/hokuryoukurinikku.uchimaku.html
■和歌山のカレー毒事件でマスコミを騒がせたますみ被告
 有罪が確定しないの(これも冤罪の可能性大のようです) に、ますみ被告の家にはひどい落書きで犯人扱い。
 
 オウムの河野さんのときもそうでしたが、 マスコミの報道だけで犯人と多くの人が決め付けて嫌がらせする人たちに嫌悪を感じます。
最後に、最近、免罪の可能性が高いとネットでは話題になっている神戸・少年殺害事件。サカキバラの名前は記憶にあたらしいと思いますが。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/10 15:56] edit

追記2

権力によわい人がおおいということで、
昨日、夜中にみたトヨタの過労死訴訟のドキュメンタリーのことを。
トヨタの得意な「改善活動」(海外でも評価されている)は、6年前に過労死で職場でなくなった人のときまで、労働時間と認められていなかったらしい。
過労死した人の死にいたった月の労働時間も上司の裁量で、最初なくなったときに奥さんに伝えられたものとと、労働基準局への申し立ての時とちがっていました。
そして、上司も同僚の証言も会社側に都合のいいようにされたということ。また、会社は奥さんにことを荒立てたくないように「社員にならないかと」誘ったとも。
トヨタの企業城下町のこのひとの街では署名活動も想像できないほど大変だったよう。
後にわかったのですが、トヨタと労働基準局職員の接待が暴露され、労災判定のやりなおしで、6年後にやっと過労死した夫の労災が認められたということでした。
何をいいたいかというと、同じ労働者なのに、権力の圧力で権力者側にまわるひとが多い社会は、冤罪がおこりやすい土壌だと思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/10 16:09] edit

他の企業でも

あずーるさん
あずーるさんが詳しく書いてくださったように、トヨタではUさんが夫の過労死労災認定を争って、裁判をされましたが、ほかの社員ももちろん過労死、自殺しています。親子3代トヨタマンのUさんにとって、署名集めも裁判も大変な事でした。今でもニュースに顔が出る事で、子どもたちに影響しないか心配されています。でも外国人特派員協会で記者会見したり CNNに出たりされて、だいぶ世間に知られました。トヨタはもちろん労災認定しなかった労働基準局がひどいんです。だから被告は国です。企業と御用組合が、協力して労務管理をしているんです。でもこの判決が確定すると企業も今までのやり方を改めざるを得ないと思います。14日までに控訴しなければ確定しますので、国が控訴しませんように!
非戦 #79D/WHSg URL [2007/12/10 18:53] edit

トヨタの過労死労災認定

非戦さん、
詳しいですね。
>親子3代トヨタマン
途中から見たから、そこは知らなかったです。そりゃ、もっとむずかしいですよね。
過労が原因で自殺した40代前半(だったとおもう)スズキのひとも、お父さんはスズキの社員で、労災がやっとみとめられたときは、夫婦で「これで息子もうかばれる」と涙されていました。
外国人特派員協会やCNNに出たりされたなんて、それがあったから労災がおりたのかもしれないですね。
>トヨタはもちろん労災認定しなかった労働基準局がひどいんです。だから被告は国です。企業と御用組合が、協力して労務管理をしているんです。でもこの判決が確定すると企業も今までのやり方を改めざるを得ないと思います
これも、C型肝炎訴訟の厚生労働省ですよね。
昨日は報道特集で、コメの偽装表示をやっていて、卸売業者偽装を訴えたお米屋さんは、仕入れられなくなったのと同時に裁判などで廃業においこまれ(正直者がばかをみる嫌な社会)、米の卸業者はやっと逮捕されたとのこと。政府の備蓄米を管理するのは農水官僚で卸業者との癒着が言われていました。
そして、今話題の、守屋元防衛官僚やその他の癒着企業の水増し請求。
全部、根本は政治家、官僚と それに群がる企業たちなのですよね。
自民党が消費者省をつくろうとしているけど、現在の責任の所在も罰則もない官僚たちを温存しているかぎり、税金だけかかって消費者のためになるようなことはできないと思います。
トヨタの件、本当に国が控訴しないようにですね!
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/10 22:37] edit

死刑のこと、追記3

ずっと考えてたのですが、相手が犯人だから取り締まりに拷問や虐待していいということにはなりませんよね。人間、犯人であっても人間として扱われなくてはなりません。
同じように、犯人だから、殺してもいい(死刑)ということにはならないと思います。
戦争でも、戦争だから敵に何をしてもいいということにはならないということと同じだと思います。
アメリカがグアンタナモ基地でやっていることは、「テロ」という名の下、何の証拠もなく罪のないひとまで拘束して拷問しています。中には5年以上も拘束されているひともいます。そこにとらわれた罪のないひとは、国も救ってくれないというひどい状況です。
日本でもテロ犯罪者と烙印をおされたなら、代用監獄制度がまだあるので長期間拘束されテロにしたてられる可能性が充分あると思います。
ドキュメンタリー映画 グアンタナモ僕達のみた真実
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1620497">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1620497
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/10 23:06] edit

アムネスティの回答を読みました.

>死刑を認めるということは、私達が殺すということです。
>自分が殺すということです。私達は、なぜ殺人を犯しても
>良いのですか。その殺人を誰かに(刑務官に)
>押し付けても良いのですか。
これは、まるで何の罪もない人を殺すような表現で
正直、驚いています. 
死刑とは、身勝手な理由で何の罪もない
無防備・無抵抗な人を何人も殺した犯人に、自らの命
をもって責任を果たしてもらうものです. 
死刑廃止とは、動機がどんなに些細でも、
それこそ何人もの善良な人々を殺しても、
たとえ悔い改めなくても、反省をしなくても
「殺った者勝ちの社会」にすることです.
刑務官に押し付ける??? 仕事ではありませんか?
警察官でも軍隊の兵士でも、時に任務として殺人を
しなければなりませんが、それも私たちが「殺人」を
押し付けていることになるのでしょうか?
世界の半数以上の国が死刑廃止、ということですが
死刑廃止になった国の半数ちかくの国民は、死刑廃止に
反対していると聞きますし、1981年に死刑廃止になった
フランスは、今でも42%が死刑の復活を望んでいるそうです.
(朝日新聞2006年12月3日朝刊)
また、EUでは加盟国になるための条件として
「死刑廃止」があるそうです.
これは思想の押し付けにならないのでしょうか?
イラクのマリキ首相は、フセイン元大統領の処刑に
国外から批判された時に「独裁者がイラクの人々を
虐殺した当時に国際社会と人権団体は何をしていたのか」
と反論しました.
光市母子殺害事件遺族の本村洋さんに話を戻しますが
もし、犯人の元少年が無期懲役になったら
遺族の本村洋さんは生涯にわたって、犯人に対して
「負」の気持ちを持ち続けると思います.
そのことがどれだけ本村さんを苦しめることになるかを
想像するだけで、胸が苦しくなります.
犯人が死刑になっても、遺族の心は癒されるとは
思えませんが「負」の気持ちは軽減されると思います.
なぜなら、かけがいのない家族を奪った犯人も
存在しないのですから.
冤罪の可能性についてですが
今後はDNA鑑定など科学技術の開発で、より正確な
物的証拠によって減少すると思われます.
一方、大阪姉妹殺害事件の山地悠紀被告のように
実母をバットで殴り殺し、数年後に出所、
強盗殺人・強盗強姦などの犯罪を繰り返したように
死刑廃止は再犯の可能性を生みます.
なぜならば凶悪な犯罪は増加の一途で、死刑判決は
減少せず、「犯人を生む社会をつくらない」から
程遠く、世界的にどこの刑務所も満員状態で
定員8人の部屋に12人の受刑者が寝起きしている所も
あるようで、出所傾向が見られるそうです.
>相手が犯人だから取り締まりに拷問や虐待していい
>ということにはなりませんよね。
そうですよね.
拷問など断じてあってはならないと思います.
日本も取り調べの全てを録画・録音を
すべきだと思っています.
> 同じように、犯人だから、殺してもいい(死刑)と
>いうことにはならないと思います。
繰り返しになってゴメンナサイ.
死刑とは身勝手な理由で何の罪もない
無防備・無抵抗な人を何人も殺した犯人に、自らの命を
もって責任を果たしてもらうものです. 
「殺った者勝ちの社会」になってはならないと思います.

点子 #79D/WHSg URL [2007/12/11 02:29] edit

死刑執行するまえに・・・

点子さん
死刑執行をするまえに、今の日本のシステムを早急にかえるべきだと思います。
1.記者クラブ廃止
元大手新聞社のジャーナリストの人がいっていましたが、マスコミは容疑者をセンセーショナルにとりあつことでなりたっているみたいなところがあるから、死刑制度とはあいいれないとおっしゃっていました。
仙台の弛緩剤事件については、朝日だったと思いますが、一貫して今、容疑者とされている人を大々的にとりあげていたそうです。
また、欧米諸国とちがってどの局もいっせいに被疑者の段階でも容疑者扱いするので、冤罪がおこりやすいです。
大手メディアの情報は警察であり、警察から情報をもらえなくなることを恐れ検察側に不利な報道できないともいわれています。
(鹿児島 志布志事件のでっちあげは記者クラブから排除するようなおどしも地元メディアはうけて報道できなかったとか)
2.取調べのビデオ撮影などによる可視化と
  代用監獄の廃止
(欧米の場合、取調べの段階では近所のひとたちも誰も容疑者としないらしいですが、日本の場合は取り調べをうけたというだけでまわりの人が容疑者扱いするというのが、可視化と代用監獄の廃止で緩和されると思います。)
イギリスで、最近、テロの容疑者に関して現行の14日
から最大90日の拘留法案が否決されたというニュース
がありました(2005年12月)。
ちかん容疑で植草元教授は132日も拘束されました。
下の情報は下記のHPから
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/7136/daiyo.html">http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/7136/daiyo.html
留置期間に関する外国との比較法律上、警察に留置できる時間(*データは少し古いかもしれません。)
国名   留置期間 警官取調可能期間 起訴前取り調べ
フランス   2日    2日       ×
    期間中は弁護士をつけることはできない
西ドイツ    2日    2日       ○
    期間中は弁護士をつけることができる
イギリス   数日     数日       ×
    期間中は弁護士をつけることができる
米国     数日     1日       ×
    期間中は弁護士をつけることができる 
    取調が4時間を越えたら、自白は任意性がない
日本      23日    23日      ○
    期間中は弁護士をつけることができる
参考
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/daiyoukangokusyasinn.htm">http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/daiyoukangokusyasinn.htm
日本の公正な処罰 ニックベーカー事件
http://www.justicefornickbaker.org/ja/justice.htm">http://www.justicefornickbaker.org/ja/justice.htm
3.科学捜査と情報公開
点子さんの
>DNA鑑定など科学技術の開発で、より正確な物的証拠によって減少すると思われます
そのとおりですが、仙台の弛緩剤事件ではDNA鑑定の機関が遠くの病院側の息のかかった鑑定で信頼性がうたがわしいといわれていました。
また、松岡農水相の自殺も司法解剖がされなかったし、ライブドアの沖縄で自殺したという野口氏の死も今だに闇の中です。
権力で秘密裏に情報操作できるので、情報公開は必須だと思います。メディアが権力側の都合のわるいことを追求しなければ、情報操作は簡単です。
4.犯罪者、犯罪被害者、それ以外の普通の人にも
手軽に精神的なことについて相談できる専門機関をふやす
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/11 21:43] edit

死刑執行するまえに・・・2

長くなりすぎたので、つづきです。
点子さんの
>「殺った者勝ちの社会」
この言葉いやですね。
死刑とは、被害者の遺族にかわって国(ボタンを押す人)が殺人をすることだと思います。
犯人だから殺していいというのは、目には目をで何も解決しないと思います。
>無防備・無抵抗な人を何人も殺した犯人に、自らの命を
もって責任を果たしてもらうものです. 
罪をおかしたら自殺せよというのと同じじゃないですか。
たとえ犯人であれ、命をそんな粗末にあつかってはならないと思います。
大切なのは、罪を憎んで人を憎まずではないでしょうか。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/11 21:44] edit

死刑廃止は「究極の不公平制度」だと思います.

あずーるさんがおっしゃるように
>権力で秘密裏に情報操作できるので、
>情報公開は必須だと思います。
私も全く同感です.
話が変わって申し訳ないのですが、ダイアナ妃が再婚をする
ためにイスラム教徒に改宗しようとしていた当時の交通事故
死は、英国王室にとって都合がよすぎると思っていますが、
この場合も権力で秘密裏に情報操作できますよね.
話を死刑について、に戻しますね m(__)m
>欧米諸国とちがってどの局もいっせいに被疑者の段階
>でも容疑者扱いするので、冤罪がおこりやすいです。
>欧米の場合、取り調べの段階では近所のひとたちも誰も
>容疑者としないらしいですが、日本の場合は取り調べ
>をうけたというだけでまわりの人が容疑者扱いするという
>のが、可視化と代用監獄の廃止で緩和されると思います。
私の解釈が間違っているのかもしれませんが、あずーるさん
のご意見は総体的に、欧米は良くて日本はおかしい、という
印象を受けますが、決してそうではないですよね (^_-)-☆
>「殺った者勝ちの社会」
>この言葉いやですね。
嫌ですか...あずーるさんに嫌な感じを与えてしまった
のであれば、ごめんなさい.
私が言いたかったことは、身勝手な理由で何の罪もない
無防備・無抵抗の善良な人々を残虐極まりない殺し方で
殺した犯人が、悔い改めることもなく反省することも
なくても、決して餓死することもなく寿命を全うできる
という、犠牲者たちの尊い命をないがしろにするような
「死刑廃止」は「究極の不公平・不公正」を生む
「殺った者勝ちの社会」のように思えてならないのです.
>死刑とは、被害者の遺族にかわって国(ボタンを押す人)
>が殺人をすることだと思います。
それでは遺族がボタンを押せばいいのでしょうか.
それは例えば「今夜はトンカツにしましょう」という家族に
「自分たちで豚を殺しなさい」と言うのと同じ理論です.
死刑廃止論者の作家・森巣博さんは「刑務官たちに殺人の
代行をしてもらわずに、市民自らの手で処刑すべき」と
言っていますが、豚は屠殺業者に任せてもよくて人間は
刑務官に任せてはいけないなんて、人間だけが特別で
動物は人間がコントロールするものだという、人間中心
主義の「人権」からくる発想だと思っています.
>犯人だから殺してもいいというのは、目には目をで
>何も解決しないと思います。
死刑廃止で問題が解決するのでしょうか.
悔い改め更正したかどうかは、犯人本人でさえ
認識できないのに、第三者がどうやってそれを
確認することができるのでしょうか.
誰も犯人が、二度と罪のない善良な人々を身勝手な理由で
殺したりしないなど、知るよしもないのです.
>罪をおかしたら自殺せよというのと
>同じじゃないですか。
同じでしょうか.
仮に「自殺せよ」と言っても、身勝手な理由で罪のない
人々を殺してきた死刑確定者の多くは自殺をしないと
思います.
>たとえ犯人であれ、命をそんな祖末にあつかっては
>ならないと思います.
命を祖末に扱ったのは殺人犯のほうです.
罪のない人々の大切な命を身勝手な理由で奪っておいて
責任も取らさせずに犯人の命だけを守ることが
公正というのでしょうか. 命に差をつけては
いけないと思います.
>大切なのは、罪を憎んで人を憎まずでは
>ないでしょうか.
人が罪を犯したのであって、罪が人から分離して
空中に浮遊しているわけではありませんし、どんな理由が
あるにせよ自分の行動に責任を持つのは当然ではない
でしょうか.
点子  #79D/WHSg URL [2007/12/12 11:58] edit

誰もが加害者や被害者になる可能性がある

点子さん、点子さんとは死刑廃止の私とはなかなか接点がみいだせないですが、基本的に繰り返しになりますが、私は相手がだれであれ殺したり、殺されたりというのが嫌なのです。また、自殺する人に対しても、命を大切にしてほしいと思うし、動物の命も家畜にせよ野生動物にせよ大切にしてほしいと思っています。
NYの9・11のテロで息子を亡くしたご夫婦が、なぜこういうことになったかを知るためにイラクの家族との交流をはじめたという話がありました。大切な息子をなくしたという事実は精神的にも受け入れるに大変なことだと思います。
それから、人間は決して完璧な人などいないし、誰もが加害者や被害者になる可能性をもっているという意味からも死刑には反対です。
たまたま貧しい家(経済的に裕福な家もですが)にうまれ、両親愛情もかけられずに育ち、地域や学校でもイジメられ育った子供は犯罪者になる可能性が高いと思います。自分もそんな状況なら犯罪者になっているかもしれません。
死刑制度よりも、もっと犯罪をすくなくするような社会づくりが早急に求められていると思います。
世界人権宣言
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-515.html">http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-515.html
>>欧米諸国とちがってどの局もいっせいに被疑者の段階
>でも容疑者扱いするので、冤罪がおこりやすいです。
>>欧米の場合、取り調べの段階では近所のひとたちも誰も
>容疑者としないらしいですが、日本の場合は取り調べ
>をうけたというだけでまわりの人が容疑者扱いするという
>のが、可視化と代用監獄の廃止で緩和されると思います。
点子さん
>私の解釈が間違っているのかもしれませんが、あずーるさんのご意見は総体的に、欧米は良くて日本はおかしい、という印象を受けますが、決してそうではないですよね
どこの国でも良い面、悪い面がありますが、情報の透明性やメディアの役割を果たしているという意味では欧米は日本よりずっとましだと思います。特に英語圏の場合は、世界中から評価もうけますが、同時に批判もうけます。
また、取調べられただけで、犯人扱いされるなんて、それに24日間も無実なのに蛸部屋のような所に拘留されるなんて嫌です。その間に、職や友達もうしなく可能性が大です。そんな日本のシステムは欧米のように変えてほしいと思います。
光市事件のメディアについて、ヤメ記者弁護士さんの下記の記事もよんでください。
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/e618960d8a65f088c0ef0342603b3223">http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/e618960d8a65f088c0ef0342603b3223
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/13 15:52] edit

つづき 記者クラブ制度のサイトなど

点子さん
つづきです。
また、記者クラブ制度について下記を読んでみてください。
国境なき記者団ランキングに見る日本の報道自由度
?自主規制でがんじがらめの日本の報道
(創価学会のタブーも?で書かれている。)
http://www.inaco.co.jp/isaac/back/018-2/018-2.htm">http://www.inaco.co.jp/isaac/back/018-2/018-2.htm
フリージャーナリストのサイト
Incidents http://www.incidents.gr.jp/">http://www.incidents.gr.jp/
お薦め本
「日本マスコミ「臆病」の構造
 なぜ真実がかけないのか」
ベンジャミン・フルフォード
2006年 宝島文庫
記者クラブ制度
http://www5a.biglobe.ne.jp/~NKSUCKS/contents.html">http://www5a.biglobe.ne.jp/~NKSUCKS/contents.html
記者クラブ制度
http://sustainabl.exblog.jp/m2006-10-01#4810889">http://sustainabl.exblog.jp/m2006-10-01#4810889
メディアの機能と役割
http://sustainabl.exblog.jp/m2006-10-01#4768427">http://sustainabl.exblog.jp/m2006-10-01#4768427
国境なき記者団:2006年度報道の自由度ランキング
http://www.rsf.org/rubrique.php3?id_rubrique=639">http://www.rsf.org/rubrique.php3?id_rubrique=639
下記の映画はおすすめ
周防監督の「それでもぼくはやってない」DVDになっています。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?
story_id=1592142
映画「日本の黒い夏」
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1550290">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1550290
被害者の権利については、今から記事をアップしますので読んでください。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/13 15:53] edit

「殺った者勝ちの社会」

>「殺った者勝ちの社会」のように思えてならないのです.
点子さん
どんなに世の中を変えようと思っても社会とはそのようなものです。
強いものが敵を殺せば勝ちなのです。
人が人を殺し、より強い国家という集団がその人を殺す。
【死刑制度】こそが【殺った者勝ちの社会】の真実そのものであり、且つ現実そのものです。
殺人を否定し、殺人を犯した個人を【国家と言う集団】が殺人で解決する。
暴力に傷つき、暴力を否定し、そして、
【自らが強い立場から集団で振るう暴力】は正義と見なす。
そして強いものは勝ち、弱いものは死ぬ。
それが社会です。
人間とは罪深いものではないでしょうか。
 
shinji #79D/WHSg URL [2007/12/13 18:34] edit

はたして死刑が極刑でしょうか

点子さん
 わたしは死刑制度に反対するものです。
加害者が死刑になって、被害者遺族がすこしでもなっとくできる、という
思考がわかりません。
 少しずれるかもしれませんが、最近は死刑判決を受けた被告が敢えて
上告しないのだそうです。
なぜなら、法廷に引っ張り出されるたびに、自分の罪と向かい合わされる。
いやでも、もう一度その過程を繰り返し繰り返し確認させられる。
それがいやだ「やるなら、さっさとやってくれ」というわけです。
大阪の教育大付属児童殺害事件の被告、宅間も「さっさと死刑にしてくれ」
と言って望みどうり死刑になりました。なにかおかしくないですか。
 ワタシが、殺人事件の被害者家族なら、簡単に死刑などですませて欲しくない。犯人にはずぅ〜っと「罪の意識」で悶え苦しんで欲しいと思います。
 死刑で犯人を殺すことはかんたんです。
でもそれで「正義はなされた」のでしょうか。
そんな簡単なものなのでしょうか。
もし、冤罪ならば?
それこそ取り返しがつきません。
ワタシが被害者家族なら、冤罪を着せられた別人でなく
本当の犯人に罪の償いをさせたいと思います。
死刑はそれを不可能にします。
 ちなみに、死刑を廃止している国で犯罪が増えたという
統計はありません。
もぐら #79D/WHSg URL [2007/12/13 18:51] edit

なぜ死刑廃止がいいのですか.

あずーるさんと「死刑廃止」に関して、なかなか接点が
見出せないのは本当に残念ですが、誰も殺したり
殺されたりというのが嫌でない人はいないと思います.
私も繰り返しになってしまうのがとても悲しいです.
死刑判決を受けるのは、殺人犯がそれなりの重罪を犯
しているからです. 殺人が起きない社会を作るのが
国家の任務であるのなら、死刑がもたらす殺人の再犯
を防ぐ可能性を、ただ単に国家が遺族に代わって復讐
するものだ、死刑は「国家による殺人」と
決めつけるのは、なぜでしょう. 
なぜ、死刑廃止がいいのか、教えてください.
死刑復活を望んでいる、死刑廃止をしている国の半数
近くの国民が納得するように教えて頂けますか.
冤罪で犠牲になることと、犯罪者に殺される善良な
人々の立場は同位と考えています.
人間が完璧でないのなら、なおさら少しでも犠牲が
少ない方法を考え、行なうべきではないでしょうか. 
冤罪と殺人の再犯、どちらが多いでしょう.
shinji さんのご意見である
>【死刑制度】こそが【殺った者勝ちの社会】の真実
>そのものであり、且つ現実そのものです。
には、理解し難いものを感じます. なぜなら犯人が
自分の作った借金返済のため強盗に入り、何人もの
罪のない人々を焼き殺した場合でも、まるで何もし
ていない人を国家という集団が殺すかのような
解釈だからです.
私が言いたいことは「何人殺しても生きていられる」
死刑廃止という究極の不公平・不公正は、罪のない
人々が殺されている現実を見ていないのでは、
と思えるのです.
もぐらさんのご意見にお答えします.
>ワタシが、殺人事件の被害者家族なら、簡単に死刑などで
>すませて欲しくない。犯人にはずぅ〜っと「罪の意識」で
>悶え苦しんで欲しいと思います。
そのように被害者家族が生涯にわたって思い続けること
自体が不幸だと思います. 犯人が死刑になっても遺族は
癒されませんが「罪の意識」で悶え苦しんで欲しいと思い
続ける必要はなくなります. それは私が言った「犯人に
対する負の気持ちが軽減される」ということなのです.
また、「罪の意識」で生涯にわたって悶え苦しむ殺人犯が
どれほどいるのか誰にもわかりません. 全ての殺人犯が
生涯にわたって悶え苦しむのでしょうか.
>ちなみに、死刑を廃止している国で犯罪が増えたという
>統計はありません。
つまりは、死刑を廃止している国は犯罪が減少している
ということでしょうか. 日本も死刑廃止にすれば、犯罪
が減るのでしょうか. とても信じ難いです.
「死刑以外に選択しようがない、むごい事件が
増えている」と昨今、言われています.
点子  #79D/WHSg URL [2007/12/14 10:08] edit

暴力では何も解決しない

shinjiさんの下記はまとを得ているとおもいます。
>【死刑制度】こそが【殺った者勝ちの社会】の真実そのものであり、且つ現実そのものです。
>殺人を否定し、殺人を犯した個人を【国家と言う集団】が殺人で解決する。
>暴力に傷つき、暴力を否定し、そして、
>【自らが強い立場から集団で振るう暴力】は正義と見なす。
>そして強いものは勝ち、弱いものは死ぬ。
>それが社会です。
週末に散弾銃で命がまたなくなりました。
犯人は自殺してしまって、遺族やまきこまれた人たちは なぜ犯人が犯行をおこしたかわからないまま死なれて気持ちのもっていきようがないですよね。
なぜ、無職のひとが そんなに簡単に高価な銃を何丁も手にすることができるのかも疑問です。
一刻も早く、犯罪被害者の精神ケアと財政的ケアを国がしてあげてほしいです。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/16 23:42] edit

RE:はたして死刑が極刑でしょうか?

もぐらさん、コメントありがとうございます。
宅間ともうひとり、少女を殺害した犯人も死刑を望んでたことを思い出しました。
もぐらさんの下記の文章はそのとおりだと思います。
>死刑で犯人を殺すことはかんたんです。
>でもそれで「正義はなされた」のでしょうか。
>そんな簡単なものなのでしょうか。
>もし、冤罪ならば?
>それこそ取り返しがつきません。
>ワタシが被害者家族なら、冤罪を着せられた別人でなく
本当の犯人に罪の償いをさせたいと思います。
>死刑はそれを不可能にします。
また、冤罪の場合、犯人ではないその人に冤罪をかした裁判官や証言した人も無実の人を犯罪者にしてめちゃめちゃにした罪を一生、悔いますよね。メディアにやって造られたならメディアもその罪をせめられるべきなのに、メディアは責任をとりませんよね。
>死刑を廃止している国で犯罪が増えたという
統計はありません。
そうですよね。ここが大切なポイント。
死刑は罪をつぐなうひとつの手段として採用されているのだから。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/16 23:50] edit

点子さん、すれちがうのは・・・

考えていたのですが、もぐらさんが書かれているように
>死刑を廃止している国で犯罪が増えたという
統計はありません
点子さんと私の考えがすれちがうのは、何のために死刑があるのかという認識の違いからくるような気がします。
大辞泉によると
>死刑
>罪を犯した者の生命を奪う刑。現行刑法の規定する主刑の一。日本では、絞首して執行される。
>死罪
>1 最も重い刑罰として、罪を犯した者の生命を絶つこと。
>2 手紙や上表文の末尾に添える語。非礼の罪をわびる気持ちを表す。「死罪死罪」「頓首死罪」などの形で用いる。
>3 江戸時代の刑罰の一。斬首(ざんしゅ)の刑に処して、死体は試し斬(ぎ)りの用に供され、財産も没収された。
もぐらさんへのコメントでも書きましたが、死刑は犯人が罪をつぐなうひとつの手段なのだから、死刑を廃止し、根本的に罪人を少なくするような社会構造改革を早急にするべきだと思います。
今日、NHKでワーキングプアーIIIというのでイギリスの社会的企業推進のとりくみが紹介されていました。そして政府は14兆円もの税金を社会的企業、低所得者の子供への支援などにつかっているそうです。
そして、政府の担当者がいうのには、低所得から脱出できない若者を子供のころから教育の機会をあたえたりすることで、将来的におこるかもしれない犯罪や失業率への予防対策としているということでした。そのほうが結果的に税金がすくなくてすむということでした。
こういうことも含めて、死刑制度以前に私達の社会をどういうものにしていきたいのか(現在はすべて予防対策などとられていません。週末におこった銃の許可にしてもそうです。)、政府は早急に対策をとるべきだと思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/12/17 00:00] edit

死刑廃止後、殺人事件が増えている国があります.

フランスでは1981年に死刑廃止後、
殺人事件が増えています.
カナダも同様と聞いたことがあります.
【フランスにおける殺人認知件数】
http://www.geocities.jp/aphros67/090540.htm
【転載】
死刑廃止がフランス、欧州各国の民衆の統一された
意思ではないということはいえるかもしれない。
また終身刑服役者が2006年「無期懲役よりも死刑を望む」
とした公開書簡を出している。
----
点子  #79D/WHSg URL [2007/12/19 01:11] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/869-777d0db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ