FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

旗ふるな、旗ふらすな、旗ふせよ、旗たため・・・・ 

広島では世界平和を祈るカウントダウンイベント
があったというニュースをしていた。
今年で7回めらしいが、このイベントはじめて知った。。
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080101/19192


たまたま年末に見たNHKで「あの人」という番組で
作家城山三郎氏のことが語られていて平和について
考えさせられたので今日はその紹介を。
(作家城山三郎氏の本をよんだこともないし、
 最近まで城山氏のことをほとんど知らなかった。)


城山氏は空気をよんで17歳で国のために軍人に志願
したが、戦争中に経験した軍の上層部に大きな失望
を抱いたそうだ。


戦争とはすぐにおこるものではなく、じわじわ
と動いていて そのうちNOといえない雰囲気に
なってしまう。
空気をよんで大多数の流れにながされてしまうという
危険性を示唆されていた。


そして、戦前、軍隊式教育を熱心に語っていた体育教師が、
戦後、文部省の役人となり、手のひらを返して戦前のことを
おくびにも出さず「平和」を語りだしたいいかげんさにも
嫌気をさしたという。


城山氏は、戦争で300万人の命を犠牲にして得たものは
平和憲法だけだと言っていた。


軍隊式教育は、形をかえて企業などの日本の組織で
残っていることも言われていた。

また、いつの時代にも大義が権力者により利用される
ので、大義など信じるなとも。


rakuzennndanntiさんの記事から
http://rakuzennda.exblog.jp/7171209/


作・城山三郎『旗』

     旗ふるな 
     旗ふらすな 
     旗ふせよ 
     旗たため 
     社旗も校旗も 
     国々の旗も 
     国策の旗も
     運動と言う名の旗も
     ひとりみなひとり
     一つの命

     走る雲
     冴える月
     こぼれる星
     奏でる虫
     みなひとり
     ひとつの輝き

     花の白さ
     杉の青さ
     はらの黒さ
     愛の軽さ
     みなひとり
     人の光り

     旗伏せよ
     旗たため
     限りある命のために

     群れるは人の常
     群れ海に旗はある 


     狂い 狂え 狂わん 狂わず
     みな一人
     ひとつの世界
     さまざまに
     果てなき世界

     山ねぼけ
     湖しらず
     森かげり
     人は老いゆ

     生きるには
     旗要らず


     旗ふるな
     旗ふらすな
     旗伏せよ
     旗たため


     限りある命のために    


城山三郎詩集『支店長の曲がり角』より 

旗ふったら、はた迷惑かも^^


また、作家、平和運動家小田実氏の
こともとりあげられていた。
彼は平和とは漢方薬のようなもので、
長いことかかってつくりあげていくものだと
言っていたのが印象的だった。

そして、I AM JAPAN 
私 というひとりひとりの人が市民がつながって自分の
あってほしい日本という国になるように努力している。
また、個人、個人の声によって日本や世界を平和な
社会へかえられることを言われていた。

城山氏や小田実氏の思いをひきついで、空気を
よまない自分で考えて行動する人が増えますように!


=========

神奈川も教師に君が代、日の丸強制?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1686287


君が代、靖国、自衛隊派兵・・・
小泉さんの説明責任は?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1494700#528754


ちょっとまって!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1494700#528754


平和を考える日
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1640783#hide


靖国問題 パート1:政治に利用される靖国神社
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1496759


靖国問題 パート2: 
死はいかなる意味でも賛美されてはならない
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1534117

スポンサーサイト



category: サステイナブル

コメント

正直、まともな記事に安心します

こう言うのも剣呑ですが、朝からつまらない身辺雑記につきあわされてくると、さすがはあずーるさん、とか思います。
べるの #79D/WHSg URL [2008/01/02 06:10] edit

空気をよむ

”空気をよんで大多数の流れにながされてしまう”というのは、日本人の国民性ですから中々難しいですね。
自発的に政府に迎合してそれが自分の考えであるかのように思い込ませるというのは、まさに1984年的管理体制。
ここまで洗脳されると、表面的に民主主義という形式を保ったままの全体主義が可能になります。
政治屋や官僚はこれを最大限に利用して、世論を誘導するから要注意です。
温暖化対策→原発推進、資源小国→核燃サイクル、借金大国→増税、などなど物事の本質を隠して政府に都合のいい方向へ世論を誘導する。
基本的には戦前となにも変わって無いですね。
ノーテンキな日本人も今年は目覚めてもらわないと、手遅れになります。
電気猫 #79D/WHSg URL [2008/01/02 12:25] edit

大義、そして正義

それぞれの民族がそれぞれの大義=正義を主張したら戦争はなくなりません。バルカン半島の紛争はそれを証明しています。そして、現在内乱のようになっているケニヤも、根はそれぞれの部族間の正義から来ています。
正義とか大義という言葉が聞かれるようになったら気をつけなければなりません。国家や国旗というものは、そういえばそんなものもあったね〜、という程度の認識で十分なのです。
うりずん #79D/WHSg URL [2008/01/03 03:37] edit

べるのさん、おめでとうございます★

日常のささいなことに幸せを感じることが
できるのって大切なことだと思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2008/01/03 23:38] edit

RE: 空気をよむ

電気猫さん、
電気猫さんのいうように
本当になかなか難しいことだと思いますが、
まじめに働けば誰もが皆、そこそこの収入を得て、
そこそこの暮らしをできるという未来図を描くのは
難しいから自分らしい道をいく人が増える可能性も
高いと思います。
政治屋、官僚、大手メディアにまどわされず、
自分たちの幸せと感じる社会をあきらめないことが
大事だと思います。

あずーる #79D/WHSg URL [2008/01/03 23:47] edit

RE: 大義、そして正義

うりずんさん、
>国家や国旗というものは、そういえばそんなものもあったね〜、という程度の認識で十分なのです。
私もそう思います。
そして社旗も・・・過労死するまで働く必要ない!
校旗も・・・学校の面子だけのためにイジメを隠蔽するな!
あずーる #79D/WHSg URL [2008/01/03 23:51] edit

大きな旗

乃木希典が西南戦争で旗を奪われた
それまで、なんでもなかった布が
陛下の象徴として、この時からはじまった
大きな旗を、ふりたがる人をいつも注意しなくては
いけない
タバスコ #79D/WHSg URL [2008/01/04 14:58] edit

RE

タバスコさん
>乃木希典が西南戦争で旗を奪われた
それまで、なんでもなかった布が
陛下の象徴として、この時からはじまった
へぇ、そうなんだぁ。。。
ハタ坊にならないように。
あずーる #79D/WHSg URL [2008/01/04 18:18] edit

「旗」に込められた真意とは・・・。

城山氏は、きっとご自身の経験を最大限に生かし、そして崇高な思いからこの詩を作られた事でしょう。
何より、厳しい戦中戦後を生きた方ですし、その過程において悟られた事もあると思います。
ですが、いくら崇高な思いを持っていても、言葉を弄してみても、
伝えるべき相手に伝わらなければ何にもならないのもまた事実。
果たしてこの詩を読み、全てを解く事が出来る人は、一体どの位居る事でしょうか?
私にはとても想像できません。ですが、それでは余りにも氏に対して失礼なので、私なりにこの詩の大意を読んでみると次のようになりました。
「何が何でも命を大切にせよ。命を大切にする為であれば、あらゆる活動(生産・結束)を止めても構わない。」
私にはこうしか読めません。そうでなければ、次の一文を含めた解釈にならないからです。
>旗たため 
>社旗も校旗も 
>国々の旗も
>国策の旗も
旗をたため、とは即ち掲げた旗を上げるなという事。
会社の象徴である社旗をたため、とは、つまり企業は解散せよという事。
学校の象徴である校旗をたため、とは、つまり学校は無くてよいという事。
国策の旗はつまり政策を指すと思われるので、政府は仕事するな、という事(と思う)。
国々の旗はずばり国旗、つまり国家の象徴ですから、日本国民は須らく難民となるべし、という事。
つまり、「日本人はあらゆる命を大切にしろ、そして日本国は全ての活動を停止しろ。」となる訳です。
極端ですか?いいえ、氏の文面に忠実に従うなら、他の解釈はありえません。
引用は一部ですが、大意を作るのにはここだけで十分事足るのですよ。
創作は才能を使う行為なので、詩を作られた事そのものには何も言いませんが、
この思想にはどうにも同意出来ざる部分がありますねぇ。(苦笑)
聖龍疾風 #79D/WHSg URL [2008/01/16 23:10] edit

読まない

関係無いかも知れませんが.俺も空気読まない介護の世界の悪い空気を。俺読めない書けない性格悪い?から職員の.飲み会呼ばれないが患者さんの悪口職員の悪口そんな悪い空気よんだところで.介護就の賃金上がらん共に活きるため.就職就場の悪い空気読まないで行動だ。
聖パウロ #79D/WHSg URL [2008/02/01 02:53] edit

RE:読まない

聖パウロさん
悪口の場で、空気よむなんてことしなくていいと思います!
非正規は非正規でユニオンなどでつながって行動していく
しかないと思っています。
あずーる #79D/WHSg URL [2008/02/05 23:32] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/859-d7705119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作家の城山三郎さん逝去、11月19日日比谷公会堂の佐高信さんとの対談の録音をご案内しておきます。ご冥福を心よりお祈りします。

 当日集会に参加して録音しました。「ちょっと待った、緊急市民集会行ってきました。」のエントリーにアップしてあります。飄々とした中に、なんとも言えぬユーモアのある語り口でした。 作家の城山三郎さん死去 経済小説の開拓者2007年03月22日18時49分  経済活動から日本人の姿を浮き彫りにする経済小説の開拓者で、「小説日本銀行」「落日燃ゆ」などで知られた作家城山三郎(しろやま・さぶろう、本名杉浦英一=すぎうら・えいいち)さんが、22日午前6時50分、間質性肺炎のため神奈川県茅ケ崎市内の病院で死去した。79歳
雑談日記(徒然なるままに、。) [2008/01/02 01:18]

ブット元首相、ビンラディンが既に殺害されたと公表⇒二ヶ月後殺害?前にビンラディン腎臓病で死亡説なんてのもあったが、。

 携帯版雑談日記にTBしてくれたエントリー「168329 パキスタンのブット元首相暗殺を契機に、第三次世界大戦へと発展する可能性は!? [サラリーマン活力再生]」から、ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報の「ブット元首相は、ビンラディンが既に殺害されたと公表した二ヶ月後、殺害された」などを読みました。  以下、そこで紹介されているYouTube。殺害される前約2か月前、11月2日のロングインタビュー。 Frost over the World - Benazir Bhutto - 02 Nov 07htt
携帯版雑談日記(徒然なるままに、) [2008/01/02 11:27]

旗ふるな、旗ふらすな、旗ふせよ、旗たため・・・・、billabongさんとのTBのやり取りを機会に城山さんの声を携帯版にも再掲。

 billabongさんの「【記事】 旗ふるな、旗ふらすな、旗ふせよ、旗たため・・・・」のエントリーに「作家の城山三郎さん逝去、11月19日日比谷公会堂の佐高信さんとの対談の録音をご案内しておきます。ご冥福を心よりお祈りします。」のTBを飛ばし、やり取りしました。  それを機会にインターネット放送(ポドキャスティング)したエントリー「ちょっと待った、緊急市民集会行ってきました。」を携帯版の方にも再アップしておきました。 ※携帯版へのアクセスが本家雑談日記の2分の1から4分の1にまでなってます(時間帯によっ
携帯版雑談日記(徒然なるままに、) [2008/01/04 08:34]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ