FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

Lの仲間がひとりでも多く増えないと・・・・・ 

いんきょさんの
蚊を絶滅させるための「遺伝子組み換え蚊」
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=646
で書かれている

イギリスOxitec社の3年後にマレーシアで
遺伝子組み換え蚊を大規模に放すという
計画は、
今、上映中の映画 L Change the WorLdの
シーンとだぶってくる。

ただでさえ蚊にさされやすい体質の私に
とっては、背筋のぞぉ〜っとする話。

いまでさえ温暖化による温度上昇で、いままで
日本にいなかった蚊が大繁殖する可能性は
大ありなのに。


そのうえ、マレーシアの熱帯雨林には、
人間がまだ知りえないウィルスが多く存在
するだろうに。

未知のウィルスとGM蚊が人類におよぼす
影響など人間がコントロールできる範疇
ではないと思う。


また、いんきょさんの
危険な「遺伝子組み換え」作物
世界最大輸入国日本の対応策は他国に
大きく遅れてるに転載されている
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=638


安原和雄さんの仏教経済学
危険な「遺伝子組み換え」作物から
http://kyasuhara.blog14.fc2.com/blog-entry-136.html


安原さんがセミナーに参加し、映画、安田さんの
解説講演、さらに映画の解説テキスト「『食の未来』
と日本の現状ー遺伝子組み換えで広がる緑の砂漠」も
手がかりにしてGM(注)に関する現況報告の一部
転載します。


===転載はじめ===

▽世界各地に広がる対抗策
―「GMOフリーゾーン」

 種子産官複合体のグローバルな攻勢に世界各地で
市民運動などによる様々な対抗策が試みられている。
その有力な手だてが「GMOフリーゾーン」で、
これは遺伝子組み換え作物(GMO=Genetically
Modified Organisms)がない地域のことで、欧州を
中心に広がっている。


 具体的にはGM作物の栽培を認めず、GM家畜や
魚を禁止し、チーズやワインなどの生産に使う
微生物もGMで改造したものは認めない。

スーパーマーケットや小売店でGM食品を売らない、
学校給食にも使わないなどの規制を実施している
自治体もある。


 この運動はイタリアのスローフード運動に
取り組んでいるワイン生産者たちによって、米国の
食料戦略や多国籍企業による種子支配
に対抗し、多様な農業や食文化、地産地消
(その地域でとれた作物はその地域で消費する)、
地元の農業を守る闘いとして始まった。


 各国の現状はつぎの通り。

・ギリシャ=
世界で初めて全土でGMOフリーゾーンを宣言


・イタリア=全土の約80%で宣言

・オーストリア=9州のうち8州で宣言

・ポーランド=16州のうち15州で宣言

・スイス=
2005年の国民投票でGMOの栽培も実験も
5年間禁止


・英国=5州で実施

 このほかドイツ、ハンガリー、米国カリフォルニア
州、カナダ、オーストラリア、ブラジル、アフリカ
諸国へと広がりつつある。


▽対抗策が遅れている日本―
主食コメはどうなる?


 さて上記のGMOフリーゾーンは日本では
どうなっているのか。


山形県遊佐町が街ぐるみで宣言しているほか、
全国で1,994人の生産者が自分の畑に看板を
立てて、フリーゾーンを宣言し、その面積は
合計4,116ヘクタールに達している
(06年3月現在)。


 一方、フリーゾーンにはほど遠いが、条例などで
規制をする地方自治体も広がっている。
規制条例を実施している自治体はつぎの通り
(2007年1月末現在)。


北海道=06年1月施行
千葉県、京都府=06年4月施行
新潟県=06年5月施行
徳島県=06年6月施行
愛媛県今治市=06年9月施行


 ただ規制の内容が栽培の認可制、野外実験の
届出制、罰則などを定めているだけで、GMを
すべて禁止する「望ましい禁止条例」からみれば、
大きな隔たりがある。 


 いずれにしても欧州に比べれば、日本はその対応
がかなり遅れているが、その背景には農水省の
「バイオ産業育成」、「植物新品種開発者などの
権利保護強化」に対する積極的な姿勢がある。

この方向に進めば、やがて米国同様、農家の自家
採種の権利が奪われ、種子が企業の所有物となる日
も遠い将来の物語ではなくなる。


その意味するものは企業による単一作物の大量作付
け、農薬や化学肥料の多用、さらに環境汚染である。

 「遺伝子組み換え(GM)イネ」の開発もすでに
日本国内で進められていることもみのがせない。

それに加えて米国のモンサント社など
種子企業が日本のコメ市場への参入に
積極的な姿勢をみせている。

日本人の主食コメは、一体どこへゆくのか? 
という新たなテーマも浮上してきた。


===転載おわり===

グリーンピースがオーストラリアで遺伝子組み換え
ナタネ栽培の一時停止令(モラトリアム)が失効
前に あなたの声を!キャンペーンをしています。
ひとりでも多くの人に協力してもらえると幸いです。


=========================
Date: Fri, 15 Feb 2008 11:17:51 +0900

[Cyberaction] 緊急メッセージ募集!
トゥルーフードの菜種油を守るためにあなたの力を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緊急メッセージ募集!トゥルーフードの菜種油を
守るためにあなたの力を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 いまオーストラリアで遺伝子組み換えナタネ
栽培の一時停止令(モラトリアム)が失効しかね
ない状況になっています。失効は早い州で今月末
(2月29日)です。

 もしモラトリアムが失効してしまうと、遺伝子
組み換えナタネの作付けが商業的に開始され、
日本ではほぼ唯一の遺伝子組み換えでない
ナタネの輸入元を失うことにつながります。

すると、日本で消費されるナタネの99%以上
が遺伝子組み換えになってしまい、結果的に
日本の消費者は遺伝子組み換えでない油や
食品を選びたくても、選べない――つまり
選ぶ権利を奪われることになります。

 まだ遅くはありません! ナタネの作付けが
はじまる4月まで、あと1カ月以上あります。
オーストラリアにとって、日本は最大のナタネ
輸出国です(約80%が日本に輸入されています)。

新しいオーストラリアの貿易相サイモン・
クリーン氏に、遺伝子組み換えナタネの商業
栽培を思いとどまるよう請願メールを直接
送れるサイトを開設しました。

ぜひ、あなたのネットワークも使って広く
お知らせください。

★ サイバーアクションに参加する。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/gm/cyberaction/canola/?cyber

★ 友達に知らせる
http://www.greenpeace.or.jp/s/gmcanolafr

 遺伝子組み換えナタネは表示義務対象外です。
表示されることなく食品に遺伝子組み換え
ナタネが使用されてしまうと、私たち消費者
は遺伝子組み換えでない油を選ぶ権利まで
失ってしまいます。

 作付けまでのカウントダウンが始まっています。

いますぐ、あなたの声を!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南オーストラリア州、モラトリアム継続発表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2007年8月1日から開始されたオーストラリア政府
向けの意見書を通じて、これまでに1109通のメール
がオーストラリアの担当大臣に送られました。
ありがとうございます!

 オーストラリアの経済新聞に「日本からの意見も
多数寄せられている」と紹介されたそうです。
シドニーでキャンペーン活動をしている、グリーン
ピースの遺伝子組み換え問題担当者からも喜びの
連絡がありました。

 また今月8日、南オーストラリア州がモラトリアム
を継続する意向を発表しました!! 
すばらしいニュースです。

南オーストラリア州はすでに早い段階からモラトリアム
を継続する意向を示していた西オーストラリア州に次ぐ、
オーストラリア第二のナタネ生産州です。
声をあげれば、その声は届きます。

 オーストラリアを遺伝子組み換えナタネから守る
ことは、日本のナタネ油をトゥルーフードな
ナタネ油を守ることになります。

★ オーストラリア産トゥルーフードなナタネ油
について詳しく知る
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/oil/?cyber

★ グリーンピースの遺伝子組み換えキャンペーン
 Home はこちら
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/?cyber


特定非営利活動法人 グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
電話: 03-5338-9800 FAX: 03-5338-9817

================

食の未来を決めるのは私達
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1693841


大豆もチョコも・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1682310


遺伝子組み換えで誰が得する?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801


★遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
100万人署名
(まだの方、是非、おねがいします!)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei


映画 L Change the WorLd感想
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1706442

スポンサーサイト



category: 健康

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/848-19fcf7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我がままな石原慎太郎の思いつきで始まった東京マラソン第2回が明後日17日、もううんざりだ迷惑だ、都心でなんかやるなよ。

 とまあ、表題はそうなのですが、それ以上に言いたいのは警視庁へです。前にも書きましたが去年4月30日の「自由と生存のメーデー07──プレカリアートの反攻」非正規不安定被雇用者のデモへのキャンキャンスピッツ犬っころ指示です。解散地点でデモ隊が反対側に渡る所要時間はほんの7分。その時の、解散地点の大久保地域センター前、機動隊指揮車のまるっきり馬鹿丸だし大音響でのキャンキャン指示MP3Podcast。(約7分、特に3分過ぎあたりからスピッツ・キャンキャン状態(笑))  デモ行進が反対側に渡るのにこれだから、7時
携帯版雑談日記(徒然なるままに、。) [2008/02/16 08:52]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ