FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

遺伝子組み換え、生態系、クジラ・・・ 

毎日のように中国製の毒入り餃子のニュースが
報道されていますが。

知らないうちに健康に悪影響を与える食品を
食べていたら・・・
そして、その人体への悪影響がすぐにはわから
なくて、生態系を破壊しながら作られている
としたら・・・・・
そんなことを考えると何も食べられなくなって
しまいますよね。


赤福、白い恋人などの長年行われていた賞味
期限切れ商品の再利用。
それらを食べて病気になった人はいないだろうに、
あれほど連日に報道されて、
なぜ遺伝子組み換え(GM)作物について
ほとんど報道されないのか。
なんらかの圧力がマスコミに働いているとしか
考えられません。


ところで
マーガリン、マヨネーズ、サラダ油の原料に
使われているのは遺伝子組み換え菜種が
ほとんどという事実を皆さんご存知ですか?


下記のグリーンピースのサイトによると
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/oil/?cyber

日本に輸入されるナタネ油の80%はカナダ産の
遺伝子組み換えであり、次いで18%がオーストラリア産
の従来どおり遺伝子組み換えではないものです。

日本で加工されサラダ油やマーガリン、マヨネーズの
原料となるナタネ油のほとんどが遺伝子組み換えされ
ているといえます。


しかしながら、米国企業の経済的影響か遺伝子
組み換えナタネ栽培の一時停止令(モラトリアム)が
失効しかねない状況になっています。


遺伝子組み換え種の栽培がはじまると、
4万年以上も前にできたオーストラリア大陸の
生態系にとりかえしのつかない影響が加速的に
おこる可能性が高いと思います。


オーストラリアの生態系は地理的隔離と気候の
多様性により世界でもめずらしいものです。
オーストラリアの世界自然遺産は15箇所と世界一。


動物では、
コアラ、カンガルー、ポッサムなどの有袋類、
カモノハシ、ハリモグラなどの単孔類、
エミュー、ディンゴに代表されるように、
動物だけとっても多様です。


また、西オーストラリア州のワイルドフラワー
(野生の花)のその種類の多さと生息域は
アフリカ大陸についで世界2位(だったと思う)。


オーストラリアの生態系をまもるためにも
オーストラリアの遺伝子組み換えナタネ栽培を
やめるように声をとどけてください。


★ サイバーアクションに参加する。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/gm/cyberaction/canola/?cyber

★遺伝子組み換え問題アニメ
(可愛いブタちゃんも登場!)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/cyberaction/choco_tour/kamishibai_html?sup

===========
オーストラリアの話題ついでに・・・・

オーストラリアでは新しい環境大臣が環境問題の
アクティビストだったことから、環境政策への
期待があります。

年末には、南極のくじらを救うために、オーストラリア
の子供達が くじらに名前をつけてSAVE Wendy、
Save Edenなど海岸で砂浜にクジラの絵を
描いてキャンペーンをしていました。
(下記の記事によると50箇所のコミュニティーが
参加したとか) 

IFAW(International Fund for Animal Warefare)より
50 Australian communities adopt humpbacks as Japan's whaling fleet arrives in whale sanctuary 7/12/07

http://www.ifaw.org/ifaw/general/default.aspx?oid=224057

余談:欧米の動物愛護団体の活動をいきすぎ
 と非難する人が多いですが、最近、米国で
 最大のリコールとなった学校のカフェにも
 納入されていた牛肉について、へたり牛の
 状況を一番に指摘していたのは動物愛護
 団体でした。

オーストラリア政府のSAVE our Whalesページ
子供達への教育キットもあります。
http://www.environment.gov.au/coasts/species/cetaceans/intro.html

クジラを救うゲーム
http://www.greenpeace.org/australia/resources/fun-and-games/games/whales/save-whales-game

日本で
「クジラの数が増えているから魚が減っている。
だから、クジラを捕ったほうがいい」
ということを最近よくききます。

しかし、これは根拠のないものだというのが
下記からわかります。
http://www.whalelove.org/whales/facts/fact9

>2003年5月イギリスの科学誌『ネイチャー』に
「過去50年間で、タラやマグロ、カジキ、ヒラメなど
主要な大型の魚の資源量が90%以上、
減っている」という研究論文が発表されました。

>また、2006年には、カナダ・米国・英国・スウェーデン
・パナマの研究者からなる国際研究チームが、
「海洋生態系の破壊が現在のペースで進めば、
2048年までには世界中の漁業は成り立たなくなる」
と発表しました。

>そして、この減少は人間の魚の獲りすぎ、つまり
乱獲が主要な原因であることを挙げています。

下記のグリーンピースのキャンペーン
ひとりでも多くの人に協力おねがいします。

★「クジラとって 御手洗さん」キャンペーン 
スタート!!
━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の調査捕鯨が本当に科学調査なのか?
――世界から疑問の声があがっています。

キヤノン会長であり経団連会長の御手洗氏に、
グローバルな視野で事業を展開する日本企業
代表としてクジラ保護の協力を呼びかけて
います。

みなさんのメッセージも、ぜひ送ってください。

“We can make it possible with Canon!
Save whales in Southern Ocean!”


● メッセージ送付はくじラブ・サイトから
http://www.whalelove.org/

クジラと捕鯨
http://www.whalelove.org/whales/facts



===============

Lの仲間がひとりでも多く増えないと・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1706558


オーストラリアの動植物を守るためにお願い
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1642624


食の未来を決めるのは私達
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1693841


大豆もチョコも・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1682310


遺伝子組み換えで誰が得する?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801


★遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
100万人署名
(まだの方、是非、おねがいします!)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei


オーストラリアの総選挙の結果は人にも
動物にも環境にもやさしい
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1681040
スポンサーサイト



category: 健康

cm 7   tb 0   page top

コメント

魚関連では・・・。

人間が魚を取りすぎている事もありますが、実際に鯨はかなりの魚を食べるのも事実だし・・・どちらの言い分もちょっと微妙に感じますねー。
個人的には、ナガスクジラ・コククジラ・シロナガスクジラ等の鯨を捕鯨禁止にして、ミンククジラ等の個体数の多い鯨を捕鯨可能にして見たほうが良いと思いますね・・。(数十万頭のミンククジラに関しては日本がフル稼働で捕鯨しても絶滅させる事はほぼ不可能な程・・油取って捨てるわけでもないし。
あと、日本が行っている調査捕鯨に対して「何故非致死調査をしない」と時々意見がありますが、非致死調査では限界があるところもあるらしいです。(非致死調査も必要と思いますが・・。
もちろん、捕鯨のしすぎで生態系が狂ってしまう事はあってはならないし取り返しの付かない事になりかねませんが、単純に「資源」として見れば魅力的ですね。
っと・・・・鯨肉好きなので、ちょっと意見が偏りすぎましたが彼らが船で体当たりしたり発炎筒を投げ込んだりしてまで捕鯨をとめる理由は何なんでしょうかね・・・。(一部の過激派の行動であると思いたいですが。
http://yutakarlson.blogspot.com/2008/01/blog-post_27.html">http://yutakarlson.blogspot.com/2008/01/blog-post_27.html
とあるブログで、捕鯨関連の記事をみかけたので取り合えず置いときます。(捕鯨賛成のほうに偏りかけてますが多分見る価値はあると思います。
イソギンチャク #79D/WHSg URL [2008/02/24 16:13] edit

RE:魚関連では・・・。

イソギンチャクさん、
なぜ飽食の時代でそれほどクジラを食べることにこだわるんですかね?それも税収が減る中、福祉や教育費が減らされているのに、なぜ政府がこだわって守るのかかなり疑問です。
調査捕鯨だとしながら、クジラのお肉がでまわっていることや
調査捕鯨に捕鯨船を建造の話まであるそうです。
なぜ、そこまで政府は捕鯨にこだわるのでしょう。
食料資源ではなく、鯨油を資源とかんがえているのでしょうかね。
紹介の記事みにいきましたが、グリーンピースの歳入の多さがかかれていました。しかしながら、グリーンピースは政府ではありません。私達ひとりひとりがサポートしている団体です。間違った行動をすれば、国際的にも非難をあびることになり、サポーターがいなくなれば、活動をつづけることができません。
いっぽう政府は、年金資金年金外使用問題、道路財源道路意外使用問題やコストベネフィットの最初の見積もりがずさん、原発のデータ改ざん、薬害問題、今話題のイージス艦の情報隠蔽・・・様々なことで国民が払いたくない税金もシステムとして国民は払わされるので、いくら無駄遣いをしても国がつぶれることはありません。また、日本語と記者クラブ制度により、海外からの批判もずいぶんまもられます。
PS.シーシェパードの過激行動には賛同しませんが、シーシェパードの発炎筒を投げ込んだりしてまで捕鯨阻止というのは賛成できませんが、密猟者などを相手になら誰の漢詩もない海上で命がけなので目には目をということになるのでしょう。シーシェパードを擁護をするわけでないですが、過去にシーシェパードは悪名高い海賊捕鯨船に突撃して阻止したことがあります。
下記にシーシェパードのことかいています。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1577593">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1577593
あずーる #79D/WHSg URL [2008/02/24 20:16] edit

お互いに譲れないところでもあるんでしょうかね?

>なぜ飽食の時代でそれほどクジラを食べることにこだわるんですかね?それも税収が減る中、福祉や教育費が減らされているのに、なぜ政府がこだわって守るのかかなり疑問です。
昔からクジラを食べていた国だった為、鯨肉を食べる文化を守る為・・・・いろいろな事を耳にしますがどうなんでしょうかね・・・。(取り合えず、私はクジラが食えればそれで良いのですがね(私欲)・・・牛?牛では鯨肉独特の癖は楽しめませんよ。
逆に反捕鯨国は何故ここまで異常に反対するのかと言いたくなる位です。(生態系が狂うとか、感情豊かな生物だからとか、頭が良いからとか良く耳にしますが・・・果たしてそれだけの理由ですかね・・。
捕鯨賛成派も捕鯨反対派もあって良いと思ってますが、あまり加熱し過ぎないで欲しい物です。
一応言っておきますが、捕鯨国は思った以上に多いのです・・捕鯨に賛成する人は少なくないです。(詳しい事は調べれば判りますよ。レッツ本屋
>食料資源ではなく、鯨油を資源とかんがえているのでしょうかね。
クジラは、基本的に捨てるところが無い位用途があります。(ホルモン剤・香料・食肉・骨・髭・クレヨン・鯨油等
ヒゲクジラ亜目の中で2番目に小さな種類のミンククジラでも、牛数頭分の肉が取れます。
これら全て含めて「資源」なんでしょうね。
>シーシェパードを擁護をするわけでないですが、過去にシーシェパードは悪名高い海賊捕鯨船に突撃して阻止したことがあります。
まぁ、確かに悪名高いと言ったら高いですが・・・やった事は犯罪ですよ。
ましてや、リペットマインを使って船を沈める行為自体が常人の考える事じゃないでしょう。
イソギンチャク #79D/WHSg URL [2008/02/24 23:09] edit

追伸 RE:魚関連では・・・。

イソギンチャクさんへのコメント書いていて思い出しました。
確か今年にはいってからの出来事だったと思いますが、
シーシェパードのメンバーが日本の捕鯨船に乗り込みとらえられた時、日本の捕鯨船は彼らを犯罪人扱いしていたのに、
オーストラリア政府が抗議をした直後、日本の捕鯨船は
彼らへの対応を手のひらをかえした態度でお客さんのように
扱うというひょう変のしようには驚いてしまいました。
シーシェパードのメンバーがしたことが犯罪行為だとすれば
なぜ一貫して捕鯨船の人たちは、オーストラリア政府に
そのように主張し、彼らを当初扱っていたように続けなかった
のでしょうか。
また、いつも捕鯨関連については日本語の報道と英語の
報道で、かなりくいちがいがあります。
政府の意向を反映した日本語の報道には胡散臭さをいつも
感じています。
あずーる #79D/WHSg URL [2008/02/25 00:10] edit

どこの報道も胡散臭い気がしますがね・・・。

グリンピースの報道事態結構胡散臭いと思いますがねー・・・グリンピースの船が日本の船に突撃した事は既にご存知かと思われますが・・・彼らは、日本の船の法から体当たりしてきたと言うのですよ。(動画を見る限りは誰がどう見ても向こうの突撃
そんなグリーンピース関連のところの情報を鵜呑みにすることはないと思いますよ。
日本の報道も極端に偏っているけど、向こうの報道も相当偏っている気がしますねー。
私が何故ここまで捕鯨にこだわっているのかと言うと・・・私の祖父の故郷は鯨肉を良く食べるところでしてね、私自身鯨肉を食べる機会があり牛肉の味より鯨肉のほうが好きなんですよ。(まぁ、つまり・・・あれです・・・食欲です。
そうそう、個体数はミンククジラに比べてかなり少ないけどザトウクジラも増え始めているみたいですね〜・・・10年後には、初期資源量まで回復するかもしれないとか。(それでも、取りすぎは良くないと思いますがね。
既にご存知かと思いますが、日本の調査捕鯨はクジラが普通に繁殖できる量を取っています。500〜1000匹取っているとか言われると取り過ぎと思うかもしれませんが実際は「少なすぎ」です。
ところで・・・世界中の国が捕鯨に反対してると良く耳にするけど・・・その「世界中」ってどれだけの国なんでしょうかね。(普通に捕鯨している国なんて珍しくないし、本当に世界中?
=====================================
捕鯨関連の動画を適当に漁って、適当に載せておきます。(動画のコメント欄も面白い事になってますよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2138602">http://www.nicovideo.jp/watch/sm2138602
http://jp.youtube.com/watch?v=wOr9lhBtKWM">http://jp.youtube.com/watch?v=wOr9lhBtKWM
http://jp.youtube.com/watch?v=BXw5GFrhX8M&feature=related">http://jp.youtube.com/watch?v=BXw5GFrhX8M&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=zHhsnqQXXVQ">http://jp.youtube.com/watch?v=zHhsnqQXXVQ
http://jp.youtube.com/watch?v=i_80NcoxaIY">http://jp.youtube.com/watch?v=i_80NcoxaIY
http://jp.youtube.com/watch?v=b-0V7xQ_jHM&feature=related">http://jp.youtube.com/watch?v=b-0V7xQ_jHM&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=of-7y_IaJOk&feature=related">http://jp.youtube.com/watch?v=of-7y_IaJOk&feature=related
イソギンチャク #79D/WHSg URL [2008/02/25 21:48] edit

リンクさせていただきました

当方のHPの捕鯨批判ブログ集にてこちらを紹介させていただきました。
kkneko #79D/WHSg URL [2008/05/27 01:18] edit

kknekoさん、リンクありがとうございます♪

ちらっと今、よらせてもらいました。
また、そちらのリンクから、ブログとばせてもらいます。
PS.ここによられた方、是非、kknekoさんのリンク集にもよってください。
http://www.chikyu-to-umi.com/kkneko/framel2.htm">http://www.chikyu-to-umi.com/kkneko/framel2.htm
あずーる@FreeTibet #79D/WHSg URL [2008/05/27 21:58] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/845-e00875a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ