FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

親しい人との間でおこるレイプ 

今日のNHK「クローズアップ現代」で
とりあげていた日本でおこっている
デートレイプのこと。
http://www.nhk.or.jp/gendai/


アメリカでの出来事ではない。
基地周辺の米兵がおこしていることでもない。
日本各地で日本人の間でもおこっていると
いうのがショック;;
 

女性の被害者は22%くらいで、
男性も10%以上らしい。


彼からの度重なる暴力でうつ病に
なった女性が紹介されていた。

人間関係が希薄な日常生活で
束縛と愛情がわからない
若者が多いくなっているという。


なるべく早い段階から予防策をと
らないと取り返しのつかないことになる
と教育プログラムをはじめた学校を
紹介していた。


それだけでなく、家庭内暴力、
セクハラや暴力を許す
社会環境を根絶しないと根本的なこと
は解決しないと思う。


小泉内閣以降、男女共同参画予算で
税金を箱物にばかり投入して、もっと肝心な
中身のカウンセリングや教育に予算が
いっていないみたいである。


[仙台市の男女共同参画のサイトより] (2008年02月25日 22:23)
http://www.city.sendai.jp/shimin/danzyo/seibouryoku/index2.html

◆周囲の人にできること

身近な人が性暴力の被害を受けたとわかった時、
あなたはショックを受け、動揺したり、激しい
怒りの感情にみまわれることと思います。

しかし、それを直接被害者にぶつけないように
してください。
大切なことは、まず被害者が安心して気持ちを
うちあけられることです。

被害者が今どんな状態にいるのか理解しようと
いう気持ちで話を聞いてください。

そして、本人の話を信じ、悪いのは加害者で
あって、被害者には責任はないことを繰り返
し伝え続けてください


「支えきれない」と思う時は、自分の中の強姦
神話をもう一度見直したり、相談機関を利用
することを考えてください。

今後とるべき選択肢を一緒に考え、被害者自身
が決める過程を見守り協力して行くことも大事
なことです。

たとえ時間がかかっても、被害者が自分で決め、
行動することが回復へとつながっていきます

被害者の回復する力を信じ支え続けてください。


========
参考
ブログじぇんだーな日常から転載
07・11月の記事
http://okasinakoto.blog103.fc2.com/blog-entry-58.html
[恋人間暴力]10〜20代の男女50%が経験
内閣府調査
 

>内閣府は9日、10〜20代の若い世代での
恋人間の暴力(デートDV)に関する
インターネット調査の結果を発表した。

>男女とも50%が交際相手から肉体的・精神的
な暴力を受けた経験があると回答。
>その際に相談した相手は「友達」が55.5%
(複数回答)で最多だったが、42.7%は誰にも
相談していなかった。

★レイプとは?
http://www.macska.org/saic/rape.html


★レイプにまつわる間違った認識と真実
http://www.macska.org/saic/myth.html


★デートレイプについて
(米国ジョージア大学の資料から)
http://www.macska.org/saic/daterape.html


★性暴力情報センター
婦人相談所・警察被害 相談電話一覧
http://www.macska.org/saic/public.html


★民間団体
http://www.macska.org/saic/hotline.html


★韓国のとりくみ
http://hkakami.kgnet.gr.jp/back/item/1141520225/1184294681.html


=================
セクハラ関連記事

島田紳助にNO!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1480476


ブッシュ、ドイツのメルケル首相に「痴漢行為」?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1458370


セクハラ放置に5万ドルの罰金?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1417031


セクハラはやめて!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1402220

スポンサーサイト



category: 健康

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/844-45d747ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ