FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

台風去って、地震と選挙報道にかくれていること 

沖縄と九州から台風がさって中越沖地震
の柏崎刈羽原発の危険と参院選挙にメディアの目が集中
するなか沖縄では辺野古の住民の阻止行動に暴力的な圧力
がかかっているとのこと!

この国は、お給料(税金)をもらって国民の年金基金を守る
社会保険庁の役人たちは無駄遣いしても罰せられないし、
原発の安全を税金で管理する原子力安全保安院や原子力
安全委員会の人たちは、25年ぶりの耐震基準見直し
でも海底断層を調査するという仕事もしていないし、あらゆる
可能性を想定した防災マニュアルも作ってない。
こんないいかげんな仕事をしていても責任はとわれない、
罰せられない。
原子力安全保安院のトップの人が新潟知事に謝ってたけど
誤ってすむだけなんておかしい!

そして、沖縄ではメディアも報道しないから、非暴力抗議の
住民たちに自衛隊を動員したり、今度は請負会社の人命
軽視の強引なやりかたにも那覇防衛施設局はしらんぷり?

もと環境大臣で環境を大切にする立場だった小池
防衛大臣、環境を守ろうと非暴力で抗議している人への
こんなやり方見過ごしてていいの?

もろもろの出来事の共通点は、税金でお給料もらって
いる人たちの住民軽視’へ’な姿勢。

====================
以下全文転送転載歓迎(ひろめてください)

■連続ティーチ・イン沖縄通信 辺野古・緊急


*****

できるだけ、多くの方に知らせてください。
辺野古阻止行動に対する暴力的な、殺人未遂とも
いえる圧力がかかっています。

酸素ボンベのバルブを閉めるという行為の他に、
他の阻止行動メンバーに対して、殴る、蹴る、
あるいはマスクを引きはがそうとするなど。


(写真は下記のサイトで見れます。)
http://dugong2007.tuzikaze.com/07_7_3.html

以下、平和市民連絡会の抗議声明と新聞各紙
報道、および抗議先、関連ブログなど。


*****

■抗議声明

那覇防衛施設局は、2007年4月から新基地建設のための
環境現況調査を開始した。

2014年完成の方針のもと、アセス法によらない違法な
事前調査である。

政府は5月18日(金)、19日(土)、20日(日)に自衛隊をも
投入し、未明から調査機器設置作業を強権的に実施し、
6月9日(土)、10日(日)にも継続した。


それ以降、未設置の機器設置作業とそのメンテナンス、
さらに珊瑚のライン調査作業が継続された。私たちは
非暴力による新基地建設阻止、違法な事前調査阻止
行動を進めている。

本日、7月21日(土)12時すぎ、辺野古の海で作業を止め
る行動の中、いであ(株)の作業員が海中で平良夏芽さん
の空気ボンベのバルブを閉めたため、窒息状態となり急
浮上した。

ボンベ内の空気は200(20MPs・メガパスカル)中50(5MPs)
しか消費されておらず、明らかにバルブを故意に閉めた
結果である。これは人命軽視の暴力行為であり許される
ものではない。

那覇防衛施設局は前回と違い、今回は現場に責任者を置
かず、業者の暴力行為を放置して来た中での、今日の人命
軽視の暴力行為である。


私たちは今回の窒息状態を引き起こした重大な暴力行為に
対し、いであ(株)と那覇防衛施設局に対し、厳重に抗議し、
謝罪を要求する。

2007年7月21日 ヘリ基地反対協・平和市民連絡会


*****
■抗議声明英訳文

URGENT: Henoko protest leader injured in underwater attack.

As nonviolent resistance to the new U.S. military sea
base construction in Henoko, Okinawa, continues,
Japanese government aggression against protesters has
taken an ugly turn.


On July 21, Natsume Taira, one of the protest leaders,
was almost killed in an incident involving a diver from a
company contracted by the Defense Facility Administration's
Naha Bureau. The Bureau has been pressing ahead with the
installation of seabed equipment for what it calls a
"pre-survey" -- an activity legal experts say violates
Japan's Environmental Impact Assessment Law.


According to the Okinawa Times, the incident occurred when
Natsume, a pastor, was diving one kilometer offshore of
Henoko fishing port. He was using his body to shield the
groundsill of a piece of equipment from three contract
divers. As of the divers locked his arm in a full nelson,
Natsume found himself unable to breathe. Natsume managed
to slipped away from his attacker and burst to the
surface.


On examination of a video shot by protesters, it appeared
the contract diver had closed the valve on Natsume's air
supply. Natsume was rushed to hospital and treated for
decompression sickness. "I believe the worst is over,"
he said in a statement to supporters.


Responding to this serious aggression, Okinawa-based groups
Citizen's Coalition for Peace and Conference Opposing
Heliport Construction called a press conference and
released an urgent statement.


Although this is not the first time Henoko protesters have
experienced violence from Japanese government forces, Natsume
told the Ryukyu Shinpo newspaper, "They have crossed a line.
I will consider a criminal compliant against this act."

Hikaru Kasahara (Asian Peace Alliance [APA] Japan)


■琉球新報 27面 7月22日


辺野古沖調査 作業中、海中でもみあい
移設反対派 「酸素バルブ閉められた」

米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の環境現況調査
(事前調査)に反対するヘリ基地反対協議会と平和市民
連絡会は二十一日午後、緊急記者会見を開き、
「二十一日午後零時半、海中で抗議行動を行ったメンバーが
機器設置作業員に酸素ボンベのバルブを閉められ生命の
危機に陥った」と発表し、現場写真を公開した。


バルブを閉められたとされるのは、反対派リーダーで平和
市民連絡会共同代表の平良夏芽牧師。
同牧師は「命にかかわる一線を越えた行動で、刑事告訴も
検討したい」と述べた。

両団体は同日、施設局と業者に謝罪を求める抗議声明を
発表。週明けにも、 事業者の那覇防衛施設局に使用者
責任を問い抗議する。
 
トラブルのあった現場は、辺野古漁港から約400メートル
ほど離れた海中。作業員三人が台風4号でゆるんだパッシブ
ソナーの土台を補強しているのを阻止しようと、 反対派が
土台にしがみつくなど抗議行動を行った。
 
そのうち、平良牧師は呼吸が困難になり浮上。船上で、同
牧師のボンベのバルブが閉まっているのを不審に思い、
反対派メンバーが海中で撮影した画像で作業員の行為
を確認した。

平良牧師は「海中で作業員に羽交い締めにされている途中、
急に空気がなくなり恐怖を感じた。幸い水深が約四メートル
と浅くて助かった」と当時の心境を語った。
二十一日は午前六時ごろから作業船が二隻現れたが、施設局
職員はいなかったという。


++++++
沖縄タイムス 23面 7月22日

辺野古調査 反対派・業者もみ合い
平和連絡会 「バルブ閉められた」


米軍普天間飛行場移設予定地の名護市キャンプ・シュワブ
沿岸海域で二十一日、那覇防衛施設局の環境調査を委託
されている業者の作業員ダイバーと、移設に反対する
平和市民連絡会の平良夏芽共同代表が海中でもみ合い
になるトラブルがあった。


平良代表は「海中でタンクのバルブを閉められた」と主張。
「命にかかわる一線を越えた行動で、弁護士と相談し、
刑事告訴も検討している」と話している。二十三日
にも那覇防衛施設局を訪れ、現場の状況を撮影した
ビデオを見せ、抗議するという。


平良代表によると、二十一日正午すぎ、辺野古漁港沖
約1キロの海底三,四メートルで、委託業者の作業
ダイバー三人が、調査器の土台を海底に固定しよう
とした。

平良代表が作業を阻止しようと、土台にしがみつくと
ダイバーが羽交い締めにしたという。
急に息ができなくなり、浮上したところ、バルブは完全
に閉まっていたという。

ヘリ基地反対協の安次富浩代表委員は「国家の暴力が、
市民活動に及んできた。憤りを感じる」と語った。


■※※抗議先※※

那覇防衛施設局への抗議もお願いいたします。
施設局の職員は現場を放ったらかしです。

那覇防衛施設局〒900-8574那覇市前島3丁目25-1
電話・fax 098-868-0174〜9 広報室(内線233から235)
沖縄県知事公室広報課 電話098-866-2020
098-866-2467
email:kouhou@pref.okinawa.lg.jp


沖縄県文化環境部環境政策課
電話:098−866−2183
FAX:098−866−2240
E-mail:aa025003@pref.okinawa.jp


※※この件に関しては、以下のブログなどご覧下さい※※
・辺野古からの緊急情報 http://henoko.jp/info/
・緊急情報(携帯版)http://henoko.jp/infom/
・基地建設阻止 http://henoko.jp/fromhenoko/
・シンさんの辺野古日誌 http://diary5.cgiboy.com/2/henokonikki/
・きっこのブログ 
 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/07/post_e419.html
・ちゅら海を守れ沖縄 http://blog.livedoor.jp/kitihantai555/
・東京新聞記事
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007072101000423.html
・沖縄タイムス18日夕刊1面
 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200705181700_01.html
・沖縄タイムス19日朝刊1面
 http://www.okinawatimes.co.jp/


■抗議先英訳
======================================
WE STRONGLY CALL FOR YOUR SUPPORT
======================================
1. If you have a media list, please send it to APA Japan 
(ppsg@jca.apc.org) as we would like to send information
about Henoko tointernational media.


2. Email, Fax, Phone statements in support of Natsume and
the Henoko protest:

Japan Maritime Self Defense Force (JMSDF)
Tel: +81-3-3268-3111 Email: mso-cadv@ic.jmsdf.go.jp     
Japan Defense Facility Administration Agency (Naha Bureau)
Email: mso-cadv@ic.jmsdf.go.jp Tel: +81-98-868-0174
Fax: +81-98-866-3375

Ministry of Defense
Tel: +81-3-5366-3111
Email: infomod@mod.go.jp


Japan Coast Guard, 11 Regional Headquarters
Tel: +81-98-867-0118 E-mail:soumu-11@kaiho.mlit.go.jp

U.S. Councilor Office, Naha, Okinawa
+81-98-876-4211

U.S. Embassy in Tokyo
Tel: +3-3224-5000


3. Send your solidarity message to the people of Henoko:

Heiwa Shimin Renrakukai (Citizens Coalition for Peace, Naha, Okinawa)
Fax:+81-98-885 8230

Conference Opposing Heliport Construction (Nago, Okinawa)
Fax: +81-980-53-6992


4. Letters to the Editor:

Yomiuri
https://app.yomiuri.co.jp/form/index.php
Asahi
http://www.asahi.com/reference/form.html
Mainichi
https://form.mainichi.co.jp/toiawase/
Nihon Keizai (Nihon Business)
webmaster@nikkei.co.jp
Sankei
u-service@sankei.co.jp
Tokyo Shimbun
https://cgi2.chunichi.co.jp/tko/hotline/form.shtml
Nikkan Gendai
http://gendai.net/?m=infotoiawase
Shimbun Akahata
hensyukoe@jcp.or.jp
Kyodo Tsushin
feedback@kyodonews.jp
Jiji Tsushin
https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=company
NHK [less than 400 words] https://www.nhk.or.jp/css/goiken/
bangumi.html Nihon TV https://www1.ntv.co.jp/staff/form.html Fuji TV 
https://wwws.fujitv.co.jp/safe/red_mpl/response/res_form.cgi?
TV Asahi Hodo Station
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/opinion/index_see.html
TV Tokyo
https://www2.tv-tokyo.co.jp/main/goiken.php

Okinawa Newspapers (less than 400 words)
Okinawa Times opinion@okinawatimes.co.jp Ryukyu Shimpo 
koe@ryuukyushimpo.co.jp


■基地のない平和で豊かな沖縄をめざす会 
芳沢章子さんからのメール(抜粋・一部編集)

5月18日からずうっと、私たちが大阪で平和を訴えている今でも、
辺野古では連日防衛施設局が非暴力の市民に攻撃を加えています。
選挙が終わらないうちに、という意図かと疑いたくなるぐらい。
せめて抗議のFAXなりめーるなり多くの人が送れるように
広めてください。

憲法改悪の中身、米軍再編を阻むために命をかけて
いる人たちがいることを、どうぞ一人でも多くの人に知らせてください。
芳沢

辺野古も高江も毎日必死の阻止行動が続いています。
すでにネットでご覧になっている方も居られるかもしれませんが、
今日は高江から発信しているブログ『やんばる東村 高江の現状』
に掲載されていた、ちえちゃんのメッセージを転送します。
http://takae.ti-da.net/e1656476.html

スポンサーサイト



category: サステイナブル

コメント






深夜3時に高江へ到着。

四方森で囲まれたすぐ上の天は、水しぶきを浴びせたような

満天の星。



草むらからの虫の声に重ねて、即興野外ライブがキャンドル

の明かりに照らされて始まろうとしていた。



ウクレレに合わせて、風のような「てんさぐの花」の歌声が

流れる。

なんと、M君とIさんのアコギの音色も加わり、なんともいえ

ない贅沢な時間。

まさか、緊迫してきた高江で、こんな空間に遭遇できるとは

思わなかった。



数曲の演奏で、みんながまったりしていた。



その時、

N4のゲートに集まるみんなの前を2台のライトバンが通り過ぎ、

続いて作業準備をするためのコンテナ小屋を積んだ大型車両

が停車した。





深夜3時半、こんな時間に!もういかげんにしてくれ!!



ゲートから入れないと察知して、そのトラックはクラクション

を鳴らして、北上をはじめた。



座り込みの仲間がすぐに追跡する。 私達も追って続く。



そのままトラックは辺戸を過ぎ、西海岸をずっと走って逃げた

そうだ。





その間に対向斜線からもあやしい車両が走り抜けていったため、

私達は、少ない人数を割り振って、数箇所のゲートポイントで

夜を撤して座りこんだ。





夜のうちに、ライトバンから作業員が走り出てゲート脇の

草むらから入ってしまった。

戦争のための作業をやめて!という声は、届いていた

と思う。





東海岸側の空が白みはじめて、夜が明けた。

朝7時過ぎ、座り込みの疲労がピークに達している頃、 キャンプ

ゴンザレスのゲート開門と同時に、隙を見て作業員を乗せた

車両が進入。



今日は私達は、朝でひきあげてきました。

そして夕方また、昨夜よりずっと座り込んでいる高江区民の

方から電話がありました。



「油断できない状況で、今夜も、今も、座り込み継続。

昨夜からの座り込みで、人数も少なく、みんな疲労している。

交替の座り込みに参加してください!! 」



もし、ヘリパッドが建設されてしまってからでは、取り返し

がつきません。



現場で、たった数人が、世界の問題に直接対峙しないといけ

ないのはなぜ!?

誰か、座り込み以外の方法があるというのなら今すぐ教えて

ください。そして実行してください。



高江を、仲間を、世界を助けて!

お願いします。





よしおかちえ

#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

---



【以上、転送おわり】

掲載責任★遊牧民★

平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)

http://heikosenweb.oboroduki.com/">http://heikosenweb.oboroduki.com/

平和の井戸端会議

http://blogs.yahoo.co.jp/yuubokuminn2003">http://blogs.yahoo.co.jp/yuubokuminn2003



=========

追記 非戦さんの情報から かわいそうな”非戦闘地域”

イラクへこそっと送られる自衛隊員。。。



「安保の現場」イラクと北朝鮮<上> 

米兵中心に1万人空輸、実態隠す政府




2007年7月23日 07時14分








航空自衛隊の輸送機が昨年7月31日、イラクのバグダッド

空港に乗り入れて間もなく1年。

輸送した多国籍軍兵士はほとんどが米兵で、今年6月までに

1万人を突破していたことが分かった。



国連関係者の約10倍に上り「人道復興支援が中心」とする

政府の説明と食い違う。

派遣隊員らは「現実は米軍支援。それが日本防衛につながる

と信じ、命を懸けている。なぜ隠すのか」と説明責任を果たさ

ない政府に不信感を抱く。



イラクも拉致も「年金」にかすむ参院選。

国民に知らされず、問われもしないまま、遠くイラクの地で

「日米一体化」が独り歩きを始めている。





 「米兵を運んでいることは、国民に説明できないほどやましい

ことなのか」。派遣隊員の1人が悔しそうにつぶやいた。





小牧基地(愛知県)から派遣されているC130輸送機は、

クウェートを拠点にバグダッドなどイラクに週4、5回運航。



国連用は北部アルビルまで飛ぶ週1便で、その便にも経由

地のバグダッドで米兵が乗降する。





貨物室が米兵で“満席”の60人に上る時も。

「米兵のタクシー」(隊員)になっているのが実態だ。





イラク特措法に基づく基本計画は、「人道復興支援

が中心」と明記。米軍の後方支援が主任務となっている現状

は、基本計画を逸脱している可能性が高い。



それでも政府は「関係国が望んでいない」「隊員に危険が及ぶ」

と、兵員輸送の実数公表を拒み続けている。





4月下旬。安倍晋三首相は国会で、「多国籍軍はインフラ

整備など復興支援の活動にも取り組んでいる」と答弁。

「人道復興支援」を強調した。





空自関係者は「(輸送する)米兵がイラクで何をしているかは

正直、分からない。(任務は)聞かないのが現場の常識であり、

暗黙のルールだ」と言い切る。





7月に入り、開戦以来の米兵の死者数は3600人を突破。

死が日常化している戦場で「戦闘地域か非戦闘地域か」

「戦闘員か非戦闘員か」の問いかけ自体が、現実を無視した

「ナンセンスな議論だ」という。

政府見解で「非戦闘地域」となっているバグダッド空港も、実態は

戦場に近い。





隊員の耳にも日々、確認情報が届く。「離陸前の待機中、機体

のすぐ上を複数の迫撃砲弾が飛んだ」「飛行してきたばかりの

ルートを着陸直後、ミサイルが通過した」。いずれも数分の差で

被弾していた可能性が高い。





中堅の隊員は「飛ぶ日には必ず自室に遺書を置いていく隊員

もいる」と明かす。



 「日の丸を背負っている以上、心の支えは国民の理解と支持

しかない。だからこそ、ありのままを知ってほしい」



 政府の説明回避が、隊員たちの「覚悟」に暗い影を落として

いる。





【イラク特措法】 イラクに自衛隊を派遣する根拠法。

2003年7月、時限立法(4年間)として成立。

「非戦闘地域」での人道復興支援活動と、治安維持にあたる

米軍などへの後方支援を行う「安全確保支援活動」がある。



2年間の延長を決めたさきの国会で、安倍首相は空輸150回

(昨年7月末−3月末)の内訳を多国籍軍125回、国連25回

と初めて公表。輸送人数は国連分(706人)のみ明らかにした。



(東京新聞)

http://blog.mypress.jp/imagew/wallaby97/dsenkyo.gif" alt=" " width="160" height="70" />




#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXTENDED BODY:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXCERPT:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

KEYWORDS:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

辺野古

バルブの件での殺人未遂は許せない
べるの #79D/WHSg URL [2007/07/26 05:02] edit

RE: 辺野古

べるのさん
ほんと画像をみると殺人未遂ですよね〜
命がけでの抗議活動に頭がさがります。
PS.私はだらだらしてても風邪ひきでダウンです;;
あずーる #79D/WHSg URL [2007/07/26 16:27] edit

基地問題も争点ですね!

あずーるさん
風邪は治りましたか?
命がけの抵抗をしている平良さんの声明には、感銘を受けました。殺されそうになっても、ああいうことが書けるとは!
私たちが監視し抗議すべきは、防衛局、防衛省、防衛相、そしてトップに立つアベ首相ですね。
権力側の横暴!
新しく基地を作って、なにをしようとしているのか、
あずーるさんが引用してくださった記事「米兵中心に1万人空輸、実態隠す政府 」から、明らかです。米軍と一体となって侵略戦争をすること、この発信地に辺野古がなる、ということです。これに反対する、抵抗する、というのは、戦争に反対する人の共通の思いですね。
それを相変わらず、反対『派』だの『もみあい』という表現で、なにか特殊な人たちだけでやっているという印象を与えているマスコミも、問題ありです。でも今まで報道してこなかったことを、報道したメディアには、そのことを書いたうえで応援していこうと思います。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/07/28 09:39] edit

RE: 基地問題も争点ですね!

非戦さん
微熱はさがったけど、またのどが痛いです。
だらだらした生活がいけないのかもね^^
平良さんたちの長い命がけの行動には ほんとうに頭がさがりますね。
基地問題や憲法、あんまり普通のひとたちは関心ないようで(これは非戦さんのゆうように大手メディアの問題もありますよね)、オムライス党も共産もおもってたよりのびませんでしたね。
大阪は、自民、公明がとおってしまうなんて、本当に政府からなんとか利益を誘導しておこぼれをもらいたい古い考えの人が多いのだと、いつものようにガッカリ。。。私は平和活動をしていたオムライス党の候補者をいれたのに全く及ばずです。
公明がイラク派兵をゆるしているのに、まだ公明をサポートする世界平和をめざす創価学会員ってなんなんでしょうね?
学会員は世界平和よりも利益誘導型の政治を指示するということでしょうか?
あずーる #79D/WHSg URL [2007/07/30 00:06] edit

本当の民主主義には、まだまだ

選挙結果には、複雑な思いですね。自民惨敗はうれしいけれど、、。大阪の結果も意外だし、民主党は圧勝といわれていたので、社民や共産、9条ネットなど確実な護憲派に入れる人がもっと多いと思っていたのに。
あずーるさんが、紹介してくださったグーグルのサービスシステムで、「憲法、沖縄」を入れていた私に、届いたのが、あずーるさんのこのサイトだったですよ。ぴったりですもの。驚きました。そしてうれしかったです。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/07/30 15:21] edit

RE: 本当の民主主義には、まだまだ

非戦さん、
タイトルどおりですよね〜
天木さんたちの9条ネットの得票数があまりににも少なかったのでガックリ。大手メディアの露出度がかなり影響しているようですね。
住民票うつしてず(住民税3年も払ってなかった)丸川珠代が片山さつきの「誰にでも間違いはあります。チャンスを・・」という応援演説とメディアの露出度で救われたみたいだし・・・。丸川珠代は、泣き落とし演説してたし、あーゆうのってズルイと思うし、同じ女性としてあーゆう手をつかうのは賛同できません。
ただ、支持母体のない川田さんが当選した意味は大きいとおもいます。質問主意書で情報公開を求めていくといっていたし。
バカ勝ちした民主党は、政務調査権を徹底的に駆使して情報開示と本当に困っている人が救われる法案を議員立法してほしいと思います。
でも、これだけ大敗して あれだけ選挙戦で「小沢さんか私か選んでください」といっていた安倍首相は 早々と続投といっている。民主主義を否定しているのと同じような気がします。
PS.へぇ〜、この記事もはいっていたなんて驚きです。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/07/30 17:06] edit

当確報道までが長かった夜でした

 mixi版「へいこうせん」で今回の選挙の感想を書きましたが、これからの9条問題=比較的若い世代、現在の年金問題=貰う年齢に差し掛かった世代の心配事、という図式があらわれた結果で、切羽詰まった方達が投票した選挙だった――と感じています。
 「行かなかった」という有名人が今回もいたようですし、そういった層の政治離れは想像している以上に深刻ではないかと思い、空恐ろしくもなりました。温暖化問題は何となく感じていても、政治問題になった途端に面倒臭くなっちゃう、みたいな。
 平凡な一般市民なりに、せっかく利用しているウェブログを使って「そういった人達」に政治や温暖化を「きっかけを柔らかくして」積極的に伝えていこうと考えています。
倭多 #79D/WHSg URL [2007/08/01 00:58] edit

わたさんへ

わたさん、メッセージにレスかえせていなくてごめんなさい。しばらくお待ちを。
mixi版「へいこうせん」のわたさんの今回の選挙の感想、また後でのぞきにいきますね。
>これからの9条問題=比較的若い世代、現在の年金問題=貰う年齢に差し掛かった世代の心配事、という図式があらわれた結果で、切羽詰まった方達が投票した選挙だった――と感じています。
年齢層にかぎらず、切羽詰った「暮らし」に小泉政権からつづく安倍政権にNOという人は多かったと思います。
投票率は58%と、郵政選挙の時より多かったので、今後もより多くの人が政治や自分たちの税金の使われ方に興味をもってくれることを願います。
>「行かなかった」という有名人が今回もいたようですし、そういった層の政治離れは想像している以上に深刻ではないかと思い、空恐ろしくもなりました。温暖化問題は何となく感じていても、政治問題になった途端に面倒臭くなっちゃう、みたいな。
今回は、選挙にいこうのCM、さりげなくてよかったと思うし、Yahooの選挙特集やサッカーの中田ヒデもよびかけていたくらいだから若い人の関心もあがってきていると思うのにね。草の根で支持母体なしの川田さんの当選の意味大きいと思います。彼のキャッチ「うごけば変わる」も・・。
政治になると知る前から敬遠して知ろうとしないし、ちょっと苦手という人多いですが、税金の使われ方は監視しないと民主主義の意味がないですよね。温暖化問題、クールビズやレジ袋よりもっとインパクトのあることを おなじくらいの税金でできるのにと思います。
>平凡な一般市民なりに、せっかく利用しているウェブログを使って「そういった人達」に政治や温暖化を「きっかけを柔らかくして」積極的に伝えていこうと考えています。
ぜひ、わたさんもいろんなブログ記事かいてください。楽しみにしています*^^*
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/01 15:39] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/798-468cd5ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ