FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

ダイヤに違う輝き:自由、家族、真実 

今日はひさしぶりに映画のレビューを。

たしか6月ごろにみたデカプリオ主演の
「ブラッド・ダイヤモンド」
血のダイヤとは、なんだか怖いタイトル。


ダイヤの価値を決める”4つのC"
color, cut, clarity, carat
しかし、実は5つ目のC:conflict(紛争)が
存在することをあなたは知るという
映画の紹介。


映画をみた日は蒸し暑い日の夜7時ごろだった
のだけど、私の隣にすわったおじいちゃんは
はじまるなり寝てしまっていびきが・・・
おじいちゃんには暗くてすぐ寝てしまう場違い
な映画。

私のツレはいびきにおこって言ってくれたけど、
自分だけ、前の開いている席へ。
映画終了後も、よっぱらいの若くはない男が
わめいていた。せっかくの映画が台無し。。。
映画館でアルコール売るのやめてほしい!


映画にもどるとこの映画の監督はトム・クルーズ
主演の「ラストサムライ」やショーン・ペン主演の
「アイ・アム・サム」のエドワード・ズウィックで
この作品は2006年度のアカデミー賞の5部門に
ノミネートされた。

ただ、実際におこなわれていることに近いとは
いえ、やっぱりかなりむごくて目をそらせたく
なる場面もたくさんでてくる。

レオナルド・デカプリオは この映画では
「タイタニック」とは偉く違いヤクザなおっさん。
南アフリカ訛りを旨く使い、ただカッコイイ俳優
から脱皮したいい演技をしていた。


はじめは、なんかヤクザなおっさんで嫌だなぁと
思ってみていたけど、最後に大切なものをみつけて、
やっぱりカッコイイ デカプリオだった。

(私は普段はプラピ派)

ジャーナリスト・マディを演じるジェニファー・コネリー
もはじめはぱっとしないけど、映画がすすむうちに素敵
になってくる。


英語版でデカプリオが彼女の演じた紛争地帯の
ジャーナリスト役を真摯に演じているといって
いた。監督のコメントでも、現在の米国の
ジャーナリストたちは会社のマーケティングの
意向が強くなりすぎて、特にアフリカなどの
ジャーナリストは大変だというような事を
言っていた。

ジャーナリストが命がけで、何ができるかを暗示
しているような映画でもあった。


ジャイモン・フンスーという黒人の役者が現地
シオラレオーネの息子を命がけで探すよき父親
ソロモン役を演じている。デカプリオ演じる
アーチャーとのはじめからの言いたいこといい
敵対しあっているのが、次第に心をかえていく
アーチャーの人間性に心を許していくのがいい。

でも、この2人、絶対、なかなか死なないのが
映画。

後半のシーンで、2人が山のような所を歩くシーン
がある。オーストラリアのアウトバックのような
シーン。


そこで、ソロモンが
「あんた30にもなって、お金も山ほどあるのに
 結婚しないなんて、俺には全く理解できない。」
ようなことをアーチャーに言うシーンが
なんか資本主義社会で失ったもののことを暗示して
いるのかもしれないなんて思った。


この映画では、ダイヤモンドがもたらす紛争を
描いているが、汚職まみれの民主主義が機能して
いない政府で石油や鉱物などがもたらす紛争は
多くある。ダイヤをつうじて、グローバル経済が
現地にもたらす影響もとても考えさせられるので、
ひとりでも多くの人にみてもらいたいお薦め映画。


★プラッドダイヤモンド 公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/blooddiamond/


こちらは英語版とちがい、せっかくアムネスティが
活動しているのにリンクもはられていないので
下記に紹介する。

紛争ダイヤモンド アクション
(キンパリープロセスについては、このまえNHKBSの
世界のドキュメンタリーでしていたが、認証の偽造とか
もでてきていて、そんなに簡単に汚職はなくならないようだ)
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=959

★英語版公式HPではデカプリオや監督のコメントが
きけるし、ミュージックビデオでの紹介は新鮮。
また、リンクされている世界中でおこっている
Global Conflictの地図と写真にはおどろく。

また、さらに紛争ダイヤモンドのことを知るために
グローバルウィットネス、アムネスティー、
パートナーシップ・カナダ、世界食料プログラムの
リンクも張ってあり、この映画をみた人に何とか
状況をかえさせたいというのがわかる。
http://blooddiamondmovie.warnerbros.com/main.html


★ダルフールでも同じような紛争がおこっています。
ハリウッドスターのジョージクルーニーたちの働きかけ
で国連などをうごかしスーダンへのPKOの派遣がきまった
ようですが、まだまだ動きははじまったばかりです。
アクションまだの方おねがいします。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=503


★ ダイヤモンド産業とデビアス社
http://www.nihongo.com/diamond/kihon/diamdebe.htm#debeers

==============
関連映画ブログ


僕たちがみたグアンタナモ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1620497


ダーウィンの悪夢
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1570219


ロードオブウォー
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1300219


ナイロビの蜂
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1444729


ホテル・ルアンダ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1368168


ザ・インタプリター
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1061356

スポンサーサイト



category: 映画

cm 8   tb 0   page top

コメント

世界的利権の話

ダイヤモンドの世界的利権の話は、昔広瀬隆の本で読んだ覚えがあります。
ユダヤ資本(デ・ビアスとか)が世界のダイヤモンド利権を牛耳ってるっていう話だったと思うけど。
金や石油も同じような利権構造があるんでしょうね。
そのために、何の関係も無い貧しい庶民が犠牲になるのも同じ。
この映画、要チェックですね。
電気猫 #79D/WHSg URL [2007/08/13 20:04] edit

いつもありがとう

 こんばんは、あずーるさん、先日はお見舞いのお言葉どうもありがとう☆お陰様で元気になりました<(__)>
 あずーるさんはお元気ですか?
 シオラレオーネの噂を聞いてから、ダイヤモンドを視界にも入れたくなくなってしまいました;
 小さい頃からどうしてこんなものみんな綺麗っていうんだろうなぁと思っていて、大人になってからは、「綺麗なものらしいから、綺麗って思わなきゃ!」と自分に強制してましたが、こんな背景があったなんてびっくり。
 もっと早くに知っていたらなぁと思いました。
かおり #79D/WHSg URL [2007/08/13 21:03] edit

RE: 世界的利権の話

電気猫さん
そんな本があるのですね。広瀬隆というひとも知らないです。
ウィキぺディアによると
ダイヤモンドは最近はカメリアのCMしかあまり目につかないけど、”ダイヤモンドは永遠の輝き”のCMで成功したのはデビアスですね。
デビアス、もともとはイスラエルの資本ではじまったみたいですね、ドイツ系ユダヤ人オッペンハイマーが会長となりデビアスのダイヤモンド産業を独占。南アフリカのデビアスでは、アパルトヘイトの時は1万人以上の黒人の囚人を毎日、つかっていたとか。
参考:ダイヤモンド産業とデビアス社
http://www.nihongo.com/diamond/kihon/diamdebe.htm#debeers">http://www.nihongo.com/diamond/kihon/diamdebe.htm#debeers
金や石油もそうでしょうが、ウランも利権がすごいのでしょうね。そして、いつも犠牲になるのは貧しい人たち。
オーストラリアにウラン鉱山があるのですが、中国の電力需要で官僚たちが200人も買い付け交渉のためパースに駐在していると、オーストラリア人の友達が去年いってました。
この映画、9月はじめにDVDになるので、是非みてくださいね。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/14 01:39] edit

かおりさん、元気になってよかったですね♪

でも、まだまだ暑さがつづくので油断大敵です。かおりさん、気をつけてくださいねっ。
本当に毎日暑いから、私は冷たいお茶ばかりのんでるし(夏でも暑いお茶のほうが体にはいいのだけど)、日中はなるだけ行動しないようにしています。
私も全然、ダイヤとか金とか光ものに興味ないんですけど、お金持ちはじゃらじゃらすごいですね。ここ数日、小池大臣の高そうなネックレスが目障りです。
シオラレオネの子供兵士のことは、すこし前からドキュメンタリーでみたことあったのですが、この映画みるまでダイヤとからんでいるなんて知りませんでした。ダイヤがなかったら、それほど悲惨な状況になってなかったかもしれないと思うとやりきれないです。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/14 01:47] edit

広瀬隆

広瀬隆は、私を反原発にした張本人ですよ。
「危険な話」「眠れない話」「東京に原発を」等で世間一般に原発の危険性を広めた人です。
彼のユダヤ本「赤い楯」では、一般に公開されているデータベースを駆使して、血縁による人脈で世界経済を支配するユダヤ資本の隠された本質を暴いていく。
ヘタな推理小説より面白いです。
(最近は露出が少ないのが気になりますが)
電気猫 #79D/WHSg URL [2007/08/14 10:02] edit

RE: 広瀬隆

電気猫さんを反原発にした作家なんてすごい。
反原発だから、この人の名前あまり知られていないのかもしれませんね。どれもおもしろそうですね。一度、図書館で借りてこようっと。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/15 00:21] edit

お願いします♪

こんばんは、あずーるさん、いつもありがとうございます♪
こちらの記事、今日勝手にリンクさせて戴きましたが、よろしかったでしょうか?
シオラレオネとダイヤモンドのこと、よくまとめられていたので…
かおり #79D/WHSg URL [2007/11/29 22:27] edit

かおりさん、いつもありがとうございます★

どうぞリンクしてください。
ダイヤモンド、私には縁がないけど、クリスマスシーズンですものね^^
あずーる #79D/WHSg URL [2007/11/30 23:46] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/790-3f34479b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ