FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

緊急!アフガンの人質を助けるために署名お願い 

今日は終戦の日。
今も世界のどこかの紛争で平和を感じられない
人たちがいる。

7月27日にアフガニスタンで韓国人キリスト
教徒が人質になってから、2人は殺害され、昨日ようやく
2人が解放された。

長引く人質事件、ほとんどフォローしていなかったの
だが、今日、オージーの友達から署名お願いメール
がきていた。


そのメールによると、この韓国人グループは布教のため
でなく、援助でアフガンにはいっていたという証拠がある。


2003年にBettina Goislardという援助支援者が
タリバンに銃で殺され、地元住民が犯人を警察に引き
渡した。

そして、住民たちは何百マイルもカブールまで彼女の
遺体とともに辱めと彼女を失った後悔をみせるために
行進した。


ドイツ人技術者の人質のように、タリバンは宗教的な
理由からでなく、政治的に計算して人質に狙いを
定めている。

さらに人質が殺されれば、他の援助団体の撤退が
考えられる。


 the Killid Weeklyというアフガニスタンの主要紙
にAvaaz.orgが意見広告をだすことになっている。
また、タリバンのスポークスマンにもタリバンの
リーダーに直接メッセージを伝えるように電話を
する予定。

そのために、より多くの署名が効果的です。
ひとりでも多くの方に協力してもらえると幸いです。

(転送大歓迎です。)

===============

署名のページを下記にざっと訳しておきます。
(署名は名前、メルアド、国、郵便番号を
 いれてSENDを押すだけです。)
http://www.avaaz.org/en/honour_the_afghan_code/c.php/?cl=15707935


タリバンのリーダーたちへ:人質解放を

タリバンによる韓国人の援助活動者を巻き込んだ
アフガニスタンの人質問題は手におえない状況に
陥っている。


もし、これ以上の死者が人質にでれば、他の援助
団体がアフガニスタンからひきあげるという事態
になるかもしれない。

すなわち、戦後支援が必要な数百万ものアフガニ
スタン人への援助を拒否することになる。


タリバンはアフガンのPashtunwaliという規範で
導かれている。
その行動指針は”すべての人に、特にお客様や
見知らぬ人に、もてなしの心を”を求めている。


そして、今回の誘拐は、明らかにこの規範に反した
行為であり、援助者たちに頼っているアフガンの
疲れきった人たちの感情を害するものである。


アフガンおよび韓国のひとたちとともにグローバル・
コミュニティーが立ち上がりタリバンに規範を守り、
残りの人質の解放を要求しましょう。


下記の署名にサインをおねがいします。


タリバン・リーダー殿

Pashtun人の規範を守って、支援者たちを
アフガニスタンのお客様として顧慮して
ください。そして、すべての人質を無傷
で解放してください。


++++++

Avaaz.orgについて
http://www.avaaz.org/en/about.php


気候変動、エスカレートする宗教対立などの重要な
新たな難問が私たちの未来を脅かす中、世界の人が
グローバル政治を自分たちの手にとろうと集まって
きている。


Avaaz.org(は、ヒンデゥー語、ウルドゥー語、
ペルシャ(ファーシィ)語、ネパール語、ダリ語、
トルコ語、ボスニア語を含むいくつかの言語で
”声”または”歌”という意味)は、世界で今日
おこっている重要な問題についてアクションを
とる地球市民のコミュニティーである。


私たちの目的は、世界の人々のーー政治にかかわる
エリートや数え切れないほどの数の企業だけで
なくーー視野や価値を守り世界的な決定に方向づけ
ることである。


Avaaz.orgのメンバーは、より公正で平和な社会と
人間の顔をもったグローバライゼーションのために
アクションをとっている。


+++++
Date: Tue, 14 Aug 2007 11:32:46 -0700
From: avaaz@avaaz.org
Subject: 2 saved, 2 killed--help the last 19

  Dear friends,


In a new sign of hope, the Taliban released their
first two hostages yesterday.

The attention and persuasion is beginning to work--
but 19 young people, mostly women, still face
execution and the nightmare of captivity.


Over 90,000 of us from 187 countries have rushed
to help, and added our voices to an emergency
petition, calling on the Taliban to honour their
own 'Pashtunwali' code of hospitality by releasing
 the hostages.


This week, we'll spread our message across
Afghanistan, by running the petition as a full page
ad in a major newspaper, the Killid Weekly.

Officials have given us the phone number of the
Taliban spokesman, Qari Yusef Ahmadi--
so we will also call him to deliver our message
directly to the Taliban leadership.


The Killid Weekly ad, and the phone call to Ahmadi,
 will be more effective the greater our numbers.

We need to get well over 100,000 signers in the
next 24 hours, and massively grow the petition
this week.


 Please forward this email to as many friends as
possible and ask them to sign the petition at
the link below:

http://www.avaaz.org/en/honour_the_afghan_code/c.php/?cl=15707935


Afghans tell us that asking the Taliban to respect
their own code of honour is a powerfully persuasive
message.


In 2003 an aid worker named Bettina Goislard, 29,
was shot dead by Taliban gunmen.
Local people chased down the gunmen and handed them
over to the police--
and then marched hundreds of miles to Kabul with
Bettina's body to show their shame and remorse.

Although they were Christian evangelicals, all
evidence says that the Koreans were in Afghanistan
to do aid work, not to convert Afghans to their
faith.


As with other hostages, like the German engineers,
the Taliban targeted them for political and tactical
reasons, not religious ones.


The lives of 19 innocent people hang in the balance.
So do the lives of many Afghan civilians who rely on
international help--because if the Koreans die, other
 aid groups may leave.


This week we have two major opportunities to be heard
by the Taliban.
 Our strength lies in our numbers.
 If you have already signed the petition and would like
 to send a message to your email address book, click
below to use our tool:

http://www.avaaz.org/en/honour_the_afghan_code/c.php?cl=15707935#tellafriend


With hope,

Ricken, Iain, Pascal, Graziela and the rest of the Avaaz Team

PS - You can read more about the 'Pashtunwali' code and its
ethic of hospitality here:
http://afghanland.com/culture/pashtunwali.html


And here's a recent article on the hostage crisis:
http://www.iht.com/articles/ap/2007/08/14/asia/AS-GEN-Afghan-Kidnappings.php

_________

9月1日追記
人質が無事に全員解放されました。
この記事をみて、署名に協力していただいた方
ありがとうございましたm−−m
 

スポンサーサイト



category: サステイナブル

コメント

署名しました

あずーるさん
いつも貴重なニュースと署名の案内をありがとうございます。
一人目の牧師が殺された後、署名をしました。でも2人目が殺されてしまい、女性2人が解放されるという展開になっています。でも私は自分で署名しただけで、みんなに広げなかったので反省しています。
他のNGOも危ないですね。NGOの中には、スパイ活動をしていて、アフガン人に出入りを拒否された欧米の医療団体があったりするので、この韓国の人たちも、布教など警戒されたのかもしれません。
でも、中村哲さんたちのような本当に人道的なNGOが、アメリカの攻撃と占領で、中東の人人に不信感を与えたのは、アメリカのせいだと言いたいです。
同じグローバリゼーションでも、平和のそれはいいですね。
残りの人質の人が、無事解放され、アフガンも開放されるように願います。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/08/15 18:09] edit

非戦さん、ありがとう!

この件についての署名活動ははじめて知りました。
人質の韓国人のひとたちについて、どんな活動をしていたのかも報道していないし、なんだか韓国政府がなんとかするだろうと思っていたのですが、この人質事件、そんな単純なものでもなかったようですね。
米国軍の太平洋での給油より、アフガンの人のために何ができるのか もっと日本人として考えなければなりませんね。
中村哲さんのことも活動も、私は正直いって知りません。
ほんと、毎日しらないことばかりです。。。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/15 21:26] edit

署名致しました☆

あずーるさん
お知らせくださってありがとうございます☆
私のブログにも転載させて頂きますね☆
これ以上の犠牲者が出ないことを願うばかりです.
理不尽でなりません.....
点子 #79D/WHSg URL [2007/08/16 00:51] edit

一番尊敬する人が、中村哲医師

9・11以降、中村哲医師を一番尊敬する人に私は決めました。
アフガン攻撃を反対する意見を国会で述べたのも、中村哲さんです。アフガン攻撃中、国内に小麦粉、油を配給しました。
20年以上も前から、アフガンとパキスタンでボランティアで医療活動をしています。今は、病気を治すより命が大事,水がさき、ということで、シャベルカーを自ら運転してアフガンで水路建設をしています。
このNGOでは、人件費はほどんどなしですから、市民からの寄付金のたぶん90%以上は現地で使われています。これこそ、本当の人道支援、国際貢献です。
その中村哲さんが言うには、丸腰が一番安全。護憲派です。
でも、日本政府がアメリカを支持しているため、とても活動がしずらくなり、JAPANという文字は禁句になりました。
中村さんたち自身は、米軍の空からの攻撃(ぱっぱの音が、攻撃音に聞こえたと米軍はいいわけをしたらしいですが事前に知らせたとのこと)を受けたこともあります。
中村さんを知っている現地の人達は、もちろん温かいですが、知らないアフガン人から見たら、米軍の手先に見られかねません。わたしは、これを恐れています。
中村哲さんのぺシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/">http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
非戦 #79D/WHSg URL [2007/08/16 15:16] edit

点子さん、ありがとうございます!

ブログでも広めてくださり、感謝です。
一刻もはやく人質が解放されますように★
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/16 22:26] edit

RE: 一番尊敬する人が、中村哲医師

非戦さん、中村さんの情報ありがとう。
ペシャワールの会は、ときどき耳にしますが、本当に独立系のNGOなんですね。
アフガン攻撃のときの、中村さんの国会での意見もしりませんでした。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/16 22:29] edit

情報感謝とペシャワール会のこと

 あずーるさん今回もありがとうございました。
署名のこと教えて戴いた皆さんも感謝されていると思います。
 ペシャワール会の方から伺ったことによると、
体力自慢の方でも倒れるような過酷な労働で、中村医師は、自ら痛み止めを打ちながらでも、(収穫がかかっているので)期日に間に合わせるよう工事されるそうです。
 この戦争を始める前に、国会に証人喚問で呼ばれた時には、「有害無益」とはっきり答弁されたのに、その言葉は無視されてしまったそうですね。
 いつの時も、真実の声って、どうして届かないのでしょうか。
かおり #79D/WHSg URL [2007/08/17 19:12] edit

かおりさん、レスおそくなりすいません。

まだ、なかなか人質、解決しないようですね〜;;
かおりさんも、ペシャワールの会のことも詳しいのですね。
中村さん、アフガン攻撃前に「証人喚問」でよばれたのに、その無視した政府の説明はなかったんですかね?
自衛隊派兵のイラク特別措置法の非戦闘地域もあのままですし、自民、公明政府はやりっぱなしで、都合の悪いことは説明しないんですものね。それをつっこまない政府よりマスコミも反省してほしいけど。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/20 00:37] edit

訂正です

 こんにちは、あずーるさん、心配をおかけしてごめんなさいね。
 それから、書き込み遅くなってすみません、時々文字が入力できなくなって。
 証人喚問のことですが、アメリカの攻撃前ではなく、日本の自衛隊派遣の時でした。
 政府の説明のところまでは、どうだったかお聴きしていませんでした。
 参考のためにわざわざお呼びしたのに、参考にしなかったのですね…
 戦争だけは早く終わらせたいです
それから、省エネの記事、またリンクさせて下さい♪
かおり #79D/WHSg URL [2007/08/22 17:58] edit

かおりさんへ

カキコミ、私も遅くなること多いので、気にしないでください。お互いにゆるゆるやっていきましょうね。
中村さん、自衛隊派兵まえに証人喚問にたたれ自衛隊派兵を「有害無益」と発言されたのなら、それによってなぜ自衛隊派兵という方法を選んだか当時の政府の最高責任者である小泉首相ははっきり国民に説明すべきですよね。それとも、ここでもイラクとおなじように非戦闘地域ということばが使われたのでしょうか。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/08/23 12:15] edit

中村哲

中村哲氏の話で盛り上がってますね。
僕も中村哲氏尊敬してます。
「自分たちの活動は武器を持って守っている人はいないがそれゆえ攻撃するものもいない。平和活動するなら武器を持った護衛が無い方が安全に行える。」
と、自衛隊派兵前にNHKの番組で言ってましたね。
shinji #79D/WHSg URL [2007/08/31 12:02] edit

RE: 中村哲

shinjiさんもファンなんだぁ。。。
>平和活動するなら武器を持った護衛が無い方が安全に行える。
そのとおりですよね。
金曜の夜中の朝生で、イラク特別措置法延長のことがふれられていましたが、江田けんじ氏によると、アフガン沖の米軍艦船の給油の80%以上がイラクで使われているそうです。
アフガンとイラクは状況がちがうとイラク特措法延長したい議員はいっていますけど、その情報は英語でHPで公開されているのですから、議員がその事実を知らないわけありませんよね。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/09/02 18:11] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/789-ebde7ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ