FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

安心して食べたい! 

このところ沖縄・辺野古のことばかり気になっていたけど、
今日は かおりさんのブログの記事で
http://alate.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_e8d0.html


私もかねてから見たいと思っているドキュメンタリー映画
「食の未来〜遺伝子組み換えで広がる緑の砂漠〜」の
ことが載っていたので、今日の記事は遺伝子組み換え食品
について。


生態系が予測できない速さでかわるのは
かなり問題だけど、知らないうちに健康がむしばま
れるというのは かなり危険。
特に、少しアレルギー体質の私はかなり心配。

ちょうどグリーンピースのHPに健康に関する影響が
のっていたので下記に一部転載します。

==転載はじまり==

☆アレルギーなどの危険も


これまでに明らかになっているものに、アレルギー
誘発物質の出現があります。

ナッツにアレルギーのある人が、ダイズに組み込
まれたナッツの遺伝子に反応し、ダイズに対して
もアレルギーになったケースはよく知られています。

種の壁を越えた遺伝子を作物に組み込むことに
よって生み出されるタンパク質が、アレルギー誘発
物質になる可能性や、有毒物質の出現については、
専門家からも指摘されています。


さらに、栄養素に変化を起こす可能性も懸念されて
います。


☆抗生物質が効かなくなる?!


現在、市場に出回っている遺伝子組み換え作物には、
抗生物質に耐性を持つ遺伝子が使われているもの
があります。

病気になった時に抗生物質が効かないケースもよく
見られるようになっており、関連性が指摘されて
います。


医学の専門家は、遺伝子組み換え作物への、抗生物質
耐性遺伝子の使用を禁止するよう警告を発しています。


===転載おわり===


それから遺伝子組み換え作物を開発している企業で
もっとも有名なのは、アメリカのモンサント社。
この会社はダイオキシンやPCBをつくってきた
歴史をもっている。

有吉佐和子の著書「複合汚染」でも、ダイオキシン
やPCBで、このモンサント社のことがでていたっけ。

前に書いた記事 ファクトリー・ファーミング(工場畜産)
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=925823
でモンサントのことがでていた。


「複合汚染」で農水省が当時推奨していたのが多頭飼育。
このモンサントのホルモン剤を使っていたのだろうか?

また、日本の食品について現行の表示制度では
遺伝子組み換え食品を食べたくなくても避ける
ことが困難。


そこで、遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
百万人署名がはじまっています。

少しでも安全な食品を消費者が選べるように一人でも多くの
方に協力してもらえると幸いです。

詳しくは↓
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei


グリーンピースの5月のメルマガの一部を下記に
転載します。

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 7   tb 1   page top

コメント

-



 True Food Network vol.3

 トゥルーフード・ネットワーク

  第3号    5/15/2007



#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit



◇◆1  特集!  みんなの疑問 

〜アースデイ東京からの報告〜  ◆◇





4月21-22日(東京、代々木公園)に開催された

アースデイ東京のイベントは、両日とも天候に

恵まれ大盛況でした。



グリーンピースの遺伝子組み換え食品を見分け

るクイズには、1000人以上の方が参加されました。



当日のブースの様子はブログでご覧いただけます。

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/diary/33?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/diary/33?tfn





さて、ブースに来てくださった方々から、遺伝子

組み換え問題についてたくさんの質問がありました。

そこで、よく聞かれた代表的な質問をここでは紹介します。





Q.  遺伝子組み換えって体に悪いのですか?





A.  いま流通している遺伝子組み換え作物は、2つの

特性を持っています。除草剤をかけても枯れない

除草剤耐性のものと、作物自体に毒性を持つ害虫

殺虫性のあるものです。

その両方の特性を併せもつものもあります。

いずれも健康への長期的なリスクについての研究

がなされていません。





「健康へ影響」詳しくはこちら

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/health_html?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/health_html?tfn





Q.  アメリカ産って、ダメなんでしょ?(食品表示

に詳しい方々の質問)





A.  世界の遺伝子組み換え作物の90%以上は、

アメリカに本社を置くモンサント社という大手農薬

企業が開発しています。

遺伝子組み換え作物を推進する国から輸入される

ものは、遺伝子組み換え作物である可能性が高い

のは事実です。





「モンサント社」詳しくはこちら

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/profit_html?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/profit_html?tfn





Q.  「非遺伝子組換え」と「遺伝子組換えでない」の

表示の違いはなんですか?





A.  食品のパッケージにこのように表記されている

場合、その意味に違いはありません。

「遺伝子組み換えではない」という表記は任意表示

ですので、表現の仕方に規則はありません。



問題なのは、遺伝子組み換え不分別の原料を使用して

いても、遺伝子組み換えではないと表記できること

です。





「あいまいな表示」詳しくはこちら

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/label_html">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/label_html





Q.  遺伝子組み換えでない食品がわかりません

(クイズの答えがわかりません。)





A.  実は、「わからない」のが正解です。

遺伝子組み換え原料ゼロの商品も、また油や添加物の

レシチンに遺伝子組み換え原料が使われていても、

今の食品表示では、分かりません。





「日本の表示の問題」より詳しくはこちら 

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/label_japan_eu?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/label_japan_eu?tfn





みなさん、ありがとうございました。

多くの熱心な質問を受け、遺伝子組み換え問題への

関心の高さをうかがい知ることができて、とても

嬉しかったです。





これからも、質問など、どんどんネットワーク担当、

棚橋にメールを送ってください。

このメルマガで紹介する場合もありますので、

よろしくお願いします。

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/send_message_html?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/send_message_html?tfn





◇◆4  お知らせ  ◆◇――――――――――



▼  100万人で変える!遺伝子組み換え食品表示



遺伝子組み換え食品表示を変えるための署名用紙は

こちらからダウンロードできます。



皆さんのご家族はもう署名されましたか?

1枚で5名の署名ができます。ぜひご家族、お友達、

お知り合いの方もご一緒に署名を。署名済みの用紙は、

グリーンピース宛てにお送りください。



http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei?tfn





★ご注意★

署名は黒のボールペンで記入してください。

同じ住所の場合でも、一行ずつ住所をご記入ください。





▼サポーター募集中



『トゥルーフード・ガイド』のための調査や作成費用、

もろもろの活動を続けていくためにはみなさまからの

資金援助が力強い後押しになります。





http://www.greenpeace.or.jp/info/supporter/home_html/?tfn">http://www.greenpeace.or.jp/info/supporter/home_html/?tfn





===========

6/13/07

ゴーヤンのぼやき日記↓で 詳しくかかれています。



遺伝子組み換え作物による世界支配の陰謀!

http://gooyan.kitaguni.tv/e388231.html">http://gooyan.kitaguni.tv/e388231.html



=========

関連記事





遺伝子組み換え作物とエネルギー[r]eボリューション

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1570232">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1570232





ほんまもんの食べ物

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1500447">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1500447





毎日食べる食品に混入。表示に偽りあり!

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1446284">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1446284



遺伝子組み換えで誰が得する?

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801





遺伝子組み換え菜種5府県で自生

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1113920">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1113920





フランケンシュタイン?になる?

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1043598">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1043598



有吉佐和子「複合汚染」

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1605113">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1605113



http://blog.mypress.jp/imagew/wallaby97/dsenkyo.gif" alt=" " width="160" height="70" /> 


#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXTENDED BODY:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXCERPT:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

KEYWORDS:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

アピール感謝です

 こんにちは、あずーるさん、お広め下さり、ありがとうございます、
 私からも転載させて戴いてもよろしいですか?
 また、複合汚染のところも、是非お願い致します<(__)>
かおり #79D/WHSg URL [2007/06/14 16:17] edit

かおりさん、カキコミうれしいです♪

複合汚染のところも、どうぞどうぞ、こんな記事でよければ、使ってくださいなぁ〜
あずーる #79D/WHSg URL [2007/06/14 21:42] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/769-39228720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すでに三大作物の大半が遺伝子組み換え作物(GMO)─消費者意識とは裏腹に市場浸透が拡大する理由

<記事要約> 遺伝子組み換え食品が米国市場に浸透しているという調査結果が出た。......
専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 [2007/10/18 09:51]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ