FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

ワシントンポストに全面広告:日本の議員が慰安婦などについてTHE FACTS?! 

小泉内閣の時に発足した日韓共同歴史研究会。
今日、新しいメンバーでスタートというニュースをみて、
日本側のメンバーが気になっていてグーグっていたら、

な、なあーーーーんと、日本の議員が米国ワシントンポスト紙
に5つの事実として、慰安婦の軍の関与を否定する
などの内容で全面広告を出したとのこと。


日本の議員は、そんな事を米国でする前になぜ安倍首相に
米国での慰安婦についての謝罪の釈明を求めなかったの
だろう?


安倍首相が河野談話をひきつぐと言ったことに対しても、国内で、
なぜ徹底的に自国の首相に説明を求めなかったのだろう?

関連記事をのせておきます。

================
2007/06/15-07:30 時事通信

慰安婦強制性否定の全面広告
=日本の議員・言論人有志−米紙


【ワシントン14日時事】

戦時中の従軍慰安婦問題で、日本の超党派国会議員有志や
言論人グループなどが14日付の米紙ワシントン・ポストに、
慰安婦らが日本軍によって強制的に慰安婦にされたことを
示す歴史文書は存在しないなどとする全面広告を出した。

この広告は「事実」と題され、平沼赳夫元経済産業相
(無所属)、島村宜伸元農水相(自民)、河村たかし
衆院議員(民主)ら超党派の議員グループのほか、
政治評論家の屋山太郎氏やジャーナリストの
桜井よしこ氏ら言論人が賛同者として名を連ねている。

++++++++++++++++++

はなさんのポリログ:イザ で上の記事のことを
詳しくかかれている。
http://hanasan.iza.ne.jp/blog/entry/196786/allcmt/


========転載はじめ======

ワシントンポスト14日付についに出た。
慰安婦問題に関する日本側の意見広告である。


日本時間で14日夜、「ちゃんと出てますよ」と連絡
を受けて、なんともいえない感慨に襲われた。


実は、作曲家のすぎやまこういちさんの「こころいき」
に共鳴して、米紙に意見広告を出すためのお手伝いを
してきた。


最初は「南京事件」の意見広告を出そうとしたのだが、
ニューヨークタイムズにもワシントンポストにも断られた。

「慰安婦」に切り替え、評論家・西村幸祐さんの協力も
得て広告原案を作成、向こう側とかなりのやりとりの末、
ようやく実現した。


マイク・ホンダ議員が提案した「慰安婦対日非難決議」
が米下院で採択されるのかどうか、まだはっきりしない
が、それより前に出したかった。


慰安婦問題では「20世紀最大の人身売買事件」など
と勝手放題を言われているが、

意見広告では
「事実をきちんと見つめてください」という冷静な
スタンスで臨んだ。

すぎやまさんの考えによる。


「THE FACTS」という大見出し。
絞りに絞って、5つの「事実」を提示した。

これは西村さんの発案だ。


1:軍による組織的な慰安婦の強制連行という事実は
  存在しない。(「募集に当たっては軍部の名を
  利用してはならない」という通達を提示)


2:悪徳業者は処罰された。
  (東亜日報の当時の記事を提示)


3:インドネシア・スマランで起きたオランダ人女性
  連行は軍末端組織の暴走によるもので、責任者は
  処罰された。


4:元慰安婦の証言は対日非難キャンペーンの高まり
  と呼応して変化していった。


5:当時の公娼制度のもとで、佐官級の収入を得ていた
  例も少なくない。


おおよそ、以上の5点を中心に「事実」を提起した。


さらに、「あの悲惨な戦争の時代に、多くの女性たちが
過酷な境遇におかれたことに対しては深甚な思いを
はせたい」

「しかし、官憲による“慰安婦狩り”の事実はなかった」
と締めくくった。


櫻井よしこさん、屋山太郎さんがこの趣旨に賛同、
われわれ3人を加えた「5人委員会」がこの意見広告を
出すかたちにした。さらに、国会議員、識者ら賛同者の
名前をつらねた。


とにかく、この問題に関しては、「無知」がまかり通って
いる現状をなんとかしたかった。

「慰安婦は兵士からカネを取っていたのですよ」と説明
すると「ええっ!ホントですか」という反応が返って
くるのが実態なのだ。


古森義久氏が再三、指摘しているように、アメリカでの
慰安婦非難キャンペーンには、中国や韓国のプロパガンダ
団体が深くかかわっている。

これに対して、日本側の発信機能はきわめてお粗末だ。

そうした現状を打破するために多少なりとも貢献したい、
というのがすぎやまさんの基本的スタンスである。
そのこころざしには頭が下がる。


すぎやまさんは最近は人気のゲーム・ドラゴンクエスト
の作曲で知られるが、筆者の世代には、「亜麻色の
髪の乙女」「恋のフーガ」「花の首飾り」などがなんとも
懐かしい。CMは2000曲。東京・中山競馬場の
ファンファーレもすぎやまさんの作曲だ。


文化放送からフジテレビへ移籍し、「ザ・ヒットパレード」
を手がけた。エレキの寺内タケシのデビュー曲
「涙のギター」もすぎやまさんの作曲だ。
あの当時、「ザ・ヒットパレード」で半年間、トップを
独走した。これが加山雄三の「湘南サウンド」に
つながっている。


すぎやまさんの「米紙に意見広告を」という念願が
かなって、当方にはそんな青春時代の甘酸っぱい
思い出もわいてきた。

=======転載おわり=====


中央日報 政治ページより


★日議員たち「慰安婦強圧なかった」WP全面広告
2007.06.15 10:34:33


日本の従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を
要求する決議案が米下院に係留中だが、日本議員
約40人は14日、ワシントンポスト紙全面広告
を通じて慰安婦動員に日本政府や軍隊の強圧は
なかったと主張した。


 日本自民党と民主党および無所属議員45人は教授、
政治評論家、報道関係者らとともに出した
「事実(THE FACTS)」というタイトルの
広告に、日本が当時、日本政府や軍が慰安婦動員に
介入したという文書を見つけられなかったとし


「日本軍が若い女性たちを性奴隷に追いやった」と
いうマイク・ホンダ議員の慰安婦決議案内容は
歴史的事実と違うと反発した。


 日本政府と軍は当時むしろ女性たちを拉致して
慰安婦にしてはいけないという命令を下した上、
女性たちを慰安婦に引き込んだブローカーたちが
警察に摘発されて処罰されたという韓国メディア
の報道まであると広告は指摘した。


それでも、一部の軍人たちが規律を破って女性たちを
つかまえては売春行為を強要したケースがあったが、
インドネシアでオランダ女性たちが慰安婦に連れて
行かれたことはその代表的な事例で、関連者たちは
後で重刑を受けたということだ。


日本の慰安婦たちは普通「性奴隷」と描写されているが、
事実は許可を受けて売春行為をしているほか、人々の
大多数の収入は日本軍の将校や人によっては将軍より
も多かったと広告は強調した。


またこのような売春行為は当時、全世界的に普遍的なこと
だったし、米軍も1945年、日本占領以後、米軍たちの
強かんを阻むために衛生的で安全な「慰安所」の設置を
日本政府に要請したと付け加えた。


米議会に提出された決議案を含む慰安婦問題関連の主張
は、大部分生存者の証言に即したものだが慰安婦だったと
する女性らは、初めはブローカーたちに連れて行かれ、後に
「警察のように見える制服を」着た人々によって拉致された
と主張するなど、証言に一貫性がないと広告は言った。


したがって4月末、ワシントンポストに掲載された「慰安婦に
対する真実」という広告は決して事実ではないと主張した。


 最後に「悲しくも2次大戦中、多くの女性が極甚な苦難にあった
ことは極めて残念」だが「同時に日本軍が若い女性たちを
性奴隷に追いやる20世紀の大きな人身売買事件の中の
1つを犯したという下院決議案は重大で故意的な事実歪曲」
と強調した。


 また「実際に起こったことに対する批判は謙虚に受け入れる
べきだが、根拠のない中傷と名誉毀損に対する謝罪は大衆に
歴史的事実に対する誤った印象を与えるのみならず、日米
親善関係にも悪影響を及ぼす」と警告した。


=============
6/16 1:30追記
美しい壺日記 さんのところに、実際の英文がのっています。
また、実際に掲載された広告の記事のPDFファイルのリンクも
のっています。賛同議員の名前もわかります。
http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-83.html

6月16日12時 追記
この広告に賛同した国会議員の和文表記は
村野瀬玲奈の秘書課広報室まで
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-266.html



++++++++
★韓日歴史共同研究委が意見調整に失敗、事実上
活動終える2005.03.27 16:27:49

韓日歴史共同研究委員会」が従軍慰安婦など主要懸案
に対する意見の歩み寄りに失敗したまま、事実上、
活動を終了した。

同委は、近代史・現代史を中心に19の主要懸案に
ついての意見を調整できず、それぞれの主張を最終
の報告書に記載することにとどまった。


両国政府は、第2期委員会を設けて、共同研究を持続
させる案を積極的に検討中だ。


同委は26日、東京で、6回目の合同会議を開き
「韓日歴史共同研究報告書」を交換した。

韓国側メンバーは、主要懸案についての見方を示した
後、日本の教科書検定作業に反映することを求めた。
しかし、日本側は、学問的な事実関係を研究するのは
できるが、意見を一致させるのはむずかしい、との
立場を明らかにした。


最終の報告書は、両政府の当局者が加わる「韓日歴史
共同研究推進計画・合同委員会」に提出された後、
承認を経て、5月に発表される予定だ。


同委は、扶桑社・歴史教科書のわい曲記述をめぐって
波紋が広がった翌年の02年3月、両国間の隔たりを
解消するためスタートした。


イェ栄俊(イェ・ヨンジュン)特派員 <yyjune@joongang.co.kr>

===============

朝鮮日報

★韓日歴史共同研究委で意見の食い違い続出 
  会議録すら存在せず
6/13/2005

今月1日、3年間の活動を締めくくった韓日歴史共同研究委員会
(委員長:趙東杰(チョ・ドンゴル)、三谷太一郎)は両国の学者
が立場の違いから激しく対立し、休止が相次ぐなど、多くの
困難に直面しただけでなく、韓日の争点となった近・現代史
部分を担当した3分科に至っては、日本側が共同委員会会議録
を残すことを拒否し、会議録すら存在しないことが確認された。


こうした事実は研究委員会が先週末、外交部と教育部のホーム
ページを通じ、これまでの委員会活動記録や座談・討論会会議
録、相互批評文、韓日研究委員が書いた後記などを公開したこと
により明らかになった。


今月1日公開された両国委員らの論文だけではわからなかった
研究委員会の事情を知ることができる、出席者のなまの声を
記録したものだ。


韓国側の委員は3月26日、東京で開かれた最後の韓日合同全体
会議で、これまでの活動を振り返って直接的な不満の声を上げた。


李万烈(イ・マンヨル)委員は「歴史学者が争点を話し合う場
において、公の記録を残してはならないと主張するというの
は、果たしてあっていいことなのか、今でも納得できない」
と吐露した。

ソウル市立大学の鄭在貞(チョン・ジェジョン)教授は「韓日
歴史共同研究委員会は、そもそも日本の歴史教科書問題が
発端になって発足した機構」とし、「従って歴史教科書の記述
や歴史教育が研究と討論のテーマとして挙げられるべきだった
が、日本側の激しい反対で実現できなかったのは残念」と述べた。


3つの分科のうち、唯一座談会の会議録と個々の委員の個人的
感想を残した1分科(古代史)も同様に難航した。


高麗(コリョ)大学の金鉉球(キム・ヒョング)教授は「韓半島
南部で活躍したとされる『倭』の定義からして、相反する
見解で少しも歩み寄ることができなかった」とし、
「かえって、見解の差が極めて大きく堅固だという点に、両国
の学者があらためて驚いたのではないかと思う」と述べた。


日本側の委員たちも研究委員会の難航を振り返った。

3分科の東京都立大学の森山茂徳教授は「時間、財政上の制約
のため、両国関係史に関する知識を充分に理解するまでは
至らなかった」と遺憾を意を表明した。

1分科の九州大学の濱田耕策教授は「今後、日韓歴史の共同
研究対象を日韓関係史に制限せず、日本の古代史、韓国の古代史の
分野も扱っていく必要があり、それぞれの歴史発展に基づいた
日韓関係史共同研究が進むことを期待する」とし、第2期委員会
の構成を促した。


金基哲(キム・ギチョル)記者 kichul@chosun.com
朝鮮日報/朝鮮日報JNS

++++++++

2007/04/28 9:02:10 入力
★韓日歴史共同研究会、6月から2年ぶりに活動再開
 
韓日間の相互理解増進に向け発足した韓日歴史共同研究
委員会の活動が2年ぶりに再開される。2005年5月を最後
に休止していた委員会は、第2期委員会を構成し、27日
にソウルで委員長の顔合わせを兼ねた協議会を開いた。

本格的な研究活動は6月から始まる。

第2期委員会の韓国側の委員長は高麗大学の趙ファン
(チョ・ファン)教授が、日本側は東京大学の鳥海靖
名誉教授が担当し、委員は両国それぞれ17人ずつで
構成される。


初の全体会議は6月23日に日本で開かれ、第2期委員会
の活動方向について話し合う。
さらに、会議後は分科会議を開き、最近話題になって
いる従軍慰安婦の問題を含めた共同研究テーマを決める
予定だ。


特に、歴史教科書問題を集中的に話し合う「教科書
委員会」も別途に設置する。


韓日歴史共同研究会は、2002年に第1期委員会が発足し、
活動が終わる2005年の以降も研究を続けるよう合意
していたが、日本側の委員選定の難航により第2期
委員会の構成が遅れていた。


Copyright 2006(C)YONHAPNEWS


=================

LABAN!Fight for Comfort Women
http://labanforthelolas.blogspot.com/


Lola Dolor, Survivor of Japanese WWII Rape Camp
WWIIのフィリピンの日本レイプ・キャンプからの生存者


==============
 
関連サイト

■ 日韓歴史共同研究委員会
報告書(2002-2005年)>>第3分科(近現代)
http://www.jkcf.or.jp/history/report3.html


★Japanese lawmakers deny 'comfort women' in US newspaper ad
http://newsinfo.inquirer.net/breakingnews/nation/view_article.php?article_id=71473
 
6/10締め カナダ下院、慰安婦決議に関するネット署名
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1614148


慰安婦決議に関するネット署名
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1584414


安部首相、従軍慰安婦発言
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1583180

==========
6月27日 関連ニュースを下記に貼っておきます。

+++++++++++
「正義のための闘い」称賛=
慰安婦決議案で米下院議長
6月27日10時0分配信 時事通信


 【ワシントン26日時事】ペロシ米下院議長は26日、戦時中
の従軍慰安婦問題で下院外交委員会が可決した対日謝罪
要求決議案の本会議可決を目指すとの声明を出し、
同案を提出したホンダ議員について

「慰安婦支援のための疲れを知らぬ活動、世界の正義・
人権のための闘いは称賛すべきものだ」と述べた。

 その上で、「日本は米国の貴重な友人であり、環境保護
や世界の貧困層のための人道支援などの分野で主導的
な役割を果たしているが、慰安婦問題ではなおなすべき
ことがある」と指摘。

「過去の過ちを認識し、未来の世代を教育するのに遅すぎる
ということはない」と強調した。


+++++

<慰安婦決議可決>原告側弁護士ら、安倍首相に
解決要望
6月27日14時33分配信 毎日新聞


 第二次大戦中のいわゆる従軍慰安婦問題を巡る対日謝罪
要求決議が米下院外交委で可決されたことを受け、元慰安婦
が国に賠償を求めた訴訟の原告代理人の弁護士らが27日、
内閣府を訪れ、慰安婦問題の最終解決を求める安倍首相
あての要望書を提出。

九つの慰安婦関連訴訟の弁護団に所属した弁護士約40人
の連名で出された。 

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 8   tb 1   page top

コメント

意見広告は自由だと思うが

こうした意見広告を出すことは、僕はこの広告の内容に賛同しない者ですが自由であると思いますよ。言論の自由がありますから。意見広告を出すこと自体は、どんどんおやりになったらと思います。
でも、あずーるさんが言われている通り、ここに名を連ねた議員の方たちは、この意見広告の内容を信じておられるのでしたら、日本の国会議員なのだから、アメリカの新聞に意見広告を出すだけでなく、日本の国会で追及されたらいかがかと思います。慰安婦問題について謝罪し、河野談話を引き継ぐと言っている安倍首相に対して抗議して、国会でぜひ追及してほしいと思いますね。
kusukusu #79D/WHSg URL [2007/06/16 13:29] edit

参りましたね。

もうほんと正直うんざりしました。
4番や5番に至っては被害者をさらに、そして特に5番はへたをすれば女性全体を侮辱する言葉ですよ。
>当時の公娼制度のもとで、佐官級の収入を得ていた例も少なくない。
女性は子供を産む機械とか言ったあれとまったく同じタイプの問題がこの言葉の中にはあります。 「女性は男性に性的奉仕を...」と言う言葉が隠れている。
少なくとも日本の外では沢山の人がそう批判するでしょう。
自分たちの言葉の意味がまったく分かってない。
 
shinji #79D/WHSg URL [2007/06/16 15:33] edit

RE:意見広告は自由だと思うが

kusukusuさん、私も広告だすのは自由だと思いますが、
なぜ日本でもっと首相に追求しないのか それが不思議です。
米国に出すなら、アジアの新聞にも意見広告だせばいいのにね。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/06/16 22:23] edit

ほんと困ったチャン

shinjiさん、
>4番や5番に至っては被害者をさらに、そして特に5番はへたをすれば女性全体を侮辱する言葉ですよ。
うんうん。
>>当時の公娼制度のもとで、佐官級の収入を得ていた例も少なくない。
ほんとにそうですね。下記のようなことも書いてあるし
>歴史学者の秦郁彦による学術論文で詳細に述べられているように、戦時中の約2万人の慰安婦の5分の2は日本人女性だったのである
だから未だに高給クラブとかが存在するのかも。
それに、男女共同参画といえど、賃金も女性は低いし、派遣やパートの割合も多い。管理職の女性の割合もすくない。
>女性は子供を産む機械とか言ったあれとまったく同じタイプの問題がこの言葉の中にはあります。 「女性は男性に性的奉仕を...」と言う言葉が隠れている。
だから多くの昔ながらの考えの年配の男性は、慰安婦に軍の関与はなかったと思いたいのかもしれませんね。

あずーる #79D/WHSg URL [2007/06/16 22:40] edit

こんなおそまつな意見広告はなさけない

事実の項目とその理由は、あまりにも、おそまつです。
意見広告というほどのものではなく、仲間うちの話だけでまとまったみたいで、内容にも、全く同意できません。
あずーるさんは、まとめ方が上手なので、よくわかります。
連れて行かれるときに、必死でかばってくれたお父さんが、日本兵にクビをはねられて、本人は慰安婦にされた事実などがあるのに、そういう沢山の話を今回の意見広告を出した人たちは、聞いたのでしょか。それらを否定することになるうその「事実」を書くなんてひどいです。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/06/17 00:06] edit

おそまつな広告

非戦さん
>事実の項目とその理由は、あまりにも、おそまつです。
ほんとですね。
まず、FACTという英単語をつかったなら、それを裏付ける確実な証拠が必要となります。
FACTという英単語を使うなら、慰安婦に軍の関与がなかったと言われる人は、なかったという確実な証拠をだすべきです。
shinjiさんが指摘している5はかなり問題です。
議員の国際センスのなさがモロに露呈してしまった広告といってもいいと思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/06/17 13:59] edit

決議案採決

どうやら、このバカバカしい意見広告が、アメリカ議会の決議案採決を後押ししたようですね。しかしこの恥さらしたちには困ったものです。どこの国にでもこういう人たちはいるものですが、日本の場合、ジャーナリストや政治家がこれですから、外から見ると、さぞ異様に写ることでしょう。
vannsonn #79D/WHSg URL [2007/06/20 21:05] edit

RE: 決議案採決

vannsonnさん
>どうやら、このバカバカしい意見広告が、アメリカ議会の決議案採決を後押ししたようですね。
私もvannsonnさんと同じような思いでニュース記事みていました。
>どこの国にでもこういう人たちはいるものですが、日本の場合、ジャーナリストや政治家がこれですから、外から見ると、さぞ異様に写ることでしょう。
ほんとうにそうですね〜
使途不明の官房機密費(税金)からのお金を政治家から自民与党よりの情報を流すための名の知れたジャーナリストと呼ばれる人もいるし、与党議員もいるのですからね。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/06/21 00:38] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/763-839165e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本のはじさらし なんて、どうでもいいことだ。被害者への侮辱に...

■「2007年6月14日ワシントンポスト紙「慰安婦強制性否定の全面広告」を恥じる (06/15) 」にリンクされている記事は、良心的なかたがたによる、もっともな批判だとおもう。■しかし、ことの本質は、こういった連中を議員として当選させていること、そして、かれらが与党議......
タカマサのきまぐれ時評 [2007/06/16 02:41]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ