FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

4/15 (日) 午後10時から 長崎・ダイオキシン食中毒の実相 

環境学会のメルマガで明日、放映される下記の番組の
ことを知った。


カネミ油症事件発覚から38年。
日本人なのに、この事件について、ドキュメンタリーで
最近、はじめて少し知りました。
被害は孫の代まで残り、今も苦しむ人がいるということ。


下記に紹介転載しておきます。
==================

NHK-ETV特集「カネミ油症事件は終わっていない」
長崎・ダイオキシン食中毒の実相
http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/index.html


家族の食卓に忍び込んだ猛毒。
ある者は死に、ある者は絶望を抱えながら
その後の人生を歩み続けた…。

西日本各地で1万4千人もの被害届が出された食品
公害、カネミ油症。
事件発覚から38年を経て、埋もれた被害にようやく
光が当たろうとしている。


長崎県五島列島の南部・五島市。
ここはカネミ油症事件がもたらした悲劇の縮図だ。
全国の認定患者の4割が同市の島々に集中する。

その一つ、 奈留島(なるしま)では150人近い被害者
が出た。

ここ で生まれ育った主婦の宿輪敏子(しゅくわ としこ)さん
(45)は、小学時代に油を口にして以来、重いけん怠感
や突然の内出血などさまざまな健康被害に悩まされて
いる。


6年前、厚労省の見解に宿輪さんは衝撃を受けた ?
「原因物質 はダイオキシン」。
それは   “人類史上最悪の毒物”ともいわれる猛毒だ。


ダイオキシン被害であることを知ってから、宿輪さんは
被害者や関係者を訪ね歩いての聞き取り調査に乗り
出した。


医者から見放された健康被害、奇病といじめられた
辛い思い出、家族や地域のきずなの崩壊、子どもや
孫にまで及ぶ猛毒の影響への不安…。

放置されてきた現実が録音テープに次々と収められて
いる。


この春、国会では、与党の法案提出で患者救済が
ようやく審議される。


事件は何をもたらしたのか。
なぜ被害の拡大を防ぐことができなかったのか。

番組では、宿輪さんの取り組みを通して、国内最大級の
食品公害にして、“ダイオキシンを食べた世界で初めて
の食品公害” でもあるカネミ油症事 件の実相に迫る。


********************************

<カネミ油症>救済立法を決定 
与党、今国会成立目指す
4月10日20時13分配信 毎日新聞


 戦後最大の食品公害「カネミ油症事件」の被害者救済
問題で自民、公明の与党プロジェクトチーム(PT=座長、
河村建夫自民党政調会長代理)は10日、会合を開き、
立法による救済策を正式決定した。


(1)国との訴訟で損害賠償の仮払金を受け取った中で
   一定年収未満の患者の返還を免除

(2)生存する患者約1300人に国が一時金20万円を
   支給

(3)与党PTがカネミ倉庫(北九州市)に被害者への誠実
   な対応を勧告する――が3本柱だ。
両党は法案を今国会に提出、成立させる。


同事件は発生から39年で初の公的救済が図られる。
【井本義親、坂口裕彦】


 油症事件は68年、西日本一帯で発生した。
カネミ倉庫製米ぬか油にダイオキシンを含むPCB
(ポリ塩化ビフェニール)が混入、約1万4000人が
被害を訴えた。

認定患者は06年末現在で1906人にとどまる。

 被害者はカネミ倉庫や国などを相手取った賠償請求
訴訟の1、2審で勝訴した。

しかし国相手の訴訟では上告審で敗訴が濃厚となり、
89年までに訴えを取り下げた。


国は損害賠償の仮払金約27億円を受け取った患者
829人に返還を求め、504人が約17億円を返還で
きないでいる。


 今回は仮払金返還免除の救済新法を作り、年間手取り
額1000万円未満(4人世帯の場合)は返還を免除する。
世帯の人数が1人減るごとに基準額は100万円単位で
引き下げられる。

9割以上が免除される見込みという。

生存する認定患者には、国のダイオキシン健康被害調査
に協力してもらう代わりに08年度、一時金を支給する。


 救済策は、長崎、福岡県を中心に1万人を超えるとみられる
未認定患者は、対象としていない。 

最終更新:4月10日21時26分 

=======
追記:この番組を見た後の感想
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1618915

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 5   tb 0   page top

コメント

この番組を見るわ

環境問題に関心のある人がいるMLでも知らせます。ありがとう!
非戦 #79D/WHSg URL [2007/04/15 09:36] edit

ぜひ見て下さい

お知らせ、有難うございます。NHKは宿輪さんをかなりずっと取材して追いかけていたようです。ぜひ見てください。
kusukusu #79D/WHSg URL [2007/04/15 10:16] edit

番組を見ました

番組、見ました。
どうして五島列島に汚染されたカネミ油が売られたのかという話が出てきたので、何か、新事実が出てくるのかと思ったのですが、出ませんでしたね。
五島列島で当時、安売りで、値段が安価のカネミ油が出回ったので、企業側は汚染された油であることを承知で僻地の五島列島に安売りしたのではないか?という疑いがあるのですが、その証拠がありません。NHKが取材して何か、新たな証拠を見つけて来ないかと思っていたのですが、やはりもう事実はたしかめようもないのかな・・。
40年近くたっているわけだし、内部告発で何か、出てきてもいいように思うのですが、企業の秘密保持は堅いですね・・。
あと昭和48年に救済法をつくろうとして流れた話がやっていましたが、これについてもどうして流れたのかまで深くは追及していなかったようでしたが・・。
これは、どうも、以前にこのブログの「エンゼルパイ♪の森永さんへ」の記事のコメント欄でも書いたのですが、カネミ油症事件も森永ヒ素ミルク事件と同じように企業のカネミ倉庫、カネカが賠償する形で解決させようと検討されたのですが、企業側がかたくなで、森永ほどの大企業ではなくそれでは会社が倒産してしまうと抵抗し流れたということのようです。結局、企業と国がそれぞれ責任転嫁をして、結果としてどちらも責任をとらないできた・・ということなのではないか?と僕は解釈しているのですが・・。
そこらへん、この番組はもっと追及してほしいと思うところはありましたが、でも基本的には日本テレビに続き、NHKでカネミ油症のドキュメンタリーが放送されたことの意義は大きいと思います。
kusukusu #79D/WHSg URL [2007/04/16 00:19] edit

非戦さん、ありがとう!

私は、またブリブリで見てました。
また、再放送して、多くの人にみてほしいですね〜
あずーる #79D/WHSg URL [2007/04/16 00:55] edit

kusukusuさん、コメントありがとうございます。

*このブログを読まれているみなさん:kusukusuさんは、ドキュメンタリーの仕事をされていて、カネミ問題をずっとおっておられます。
kusukusuさん、
本当にTV(それもNHK)で放映されたという影響は大きいですね。
また、あとで感想を記事にするつもりです。
この記事の下にニュースをはりつけていますが、
そのニュースで、カネミの被害者は38年でやっと救済かと思いましたが、スタート時点にたったというところですかね。
当時、被害申請した人の2割しか被害者として認められなかったということですが、被害者認定の見直しはあるのでしょうかね。それから、治療費の法的補助も実現するのでしょうかね。
国が否を認めないという、今の法システムで、自民党だと あんまり進展がみられないような気がします。薬害B型肝炎、水俣病、アスベスト被害者などのように。
>五島列島で当時、安売りで、値段が安価のカネミ油が出回ったので、企業側は汚染された油であることを承知で僻地の五島列島に安売りしたのではないか?という疑いがあるのですが、その証拠がありません。NHKが取材して何か、新たな証拠を見つけて来ないかと思っていたのですが、やはりもう事実はたしかめようもないのかな・・。
40年近くたっているわけだし、内部告発で何か、出てきてもいいように思うのですが、企業の秘密保持は堅いですね・・。
私もその所、もっと知りたかったです。
当時の従業員はもうお年だろうし、天国にいけるように内部告発してほしいですね!
今、有吉佐和子の「複合汚染」(30年前くらいに出版された本)を読んでいます。政治システムや責任をとらない官僚などについては、現在もかわっていないようですね。
>あと昭和48年に救済法をつくろうとして流れた話がやっていましたが、これについてもどうして流れたのかまで深くは追及していなかったようでしたが・・。
これは、政府が情報公開していないからではないですか。
政務調査権限がある議員は、本当に救済する気なら、情報公開して、マスコミのサポートをえて、救済に一役かってほしいものです。
>カネミ油症事件も森永ヒ素ミルク事件と同じように企業のカネミ倉庫、カネカが賠償する形で解決させようと検討されたのですが、企業側がかたくなで、森永ほどの大企業ではなくそれでは会社が倒産してしまうと抵抗し流れたということのようです。結局、企業と国がそれぞれ責任転嫁をして、結果としてどちらも責任をとらないできた・・ということなのではないか?と僕は解釈しているのですが・
国は、国民のことを考えるのが役割だと思うので、
補償を払えないのなら、そんな会社は倒産すればいいと思います。ただ、国は 鶏が大量死したときに、わかっていて見逃していたというのを 番組では弁護士の人が言っていましたよね。国は自分たちの間違いを認めたくないのでしょう。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/04/16 01:16] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/748-b628d682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ