FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

言論の自由と統一地方選挙 

米国バージニア工科大学での銃撃で33人が亡く
なったというニュースはやりきれないけど、
もっと今晩の長崎市長の暴力団による銃撃の
ニュースはやりきれない。

長崎市長は、非核3原則の法制化や核廃絶に
むけた発言をし、国にも要望していた人なのに・・・。
平和を望む市長が、銃による暴力で命を狙われる
なんて。
暴力で言論の自由を封じ込めような動きは許せ
ない!’へ’


(追記:NHKの夜中のニュースによると、市長を銃撃
     した男は、市の対応への不満から銃撃した
     ということだったが、銃撃という暴力は断固
     許してはいけない。)


たまたま昨日グーグルしていてみつけた2006年度の
国境なき記者団の「2006年度の世界の報道の
自由度ランキング」。


日本の報道の自由度は前回より14位下がり51位だった。
理由は、国粋主義者の台頭と排他的な記者クラブ
制度が民主主義の進歩を脅かしているからとのこと。
そして、極右活動家たちにより日本経済新聞社が
爆弾攻撃をうけたことや何人かのジャーナリストが
身体的攻撃をうけた事も書かれている。


shinjiさんの指摘でもあったが、言論の自由度ランキングは
侵略などの戦争と関係もあるようだ。
日本では、多くの人が、日本は戦争には全く関係ないと
思っていると思うが、そんな日本でこれだけ報道の自由度
が低いと、それこそ防衛省が格上げになったが戦争に
巻き込まれる可能性がどんどん高くなっているような
気がしてならない。

ところで、4月22日は統一地方選後半。
私の住む市は、昨日知ったのだが、市長選、
現市長の対抗候補がなく、無投票で4選。

今回、310市議選で無投票当選者は、
計151人らしい。

候補者がたたない無投票当選なんて、民主
主義じゃない。
しかも、うちの市長のように続けての多選は
利益団体との癒着につながる。


そして、26人の市会議員候補たちの選挙公報みると
平均月額給与62万8千円にみあった提言をして
いる候補者なんてほとんどいない。

(平均月額給与62万8千円には政務調査費、実費より
多い交通費、日当などが上乗せされるので、
1議員あたり年収2000万円近くになるらしい)
 

地方行政については、前にも少し書いたけど、
理想的な地方行政のあり方として

オルトさんのブログより
http://sustainabl.exblog.jp/m2007-04-01/#5842310


1.選挙権年齢(20歳)と被選挙権年齢(25歳と30歳)を
  至急、同じ年齢にすべき。


2.選挙供託金をなくす。
現在、指定都市の市長:240万円
       市議会議員:50万円


   「人を財産又は収入によって差別しては
   ならない。」に明らかに反しており憲法違反。

   米国などのように「住民による署名を一定数
   集める」ことを立候補条件とすべき。


3.議員、知事報奨をなくしボランティアに


夜か週末に議会を開くとかすれば、会社員、
自営業者、主婦、学生、だれでも議員や
知事になれるし、それこそ真の「市民感覚」で
運営できる。


4.選挙カーや拡声器の騒音公害を禁止する。

個別集会やインターネット活用で十分。


*下記の非国民通信ブログで
  NO!選挙カー推進ネットワーク  のこと知りました。
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/f2a3af1570bb1f8bff4f4daee837bb1b
===========
参考:


読売新聞 自自体測定07統一選
データでみる首長・議員
調査費根拠「良心任せ」も<5>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/kikaku/050/5.htm


>議員への月額報酬約54万4400円。
府と府内43市町村の平均額だが、これに「第二
の報酬」と各地で批判されている政務調査費の
平均額を加えると約62万8000円になる。


>回答から議員の平均年齢を計算すると56・8歳
となり、同年代男性の府内平均月給(2005年度、
府調べ)より約16万円も“高給取り”ということ
になる。


議員提案数平均1.9
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/kikaku/050/4.htm


>府内の各自治体に2003〜05年度までの3年間と、
06年12月までの議員提出議案数を尋ねてみた。
回答で得られた合計を全議員数で割ってみると、
4年弱の間に議員1人あたり1・9議案。


>市民が行政への要望を紹介議員を通じて議会に
伝える「請願」、議員を通さない「陳情」の合計
は1自治体平均108件。
むしろ課題は山積しており、各議会に“仕事師”
が不足している印象は否めない。


>ちなみに、府議会(議員数108人)は116議案
を提案。政令市では堺市議会(67人)が189議案、
大阪市議会(89人)が96議案だが、陳情・請願は
堺の場合、その2・4倍、大阪では9・6倍に膨らむ。

==============


国境なき記者団:2006年度報道の自由度ランキング
http://www.rsf.org/rubrique.php3?id_rubrique=639


国境なき記者団ランキングに見る日本の報道自由度
?自主規制でがんじがらめの日本の報道
(創価学会のタブーも?で書かれている。)
http://www.inaco.co.jp/isaac/back/018-2/018-2.htm


県議員と県議会の役割
http://www.pref.mie.jp/GIKAIS/kengi/shikumi/2giin-yakuwari/gikai2.htm


候補者の供託金
http://www.city.osaka.jp/senkyo/02shikumi/anser.html


オルトさんのブログ「米国の地方行政」
http://sustainabl.exblog.jp/m2005-03-01/#967051

===========
アーミッシュの小学校で乱射事件
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1501950


ボーリング・フォー・コロンバイン
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=668637

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 4   tb 0   page top

コメント

不謹慎ですがイスラエルの一つ下ってのがちょっとわらっちゃいますね。
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=193901">http://www.rsf.org/article.php3?id_article=193901
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=4116">http://www.rsf.org/article.php3?id_article=4116
2002年と比べると戦争前、戦争後って感じで面白いですね。
特にアメリカとか。
shinji #79D/WHSg URL [2007/04/18 03:08] edit

テロと報道の危機

選挙における拡声器の禁止、供託金や議員報酬が多すぎなど、あずーるさんやご紹介のブログなどの主張に同感です。
日本の報道ランキング51位は、現状そのものの反映でしょう。
創価学会のタブーも書いてあったサイトを読んで、ぞぞぞーと寒気がしています。
>何かが始まるときに、右翼はまず著名な政財界人を狙う。脅しがききやすいからだ。もたざるものには脅しは利かないが、もつもの対する脅しは実に有効だ。
長崎市長は、個人的トラブルではなく、平和の発信、反核、反アメリカなどの発言で殺されたのだと思います。
明らかに「テロ」なのに、テロとマスコミが書かないのがかえって不気味です。海外では、市長の発言や行動を原因をした「テロ」との報道をしているようですね。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/04/18 13:02] edit

文字化けなおったので、コメントこちらに移します

★shinjiさん、
>不謹慎ですが{{イスラエル}}の一つ下ってのがちょっと
  わらっちゃいますね。
するどい!イスラエル非難するまえに、自分の国、日本の
現状を改善しないといけないですよね。
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=193901">http://www.rsf.org/article.php3?id_article=193901
上のサイト行きましたが、意味ないような・・
2003年ランキングは・・
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=8247">http://www.rsf.org/article.php3?id_article=8247
>2002年と比べると{{戦争}}前、戦争後って感じで面白いですね。
  特に{{アメリカ}}とか。
するどい指摘!^^
アメリカは、2002年から他国に侵入したりで、ずっと下がり
つづけていますね。
2006年はグアンタナモなどのこともあって53位(日本より低い)
とは信じられないです。
2003年のイスラエルと米国は他の国に突撃したことで自国での
報道の自由度と突撃した国での行動のひどさの大きなギャップで、
かなりランクがさがったようです。
EUは、ずっと優秀みたいですが、スペインとイタリアは低いですね。
でも、UKも低いのにおどろきます。
フランスもかつてより低くなってきているようです。
そうそ、アジアは相対的にいつもランクが低いですが、
2002年に{{香港}}は18位(17位が米国、日本は26位)だったのに、
2006年は58位に下がっています。
{{中国}}からの締め付けがきびしいのかもしれません。
{{韓国}}は、2002年度39位だったのが、{{記者クラブ}}制度を廃止したり、
米国のように昔の公文書を公開しているからか、2006年には31位
にあがっています。
そうそ、shinjiさんお薦めの「{{複合汚染}}」今、読んでいますが、
日本もこんなに{{軍需産業}}と{{公害}}や{{農薬}}が関わっているとは
思いませんでした。
米国の{{銃乱射}}事件、コロンバイン高校事件から何も解決
してなくて、今回のバージニア工科大学の事件はおこる
べきしておこったということではないでしょうかね。
米国の軍需産業と銃はきってもきれない仲良しグループ
なんでしょうね。
ところで、日本で{{ガン}}になる人が、男性は2人に1人、女性は3人に
1人と増えているというのも、複合汚染によるものだという気がしてなりません。
そして、複合汚染を生み出すようなシステム(カネミ油症、薬害エイズ、
薬害C型肝炎などでわかるように)がこの本が書かれて30年以上
たった今も温存されているということを知ると恐ろしいです。
また、読んだら感想を書くつもりです。
★非戦さん
長崎市長の事件は、こんな非道な暴力で命をなくされた市長ご自身、
ご家族の方には本当に無念だと思います。
私は報道されているように、犯人に思想的なものがあったかどうか
疑問です。それより、裏金問題などがからんでるのかもしれません。
ところで、ブログのサイト、{{ベンジャミン・フルフォード}}の「日本マスコミの
「臆病」の構造」という本に載っているようなことが、沢山のっていました。
>国境なき記者団ランキングに見る日本の報道自由度
?自主規制でがんじがらめの日本の報道
(創価学会のタブーも?で書かれている。)
http://www.inaco.co.jp/isaac/back/018-2/018-2.htm">http://www.inaco.co.jp/isaac/back/018-2/018-2.htm
>創価学会のタブーも書いてあったサイトを読んで、ぞぞぞーと
  寒気がしています。
本当にぞぞぞぞぞぞぞぞぞぞ・・・(ぞが∞)
>>何かが始まるときに、右翼はまず著名な政財界人を狙う。
  脅しがききやすいからだ。もたざるものには脅しは利かないが、
  もつもの対する脅しは実に有効だ。
そうかもしれません。
そして、NHKのニュースでもとりあげていましたが、
自治体へのおどしもひどくなってるようで、許せません!
あずーる #79D/WHSg URL [2007/04/19 14:22] edit

非戦さんが、文字化け中ローマ字でかいてくれたので・・・

shinjiさん、長いコメントくれたのに文字化けですいません。
非戦さんはローマ字でかいてくれてありがと!時間かかったでしょうね。漢字になおしておきます。
"omae mo nagasaki shicho ni naru zo!"to
iudake de sugoi odoshi ni naru to itta hito ga imasu.
hontou de sune.me ni mienai kyoufu wo ataeru noga
" tero"desu.
dakara koso yokei ni yurusenai!
「おまえも長崎市長になるぞ!」と言うだけで、すごい脅しになるといった人がいます。
本当でしょうね。目には見えない恐怖を与えるのが"テロ”です。
だからこそ余計に許せない!
あずーる #79D/WHSg URL [2007/04/19 14:28] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/747-daaca7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ