FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

有吉佐和子「複合汚染」Part1 

shinjiさんお薦めの有吉佐和子「複合汚染」
新潮文庫(1979年)を図書館でかりてきて
よんだ。

この本の内容は、1974年10月14日から翌年
よく75年6月30日「朝日新聞」朝刊の小説欄
に連載されていたものとのこと。

ネットで情報がはいる今でさえショックな内容
が含まれているのに、当時ではもっとショック
な内容で、バッシングも多かったと思う。

30年くらいも前に発売された本であるが、
知らないことばかりで、最近ガンで
なくなった農家育ちの義母のDDT経験や
添加物、そして義母の親、兄弟の晩年の
死因がガンなどから考えて、この本のタイトルの
とおり「複合汚染」を身近に感じる内容だった。


環境問題の本といえば、レイチェル・カーソン
の「沈黙の春」がバイブルのようなものだけど、
有吉佐和子は学者ではなく、小説家なので
この本は、「沈黙の春」とは違い、身近に読者
に近い目線で興味深く、わかりやすく、環境問題
について問題提起してくれている。


また、はなしが選挙運動というところから
はいっているところもおもしろい。
今は、民主党でおじさんの管さんの若い頃が
ちらっとでてくる。


おどろいたのは、農協で当時ではめずらしい
欧州旅行をしていたおじさんたちは、実情は
金持ちでもなんでもなく、化学肥料や機械を
購入するために日々の農業の暮らしは苦しく、
旅行は農協の積立金でまかなわれ、内容は
欧州が農業国であるにもかかわらず、観光地
だけ回るという単なるおしきせのものだった
とのこと。


それから、洗濯といえば子供のころから洗濯機で
合成洗剤というのがインプットされていたけれども、
粉石けんが合成洗剤よりよく落ちて、環境負荷も
すくなく当時は価格も安かったというのもおどろき!


この本の影響でさっそく近所のスーパーで
みたら粉石けんもちゃんと売っている。
今、ストックしている合成洗剤がなくなった
ら、粉石けんにしようと思う。


シャンプーにも粉石けんがいいよう。
最近、立ち読みした本によると、頭皮から化学物質が
体に浸透するという事が指摘されているらしい。

この本でも美容師が粉石けんシャンプーから、シャンプー
にかわった時に、シャンプーをしている人の手があれ、
指紋がなくなっていくという話が紹介されていた。

いきつけの美容院は、環境負荷がすくないシャンプー
などを使っている。
私の担当のスタイリストさんによると、市販のヘアーカラー
は、通常、美容院のものより化学物質の影響がつよいらしい。

石鹸シャンプーについては、ものにもよるだろうけど
落ちすぎてフケが増える可能性もあるかもと。

義母のガンから、以前より増してなるべく化学物質を
軽減したい私は、この間、美容院でデトックス・マッサージ
をしてもらった。


また、高度成長期の自動車産業を飛躍的に伸ばした
のは、米国のカリフォルニア州の排ガス規制
マスキー法導入によるホンダと東洋工業(現マツダ)
が開発した低公害のCVCCエンジンは有名な
話である。

しかしながら、同時期、日本の大手自動車メーカーの
トヨタや日産は、2次公害の影響がある触媒方式を
おしすすめていた。


そして、日本の環境庁は「自動車のおかれている環境
がアメリカと日本ではことなる」として米国環境保護庁
(EPA)の勧告を無視しようとゆう風潮が強かった
という。


本田宗一郎氏は触媒方式の設計図を見ただけで2次公害
を予測し、「そんなもの作るくらいならオートバイ屋
に逆戻りしたほうがましだ」と言ったというのに。


*触媒方式:硫酸ミストを排出。触媒部分が故障して
  も運転に支障がなく、つまり排気ガスが規制以前
  と同じだけ出ていても誰も気づかない。(P473)


現在、日本ではガン患者が男性で2人にひとり、女性で
3人にひとりと言われている。
また、アトピーなどのアレルギー疾患の人も多い。
社会全体として、化学物質や添加物などの複合汚染と
どう向き合うか、またどんな社会をめざすのかを考える
させられるお薦め本です
★★★★★ぜひ、多くの人に読んでもらいたい1冊です。

下記は気になったところを本から転載します。


================
P55
「排気ガスの規制は、みんなの願いです。
 しかし、自動車の数を減らすことを、自動車
 を作っている会社は考えない。

 その企業から献金を受けている自民党は、
 だから自動車を減らすことはできません。

 それでは自動車工場で働いている組合の人
 たちはどうでしょうか。組合は会社にむかって
 ベースアップは要求しますが、自動車を減らせ
 とはいいません。

 企業も組合も求めている利益は同じです。
 組合は野党を支持しています。


 どの政党も組合の利益は守らなければならない
 ので、自動車を減らせとは言いません。

 それじゃ、排気ガスを吸っている私たちは、
 どの政党が守ってくれるのでしょうか。

 そういう政党は、ないのです。

 だから私は、参議院には無所属の議員を選らば
 なければいけないと思うのです。
 企業とも組合とも関係がない、お魚を食べている
 市民、排気ガスを吸っている市民の立場から
 立候補している人を選ばなければならないのです。」


**この間の統一地方選挙では、自民や民主の支持
 をうけながらも、「無所属」という候補者ばかり
 だったけれども、本当の無所属議員とは市民の
 立場から政策提言できる人だと思う。

=========
2007年6月14日追記

今日、キュウリを食べてて思い出したこと。
スーパーで売っているキュウリは まっすぐだけど、田舎で
畠でみるキュウリはまがっている。

このキュウリの曲がり方まで、農協は規格をきめてたという
のがこの本に書いてあって驚き。

田舎暮らしのメル友のミチルさんが、去年、規格外で安いから
と チビエンリンギを送ってくれた。
今も野菜はキュウリと同じ構造なんだなぁ。。。

===========
Part2:殺虫剤、官僚機構、安全 につづく
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1605117

Part 3: みみず
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1606158

Part4:火薬、肥料、毒ガス、農薬、戦争
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1607481

Part5:最終回 食品添加物、PCB,ファクトリーファーミング
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1618925
===========
自動車メーカー・ホンダがニ酸化炭素抑制の燃料開発
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1490580

トヨタの前に赤信号なし?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1540136

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 5   tb 0   page top

コメント

読まなくっちゃ

「複合汚染」の本がすごく話題になったときに、読んだと思っていましたが、あずーるさんがまとめてくださった内容を全然覚えていないということは、私が読んでいないようです。
すごく、面白そうで怖いですね。
今でこそ、合成洗剤が悪い、とかシャンプーのことなど、考えて使いますが、その頃はまだ合成品への信仰が大きかったから。
私の、友人は、酢だけで髪の毛を洗っています。勧められましたが、まだ実行できず、です。
石鹸だけでしか顔を洗ったことがない父や、義母の顔は、つ
るつるで、しみもありません。
石鹸や酢などだけで、ずーと生活をしてこればよかったのかな、なんて思っています。
化粧品も、ヘアカラーも悪いですね。
ところで、あずーるさんには、スタイリストの人がついているの?すごいですね。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/05/17 12:02] edit

スタイリストと使ってはります^^

非戦さん
スタイリストの誤解です。^−^
最近は顧客にあったスタイルを提案してくれる美容師さんをスタイリストとよぶようですよ。
私のいきつけの美容院は、3人の美容師さんがいてメインなところをはずれた小さな美容院です。
でもね、いつも新しいことをしていて、お客さんはおばあちゃんから子供まで老若男女まで幅広いんです。
非戦さん、「複合汚染」よんだことあるんですね。
私は、学生時代によんだ本(文学が主ですが)は内容覚えてなくて、今のほうがアンテナが鋭くなっているせいか、心に残ります。
>石鹸だけでしか顔を洗ったことがない父や、義母の顔は、つるつるで、しみもありません。
石鹸の証明かな?^^
お酢で髪を洗うのは抵抗がありますよね。
ヘナのカラーが自然にやさしく髪にいいと宣伝でありますが、そのスタイリストさんによると、お客さんでヘナされてた人の髪をみると髪にはあんまりよさそうではないとのことでした。
でも、あんまり神経質になると そのほうが体によくないかもしれませんね。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/05/17 13:58] edit

アハハ・・・

美容師さんのことをスタイリストと、最近は呼ぶのですか。
知らなかった!
ズボンをパンツと呼んでいるのを聞いて、びっくりした人みたいな私ですね。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/05/18 12:48] edit

菅直人さん

私もこの本、20代の最初に読んで、世界が変わったことを覚えています。
私の父は公務員だったので、それまでずっと国がやることは正しいこと、国民を守ることだと信じて生きていたものですから・・ものすごくショックでした。それまであまりにノンポリだったこともありますが。
あれから、ん十年たちましたが、相変わらず国のやることは、国民を守ることより大企業やアメリカばかり向いています。
今はおじさんだけど、菅さんは若いときはかっこよかったですよ。
汚い政治の世界にあって、失敗もしてるけど、なんとかしたたかにがんばってる姿を見て、改めてあのころを思い出しました。初志を貫いて欲しいです。
金木犀 #79D/WHSg URL [2007/06/14 23:18] edit

RE: 菅直人さん

へぇ、金木犀さんも若いときに読んだんですね。
私は、かなり長いこと ノンポリだったので、菅さんの若かりし頃が この本ででてきたのは 驚きでした。 
>国民を守ることだと信じて
金木犀さんのお父様のような公務員のひとが、今、どれだけ残っているのでしょうね?
織田祐二の映画「県庁の星」ではないけど、すべての公務員のひとや議員が本気で国民の立場にたったなら 日本もいい国になるんでしょうけど。
>国がやることは正しいこと
これ、公務員じゃなくても ほとんどの日本人がそう思っていたのではないでしょうか。
私は外国にいるときは、なんて日本っていい国なんだろうと思っていたのですが、実際、日本に帰国して、ネットを手にすると、情報が公開されていないだけで 知らなかっただけだったというのを知った時のショックったら、言いようのないほど大きいものでした。
本当に、菅直人さん、初志を貫いて欲しいですね。お遍路さんも経験したことだし・・・。
>相変わらず国のやることは、国民を守ることより大企業やアメリカばかり向いています。
そうですね〜 大企業は反映するけど、ひとりひとりの労働者の暮らしは良くならないですものね。
あずーる #79D/WHSg URL [2007/06/15 00:59] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/737-431c6ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ