FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

大共謀集会 

グリーンピース・メルマガから以下、転載します。
================

★5月13日これでもか!? 笑って読み解く大共謀集会

市民団体が意見や政策提言を政府や企業に届けようとする
活動さえ、犯罪として処罰される可能性のある共謀罪法案。

この法案が成立すれば、人前で自由にものを言うことも冗談も
言えなくなるかもしれません。この共謀罪の継続審議に対する
集会を、今週日曜日に開催します。笑いと怒りで共謀罪を
吹き飛ばそう!ぜひご参加ください。
http://www.greenpeace.or.jp/event/e20070513/view?gv


★5月19日元ドミニカ国環境大臣・ゴールドマン環境賞受賞者
   アサートン・マーチン氏 緊急来日 講演会開催
    「日本のODAに振り回される私の国」
 - カリブの島国がなぜ日本の捕鯨を支持せざるを得ないのか -

政府開発援助(ODA)としての財政援助の見返りに、日本が
カリブ、太平洋、アフリカなどの国々に捕鯨に賛成するよう
働きかけていると言われています。

ドミニカ国の元環境・計画・農水大臣であるアサートン・
マーチン氏は、日本のODAがドミニカ国民の意思を無視して、
国の環境政策を左右してしまっている現状に警告を発し
続けています。


マーチン氏は5月末に開催されるアラスカでの国際捕鯨委員会
を前に、「捕鯨に対する日本の外交政策の問題点を伝えたい」として来日。
そして、マーチン氏の講演会の開催が5月19日に決定しました。

カリブの国々へできる日本の開発援助とはどのようにあるべきか
を、一緒に考えてみませんか?


◎講演会へのお申込み、詳細はこちらから:
http://www.greenpeace.or.jp/event/e20070519/view?gv


◎『日本はなぜ世界で一番クジラを殺すのか』
事務局長・星川純の新著が刊行されました。
この本を読んだ方から、多くの反響が寄せられています。
「期待に違わぬ良書。捕鯨問題に興味があるすべての人たちに」
(ネイチャーライター)、「貴事務局長のイニシアチブにより、
この問題に関する冷静な議論が国内各方面で惹起されるよう
願っております」(政府関係者)
お求めは下記URLから:
http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=300319


スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/734-9ce225d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ