FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

遺伝子組み換え作物とエネルギー[r]eボルーション 

少し前のメルマガからの記事ですが
下記に転載します。

==================================
Greenpeace Japan Mail Magazine
【 グリーンピース・ビジョン】(転送歓迎)

       2007/02/09   No.84
━━━━━━━━━━━━━━━
グリーンピースは、グリーン(緑豊か)
でピース(平和)な社会を実現するため
活動する環境保護団体です。
サポーターお申込み 
http://www.greenpeace.or.jp/info/supporter/?gv
 ご寄付 
http://www.greenpeace.or.jp/info/donation/?gv
..................................

★1 バレンタインデーには、
遺伝子組み換えゼロのチョコを!
「明治製菓さんにトゥルーフードな
チョコレートを届けよう」

いよいよバレンタインデーまであと
数日です。バレンタインデーのプレゼント
にチョコレートを贈られる方も多いと
思います。チョコレートのパッケージの
表示には、“遺伝子組み換え”の表示は
ありませんが、チョコの添加物である
乳化剤(レシチン)のほとんどのものが、
遺伝子組み換えダイズからつくられ
ています。

遺伝子組み換えダイズには、草を枯らす
農薬が多く使われています。大好きな
人やお世話になっている人には、遺伝子
組み換えでないチョコレートをプレゼ
ントしたいですよね。

そこで、グリーンピースでは、遺伝子
組み換えでない“トゥルーフード”の
チョコレートが一目でわかるチョコレート
・ガイドを作成しました。


同時にチョコレート菓子業界大手の明治
製菓に“トゥルーフード”なチョコレート
を作ってほしい、というメッセージを
送るウェブページを作りました。


このページからアンケートにお答えいた
だき、明治製菓へのメッセージを送ると、
『トゥルーフード・ミニガイド 
〜チョコレート編〜』をお届けします。

また、メッセージを書いてくださった方
の中から抽選で30名様に、“トゥルー
フード”なチョコレートとエコバッグを
プレゼント。


あなたの声で、明治のチョコレートが、
きっと、もっとおいしくて安心なもの
に変わるはずです!


◎明治製菓へのメッセージはこちらから
 http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/cyberaction/meiji/?gv


◎「遺伝子組み換え問題」について
お話会を開催しませんか?

遺伝子組み換え問題担当のアキコ・
フリッドにお声をかけていただければ、
地方にも伺います。
詳細をご希望の方は、お気軽にお問い合わせ
ください。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/send_message_html?gv


◎イベント情報

『トゥルーフード・ミニガイド〜
チョコレート編〜』を配布します。


◆「チョコレート・ナイト@新宿村 
TRUE FOOD LIVE Vol.02」
〜あなたのちいさなECOからはじめよう〜
  <新宿でチョコレート>
 トゥルーフードなチョコレートを
作って食べよう!

☆日時: 2007年02月27日 (火) 19:00〜21:00 
☆場所: 新宿村ライブ 
☆参加費: 500円(チョコレート付き)
チョコレートは数に限りがありますので、
お早めに会場へお越しください。


 遺伝子組み換え問題担当アキコ・フリッド
  がトゥルーフードについて語ります。
 詳細はこちら⇒ http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/send_message_html?gv


◎このキャンペーンを支えるのは皆さんのお力です。
 ぜひ「遺伝子組み換え問題キャンペーン」への
  ご寄付をお願いいたします。

*WEBサイトから⇒ http://www.greenpeace.or.jp/s/gmd?gv
*お電話で⇒TEL:03-5338-9808
  (月〜金10:00-18:00)

.............................................

★3 遺伝子組み換え作物は将来性がなく
環境や健康へのリスクが高い
  世界の状況に関する報告書2件

グリーンピースは遺伝子組み換え作物に反対する
世界の状況を伝える2件の報告書を発表しました。


 ☆『遺伝子組み換え作物への世界の状況:
   10年間の根強い反対』

この報告書では、以下のように農業関係者や
消費者そして各国政府が、遺伝子組み換えは
信頼できず、将来性がなく、リスクが高すぎる
と認識していることを明らかにしています。


 ・世界最大のコメ輸出国であるタイと
    ベトナムのコメ販売業者は、遺伝子
    組み換えコメは扱わないという合意書
    に署名している。

 ・カルフォルニア州の稲作農家とアメリカの
    大手精米会社は、同州における遺伝子
    組み換えイネの栽培の禁止を求める。

 ・ルーマニア政府は、遺伝子組み換えダイズ
    を禁止する新しい政策を施行し、昨年の
    作付面積85,000ヘクタールを今年はゼロ
    にする予定。

◎プレスリリースと報告書のダウンロードはこちら
 http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20070202_html?gv

遺伝子組み換え作物についての詳しいサイト
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/basic/

=========================
★2 自然エネルギーで 2050年までにCO2排出
     を半分に減らせる
    『エネルギー[r]eボルーション 』 を発表

グリーンピースと欧州自然エネルギー協議会
(EREC)は、『エネルギー[r]eボルーション 』を
発表。

安全で確実なエネルギーの道があることを示し、
原子力発電の段階的廃止と化石燃料消費の
大幅削減の実現を提示しました。

気候変動を防ぐには、エネルギー政策の改革と
エネルギー使用法の進化が必要です。

自然エネルギーを使うことで、エネルギー効率
を2005年までに2倍にすることが可能となり、
時代遅れの石炭利用や原子力発電は必要では
なくなります。

『エネルギー[r]eボルーション』は、世界を
クリーンにするだけではなく、エネルギーを
めぐる争いをなくすことにより安全な世界を
つくることができます。

また世界の一次エネルギー需要の半分を
自然エネルギーにすることで、CO2の排出量を
2000年レベルから2050年までに50%に減らし
ながら、エネルギーの安定供給と世界経済の
着実な発展が可能だとしています。

◎プレスリリースと報告書のダウンロードはこちら
  http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20070126_html?gv

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/713-f0d203eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ