FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

私たちの当然の権利を政府のすき放題にしていいの? 

国民投票が審議されている真っ最中ですが、
昨夜、「報道ステーション」で図解入りで
簡単にだけど、わかりやすく問題点がとりあげられていた。


YouTubeで弁護士 猿田佐世さんが短時間で
わかりやすく国民投票法の問題点を述べて
おられるので、是非アクセスください。
(このブログによくきてくれる非戦さんも
お勧めです。)
http://www.youtube.com/watch?v=90owww57KFM


弁護士 猿田佐世さんのブログ
http://kenpou.cocolog-nifty.com/angya/


また、外国の事情をヤメ記者弁護士さんの
「情報流通促進計画」でわかりやすく
問題点を書いておられるので一部転載します。
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/44a677883d06ac42cbcb766fa9b5a163


「外国では、たくさんの国で、最低投票率
などが決められているんだ。

国会の事務局の調査では、最低投票を何らか
の形で決めている国は、

パラグアイ、韓国、スロバキア、ポーランド、
ロシア、ウルグアイ、コロンビア、ウガンダ、
デンマーク、ペルー、キューバ
(以下は、「過半数」を有権者の2分の
1以上とする)、セルビア、ベラルーシ、
ラトビアの14カ国だ。


これに対し、最低投票を決めていない国は、
アイルランド、イタリア、オーストリア、
スペイン、スイス、フランスだけだ
(トルコ、フィリピンは不明)。


しかも、これらのうち、直接民主制という特殊な
体制をとっているスイスを除くと、選挙のときの
投票率は日本(52%)よりも高い。

アイルランド67%、イタリア87%、
オーストリア76%、スペイン81%、
フランス60%という具合だ。
(参照:
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/OECD.pdf

また、イギリスでも、40%ルールと言って、
有権者の4割が賛成しないといけないという
ことになっている。

だから、6割の人が投票してその6割が賛成しても、
賛成した人は有権者の36%に過ぎないから、
これでは足りないということになるわけだ。
・・・・

しかも、もっと、ひどいことは、自民党の改憲案
http://www.jimin.jp/jimin/shin_kenpou/shiryou/pdf/051122_a.pdf
は、発議を議員の過半数で足りるようにしようと
していることだ。

つまり、議員の3分の2が賛成するから大丈夫と
いうのは「騙し」なんだ。

しかも、この騙しがばれないように、自民党はHP
から新憲法草案をはずしている(2007年2月4日現在)。
・・・」


”第二次大戦中、反ナチス運動に立ち上がった
牧師マルチン・ニーメーラーは、こう告白
しました。


「ナチスが共産主義者を弾圧したとき、私は
不安に駆られたが、自分は共産主義者で
なかったから、何の行動も起こさなかった。

その次、ナチスは社会主義者を弾圧した。

私はさらに不安を感じたが、自分は社会
主義者でないので、何の抗議もしなかった。
 

それからナチスは学生、新聞、ユダヤ人と
順次弾圧の輪を広げていき、その度に私の
不安は増大したが、それでも私は行動に
出なかった。


ある日、ついにナチスは教会を弾圧して
きた。そして私は牧師だった。


だから行動に立ち上がったが、
もうそのときはすべてがあまりにも遅すぎた」


上は有名なマルチン・ニーメーラー氏の告白
ですが、最近の、グリーンピースメルマガで
事務局長の星川淳氏からのメッセージの中に
あったのでそれを使わせてもらいました。


遅すぎたと後悔しないように、行動しましょう!


下記に国民法案関連の情報を貼っておきます。

=============


2007/4/12 第56号       (転送紹介歓迎)
[へいこうせんメールマガジン]

 「ほっとけない!改憲と庶民増税」
 「平和憲法を活かし、格差社会を公正な
社会に変えるために、選挙に行こう」
   と訴えます。

◇バックナンバー◇ http://blog.mag2.com/m/log/0000220835/
◇定期読者申込み◇ http://www.mag2.com/m/0000220835.html

===================

みなさまへ、非戦です。

猿田佐世さんの動画が広く伝えられているので、
もうごらんになったと思いますが、まだ方は
ぜひご覧下さい。

大垣さなゑさんたちが実施された街頭アンケートにも
触れられています。

「国民不在の国民投票法」の動画です。


若者も、女性も知らない、とインタビューに答える中、老人が
「知っているよ。憲法をかえる法案だろ。徴兵制になるよ。
戦争はいやだから、今の憲法のままでいてほしい。」と
答えています。


弁護士の猿田佐世さんが、

「表現の自由のない法案です。自民党の新憲法法案では
自衛隊が自衛軍になって、治安維持ができるよう
になります。
自衛軍が、国民に銃を向けるのです。そんな社会になって
いいのでしょうか。」と言っています。


ContAct なんなんだ? 国民投票法
4月4日
http://www.ourplanet-tv.org/
 
*映像の横の詳細をクリックすると
ContActのブログにいきます。
4月4日弁護士の猿田佐世さんのサイトの
紹介がされています。

=============
■改憲手続法阻止に向け、高田健@許すな!
憲法改悪・市民連絡会からの行動提起


●4月12日(木)12:15〜13:00 
STOP!改憲手続き法 衆議院議員
面会所集会(国会議事堂前駅下車) 5・3集会実

●4月12日(木)18:30〜19:20 
STOP!改憲手続き法 4・12大集会 
のち国会へデモ 日比谷野外音楽堂 5・3実

●4月13日(金)18:30〜20:30 
米軍再編はいらない!憲法改悪を許さない 
4・13全国集会 社会文化会館 平和フォーラムなど

●4月17日(火)18:30〜19:30 
国会へ行こうアクション(ヒューマンチェーン)。
第2議員会館前集合。呼びかけ人も募集中。
だれでも呼びかけ人になれます
(申し込みは市民連絡会のサイト参照)。

●民主党の衆参特別委員や衆参両院議員に
「与党案に結束して反対すべきです。衆議院の
強行採決を許さず、全力でたたかうよう要請します」
の要請と激励のの電話とFAXを
(連絡先は市民連絡会のサイトに掲載してあります)。


■ヒューマンチェーン第3波! 次は4月17日です♪
 〜強行採決を許さないぞ!
●○ STOP ! 改憲手続き法
 4・17国会へ行こうアクション ○●
 のお知らせ & 呼びかけ人も募集中
 ★ 日 時 ★  4月17日(火) 18:30 〜 19:30
 ☆ 場 所 ☆  衆議院 第2議員会館 前
   (地下鉄永田町駅、または国会議事堂前駅下車)

引き続き、呼びかけ人を募集中です。
賛同フォームは、こちらからどうぞ♪
 → https://form1ssl.fc2.com/form/?id=181483


※第2波(3/26)は、920名の呼びかけ人でした。
  目指せ! 呼びかけ人10000人を大きく突破するように!!
☆★ 国会に市民の声をこだまさせよう!
  ヒューマンチェーン&リレートーク ☆★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 〜安倍内閣の暴走許さない! 強行採決反対!
   とめよう! 戦争のできる国づくり・ひとづくり〜

9条改憲反対! 改定教育基本法関連3法改悪反対!
米軍再編特措法反対!少年法改悪反対!
共謀罪反対! イラク派兵特措法延長反対!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

憲法9条をターゲットにし、自らの任期中の改憲を
公言する安倍内閣と与党は、何としても今国会で
「改憲手続き法」を成立させたいと、
明日4月12日にも衆議院特別委員会で強行採決
する構えです。

4月末の訪米の手みやげにとばかりに、安倍内閣は、
「改憲手続き法」に加えて、
「改定教育基本法関連教育3法改定」「米軍再編特措法制定」
「少年法改悪」「共謀罪制定」「イラク派兵特措法延長」など、
次々と反動立法を準備しています。

こんなことを絶対に許すことはできません。
私たちは、いまこそ国会内外で呼応して、
「安倍内閣の暴走を許さない」という声を大きくしなければ!!

全国各地の市民による「呼びかけ人」を募り、
「STOP!改憲手続き法 ―国会へ行こうアクション」という、
市民の非暴力の大きな行動を作り上げたいと思います。

第1波の3月12日、第2波の3月26日にはそれぞれ
600人が国会前に集まり、国会に市民の声をこだま
させました。
再々度17日、全国各地で同時に、それぞれ可能な
キャンペーンをつくりあげましょう!
〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

呼びかけ人を募集します!!
以下の、呼びかけ人賛同フォームからお願いします。
→ https://form1ssl.fc2.com/form/?id=181483

※もし、エラーが出てしまった場合、以下からお願いします。
  暗号処理なしバージョンです。
→ http://form1.fc2.com/form/?id=181483


また、ファックスでもお受けしています。
「お名前」、居住「都道府県名」、「連絡先」を
以下のファックス番号までお寄せください。
(連絡先は公表いたしません) 
→ FAX: 03−3221−2558
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
主催は個人による呼びかけ人の皆さんですが、
とりあえずの言い出しっぺグループ  〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
学校に自由の風を!ネットワーク/
基地はいらない!女たちの全国ネット/
教育基本法「改正」反対市民連絡会(継承準備中)/
教育基本法全国ネットワーク/
「教育を壊すな!市民と教職員東京ネットワーク」
(略称:「東京ネット」)/憲法改悪阻止各界連絡会議/
「憲法」を愛する女性ネット/憲法を生かす会/
子どもと教科書全国ネット21/子どもと法・21/
市民憲法調査会/女性の憲法年連絡会/
盗聴法に反対する市民連絡会/ピースボート/
平和憲法21世紀の会/平和を実現するキリスト者ネット/
平和をつくり出す宗教者ネット/
許すな!憲法改悪・市民連絡会/
お問い合わせは、03−3221−4668 まで★

・・・<4月17日、国会に市民の声をこだまさせよう!>・・・・・

=========================
■"WORLD PEACE NOW" 関連アクション & カレンダー

4.17 シンポジウム「アジアの村でいま
何が起こっているか」〜アジア開発銀行(ADB)
京都総会にむけて 

4月17日(火)午後6時半@総評会館501会議室
(東京メトロ新御茶ノ水駅)
by脱WTO・FTA草の根キャンペーン、ATTAC・ジャパン、
平和フォーラム4.21-22 アースデイ東京2007

LOVE みんな地球でつながっている
http://www.earthday-tokyo.org/


■戦争と占領を終わらせよう 自衛隊のイラク派兵
2年延長反対 イラク派兵特措法
改悪案を廃案へ 4・25アクション

4月25日(水)午後6時半
衆院第2議員会館前(東京メトロ永田町、国会議事堂前下車)

呼びかけ:WORLD PEACE NOW

===============================
■DVD緊急制作「壊憲手続き法案(国民投票法案)の
本質を撃つ」

3月16日に360人の参加で行われた、
「国民投票法案反対!3.16集会」の坂本修弁護士の
講演と呼びかけ人の山口政紀さん(ジャーナリスト)、
内田雅敏さん(弁護士)、二瓶久勝さん(国鉄闘争
共闘会議議長)のあいさつが収録されたDVD
(60分)が制作されました。
注文はこちら
http://www.labornetjp.org/news/2007/1175783622162staff01/

===================================

■衆議院憲法調査特別委員会事務局に要請FAXを!


政府与党は東京の公聴会をアリバイにして
国民投票法案の12日委員会採決を強行しよう
政府与党は東京の公聴会をアリバイにして
国民投票法案の12日委員会採決を強行しよう
としています。

いま最も効果的な取り組みは、「まだ国民の声を
十分聞いていない、もっと多くの地域で公聴会を
開いて欲しい」というFAXの山を再度、中山太郎
委員長に届けることです。

すでに送られた方もお連れ合いのお名前などで
再度、送ってください。

住所、氏名、年齢、職業明記とのことです。
送り先 FAX 03−3581−5875

拙速審議だ 廃案に/中央公聴会で批判相次ぐ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-06/index.html
124人中108人反対/中央公聴会の公述人一般応募者
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-04/index.html
 
=============
★憲法会議憲法60周年企画・春のつどい(4/29@京都)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●日時:2007年4月29日(日)13:30開会

◆講演:『平和を求めるピープル・パワー』
        伊藤千尋さん(朝日新聞記者)
      profile:1949年、山口県生まれ。74年朝日新聞入社。
          サンパウロ支局長、バルセロナ支局長を経て
          川崎支局長、2001年9月から朝日新聞ロサン
          ゼルス支局長。2004年4月9日帰国。朝日新
          聞記者。「地球市民の会神奈川」顧問。
          著書に『人々の声が世界を変えた』
                   (大村書店2002)など。

◆報告:『国民投票法案の問題点』
        奥村一彦さん(弁護士・自由法曹団京都支部)

●場所:キャンパスプラザ京都 第一講義室
       京都市下京区西洞院通塩小路下ル
         (JR京都駅からすぐ、駅ビル駐車場西側)
       TEL(075)353-9111
    
http://www.consortium.or.jp/campusplaza/access.html

●参加費:500円 (学生300円)

●共催:京都憲法会議・自由法曹団京都支部・憲法を守る婦人の会
     
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kyokenpo/

●問合せ先:京都憲法会議
       e-mail:
kyokenpo@mbox.kyoto-inet.or.jp
       TEL:075(211)4411
             (京都第一法律事務所:藤澤・杉浦)
■憲法9条 守る?変える?全国投票(4/21〜5/3)
        
http://kyujyot.exblog.jp/ 

======================================
■2008年5月「9条世界会議」を成功させよう! 
どうか ご賛同 そしてご支援を!
http://university.main.jp/blog3/archives/2007/02/085.html

============================
■ドキュメント映画:
「戦争をしない国 日本」各地の上映会の案内
http://www.labornetjp.org/news/2007/1173096074079staff01

============================
■「憲法改悪・国民投票法反対!

国会議員請願、マスコミ要請の一斉メールフォーム」
http://www.kyodo-center.jp/douhoumail/douhou.htm
国民投票法案請願署名用紙(最新版)ご活用下さい
改憲のための『国民投票法』の廃案を求める請願
署名用紙(07/02/01)チラシ 
改憲のための手続き法STOP!(07/02/01)
http://www.kyodo-center.jp/download/download.htm

=======
関連ブログ
ガスパーチョさんの
07年統一地方選自滅党ポスター 
その2:軍需に活力
http://www.mypress.jp/v2_writers/gazpacho/story/?story_id=1593103

「日本が危ない!」でミクシィたーちゃんの
記事転載しています。
改憲国民投票法案修正案の6つの危険の
要点がわかりやすくまとめられています。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1590169

スポンサーサイト



category: カテゴリ無し

cm 3   tb 1   page top

コメント

国民不在の国会

今夕の委員会での「国民投票法」の強行採決は、ひどいです。
国民主権をうたった「国の最高法規」を変えるための法案を、問答無用の与党強行採決した自民党・公明党そして委員長中山太郎自民党議員は、民主主義を破壊しました。
「国民投票法」は、言論の自由が脅かされたり、不公平だったりして、私は、この法案そのものが「違憲法案」だと思います。
あずーるさんが調べて書いてくださった最低投票率のことでも、日本にはなく、諸外国と比べても日本のは、民意を反映させないものですね。
それなのに、無関心な人には、マルテン・ニーメーラー氏の告白を聞いてもらって、声を出してもらうしかないですね。
この言葉は、いかに無関心と想像力のなさが恐ろしい事になるか、を示していますね。
私のメールも紹介してくださって、ありがとうございます。ビデオで話を聞くと、わかりやすいですね。
非戦 #79D/WHSg URL [2007/04/13 01:06] edit

ご紹介ありがとうございます

私書箱メッセージとTrackback、ありがとうございます。
久しぶりにblogを更新しようとしたら、いつの間にやら国民投票法案が強行採決。無茶苦茶ですね。国の根幹に関わるものを自分たちの都合で無理矢理採決するなんて、憲法を馬鹿にし過ぎです。
こちらの記事もリンクに追加させていただきましたです。
ガスパーチョ #79D/WHSg URL [2007/04/13 12:06] edit

RE: 国民不在の国会

非戦さん、強行採決後、「国民投票法案知ってますか?」と道ゆくひとに聞いてたTV番組。でも、多くの人が、その法案の名前すらしらない。
おまけに、「米軍再編特措法案」も同時にとおってしまった!
教育基本法改正阻止で多くの人が集中している間に、防衛省格上げ法案がきまったのと同じやり方。
そして、その時も大手メディアは事前に両法案について報道しなかったが、今回の2つの法案についても同じ。
やっぱり政府よりのメディアばかりかと思うと、先が暗くなるけど、今回も7月の参院選挙まで あきらめないで行動するのが大切だと思います。
>いかに無関心と想像力のなさが恐ろしい事になるか
これをひとりでも多くの人が感じるように、あきらめないでいきましょ!
あずーる #79D/WHSg URL [2007/04/15 03:26] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/691-e2082ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強行採決論ー自民党・公明党の議員を罷免・落選させようー

 自公連立政権が成立(1998年・自自公連立としてスタート)して8年が経過しました。今現在、与野党で立場が異なる重要法案があります。?教育基本法改定案 ?共謀罪創設案 ?憲法改定国民投票法案 ?自衛隊海外出動、防衛省格上げ法案、以上の4法案です。 これまでも、周辺事態法、武力攻撃事態法、有事関連法制、テロ対策アフガン特措法、イラク特措法、米軍再編計画、郵政民営化法案、医療改革法案、介護改革法案、年金改革法案、障害者福祉改革法案、雇用保険改革法案、労働法制改革法案、所得税・住民税改革法案、金融所得税改革..
未来を信じ、未来に生きる。 [2007/04/13 05:01]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ