FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

共謀罪、24日にも衆議院法務委員会で採決されそう? 

kusukusuさんのブログで共謀罪法案成立にむけ
着々と進んでいること知ったので
ひとりでも多くの人に知ってもらいたく
下記にはりつけておきます。
http://blue.ap.teacup.com/documentary/920.html

ほんとマスコミを北朝鮮問題や核武装などに
集中させておいて、明日の補選までは秘密裏に
共謀罪法案成立をひそかにすすめるなんて
ほんと国民をバカにしている’へ’
まだ時間はあるので、いろんなところから
声をあげていきましょう!

==================
*共謀罪、24日にも衆議院法務委員会で採決
されそうだという話。下記で大谷さんが言う
通り、北朝鮮に国民の関心が移っている間に
通してしまおうという感じでしょうか。

(以下、転載歓迎とあるので転載します。)

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/f287e32214031a617e734e266e24173b

共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ
        海渡 雄一(弁護士)

 本日18日、日弁連主催の共謀罪反対集会が
開催されました。私はパネルディスカッション
のコーディネーターをつとめたのですが、次の
ような情報を総合すると、共謀罪は10月24日
法務委員会の法案審議冒頭に強行採決される可能
性が高いと結論づけるに至りました。

みなさん、直ちに、強行採決を許さないという
声をあらゆるところから上げて下さい。
まだ、時間は残されています。

根拠1
民主党の平岡議員(法務委員会理事)が、今国会
では自民党が法務委員会でどの法案を審議するか、
順番を決めようとしない。
順当に行けば、信託法から審議にはいるという
のが普通だが、そのような話が一切ない。
平岡議員は、与党は、共謀罪から審議すると
通告するのは間違いないだろうと言われている。

根拠2
与党理事が平岡議員の来週月曜の行動予定を
しつこく聞いていたと言うことである。
これは、月曜日23日に法務委員会理事会を
開催して、24日の開催日程から強行して
くるためである可能性があることを示している。

根拠3
採決予定を明らかにしないのは、22日の補選
までは、強行採決の意図を隠し、市民の反発を
避けて、補選での与党勝利の障害要因をなく
したいためだというのが、平岡議員の分析だ。

根拠4
政府与党がこれまで、強行採決に失敗してきた
のは、事前のノーティスがあり、市民側がこれ
に反対する準備をすることができたためである。
この経過に学んで、政府与党は事前の計画を
徹底して隠し、逆に今国会の成立は困難という
情報を流して、市民の油断を誘い、一気に準備
不足のところを襲おうとしているのではないか。

根拠5
法務省と外務省のホームページでのこの間の
なりふり構わない日弁連攻撃は、日弁連の疑問
にはホームページで既に応えたとして、国会
審議を省略して強行採決を正当化する口実
づくりとも考えられる。
日弁連は既にこのホームページにも反撃して
いるが、http://www.nichibenren.or.jp/ja/special_theme/complicity.html
政府側は、論理的な説明は不可能であろう
から、問答無用の正面突破を図る可能性がある。

根拠6
政治力学的にも、もし、補選で与党が勝利した
場合には、この瞬間をおいて、共謀罪の一気
成立をはかるタイミングは考えられない。
このときを外せば、次の参院選が焦点化し、
また、条約起草過程の解明や世界各国の条約
実施状況の問題など、与党側は追いつめられ
ていく一方だ。

確かに、このシナリオには、弱点もある。
このような乱暴なことをすれば、野党の反発
を招き、国会が中断されてしまい、他の重要
法案の審議に差し支える可能性があるという
点である。
また、補選で与党が一敗でも喫するようなこと
があれば、状況は変わるだろう。

しかし、今日の集会で、ジャーナリストの
大谷さんが、今週末には予備選だけでなく、
核実験もありうることを指摘し、二度目の
核実験を背景に、安部政権による国内には
北朝鮮の工作員が3万人もいるのだから、
共謀罪は当然必要だ、不要だなんて言う奴は
非国民だというムードが作られ、一気に共謀
罪を成立させようとしてくる可能性があると
いう予言をされていた。

大谷さんは10月15日に予定されていた
サンデープロジェクトの共謀罪特集が
北朝鮮特集に飛ばされ、放映が11月に延期
されたという事実も報告された。
北朝鮮情勢は、補選にも共謀罪の行方にも
大きな影を投げかけている。

とにかく、来週火曜日は最大の警戒警報で
迎えなければならない。
後で泣いても手遅れなのだから。

【ヤメ蚊】この最大の警戒警報を受け、
一人でも多くの方が、与野党議員(特に自民党
公明党議員)に対し、共謀罪を採決したら
二度と投票しないという決意を伝えるよう
切望しています。

(以上、転載)

*なお、「衆議院 法務委員会名簿」は
下記のブログ「薫のハムニダ日記」にあります。

薫のハムニダ日記
http://hamnidak.exblog.jp/4377016#4377016_1
==================================
10月23日追記 
アクションは以下のページから簡単
にできます。
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/civil_liberty/cyberaction/?cyber


ここで送信すると、衆参の法務委員、首相、法相
にメッセージが送られます
(主な携帯電話からも送信可能です)。

====================
10月26日追記 
協力いただいたみなさんありがとうございました。
24日共謀罪法案は先送りにされました。
詳しくは
http://blue.ap.teacup.com/documentary/931.html
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 7   tb 0   page top

コメント

転載、ありがとうございます

転載、ありがとうございます。
マスコミは沈黙しているようなので、ブログで草の根で情報を広げることが必要です。
kusukusu #79D/WHSg URL [2006/10/22 02:53] edit

ポチ安倍の暗黒面

この話かなり確度が高いらしいのですが、どうなることやら。
ポチ安倍政権なら、小泉以上に手段を選ばず強引に共謀罪を成立させようとしても不思議は無いですが。
本当に強行採決なんかしたら、ポチ安倍のソフトな化けの皮が剥がれて、内部の暗黒面が表面化しノンキな国民も目が覚めて一気に支持率低下となればまだいいのですが。
その時には手遅れか・・・。
電気猫 #79D/WHSg URL [2006/10/22 08:49] edit

いやー

一般の人の多くは共謀罪なんてほとんど何がなんだか知らないですよ。
たぶん国民の7〜8割は知らないでしょう。
むしろちょっとくらい知っるなら、「悪い事の相談するんだから取り締まった方が良い。」くらいの感覚の人がほとんどでしょう。へたすると今の日本なら票にとってもプラスになりかねないですよ。
残念ですがそんなもんじゃないですかね。
だけど、プレッシャーはかけられるならナントカかけたいですね。
ちょっとでも多くの人が知る事ですよね。
 
shinji #79D/WHSg URL [2006/10/23 01:37] edit

kusukusuさん、電気猫さん、 shinjiさん

kusukusuさんの言われるように草の根で広げるしかないんですが、ミクシィもそうだし、ヤフーの掲示板も投稿規制が厳しくなっているのを感じます。
電気猫さん
>本当に強行採決なんかしたら、ポチ安倍のソフトな化けの皮が剥がれて、内部の暗黒面が表面化しノンキな国民も目が覚めて一気に支持率低下となればまだいいのですが
そうなるといいですが、マスコミをコントロールするのうまそうですから、国民はまだまだ純ちゃんといっしょで、ポチ安部さんのソフトしか見ていないようですね。
shinjiさんの言うように、共謀罪=悪い事するならとりしまったらいいみたいな発想かもしれません。なんせ、本当にマスコミで取り上げられないのだから。
それに、今度の補欠選挙や栗東市長選で、結局は現状に満足している人が多いんだなぁとガックリ。
shinjiさんのポチ安部の人気があるというの本当ですよね。
PS.簡単に携帯からもできる共謀罪サイバーアクション、上に記事のせてます。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/10/23 01:51] edit

あんぽんたんぎいん

>なんせ、本当にマスコミで取り上げられないのだから。
たぶん、これを反対するように取り上げるのも難しいと言うのもあるんじゃないですかね。中途半端に取り上げると何が悪いか解らないし、良い事のように感じる人が多いでしょう。実際、現状で「日本>治安がだんだん悪くなっている」のイメージは国民に定着しているから、国民の大多数は多少の犠牲があっても自分たちはまず安全ですから、少なくとも少しは良くなると考えるのが自然だと思います。
そして、自由な言論と言うのは、自由に物事を考える事の出来る人だけのもので、実はそれを嫌う人も多いのではとも感じます。
むしろ、政治家の方がちょっとビビり気味なんじゃないですかね。
ただし今の自民党のあり方の中で、ヒラ自民国会議員がトップの意向に会わせないのはぜったい無理だということと、もう一つはやはり多くの議員達も、多くの国民レベルと同じで、この法律の意味について無関心や、歴史的知識の欠如があると感じます。
最近、憲法改正の勉強会の議事録や、教育基本法の改正の会議の議事録を見る事が多いですけど、それにつけて思うのは、国会議員と言うのは、政治のシステムや教育の基本的な知識については小学生高学年以下くらいでほとんど何も知らない見たいですから。
少なくとも家庭で子どもと向き合っている世の中の普通の人たちよりはずっと何も知らない。
恐らくこの法律についてもそのレベルでしょう。
 
shinji #79D/WHSg URL [2006/10/23 05:44] edit

RE: あんぽんたん議員

shinjiさん、ぴったし表現!*^^*
国全体をあんぽんたんにしている社会構造も問題ですよね。
>国民の大多数は多少の犠牲があっても自分たちはまず安全ですから、少なくとも少しは良くなると考えるのが自然だと思います。
ようするに、他人事なんですよね〜
選挙行っても、行かなくても、同じやわ・・・なんてね。
ある意味、自分の生活水準に満足しているのかもしれませんね。
民主主義国家で投票権があるということが どれだけ大切な政府に対して意思表示ができることか 少なくとも学校でおしえるべきですよね。
そして、在日の人や日本に住んで税金を払っている長期在住の外国人にも国政選挙の選挙権を与えるべきだとおもいます。
そして、自由な言論と言うのは、自由に物事を考える事の出来る人だけのもので、実はそれを嫌う人も多いのではとも感じます。
>むしろ、政治家の方がちょっとビビり気味なんじゃないですかね。
>ただし今の自民党のあり方の中で、ヒラ自民国会議員がトップの意向に会わせないのはぜったい無理だということと、もう一つはやはり多くの議員達も、多くの国民レベルと同じで、この法律の意味について無関心や、歴史的知識の欠如があると感じます。
ということは、そんな議員が年をとって大臣に任命されても、ずっと自民党がしていたように優秀な官僚にたよらざるおえないですね。自民党政権がつづくかぎり、官僚政権はつづくということで、天下りや公務員改革、無駄遣いはなくならないということですね。
(民主が政権とっても同じという人も多いと思いますが、その官僚支配システムへのある程度の打撃はあたえると希望的推測です。)
また、官僚政権がつづくかぎり、素人議員のほうが扱いやすいから そのほうが官僚には都合がいいような気がします。
>最近、憲法改正の勉強会の議事録や、教育基本法の改正の会議の議事録を見る事が多いですけど、それにつけて思うのは、国会議員と言うのは、政治のシステムや教育の基本的な知識については小学生高学年以下くらいでほとんど何も知らない見たいですから。
勉強したことないから、官僚が作った作文に目をとおすだけで、ほんとに国民の暮らしを見てないんでしょうね。
国をよくしたいから、こういう国にしたいからと議員になったという人は少ないでしょう。お給料がいい政治屋というところでしょうね。
でも、そういう あんぽんたん議員に多額の税金=政党助成金も含めて1億2千万円なんて、議員数をもっとへらしてもいいんじゃないかと思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/10/23 19:07] edit

自由な言論

shinjiさん
大事な所をぬかしていました。
>自由な言論と言うのは、自由に物事を考える事の出来る人だけのもので、実はそれを嫌う人も多いのではとも感じます。
そうかもしれませんね。
いざ、自由といわれると何をしていいかわからない。
いつも管理されてきたから、かえってそれがストレスとなる。それなら、管理されているほうが安堵するのかもしれません。
また、嫌々管理されている人は、自由に発言している人にねたみがあるのかもしれません。
でも、一応、男女共同参画とか多様性を求める社会をと自民党政府はすすめてきているのに、それって逆行していますよね。男女共同参画とか多様性を求める社会とは、OECDに非難されないように国際社会向けのポーズでしょうか。
たしかshinjiさんが書いていた官房長官時代のポチ安部の教育基本法の発言では、男女共同参画を否定しているような気がしたのを覚えていますが、現実は、逆行が本音というところでしょうね。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/10/23 20:26] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/657-3cfa02c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ