FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

いじめはあるもの 

きのう11月19日、NHKの世界のニュースで
オーストラリアの小学校でのいじめの
取り組みを紹介していた。

学校でのいじめ問題が深刻化した
オーストラリアの学校では1990年代
の後半から「いじめはあるもの」と
いう前提から取り組みをしている
とのこと。

小学生の3人に2人がいじめを経験
したというデータがでている。

この紹介された学校では、
生徒に次のことを誓約書で誓わせて
いる。
・いじめはしない。
・いじめを黙認しない。
・いじめをみつけたら先生に伝える。

そして、すべての学年で1年に数回
次のような いじめについての
授業をしている。
・いじめを受ける子とする子の
 ロールプレイ
・いじめとは何かのディスカッション

また、先生は生徒の休み時間に
遊んでいる様子をいじめがないか
チェックしている。

担当先生のコメントでは、いじめに
ついて とにかく徹底的に話あいを
することが大切と言われていた。

スポーツも勉強もできる男の子が
いじめにあった経験を語っていた。

両親にも弱音をはきたくないその子は
いじめられている事を誰にも言わな
かったが、母親が様子がおかしいのに
気づき聞くと、やっとその子はいじめ
について語ったが、でも、先生には
言わないでというので、しばらく
母親は様子をみていた。
(その子は先生に言うと余計に状況
 が悪くなると思っていた。)

いじめが一向になくならないので、
その母親は担当の先生に相談にいく。
担当の先生はすぐにいじめられている子
といじめている子両方に話を聞く。

いじめられている子には、先生に言う
ことは決して悪い事じゃないと同時に
いいきかせる。
そして、徹底的に話あいをする。

徹底的な話あいは、大人社会でも
いえることだと思う。
日本でも、いじめはあるものと
とらえて、隠さず話し合える
風通しのよい環境を早急に
つくっていかなければと思う。

オーストラリアに4年すんでいたので
思うのだが、生活がゆったりしている
せいか、人間的に豊かな人が多い
気がする。
日本人もそろそろ少しくらいスローな
生活を始めてはどうかと思う。

=====================
見てみぬふりしないで!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1509896
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 1   tb 0   page top

コメント

むうさんのとこに書いたのを

あるときチャーリー・ブラウンは、
砂場でみんなに、いじめられ頭から
砂をかけられた
それを聞いた母親は、なんにも言わず
次の日に、一匹の子犬をプレゼントしてくれた
スヌーピです
これがほんとの教えだとおもいます
子供たちの成長を、あたたかく見守る
あとはどんな法律も、必要ない
タバスコ #79D/WHSg URL [2006/11/21 15:19] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/641-9f856c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ