FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

スカートの下に何があるかより、もっと大事なこと 

タイトルは映画「トランスアメリカ」日本版
公式HPより。

エコ友達の はるなさんのブログで、
この映画の感想を読んでちょっと
気になって見てきた。
2006年のオスカーにもノミネートされ
ていた映画。

なんと、トランスジェンダーの主人公
ブリーを演じるのが
大好きな米国のドラマ
「デスパレートな妻達」の元キャリア
ウーマンで、やんちゃな男の子たちの
母親、リネットを演じる
フェリシティー・フォフマン。

映画のはじまりは、彼女ににている
とは思いながらも、男性が演じている
と思うほど、女性になりすました男性
をうまく演じていた。

この映画は、トランスジェンダーのブリー
と、昔、男性だった時にセックスをした
女性が産んでいた初めて会う息子、トビー
が警察につかまり釈放にいくことから始まる。

初めて会う息子にトランスジェンダーを
告白できず、教会からの使いできたと
いうブリーのしぐさや言葉づかいが、
本当に敬虔なクリスチャンらしくって
笑ってしまう。

そうそう、昔、アメリカでホームスティ
してた頃、教会でであった敬虔な
クリスチャンはこんな感じだった。

この映画で4つの大切なことを伝えている
ような気がした。

1.ほんとうの家族や友達はどんな
  自分でも受け入れてくれる。

2.自由とは、貧乏でも自分で自立して生活
  すること。
  どんなに経済的に恵まれていても、親の
  ところにいると 自由とはいえない。

3.人生、いくつになってもやりなおせる。

4.いい出会いも、悪い出会いもある。
  悪い出会いがあっても、人のせいに
  しないこと。そうすると、いい出会いが
  やってくる。

ブリーの親は、お金持ちなのだが、下品なの
が、上品で知的そうなブリーと対照的で
おもしろい。

アメリカのあまり裕福でない地域をとおり
NYからカリフォルニアまで横断するのも、
「デスパレートな妻たち」とまったく違う
アメリカを垣間見ることができる。

昔、ダスティン・ホフマンの演じた
「トッツィー」という映画があったが
この映画は、コメディーみたいだが、
ちょっと違う、心あたたまるお話。
音楽も明るくていい。

しいていえば、ブリーは、男性が演じた
方がよかったかなぁ。

トビーが小さい頃、大切にしていた
おサルのぬいぐるみ かわいい。

=============================
Wikipedia日本版より
性同一性障害(トランスジェンダー)

身体的には男性か女性のいずれかに正常に
属し、身体的・精神的にも正常であるにも
関わらず、自分の身体的な性別を受容できず、
更に身体的性別とは反対の性であることを、
もしくは自分の身体の性と社会的に一致する
と見做されている(特に服飾を中心とした)
性的文化を受容できず、更にはそれと反対
の性的文化に属することを、自然と考える
人がいる(トランスジェンダー)。

彼らの状態を一種の精神疾患ととらえた場合
の呼称として、性同一性障害(せいどういつ
せいしょうがい; Gender Identity Disorder)
と呼ぶことがある。

しばしば簡潔に「心の性と身体の性が食い
違った状態」と記述される。
ただし、「心の性」という表現はジェンダー
パターンや性役割・性指向の概念を暗黙に
含んでしまいがちであるため、同性愛と
混同するなどの誤解を生じやすい。
より正確には「性自認と身体の性が食い
違った状態」と呼ぶべきである。

==================

トランスアメリカ 日本版HP
http://www.transamerica-movie.jp/

天地はるなさんの
「トランスアメリカ:旅が教えてくれた
 もの」
http://plaza.rakuten.co.jp/otegami/diary/200609070000/

おきにいりドラマ 3.
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1312622

PS.「デスパレートな妻たち」10月よりパート2が
  NHK BSで始まります。
  今は、パート1の再放送もしています。
スポンサーサイト



category: 映画

cm 2   tb 8   page top

コメント

こんばんは。

TB&コメントありがとう〜☆
>>「デスパレートな妻たち」とまったく違うアメリカを垣間見ることができる。
ほんとそう思いました。
ありのままを受け入れるっていうのはなかなかできないことですよね。ブリーのその姿勢を見習わないといけないなと感じました。
また遊びにきます♪
るーぷ #79D/WHSg URL [2006/09/18 22:24] edit

るーぶさんへ

コメントありがとうございます。
>ありのままを受け入れるっていうのはなかなかできないことですよね。ブリーのその姿勢を見習わないといけないなと感じました。
本当にそうですよね。
自殺までして長年、トランスジェンダーで戦ってるブリーだからできるのかもしれませんね。
私も、また遊びにいきます。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/09/19 00:19] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/592-9ac12a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「トランスアメリカ」:旅が教えてくれたもの。

■「トランスアメリカ」あらすじ■ロスアンゼルス(LA)で慎ましく暮らすブリー(フェリシティ・ハフマン)。男性であることに違和感を持ち、肉体的にも女性になる最後の手術を控えた「彼女」の前に、ある日突然トビーという少年が現れる。トビーはブリーが17年前に「スタ......
おしゃれ手紙 [2006/09/18 15:54]

[ トランスアメリカ ]旅は終わり、関係は始まる

[ トランスアメリカ ]@銀座で鑑賞男性の肉体で生まれながら、本来の自分は女であると確信し女に生まれ変わりたいと切に願うブリー(フェリシテイ・ハフマン)。性転換手術を控える彼女の前に、ある日突然トビーという少年が現れる。トビー(ケヴィン・ゼガーズ)は、ブリーがかつてつきあった女性が産んだ息子だったのだ。...
アロハ坊主の日がな一日 [2006/09/18 17:44]

『トランスアメリカ』

シネスイッチ銀座にて、ダンカン・タッカー監督。LAで慎ましく暮らすブリー(フェリシティ・ハフマン)、男性であることに違和感を持ち、肉体的にも女性になるための手術を控えた彼女の前に、ある日突然トビー(ケヴィン・ゼガーズ)という少年が現れる。トビーは、17年前ブリーが“スタンリー”という男性だった頃に出来た実の息子だったのだ。2人は、ひょんなことからNYからLAへの大陸横断=トランスアメリカの旅に出ることになる。ブリーは女性として、父親であることを隠したまま、トビーは父親を探すために…オラは幼稚...
マガジンひとり [2006/09/18 18:02]

トランスアメリカ

男性であることに違和感を持っているブリーは、LAでウェイトレスをして慎ましく暮らしながら、肉体的にも完全に女性になるための手術を控えています。そこに、突然、父親を捜しているトビーという少年が現れます。トビーがブリーに伝えた父親の名は、かつてブリーが男性として生き...
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 [2006/09/18 20:24]

『トランスアメリカ』

スカートの中に何があるかより もっと大事なこと。  ■監督・脚本 ダンカン・タッカー■キャスト フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、キャリー・プレストン、グレアム・グリーン、バート・ヤング □オフィシャルサイト  『トランスアメリカ』 ごく普通の女性として、ロサンゼルスでつつましく生活をしているブリー(フェリシティ・ハフマン)には秘密がある。 実は彼女、男性であることに違和感を持ち、性転換手術を目前に控えたトランスセ
京の昼寝〜♪ [2006/09/18 20:38]

トランスアメリカ(2005)TRANSAMERICA

あの「デスパレートな妻たち」でお馴染みフェリシティ・ハフマンのイメージとは違っていて、元は男性だったのでは?と思えるような崩しようにまず驚きました。見た目もそうですが、会話やしぐさにおいても彼女は見事にトランスセクシャルの役を演じていたと思います。 この.....
LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~ [2006/09/18 22:22]

【劇場映画】 トランスアメリカ

≪ストーリー≫トランスセクシャルのブリーは、男性としての身体を完全に捨てる手術を目前に控えている。そんなある日、ブリーは驚くような電話を受ける。ブリーがかつて、男性として一度だけ関係した女性との間に、息子がいたのだ。窃盗の罪で拘置所に入っていた息子トビーを保釈するため、ブリーは手術費用を切り崩してニューヨークへ向かう。ブリーは、自分の正体を明かさないまま、トビーを継父の暮らすケンタッキーへ送り届けようとするのだが…。(goo映画より)フェリシティ・ハフマンの演技がすごかった。どうみても元男...
ナマケモノの穴 [2006/09/19 22:39]

映画「トランスアメリカ(TRANSAMERICA)」を観る

女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフルな人間ドラマ。愛を忘れてしまった親と愛を知らない息子の複雑な関係を、新鋭監督のダンカ・タッカーが、彼らのアメリカ大陸横断の旅を通してたおやかに描き出す。人気TVドラマ「デスパレートな妻たち」の“女優”フェリシティ・ハフマンが、女性になる手術を待つ“中年男”にふんし、夢と親心の間で揺れる“ヒロイン”を好演している。(シネマトゥデイ)...
酒焼け☆わんわん [2006/11/05 22:35]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ