FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

ポスターでアザラシを守る賞 

毎年、動物を守る国際連合が大学生対象に
「毛皮に反対するデザイン」のポスター・
広告コンテストを実施しています。

今年のテーマは、カナダの残酷なアザラシ猟と、
赤ちゃんアザラシの毛皮製品の需要を作り出す
ことでアザラシ屠殺者をサポートしている
ファッション業界をアピールするというもの
でした。

下記のサイトで、受賞者の作品が見れるので
アクセスください。
ウィットにとんだものもあります。
http://multimedia.hsus.org/slideshow-design-against-fur/design-against-fur.html

2006年度にカナダでは、336,000頭以上のアザラシが
殺され、そのほとんどあざらしは生後12日という
赤ちゃんあざらしだそうです。
また、残酷にも、意識のあるうち(痛みを感じる)に
皮をはがされ死んでいくあざらしもいるそうです。

カナダ政府にカナダ政府があざらし猟をやめるまで
カナダの魚介類を買わないというメッセージを
送りましょう。

下記は英語ですが、メールと住所と名前をいれる
だけです。
https://community.hsus.org/campaign/protectseals?qp_source=gabawa

上記の情報は、下記のメルマガから
The Humane Society of the United States (HSUS)
http://www.hsus.org/

=================
8月20日追記
たてごとアザラシ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1475621

===================
暖かそうだけど・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1286471
スポンサーサイト



category: サステイナブル

コメント

トラバさせて下さい

こういう企画をできる海外。こういう部分を見習ってほしいですね。
a-ma-o-to #79D/WHSg URL [2006/08/16 13:02] edit

毛皮

「毛皮は、もともとの持ち主がいちばん美しい」
なるほど毛皮の豪華さの下には、こんな残酷さがかくれて
いたのですね
ポスターもよくできていて、こころに語ってる
タバスコ #79D/WHSg URL [2006/08/16 15:02] edit

毛皮は、もともとの持ち主がいちばん美しい★

タバスコさんの表現、ぴったりだわ!
a-ma-o-toさん
TB、どんどんしてください!
こうゆう自由な企画できるNGOは、やっぱりサポーターによって支えられているからじゃないかなぁ。(それが本当の非政府組織(NGO)だと思います。)
企業がスポンサーだったり、政府が助成金だしていると活動に制限がでるもの。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/08/16 21:16] edit

ありがとうございます

トラバといっても、URL貼るしかやり方がわからないのですが...(><)すみません
a-ma-o-to #79D/WHSg URL [2006/08/17 08:54] edit

a-ma-o-to さんへ トラバ(TB)

トラックバックは、そんなに複雑じゃないので一度ためしてみてください。それに、一度覚えると便利だし。
1.a-ma-o-to さんの記事の編集でTBを送るというところに(楽天のシステムもそうなっているはずですが)、私の記事のトラックバックアドレスをいれPingを送ります。
2.a-ma-o-to さんのTBを送った記事が、私の記事のところのTBに送られ、私の記事のTBにリンクされます。
なので、a-ma-o-to さんの記事に私の記事から飛んでいくひともいるかもしれません。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/08/17 15:44] edit

「生きたまま」

>2006年度にカナダでは、336,000頭以上のアザラシが
殺され、そのほとんどあざらしは生後12日という
赤ちゃんあざらしだそうです。
また、残酷にも、意識のあるうち(痛みを感じる)に
皮をはがされ死んでいくあざらしもいるそうです。
この点について、下記のサイトで次のような指摘がありました。
http://www.norway.or.jp/policy/environment/marine/sealing.htm">http://www.norway.or.jp/policy/environment/marine/sealing.htm
>親から独立していない子アザラシを殺すことは、法律で禁止されています。
>生きているアザラシの皮を剥いでいるかに思える映像を見ることありますが、実際にはアザラシは死んでいます。アザラシの場合は特に動物の死後に見られる筋肉の痙攣が長時間におよびます。これはアザラシが水中で過ごす時間が長いために、血液中に多量の酸素を含んでいることが理由です。(酸素の吸入が途絶えても筋肉が機能することがあります。)
また、ある本によると、アザラシの皮を剥ぐ前に血抜きをするので、血を抜かれた時点ですでに絶命している筈。
つまり、「生きたまま皮剥云々」は誇張された話だという事です。
さらに、この生後十数日のアザラシはすでに親離れしていて、白い毛の赤ん坊はカナダでも捕獲が禁止されているにも関わらず、未だに「白い毛の赤ちゃん殺してる」と言い張るサイトは多いです。
こういう“嘘”が一人歩きする事が、最も真実を歪める最大の要因になっている事に気づいてほしいですね。
アトリ #79D/WHSg URL [2006/08/19 05:31] edit

アトリさん

アトリさんの紹介されているのは、ノルウェーですよね。
ノルウェーでは政府が親から独立していない子アザラシを殺すことは、法律で禁止しているというのは、いいことですね。
私の記事に載せたのは米国の動物保護団体で、アザラシだけを扱っていないので、ちゃんとした実証にもとづき活動していると思います。
カナダ政府が赤ちゃんアザラシの捕獲を政府が禁止しているのですか?英語でもいいので、カナダ政府のそのようなことがわかるサイト教えてください。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/08/19 15:38] edit

カナダでも

>ノルウェーでは政府が親から独立していない子アザラシを殺すことは、法律で禁止しているというのは、いいことですね。
カナダでも禁止されていますよ。
漁の対象になっているアザラシですが、もう白い毛も生え変わっていて、生後十数日ながらも一人立ちした個体です。
カナダ連邦漁業海洋省のサイトです。 
http://www.dfo-mpo.gc.ca/seal-phoque/myth_e.htm">http://www.dfo-mpo.gc.ca/seal-phoque/myth_e.htm
ナショナルジオグラフィック日本版より2004年3月号のバックナンバーです。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0403/index.shtml">http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0403/index.shtml
タテゴトアザラシ漁の詳細が書かれています。
アトリ #79D/WHSg URL [2006/08/20 10:40] edit

商業は禁止、個人使用はOK

アトリさん
カナダについては状況が複雑なようです。
下記にナショナル・ジオグラフィのリンクのところから、公正そうなサイトを読んで、訳しました。
どう思われますか?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1475621">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1475621
あずーる #79D/WHSg URL [2006/08/21 02:18] edit

何を持って公正とするのか

よく分からないのですが、少なくとも、反対派の意見しか情報を流していないという点においては、おせじにも公平とは言い難いです。
もっとも、アザラシ漁師組合のサイトは閉鎖されていて、アクセス出来ない状況ですが。
極北同盟英語版サイト
http://www.highnorth.no/default.asp">http://www.highnorth.no/default.asp
「獲ってる側」の視点という事で。
アトリ #79D/WHSg URL [2006/09/01 06:19] edit

因みに

アザラシ愛好家のサイトの掲示板とブログ。
http://marimo.xrea.jp/seal/cgi-bin/ss2_bbs/ss2_bbs.cgi?action=showlast&cat=&txtnumber=log&next_page=10&t_type">http://marimo.xrea.jp/seal/cgi-bin/ss2_bbs/ss2_bbs.cgi?action=showlast&cat=&txtnumber=log&next_page=10&t_type=
http://komuke.blog46.fc2.com/blog-entry-139.html">http://komuke.blog46.fc2.com/blog-entry-139.html
至って冷静かつ慎重、そして常識的です。
早い話、基本的にはアザラシを毛皮にするのは反対だが、色々と情報が錯綜していて、どこまでがホントかウソか判らない状況では、現地の人々の生活を左右する問題に異国の者がしゃしゃり出るべきではない、って事です。
当然ですよね。
このサイトを、まるで裏切り者かの様に批判する、ヒステリーじみた動物愛護家もいるから呆れます。
アトリ #79D/WHSg URL [2006/09/12 12:08] edit

何を信じたいか

アトリさん
>情報が錯綜していて、どこまでがホントかウソか判らない状況
特に外国の情報については、日本人は英語という壁があるので、なかなか英語と平等なレベルで日本語で情報にアクセスできるとは思いません。
情報の事実が嘘か本当かという議論はあると思いますが、立場により、都合のよい事実だけをだしてくるということもあります。
一般的に政府や利益団体は自分達に都合のいい数字をだしてくると思います。
>現地の人々の生活を左右する問題に異国の者がしゃしゃり出るべきではない、って事です。
基本的にそうだと思います。
しかしながら、グローバル経済のなか、たてごとあざらしも、世界中に供給されているのが問題をおこしている原因だと思います。
私達は消費者であるという大きな力をもっています。
ですから、消費者がNOといえば、そういう産業は転換するしかないのです。
「かわいいから殺さないで」というのは、あまりにも単純だと思いますが、相手は生き物です。
そんな感情は、アトリさんも、ある程度、理解できませんか?
あずーる #79D/WHSg URL [2006/09/12 15:42] edit

無題

あずーるさん。
>情報の事実が嘘か本当かという議論はあると思いますが、立場により、都合のよい事実だけをだしてくるということもあります。
>一般的に政府や利益団体は自分達に都合のいい数字をだしてくると思います。
それは環境保護団体、動物愛護団体にも言えるのではないでしょうか。
僕はあずーるさんや、その他のこの手の団体のシンパ程、こういう人達を信用していないので、必ずしも100%正しい言動を示すとは思っていません。
>私達は消費者であるという大きな力をもっています。
ですから、消費者がNOといえば、そういう産業は転換するしかないのです。
これは我々一人一人が留意しなければいけないことです。
確かに消費者は「声」を出す権利はあります。
しかし、一つ間違うと、「消費者の声」の名を借りた、数をカサにきた“暴力”なってしまう危険性を孕んでいます。
絶対あってはならない事です。
>「かわいいから殺さないで」というのは、あまりにも単純だと思いますが、相手は生き物です。
>そんな感情は、アトリさんも、ある程度、理解できませんか?
理解してますよ。ですが、その感情を押し殺さなければならない場合だってあります。
感情論だけで通用するなら、誰も苦労しません。
アトリ #79D/WHSg URL [2006/09/13 05:27] edit

RE: 何を信じたいか

アトリさん
あずーる>情報の事実が嘘か本当かという議論はあると思いますが、立場により、都合のよい事実だけをだしてくるということもあります。
>一般的に政府や利益団体は自分達に都合のいい数字をだしてくると思います。
>それは環境保護団体、動物愛護団体にも言えるのではないでしょうか。
そうですね。
ですから、私は都合のいいも悪いも両方、提示してくれる団体の情報を信じています。
下記参照
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1482367">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1482367
>僕はあずーるさんや、その他のこの手の団体のシンパ程、こういう人達を信用していないので、必ずしも100%正しい言動を示すとは思っていません。
何を信じるのかは、個人の自由ですが、アトリさんは、この記事のコメントで「嘘を書かないで」といわれていましたよね。自分で100%確証もないのに、嘘というのは失礼ですよ。
たしかにNGOたちは100%正しい行動をおこすとはいえませんが、それは政府もいっしょです。
ただ、ちゃんとしたNGOは、どうしてそうなったかを説明してくれますし、また間違いも認めます。
アトリさんは政府側や利益団体を正しいとおもっておられるようですね。もしかして、アトリさん、官僚ですか?
日本の官僚は都合のいい情報だけだして、説明もしないし、責任もとらないですもんね。間違いは絶対みとめないし。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/09/13 18:24] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/560-dc05d773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ