FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

平和のためにもNO! 

「原子力ビジネス、世界で広がり」という記事が
日経新聞に載っていた。
前にも書いたが地球温暖化問題や原油高を背景に
世界で原子力発電所の見直し機運が高まっているとか。

最近よんだThe Australian の記事にも、今までの
環境保護派が原子力推進しはじめるという
奇妙な現象がおこっているということようなこと
が書いてあった。

この動きは、低諸国の経済発展にエネルギー供給が
欠かせないとはいえ、米国にそそのかされて、世界中で
原発推進がおこなわれている気がしてならない。

原子力推進で、一番利益を得るのは誰か?
そして、真っ先に健康被害をうけるのは誰か?

本当に、多大な費用(私達の税金)をかけ、
環境を破壊してまで、世界中の未来の世代に
借金と超危険物質という不の遺産を残すよう
なビジネスを推進を、私達はただ傍観して
しているだけでいいのか?

政府は、そんな危険な技術の開発研究に税金を
使うかわりに、さらなる省エネ技術や
自然エネルギー技術の研究開発と推進に
税金や人材を使ってほしい。
そのことで 日本はどれほど世界平和に貢献し、
世界から尊敬される国になるだろう。

下記の東芝のビジネスの見込みが間違いに
なって原発数が減ることを強く祈る。

2006年5月4日の日本経済新聞に載っていたので
抜粋を下記にのせます。
==================
中国 2020年までに原発36機を新設

米国 2005年8月 原発建設を推進する計画
   包括エネルギー法が成立し、原発の
   新設計画が相次ぎ浮上

インドネシア、ベトナム、トルコなどでも
原発の建設計画が浮上

主戦場になっているのが、原発の設計・建設を
めぐる受注活動。
東芝が米原子力大手ウエスチングハウスを
54億ドル(約6200億円)を投じて買収するのも
世界で原発新設計画が相次ぎ、商機が広がって
いることが背景にある。

東芝は20年度に発電所の建設や保全、燃料供給
を含めた原発世界市場が現在の1.5倍の9兆円
まで膨らむと予測。

大手商社(伊藤忠商事や住友商事)はウラン
燃料の確保に動き出している。

+++++++++++
再処理工場の問題点
1.再処理工場の稼働率をおとすというような
 事態になれば、40年間で19兆円の費用が
 かかる。

2.六ヶ所村の再処理だけでは、すべての使用済み
核燃料を処理しきれない。

3.再処理工場から出る高レベル放射性廃棄物
 の再処理処分地も決まっていない。

=======================================
STOP!再処理ネットワーキングに参加しよう!
http://blog.livedoor.jp/stop_saishori/

======================================
ウラン濃縮施設許可取り消し訴訟、
市民側の控訴棄却
(読売新聞) - 5月9日

 青森県六ヶ所村にある日本原燃の核燃料
サイクル施設「ウラン濃縮工場」の安全性
を巡り、市民グループ「核燃サイクル阻止
1万人訴訟原告団」(浅石紘爾代表)が国を
相手取り、施設の事業許可の取り消しを
求めた訴訟の控訴審判決が9日、仙台高裁
であった。

 大橋弘裁判長は
「国の判断に不合理な点があるとはいえない」
と、請求を棄却した1審・青森地裁判決を
支持し、市民グループ側の控訴を退けた。

 控訴審は、2002年12月に始まり、
昨年9月に結審。1審同様、
<1>耐震設計の妥当性や合理性
<2>航空機が衝突した場合の危険性の有無
――が主な争点となった。

 ウラン濃縮工場は、天然ウランを原発用の
燃料として使うために核分裂を起こすウラン
235の割合を高める工場で、日本初の商業
用施設。1988年に国から事業許可が下り、
92年から操業している。
(読売新聞) - 5月9日14時31分更新

===========================
過小評価されていたチェルノブイリ原発事故による死者
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1396210

たった1回の稼動で19兆円?
青森近辺の農産物が汚染される?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1373330

またまたでてきた隠蔽体質
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=515264

ゾーン 核と人間
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1148438

STOP!再処理ネットワーキングに参加しよう!
http://blog.livedoor.jp/stop_saishori/


スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 8   tb 1   page top

コメント

自然エネルギー

少なくとも今の化石燃料だけに頼ったエネルギーよりはましとも感じる部分もありますが、それもチェルノブイリの事故がなければの話ですよね。
現在の化石燃料の争奪が与えている世界の平和への影響を考えれば、脱化石燃料が与える世界の平和へのメリットは大きいとわかります。だけど、その代わりに原発というのでは、行き着くところは同じかもしれないですね。災害のリスクも大きい。
>自然エネルギー
そう言う言葉があるんですね。
勉強になります。
風力、太陽光、そう言う、環境にインパクトの低いエネルギーインフラに移行して行かないと、地球は壊れますね。今の中国を考えればそれも割と近いものに感じます。このまま中国の近代化が進んで12億の人たちが今の先進国と同じレベルのエネルギー消費を始めたら温暖化どころか人類が呼吸をするための酸素すら足りなくなるでしょう(^^;;
ヨーロッパでは既に2割が風力発電に移行が進んでるそうですね。インドは周辺地域では太陽光発電がわりと発達しているそうです。太陽電池さえあれば発電出来るので、大きな設備がいらないからなんだそうです。もちろん日本のように大量に電気を消費してないからそれでまかなえる訳ですが。
インドらしいエコロジーな感じがして好きですね。
日本はエレクトロニクス技術が発達してるので太陽光発電が良いように思います。
世界の平和と環境のために太陽光発電。
そうなると良いなぁと。
 
shinji #79D/WHSg URL [2006/05/12 16:17] edit

グローバリズム経済

>主戦場になっているのが、原発の設計・建設を
>めぐる受注活動。
こういう部分に経済の自由競争に任せた社会のあり方の限界を感じますね。
力を持った強いものが自己の利益を大きくするためにその他の環境や倫理を、つまり、人々の本当の幸せを得るための思考を、押しのけ強い力を発揮する。
この競争がある限り、原発の建設ラッシュを押し進める動きは活性化されて行く訳です。
グローバリズムと言う言葉がなぜ生まれたか、ここにもちょっと感じる部分があります。
 
shinji #79D/WHSg URL [2006/05/12 16:27] edit

自然エネルギー

shinjiさん、コメントありがとう!
自然エネルギーの定義は
「新エネルギーのうち、風力、太陽光、バイオマス、小水力、波力、潮力など自然由来で環境負荷が小さく再生可能なエネルギーの総称。」環境goo
中国経済を追っているのは、インドの経済(10億人)です。
経済発展は止められないけど、すべてを原発には頼ってほくないです。
>ヨーロッパでは既に2割が風力発電に移行
へぇ、そうなんですか・・・
でも、環境意識が高いし、政府も環境に力をいれた政策しているからうなずけます。
ずいぶん前にTVでドイツの風力発電でできたエネルギーを売ることができ、農家ではそうした方が経済的にも得だから風力発電をするというのをしていました。
アメリカでは20年くらい前にヨセミテ国立公園に行くときに広大な土地に風力発電があって驚いたものです。
でも、2,3年前、渓谷に設置した風力発電のプロペラで野鳥の被害があるのを読んだことがあります。
その時の野鳥被害はそれほど大量ではなかったし、設備の立地するロケーションが問題とされていました。
日本の風力発電設備を儲けるときに、野鳥被害も議論されだしたようです。
EUは1970年代に酸性雨で被害をうけて環境にうるさいですよね。大陸続きでチェルノブイリでの被害も大きかっただろうと思うのですが、また原発という声もあがってきてるのが残念です。
インドの小さな村への太陽光発電、TVでみたことがあります。オーストラリアの僻地やモンゴルでも太陽光発電が使われているそうです。ODAの機械や車などの提供でもおこっていることですが、壊れたときに修理ができず、結局ゴミになるとか。メンテナンスの提供も必須だと思います。
ずいぶん前にTIMEかなんかで読んだ記事ですが、日本企業は太陽光発電にしても、風力発電のモーターにしても、7,8年前から世界でも早くとりかかり輸出し、その普及率は確か世界でもNO.1かNO.2だったと思うし、コージェネ、省エネ、燃料電池開発も企業では世界に誇るものなので、企業も世界環境のために頑張ってほしいです。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/05/12 23:53] edit

グローバル経済

>主戦場になっているのが、原発の設計・建設を
>めぐる受注活動。
Shin-san:
>>こういう部分に経済の自由競争に任せた社会のあり方の限界を感じますね。
>>力を持った強いものが自己の利益を大きくするためにその他の環境や倫理を、つまり、人々の本当の幸せを得るための思考を、押しのけ強い力を発揮する。
原発や石油などエネルギー獲得ビジネスは、自由競争というより国家主導です。時間があれば、ぜひ、ジョージ・クルーニーの映画「シリアナ」見てください。
一般的に、大企業は政府に経済的にプレッシャーをかけることができるし、世界で多国籍企業の経済的影響力は、低所得国より何倍も大きいのが問題です。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/05/13 00:01] edit

グローバル経済

なるほど、シリアナ見てみたいです。
>低所得国より何倍も大きいのが問題です。
そうそう、その通りですよね。
WTOのルールがあってそのルール下で企業間が競争する訳ですが、そのルールは国家主導で行われていて、ルールを決めるための国家間の競争がある訳ですよね。
その企業の利益は国家の利益で、国家と企業は切り離せない訳ですよ。
こういう関係も含めた世界の競争の場をグローバル経済って思ってます。
経済のグローバル化、グローバル企業、グローバルスタンダード.....
グローバリズムという言葉は日本では90年代の初めに新しい経済主義によるビジネスチャンスとして輸入されましたけど、実際はその前にアメリカによる経済侵略を受けたヨーロッパにおいてその批判として生まれた言葉なんです。
ぼくらそんな事は全く知らずに一生懸命ISO9000シリーズとか取り組んでましたけど、今から考えたらまったく馬鹿みたいなもんでした(笑)
経済の自由競争というのは良い表現ですが、アズールさんが言うように、実際は強い立場で強い発言力を持つ国の企業が有利な立場で競争を続けられる仕組みなんですよね。
アメリカなんかそのために戦争、つまり、人の命ですら犠牲にしてしまう訳ですよ。
国家にしろ企業にしろ、お金のようなモノによる利益を最大目的とする事を、行動の基準とするなら、実際に生きている人たちの一番の幸せとは何かを考える部分がどうしても、抜け落ちてしまいますよね。
それがいま世の中のエネルギーのトレンドが原発開発への方向へ向かっている事に表されているんじゃないですかね。
そうでなければ風力や太陽光、そういう自然エネルギーでも良いはずです。
目的と行動と結果。
何を目標とするかがどんな結果にたどり着くか。
経済中心主義が向かう方向は自ずと見えてくるように感じます。
 
shinji #79D/WHSg URL [2006/05/16 14:38] edit

何のために働くのか?

shinjiさん、コメントありがとう!
私は、ある程度の競争は必要と思っています。
たとえば、パソコンを買いたい思っても、1社しかパソコンを作ってなかったら その会社のものしか消費者は選ぶことができないし、価格も下がりませんよね。
お店もそうですよね。
ある程度の競争がないと製品やサービスがよくならないからです。
消費者のメリットになるように、独占禁止法とかがあるんだと思います。
>国家にしろ企業にしろ、お金のようなモノによる利益を最大目的とする事を、行動の基準とするなら、実際に生きている人たちの一番の幸せとは何かを考える部分がどうしても、抜け落ちてしまいますよね。
企業はやはり利益をださないと存続できませんよね。
でも、政府は、本来、国民のことを考えて法整備をするのが政府だと思います。
最近、共謀罪の件で知ったことですが、日本政府はILOの労働時間や休暇関係の条約を批准していないのです。
メディアは過労死とかサービス残業とかは、とりあげていますが、根本的な問題をとりあげていない。
日本のシステム自体が経済中心主義を維持しつづけようとしているのが問題じゃないでしょうか?
昨日、以前勤めていた外資系の友人にあってそんな話をしていました。その会社はいつも日本で一番女性の働きやすいと、ずーっとランキングのトップです。でも、問題は そこに働く人が制度をあまり利用しないことって言っていました。私達ひとりひとりが、何のために働くのかの意味を問い掛ける必要があるのではないでしょうか?
グローバリズムや環境問題から、欧米では地元に利益がおち、雇用も確保でき、エネルギーも少なくてすむように、地元のものを買おうという運動がさかんで、日本でも ぼちぼちはじまってはいますが、まだまだ大企業崇拝主義のような気がします。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/05/17 17:13] edit

うむぅ。

そうなんですね。私は世界は燃料電池に目がいってるとばかり思っていたので、原子力発電がそんなに主流化しているとは思ってませんでした。
いまいち原子力発電のメリットがわからないんですが、現状でエネルギー確保するには最も近道は方法なんですかねぇ。
政府も環境税とか考えてるくらいですから、日本にいたっては京都議定書の関係も含めて、循環資源の活用が企業としても促進されていくとは思ってるんですけどね〜。
人にも地球にも優しくあってほしいですね。
goma #79D/WHSg URL [2006/07/03 21:39] edit

原子力発電のメリットって?

gomaさんへ
推進派の人は、エネルギーの安定供給が必要とか、CO2をださないクリーン・エネルギーとかいいますよね。
でも、実際、日本では工場なども省エネがすすんで、そんなに電力いらないはずです。現に、去年だったか夏に関東で何基か原発をとめても大丈夫でした。
CO2は原発自体ではでないけど、建設するときにはCO2排出するのにね。
4、5年前にNYで大停電がおこった時、当時、米国では自然エネルギーの促進などがさかんだっになってたと思いますが、日本ではやっぱり原発が必要という議論だったと思います。
米国の新聞では、実際は送電線の問題ということになってたのですが、そんな情報、日本の大手メディアはながしてませんでした。
世界中で核廃棄物処理方法も決まらないまま、いけいけどんどんで原発推進になり、その廃棄物処理が武器にかわったりするのではないかと危惧しています。もちろん原発周辺の住民の健康もね。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/07/04 01:39] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/457-ecde9684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

転載:市民社会フォーラム共同企画のご案内(京都・神戸)

「[http://kikuchiyumi.blogspot.com/ きくちゆみのブログとポッドキャスト]」からの転載です。私も、6/3・4の神戸の「六ヶ所村ラプソディー」「ヒバクシャ」上映&鎌仲ひとみ監督講演会には、是非参加したいと思っています。(以前から観たいと思っていた映画ですので)以下転載−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−さて、ここから下は、すごく長いけど、関西方面の人に読んでほしいです。市民社会フォーラ......
★電気猫のフォトBLOG(ネパール・神戸・地球)★ [2006/05/12 09:34]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ