FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

核燃料再処理工場、すでに放射能を帯びた化学薬品漏れ 

再処理工場からでる超高濃度の放射性廃棄物
の処理方法も費用も国民に提示されず、また
事故が起こった場合の責任の所在も明らかに
されずはじまった核燃料再処理工場の
アクティブ試験。

すでに、放射能を帯びた化学薬品漏れが
あったようです。
なんでニュースでこんな大切なこと
流れないのでしょう?

放射能廃液放出の実態は隠されたまま他−
美浜の会メールニュース06-17
によると、原燃は4月28日に初めて
放射性廃液を海に放出しました。
詳しくは、下記のブログへ
http://fukurou.txt-nifty.com/pu2/2006/05/0617_5f03.html

=====================
STOP!再処理ネットワーキングに参加しよう!
http://blog.livedoor.jp/stop_saishori/

====================
原発関連ニュース下記にまとめて
貼り付けておきます。
=======================================

核燃再処理工場で放射性溶液漏れる、
本格稼働に遅れも

 原子力発電所で発生する使用済み核燃料の
再処理工場(青森県六ヶ所村)の最終
試運転を進めている日本原燃は18日、
工場内で放射能を帯びた化学薬品(硝酸
ウラナス溶液)7リットルが17日夜に
漏れていたと発表した。

 外部への影響や作業員の被ばくはないが、
核燃料から取り出したプルトニウムの
精製工程が停止した。

 原因究明と対策が長引くと、来年8月に
予定する本格稼働が遅れる可能性もある。

 溶液漏れが発生したのはウランとプルトニウム
の精製建屋内で、プルトニウムを分離するために
必要な溶液用の配管を接続するステンレス製の
T字型継ぎ手から床に漏えいしていた。

 昨年7月にも同様のトラブルがあり、調査の
結果、継ぎ手の製造時に不純物が混合したため
に、溶液によって継ぎ手の腐食が進行したこと
が判明した。
(読売新聞) - 5月18日21時19分更新

=====================
「放射能予報を出して」 市民団体が
日本原燃に要望

 日本原燃の使用済み核燃料再処理工場
(青森県六ケ所村)に反対する各地の
市民団体は16日、3月に始まった工場の
試運転(アクティブ試験)で放射性物質を
大気や海へ放出する時間や風向きに関する
「放射能予報」を出すよう日本原燃に
要望書を提出した。

 提出したのは「三陸の海を放射能から
守る岩手の会」や「美浜・大飯・高浜
原発に反対する大阪の会」など16団体。
 要望書では
「予報があれば、子どもを外で遊ばせ
なかったり、船は放出口付近を避けて
航行したり、対策をとることができる」
として、
テレビや新聞などで広く知らせるよう要請。
特に周辺の学校や漁協には直接知らせる
べきだとしている。
(共同通信) - 5月16日18時12分更新

=====================
STOP!再処理ネットワーキングに参加しよう!
http://blog.livedoor.jp/stop_saishori/

=================================
原子力施設:県が独自安全評価 
30年以上経過の原子炉など /茨城

 県は、運転開始から30年以上経過した
原子炉など、原子力施設の安全評価を
独自に行うことを決めた。

既に国が実施しているが、地方自治体が独自
に取り組むのは初めて。
橋本昌知事は16日、「安全を保つため、
国だけに任せず県でも見ていく」と語った。

県では今秋にも専門家による評価委員会を
発足させる。

 対象は大洗町と東海村にある施設のうち、
30年以上経過している原子炉と核燃料
加工施設、20年以上経過している使用
済み核燃料の再処理施設の計10カ所。

03年9月に原子炉等規制法が改正され、
各事業所が法律に基づき策定した長期
保全計画を国に報告することなどが義務
付けられた。

 県はこれまで原子力安全協定を締結して
各事業所の安全対策や事故原因究明などを
してきたが、さらに、古くなった施設の
安全性を確認する。
問題点があれば事業所や国に改善を求めて
いく。

 県原子力安全対策課は
「安全性については周辺住民の関心も高い。
国が老朽化した施設の安全評価を始めた
ので、県も地元の視点で評価する必要が
あると考えた」と話している。【長野宏美】

5月17日朝刊
(毎日新聞) - 5月17日13時1分更新

===================
核燃料「第2再処理工場」建設へ積立金、
正式に決定

 経済産業省資源エネルギー庁は15日、
原子力発電所で発生する使用済み核燃料の
「第2再処理工場」の将来の建設に備え、
その事業費の一部を電力会社に積み立て
させることを正式に決めた。

 第2再処理工場は、現行の再処理工場
(青森県六ヶ所村)で対応しきれずに
残る大量の核燃料を処理するため、
2050年前後から必要になる。

 同省総合資源エネルギー調査会の
小委員会が同日、報告書をまとめた。
今年度決算に間に合うように企業会計
制度を変更し、第2再処理工場の事業費
のほか、原発の新規建設費用についても
事前の積み立てを可能にする。

政府の安全規制の変更や訴訟などで原発の
許認可や操業が遅れた場合に、電力会社が
こうむる金銭的な損失を補償する制度も
検討することになった。
(読売新聞) - 5月15日13時53分更新

============================
関連ブログ
六ヶ所村ラプソディー
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1408516

過小評価されていたチェルノブイリ原発事故による死者
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1396210

たった1回の稼動で19兆円?
青森近辺の農産物が汚染される?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1373330

またまたでてきた隠蔽体質
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=515264

=====================
STOP!再処理ネットワーキングに参加しよう!
http://blog.livedoor.jp/stop_saishori/

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 1   tb 2   page top

コメント

CIAが六ヶ所村核燃料再処理工場の大爆発を計画中だ

CIAが六ヶ所村核燃料再処理工場の
大爆発を計画中だ
日本と世界の運命
2010.3.7
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/71.html
 
たつまき #79D/WHSg URL [2010/03/07 21:18] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/421-d6b5111d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

坂本龍一とダライ・ラマの非暴力アプローチ

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ法王の言葉。「敵は最高の教師だ。敵のお陰で忍耐と慈悲の心が強くなる。」1950年代鎖国中の小国チベットが、中国の圧倒的な武力と偽善的外交によって不当に侵略された時、ダライ・ラマはあくまで非暴力による中道アプローチを模索し続け、怒りや憎しみの悪しき感情に流されないよう自らを戒め、チベット人民や世界の人々に向けて語った言葉です。今多くの心ある日本人は、無限成長の幻想に囚われた強大な政府・大企業の身勝手な論理の前で怒りと無力感を感......
★電気猫のフォトBLOG(ネパール・神戸・地球)★ [2006/05/20 00:29]

放射能から眼球部を守る遮蔽装置を開発

放射線医学総研、眼球部へのX線照射を防止する遮へい装置開発へ 放射線医学総合研究所、関東技研(茨城県東海村、小野洋伸社長、029・282・3535)、茨城県工業技術センターは共同で、眼球部へのX線照射を防ぐ医療用X線遮へい装置の開発に乗り出す。X線透視装.....
医学処 [2006/09/13 20:18]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ