FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

イメージよりも中身! 

「人はルックス!」「会社もイメージ」と
いう人が多いと思うけど、
ながぁ〜くつきあうには、やっぱり大事なの
は中身だと思うんですが・・・

ところで、いつもおしゃれなイメージの
ネスカフェのコーヒー
http://www.nestle.co.jp/

ネスレは現在、マギーやブイトーニ、
チョコレートのエアロやキットカット
なども扱っているんですね。

会社のロゴマークは、鳩が巣(ネッスル)
の中にいる優しいイメージです。

CMの音楽もしゃれてて、思わず買いたく
なってしまいますよね。
最近では唐沢寿明のプラネタリウム
バージョンやデザイナーの三宅一生
バージョンもいいですね。

キットカットでは、鈴木杏の
"きっとサクラサク"CM、戦略うまいなぁ
と思ってしまいました。

メグライアンのネスカフェのCMも
よくしていますね。

欧米では俳優が企業のCMに出ると
イメージに影響がでるので、あまり
CMにでないですが、日本のCMは収入が
いいのと、消費者運動があまり盛ん
でないのもあるのか、ハリウッド俳優が
CMによくでてきます。

メグライアン、好きだったのですが、
ネスレのCM出演にはがっかりです。

低所得国の問題を勉強すると、いつも
決まってネスレの粉ミルク問題がでて
きます。(私は、それを知ってから、
ネスレは買わないようにしています。)

もう、昔の話だと思っていたのですが、
相変わらずネスレの企業戦略は変わって
いないようです。

Baby Milk ActionのHPよると、2004年
12月のスマトラ沖地震の津波の援助の際、
スリランカ政府にWHOの国際基準を
弱めるように働いていたようです。

また、最近のニュースで、ネスレ日本が
「従業員の介護配置拒否は合法」という
高裁へ上告をいうのにもあきれました。

ネスレのHPには、環境への取り組みしか
ないけど、スローガンが
"Good Food Good Life"という、ちゃんと
CSRを守る企業というイメージがするの
ですが・・・勘違いですね〜

私達の日々の消費行動で企業の行動や社会
をかえることができると思います。
ネスレ製品のかわりに、CSRを本当に実行
する会社の製品を買いましょう!
フェアートレードをする企業を応援
しましょう!
=================
■ウィキペディア ネスレ日本
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC%E6%97%A5%E6%9C%AC

■貧困はなぜおこる?
どうすれば克服できる?
公正な貿易が貧困の悪循環を断ち切る
「ウガンダのコーヒー農家の息子の
ブルーノ・セルゴ君の話を聞こう」
(ぜひ、読んでください★)
http://www.oxfam.jp/hottokenai/poverty/trade2.htm

■pecsita en el mar ネスレ(粉ミルク)
http://blog.livedoor.jp/something_unpredictable/archives/2005-08.html

■Baby Milk Action(英語)
反ベビィミルクではありません。
母子を無責任なマーケティングから
守るために行動しています。
http://www.babymilkaction.org/resources/yqsanswered/yqacode03.html

■下記はアクセスジャーナル
(旧 山岡俊介「ストレイドッグ」)より
http://accessjournal.jp/modules/weblog/
======================================
2006/05/19
「介護配転拒否は合法」の高裁判決を無視し、
上告した“世界の非常識”ネスレ

 去る4月14日、大阪高裁で、ネスカフェ
などのブランドで知られる世界的な食品企業
グループ(本部・スイス)ネスレの日本法人
で働く労働者に対し、家族介護を理由に配置
転換に応じないのは合法との画期的な判決が
出たのは、本誌でも既報の通り。

 わが国で介護をしながら働く労働者に勇気
を与える判決で、このニュースは全国紙で
軒並み取り上げられた他、海外にも多く発信
された。

一審も労働者側の勝ち、上告してもまず門前
払いとなることから、さすがにこれ以上の
企業イメージ悪化を恐れ、会社側はいたずら
に対立を長引かす上告はしないだろうとの
見方が圧倒的だった。

 ところが、何を思ったのかネスレ側は期限
(15日)ぎりぎりの4月28日、上告して
いた。
 冒頭に掲げたのは、そのネスレの日本法人
・ネスレ日本の本社ビル(兵庫県神戸市)の
この5月16日午後8時45分の外観。
 ネスレ日本はこのビルの10階以上を借り
ており、要するに、明かりがついているのは
ネスレ日本の部屋だけ。ネスレの定時終了は
午後5時45分で、この間の3時間はサービス
残業だという。

中小零細企業ならともかく、世界的な大企業で、
巨額利益を得ているネスレ。
それだけに、労働者の福利厚生面は世界水準
と思いきや、こうした長時間労働が日常的に
行われているという。

今回の介護に関する訴訟態度といい、どうやら
“世界標準”なのは図体だけの内実の伴わない
世界企業グループであるようだ。

2006.04.09
社員の家族介護を一切認めない“世界のネスレ”
  来る4月14日午後1時15分より、大阪
高裁で“ネスレ事件”の判決がある。
・・・
 本紙では以前、日本法人・ネスレジャパン
発売のミネラルウォーターに関する疑惑を
取り上げたことがあるが、社員の家族介護
でも理不尽としか思えない対応をしているという。

 ネスレジャパンの社員は家族を介護する
必要があるため、配置転換を見合わせて
もらいたいと要望したにも拘わらず、姫路
から茨城県の霞ヶ浦工場へと、遠隔地への
配置配転を受け入れるか、退職するか、
二者択一を迫るなどしたというのだ。

 そのため、こうした事情のある2名の
社員は、幾度もネスレ側に再考してくれる
ように要望したが、まったく聞き入れられ
なかったため、やむなく訴訟提起したという。

仮処分、原審の神戸地裁共社員側が勝訴、
そして今回の高裁判決を迎える。

 ところが、ネスレ側はこの間、わざわざ
供託金を支払ってまで、原告社員には
賃金を支払わない、また、支援する組合
を第2組合、多数の管理職を動員して
潰しにかかるなどしているという。

 そのため世界のNGOやマスコミ
からは、
「世界で最も倫理性に問題視される企業」
などと批判されているという。
4月14日の判決が注目される。

2005.10.30
ネスレ日本、ミネラルウォーター水盗用
疑惑で提訴される
●ミネラルウォーター「こんこん湧水」
の採取に関し、数々の法律違反疑惑が
  
・・・グループ売上高は実に
約7兆6000億円にもなる。
そのネスレの日本におけるグループ企業
「ネスレジャパンホールディング」
(通称・ネスレ日本。本社・神戸市)の
発売するミネラルウォーター「こんこん湧水」
に関し、盗水疑惑が起きている。

今年9月22日、「ナム」(東京都世田谷区)
なる会社がネスレ日本等を訴えた。

 ネスレ側からこの水源や関連施設などを
買い取るため、その買収資金の一部
計2億1000万円を支払ったが、
売買の完了前、この水源は国有地に
あるところ、

?商用に供する許可を受けていない、

?取水施設や水路敷用地は目的外
使用されており、また転貸等禁止
されている、さらに

?水源から工場まで設置された
給水管は無許可で敷設したもの、
といった数々の事実が明らかと
なったので売買できるわけがなく、

したがって、すでに支払った
2億1000万円を返却せよというものだ。
 
●水源地の町長が加担、県も
これを黙認か

 これが事実とすれば、世界的
な企業がなぜこんなことを行ったのか。
 そこで注目していただきたいのが、
冒頭に掲げた「覚書」。
 問題の水源は山梨県南都郡
西桂町にある。
 この覚書に登場するF社の代表者
(前出・被告でもある)、西桂町町長
と同姓だが、これは偶然ではなく、
縁戚関係にあるという。

 つまり、西桂町町長が縁戚企業と組み、
その行政裁量権を拡大解釈(逸脱)して
ネスレ側から700万円をせしめた。

その結果、生じた法律違反行為につき、
当初、ネスレ側もよく認識してなかった
ようだが、途中で気づき、これはまずい
と思った。

そこで、こうした事実をなかったことに
すべく、担当者がそうした違法事実を
告げることなくナムにその権利を譲り
渡してしまおうと考えた。

ところが、途中でナム側にその事実を
気づかれ訴訟された、というのが基本的
な流れのようだ。

「町長だけでなく、有林課を始めとする
県職員も、ネスレという一私企業への
町による便宜供与に関しておかしいと
思いながらも黙認して来たようだ。
とんでもない話ですよ」(関係者)
 
===================================
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 2   tb 0   page top

コメント

ネスレの実態

CMによる企業イメージ戦略というのは、その企業の本当の実態とは全く無関係にいいイメージを振りまくだけ。
そんなものを真に受ける方がアホだといえばそれまでですが、やはり金をかけたプロパガンダは影響力が大きいですね。
私のパラグライダー仲間が墜落事故で下半身不随になった時、勤務していたネスレは冷たく解雇を通知しました。これに対抗して彼を支援する障害者団体が全国的な不買運動を起す動きを見せると、手のひらを返したように解雇を撤回し、社内を車椅子用にバリアフリー化したそうです。
外面がいくらよくても、ネスレの実態とはこの程度。人などどうでもよく損得勘定が全ての会社です。
電気猫 #79D/WHSg URL [2006/05/25 21:58] edit

RE: ネスレの実態

電気猫さん、コメントありがとう!
>CMによる企業イメージ戦略というのは、その企業の本当の実態とは全く無関係にいいイメージを振りまくだけ
そうなんですが、結構、私はイメージに弱いのです;;
特に、情緒を重んじる日本人、その傾向が強いように思いますが・・・
へぇ、電気猫さんのお友達、戦った人なんですね。
ネスレの実態ひどいですが、それににたようなこと、多国籍企業じゃなくても、まだまだ日本の会社でおこっていると思います。
最近しったのですが、日本は、国際労働条約の労働時間や休暇について批准してないしね〜
あずーる #79D/WHSg URL [2006/05/26 00:38] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/418-e456a665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ