FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

森へリボンを! 

パプアニューギニアの原生林を守るため
下記の森へリボンをプロジェクトに参加ください!
http://www.greenpeace.or.jp/forests?gv

下記の記事のキッズ・フォー・フォレストの
アニメーション、おもしろいので是非
よってください。

====================
Greenpeace Japan Mail Magazine
【 グリーンピース・ビジョン(転送歓迎)】
2006/3/25 No.71

==========================================

★1 パラダイスフォレストを守るために
リボンを送ろう!
「森へリボンをプロジェクト〜
むすんで守ろう原生林」開始しました

 多種多様な生き物が棲み「地上最後の楽園
(パラダイス)」とよばれるパプアニューギニア
(以下、略称PNG)では、多国籍企業による違法で
破壊的な伐採が行われ、かつての40%の原生林しか
残されていません。しかも毎年約25万ヘクター
ル以上もの原生林が伐採企業によって破壊され、
地球上で一番速い速度で原生林が失われています。 
原生林の伐採は、貴重な生き物の棲みかを破壊する
というだけではなく、森林に生活のすべてを
依存している先住民族の人々にも大きな悪影響を
及ぼしています。

 そのため、グリーンピースでは、2月28日、
グローバル・フォレスト・レスキュー・ステーション
(以下、略称GFRS)をPNG最大の湖マーレイ湖畔に
作りました。ここを拠点に、原生林の慣習的な
所有権をもつクニ民族らの人々と共に、木々に
リボンをつけ、所有地の境界線の画定を始めて
います。境界線を明確にすることで政府から
所有権が認められ、伐採企業から森を守ることが
できます。

 そこでグリーンピース・ジャパンでは、
この境界線画定に使われるリボンを皆様から
募って現地へ届ける「森へリボンをプロジェクト
〜むすんで守ろう原生林」を開始しました。
PNGでの原生林の土地所有権の境界線を明確に
するリボンプロジェクトへ、ぜひ、皆さんも
ご参加下さい。
参加は下記アドレスから簡単にできます。
リボンで先住民族の人々、希少な動植物の
生きる原生林を守りましょう。
また、ぜひお友達にもお知らせください。

「森へリボンをプロジェクト〜
むすんで守ろう原生林」ご参加はこちらから
http://www.greenpeace.or.jp/forests?gv

パラダイスフォレストの美しい自然は
こちらからご覧になれます
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/gallery/mizukoshi/slide/slide_html?ph=s01&gv

GFRSの活動報告はこちらから(英文)
http://weblog.greenpeace.org/paradiseforests/
.........................................................................
★2 世界のこどもたちが原生林をまもる活動 
キッズ・フォー・フォレスト
(Kids for Forests)

 ヨーロッパ、アジア、南北アメリカなど13ヶ国の
子どもたちも、キッズ・フォー・フォレストとして、
グリーンピースとともに原生林破壊をとめるため、
生物多様性条約締約国会議(CBD)に参加し、
活動します。今年は、ブラジルのクリチバで開かれて
いる第8回締約国会議に、日本からも廣瀬理津子さんが
参加します。
 広瀬さんは、「他の国から来る若者達と、国の
代表者達と、そしてNGO団体の人達と、年齢や国籍、
背景の違いを超えて、生物多様性保護に対する思いと
共にどこまで一つになれるか、それを私はどのように
受け止めるのか、そして帰国後、どのように放ち、
共有するのか、心の底から楽しみにしています」

原生林から動物が消えていく・・
アニメーションはこちらから
http://gruppen.greenpeace.de/duesseldorf/kids4forests/index_en.html

キッズ・フォー・フォレスト(Kids for Forests)
サイトはこちらから(英語)
http://www.greenpeace.org/international/campaigns/forests/kff
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 7   tb 0   page top

コメント

リボンってどうなんですか?

キャンドルも、あきらめたらイカンのですね!
つい、情報がないとなぁなぁにしてしまう、人間です...
教えてくれてありがとうございます。
このリボンの事も見て来ましたが、リボンくらいなら格安で買えますよね、それを地道に集めようとする意図は...周知が目的かな?いまいち納得がいきません。ごみにならないかなー...とか言ってる場合じゃないのかな。
a-ma-o-to #79D/WHSg URL [2006/03/28 09:18] edit

リボンの素材、今問い合わせ中

a-ma-o-toさんが、質問してくれて、私も勉強になりました。
森のリボンの素材については、今、グリンピースに問い合わせ中です。
まず、先住民のひとにとっては、森は生活や文化の大切な場なのです。
参照:森のひとびとの声
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/2_destruction/forest_voices_html">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/2_destruction/forest_voices_html
破壊される原生林
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/2_destruction/">http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/2_destruction/
境界線を明確にするということは、先住民の慣習的な所有権を明確にすることにつながると思います。
オーストラリアでも各地で、先住民の慣習的な所有権というのが最近の土地訴訟などで認められてきています。
原生林の慣習的所有権をもつクニ民族らの人々が、所有地の境界線の画定をを明確にすることで政府に所有権を認めてもらい、伐採企業から森を守ろうということだと思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/03/30 00:54] edit

リボンの素材は動物にも配慮

a-ma-o-toさんの質問、グリーンピースに問い合わせたら
下記のような答えが返ってきました。
>このリボンは、天然のアセテートを使用しており、素材はパルプからできており、消化分解され、土の中でも分解されるものとなっております。
また、リボンに使われている染料の量についても、動物がかじったりしても、害はないよう、配慮したものとなっています。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/03/31 17:48] edit

熱帯雨林の保護

森林の保護育成は重要な課題ですね。特に熱帯雨林は地表の6%の面積に陸生動植物の50〜80%が生息しているそうだし、先住民の生活の場でもあるわけですから。森林はサスティナブルな資源ですから、使い方次第で永久に活用できます。しかし、悪徳業者による乱伐で世界的に破壊が進んでます。
FSCという世界的なNPOも森林の健全な管理基準を定め、その基準を満たしてるかを認証する第三者機関を作って、認定されるとFSCのロゴを付けられるシステムを始めています。消費者はFSCロゴで、その木材製品が違法伐採の製品か否かを判断できます。
世界の大手木材業者も環境意識の高まりに合わせてFSC製品を扱うようになりつつあるようです。
日本でもこんな動きが普及すれば、消費者の意識も変わってくると思います。「森へリボンをプロジェクト」参加させてもらいました。
電気猫 #79D/WHSg URL [2006/04/02 16:42] edit

木材輸入国日本、温暖化にも加担?

電気猫さん、リボン・プロジェクト参加ありがとうございます。
熱帯雨林の破壊は、生物多様性をなくすだけでなく、その土地の人の暮らしも変え、また世界的にも気候変動に大きな影響を与えるものですよね。
インドネシアからの合板輸入第1位の日本、パプアニューギニアの第2位の原木輸入国である日本、日本の消費者が自分達のことだけでなく、現地のひとや未来の世代のことを考えて行動するなら、未来はかえられると思います。
ちょっとそれますが、ドラマ・ロンドの最終回で、チェジュが演じるユナがお父さんとして育ててくれたソンが、さらに日本の金融システムを壊して壊滅的にしようとするところに
「過去に犯した罪はかえられないけど、未来はかえれるわ。」と言っていたのが、印象的でした。
これは、人の人生でも、社会についても言えることだと思います。
ついでに、よければ下記のアクションにも参加ください。
違法伐採対策の木材調達の徹底を!
http://www.greenpeace.or.jp/cyberaction/rh/?gv">http://www.greenpeace.or.jp/cyberaction/rh/?gv
あずーる #79D/WHSg URL [2006/04/02 19:03] edit

アクション参加しましたが・・・

アクション参加しましたが、よく内容を読むとここでもFSCの基準に合わせろといってるんですよね。
FSCとの見えない因縁を感じました・・(^^;
電気猫 #79D/WHSg URL [2006/04/02 22:46] edit

FSCとの見えない因縁^ー^

電気猫さん、アクションありがとうございます。
日本でもFSC認定の製品が増えることを願います。
ヨーロッパのように沢山の消費者が、企業にFSCの製品を選ばなきゃね。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/04/04 00:55] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/394-51398c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ