FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

もうひとつのブルーリボン 

日本では、北朝鮮の拉致問題被害者の家族会が
ブルーリボン運動をしているけど、
1986年に米国バージニア州ノーフォークに住む
孫を虐待でなくしたおばあちゃんが始めた
ブルーリボン運動がある。
今では、このブルーリボン、米国では幼児虐待
問題の啓蒙のシンボルとして知られている。

打撲などでできたあざは、黒いが、次第にブルー
に変わる。おばあちゃんは、孫の死を思い出させる
ブルーという色のリボンを、子供達のために戦う
ために身につけている。

下記のHP参照(英語)
http://www.preventchildabuse.com/blue.htm

このブルーリボン運動のことを知ったのは、つい
最近、マレーシアの人からメッセージをもらった
と知り合いからメールをもらったから(最後に
はりつけておきます)。そのメッセージには、
ウルウルしてしまう。

最近の日本でも幼児虐待のニュースは、いっこうに
なくならない。昔もあったのだろうけど、「恥」の
概念が強く表面化されなかったのかもしれない。
10年前オーストラリアに住んでいる時に、欧米では
幼児虐待のニュースを大きくとりあげていた。

私は、その頃、日本ではそんなこと少ないと思って
いた。でも、インド系オージーの友達は
「アジアでは情報がでないから、そう思うだけよ。」
と言っていたことを思い出す。
本当にそうだし、最近、初めてしったのだが、友達は
そんな家庭で育ったという。

子供は社会のものだと思うから、もっと早急に虐待
予防策をうたなければと思うが、
今は、マンションの中にはいってしまうと
何がおこっているのか全くわからない。
でも、ご近所さんが少し注意するだけでも、予防
策にはなると思う。
行政にも、こんなことにならもっと税金を
使って予防策に力をいれて欲しいものだが。

=====================
******転送歓迎****
Date: Tue, 15 Nov 2005 11:32:19 +0800
Subject: FW: Fw: BLUE RIBBON
----

BLUE RIBBON

My name is Sarah
I am but three,
My eyes are swollen,
I cannot see

I must be stupid,
I must be bad,
What else could have made
My daddy so mad?

I wish I were better,
I wish I weren't ugly,
Then maybe my Mommy
Would still want to hug me.

I can't speak at all,
I can't do a wrong
Or else I'm locked up
All the day long.

When I awake,
I'm all alone
The house is dark,
My folks aren't home.

When my Mommy does come,
I'll try and be nice,
So maybe I'll get just
One whipping tonight.

Don't make a sound!
I just heard a car
My daddy is back
From Charlie's Bar.

I hear him curse
My name he calls
I press myself
Against the wall.

I try and hide
From his evil eyes
I'm so afraid now
I'm starting to cry.

He finds me weeping
He shouts ugly words,
He says its my fault
That he suffers at work.

He slaps me and hits me
And yells at me more,
I finally get free
And I run for the door.

He's already locked it
And I start to bawl,
He takes me and throws me
Against the hard wall.

I fall to the floor
With my bones nearly broken,
And my daddy continues
With more bad words spoken.

"I'm sorry!", I scream
But its now much too late
His face has been twisted
Into unimaginable hate.

The hurt and the pain
Again and again
Oh please God, have mercy!
Oh please let it end!

And he finally stops
And heads for the door,
While I lay there motionless
Sprawled on the floor.

My name is Sarah
And I am but three,
Tonight my daddy
Murdered me.

There are thousands of kids out there just like Sarah.
And you can help. It sickens me to my soul, and if
you just read this and don't pass it on I pray for
your forgiveness, cause you would have to be one
heartless person to not be affected by this email.

And because you are affected, do something about it!!
So all I am asking you to do, is take some time to
send this on and acknowledge that this stuff does
happen, and that people like her dad do live in our
society, and pray for child abuse to wither out and
die, but also pray for the safety of our youth.

Please pass this poem on as a "Blue Ribbon Against
Child Abuse" because as crazy as it might sound, it
might just indirectly change a life. Hey, you NEVER
know.

Please forward if you are AGAINST CHILD ABUSE.
==========================

ドメスティック・バイオレンス(DV)ってなあに?
クレオ大阪(大阪市立男女共同参画センター)
DV相談室もあるので、是非下記のHPによってください。
http://www.creo-osaka.or.jp/soudan/topics.html

●関西の主 な 相 談 機 関●
婦人相談所
大阪府女性相談センター06-6725-8511
京都府婦人相談所075-441-7590
兵庫県立婦人相談センター078-732-7700
奈良県婦人相談所0742-22-4083
和歌山県女性相談所0734-45-0793

●相談業務のあるセンター
ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)06-6910-8588
ウィングス京都(京都市女性総合センター)075-212-7830
イーブン(兵庫県立女性センター)078-360-8551

●民間シェルター
スペース・えんじょ(大阪)0726-36-0030

その他(神戸新聞「動き出す被害者支援」HPより抜粋
1996年12月6日現在)
http://www.kobe-np.co.jp/tokushu/higaisya/toku-renraku.htm
ウイメンズ・シェルターひょうごTEL兼FAX078-731-9901

武蔵野女子大心理臨床センター   TEL:0424-68-3919
   (電話相談も。平日11〜17時、水は18〜20時も)

性暴力を許さない女の会(火19〜21時)TEL:06-6322-2313

性暴力被害者サポートラインTEL:03-3312-7751
        (土13〜18時、第1・3木18〜21時)

東京強姦救援センター TEL:03-3207-3692
            (水18〜21時、土15〜18時)

日本DV防止・情報センターTEL:078-822-0284
             (月・水・金10〜14時)

===========
Noといえる子供に
CAP(Child Abuse Prevention) プログラム
CAPプロジェクト、スペシャリスト講座というのが
あるそうです。
詳しくは有限会社ビデオドック:TEL:0797-71-0810
(この情報は1998年のなので、電話番号は変わって
いるかもしれませんが。)

怒りの方法
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1111824





スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 2   tb 1   page top

コメント

暗いニュースが多い

ニュース見てても、虐待、暴力、そんな暗い事件が多いですね。そのようなニュースばかり取り上げると、真似する人が増えるかもしれません。
読みたい放題 #79D/WHSg URL [2005/12/28 17:13] edit

そうですね〜

読みたいさんが言うように、模倣犯が増えるかもしれませんね。犯罪をしてでも目立ちたい人がおおいのかもしれません。この間の仙台の商店街に車でつっこんだおじさんも、犯行を新聞社に事前に予告していたようです。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/12/31 02:58] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/353-90607a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それは、子に対する心理的虐待です

今でも忘れられない、苦しい話。嫌な話。10年前の一瞬の出来事が忘れられない。その時の怒りを今でも、覚えている。悪いことをしていない子が、なぜ怒鳴りつけられるのか。ここは、約10年前、朝のコンビニエンスストア。高校生だった私は、昼食のパンを買いに1人でコンビ......
読みたい放題の一日 [2005/12/28 16:36]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ