FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

パラダイスフォレストを守ってください! 

大雪とともに、温暖化を考えるきっかけに
してもらえるように下記にグリンピースの
メッセージを貼り付けておきます。

《 林野庁へ「違法伐採はNO!」の声を 》
ぜひ、ご参加ください。
http://www.greenpeace.or.jp/cyberaction/rh/?gv

================
Greenpeace Japan Mail Magazine
【 グリーンピース・ビジョン 】
(転送歓迎)

2005/12/13 No.067
★1 地球温暖化防止へ歴史的合意

カナダのモントリオールで開催されていた京都議定書
第一回締結国会議は、最終日の徹夜の議論の末に、
10日朝6時(現地時間)、2013年以降の実効性ある温暖
化防止国際制度の達成に向けた歴史的な合意をもって
終了しました。

この会議は、地球温暖化を防止するため温室効果ガス
削減を義務付ける京都議定書(156カ国が締結)を
実効性あるものにするために開かれていたもので、
京都議定書の第二約束期間(2013年-2017年)に
おける温暖化ガス排出削減目標の新しいラウンドに
関する緊急交渉の開始が合意されるなど、長期的な
取り組みに向けた道が開かれました。

プレスリリースはこちらから
http://www.greenpeace.or.jp/press/2005/20051210_html?gv

グリーンピースからは、日本をはじめ各国グリーンピース
のスタッフがオブザーバーとして会議に参加し、各国政府
に働きかけを行いました。また、グリーンピースの地球
温暖化に取り組む若者グループ「ソーラージェネ
レーション」も会議場で様々な活動を展開しました。

ソーラージェネレーションの現地での活動はこちらから
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/climate/sgy/blog/?gv

世界のソーラージェネレーションの活動ビデオはこちらから(英語)
http://www.greenpeace.de/themen/energie/energiewende/artikel/greenpeace_jugendprojekt_solargeneration/ansicht/video/

グリーンピースの招きで北極から参加した白熊の活動はこちらから(英語)
http://climate2005.greenpeace.ca/wherebear
......................................................................

★2「手遅れになる前に、今すぐ始めてください」

日本とかかわりのあるアジア、太平洋地域の原生林の破壊に
ついて語るため、グリーンピースの招きで来日していた
インドネシアなど3カ国からの若者が、9日、都内で
講演会を行い、それぞれの国の森林破壊の現状と
原生林保護への参加をよびかけました。

インドネシアから来日したアブ ハッサン メリディアン
さんは、「世界で最も広大な熱帯林のひとつが、
インドネシアにありますが、過去50年間で、40%以
上も消失( 約 6000万ヘクタール消失)してしまいました。
違法伐採によって、この地域にしか生息していない
オランウータン、スマトラタイガーなどが絶滅の
危機にさらされています。

森林消失により多くの住民が生活に困窮し、伐採企業
は、権利なしに住民を森林や近隣地域から強制的に
追い出したりもします。インドネシアからの合板
輸入第1位の日本の皆さんに、ぜひ、この事実を
知っていただき、伐採地から消費者まで追跡できる
木材(FSC<森林管理協議会>認証)、社会的にも
環境的にも責任ある製品を選ぶよう、お願いします」
と語りました。

パプアニューギニアから来日したブライアン・
バーリンさんは、「パプアニューギニアの森は、
アマゾン、コンゴに次いで世界で3番目の広さを誇る
熱帯雨林です。
何千種もの魚類、何十万種もの昆虫類が生息し、
世界の45種の極楽鳥のうち、38種がこの地に
のみ生息しています。
破壊的で違法な伐採は、これらの生物だけでなく、
生活に必要なもの全てを森に依存している
先住民族の人々の暮らしをも脅かしています。

このままでは、パプアニューギニアの森は、あと
3年から10年で全て消失してしまいます。
第2位の原木輸入国である日本の政府は、早急に
対策をとってほしい」と語りました。

フィリピンから来日したマリテス・ガタン‐
バルバスさんは、「 1990年に国土の70%を
覆っていたフィリピンの森林は、1999年には
約25%に減少してしまいました。
そこには、IUCN絶滅危惧種リストに挙げられている
特有で稀少な野性生物が生息していますが、
すべての種が、毎秒ごとに、消失へと向かっていいます。
もし、環境のためにまだ何もしていないのなら、
今すぐ始めてください、手遅れになる前に!」
と訴えました。

12日には、3人はグリーンピースの森林問題担当
の尾崎由嘉とともに林野庁と環境省を訪れ、
"違法伐採された木材の輸入規制を!"と書かれた
合板を林野庁長官と環境大臣へ贈呈しました。
この合板は、日本政府が違法伐採に立ち向かうとい
う公約をしているものの、未だに違法伐採された
原木が大量に輸入され、加工されている事態の
改善を求め、輸入規制の即時実施を求めたもので、
要請書とともに手渡されました。

《 林野庁へ「違法伐採はNO!」の声を 》
消費者である私たちが
「違法伐採の木材は輸入しません!」と
意思表示をすることが、違法伐採の規制へと動かします。
林野庁が早急に対策をとるよう、メッセー
ジを送ってください。一人ひとりの声が、原生林を
守る大きな力になります。ぜひ、ご参加ください。
http://www.greenpeace.or.jp/cyberaction/rh/?gv

▽プレスリリースはこちらから
http://www.greenpeace.or.jp/press/2005/20051212_html?gv

▽ 森と共に生きる人々の生活と、美しい野生動物
そして、破壊されていく森の様子はこちらから
(スライドショー):
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/slide/slide_html?ph=s01

▽ 違法伐採により生活を奪われた現地の人々の声はこちらから:
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/destruction/forest_voices_html?gv

......................................................................

★3 アジア、太平洋地域の原生林破壊を止めるため

グリーンピースではこれまで、違法伐採に関わる企業を
現地や日本国内で調査し、市場での違法伐採の流れを
明らかにしたレポートを作成。
また、原生林からの違法伐採木材の輸入を規制するよう
日本政府に求め、同時に代替案として国内の森林の
適切な利用を求めてきましたが、政府は違法伐採木材
問題の実態を認識しているにも関わらず、未だに
規制に動き出そうとしていません。

そこで、グリーンピースでは、この12月から来年春
にかけて、これら地域の違法伐採の現状を日本だけで
なく関係各国の政府、企業に強力に訴え、また、消費国
である日本で広くこの現状を知っていただくため、
オーストラリア、パプアニューギニア、アジア各地の
グリーンピース事務所と連携し、様々な活動を大きく展開
します。

●日本の若者を現地へ派遣
来年2月〜3月には、日本の若者をパプアニューギニア
へと派遣します。地元の人々の森林保護活動に携わり
ながら違法伐採の目撃者となり、日本の人々へ伐採の
現状を伝えます。

●グローバル・レスキュー・ステーションを開設
森を奪われた地元の人々の土地所有権を調査し、本来の
土地所有権を地元の人々と共に確認していく活動を
開始します。そのためのテント村「グローバル・レス
キュー・ステーション」をパプアニューギニアに設置し、
現地の様子を随時、日本へ衛星技術で届け、日本国内で
発信していきます。

●虹の戦士号がアジア太平洋地域を巡回し、違法伐採を
つぶさに目撃来年、グリーンピースの船、虹の戦士号
(Rainbow Warrior)が、3ヶ月をかけてアジア太平洋
各地の違法伐採の現場に赴き、目に触れにくい違法
伐採の輸出入の現場を調査します。
その情報を世界中へ配信し、生態系に配慮された
森林管理を求めるツアーを行います。
来春には、主要な輸入国である日本にも来航予定です。

................................................
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 2   tb 0   page top

コメント

こんにちは!

たくさんコメントとTBありがとうございました。
あずーるさんもメッセージの継続、お疲れさまです。
木材のFSC認証について、WWFで知りました。
http://plaza.rakuten.co.jp/motherearth0757/17005">http://plaza.rakuten.co.jp/motherearth0757/17005
北海道に、がんばっている人がいるんです!
すっかりブログに書くのを忘れていました...思い出させてくれてありがとうございます。
あと先日カタログギフトをいただいたのですが、無駄に分厚いのと、中国産の商品が多い(木製品含め)ので、「欲しいものがない、もっと環境に配慮した商品を増やすように」とお願いしました。これって便利だからかなり売れてるんですよね。こういう商品を載せる段階で考えてもらえば、大分違うのではないかと思います。
a-ma-o-to #79D/WHSg URL [2005/12/25 12:46] edit

a-ma-o-toさんの正体がわかった!

HNかえたんだねっ。コメントありがと!
FSC承認は、グリンピースがWWFとも共同でやっているみたいだよ。環境と動物はやっぱりかかわるから、ジュゴンの件でもWWFもかかわってる。
日本のWWFは、最近になってトップがかわったのか署名活動とかもはじめたみたい。前は、そういうのやってなかったんだけどね。
とにかく、NGOも連携をとって問題解決への活動をはじめているのはいい傾向だと思います。
また、北海道でがんばってるひとのこと教えてねっ。
ほんと環境配慮なしのものが市場にはあふれているよね。
やっぱり値段があまりにも環境配慮品とくらべて安いとひかれてしまうわ。
中国製のものでもフェアートレードで作られているのならいいのだけどね。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/12/25 22:01] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/339-89c4e6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ