FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

史上最強の武器商人と呼ばれた男 

地球上で12人に1人が武器を持っている・・・
武器商人を演じるアデランスをつけた(?)
ニコラス・ケイジ主演
「ロード・オブ・ウォー」を年末にみた。

こちらは、ロード・オブ・ザ・リングじゃなく、
戦争の支配者みたいな意味のもの。
ちょっと生臭いが、事実の出来事にもとづき作られた
作品で考えさせられる映画。

「トルゥーマンショー」や「ターミナル」を作った
アンドリュー・ニコール原案および製作総指揮の作品。

ユーリー(ニコラス)は、ロシア移民で親の経営する
レストランで働いているが、ひょんなことから
武器輸出をはじめる。そして、その分野でたぐい
まれな能力を発揮する。
アメリカではロシア移民よりイスラエル系として
仕事をするほうが儲かるからイスラエル系と名のる
家族は、アメリカの富の構造を描いてるかも。

武器で人が死ぬことに耐えられない弟に
「武器じゃなくても、タバコや交通事故で、毎日
 多くの人が 死んでる。」と
言葉たくみに納得させるユーリー。

お金を儲けしたいからではなく、
"I am good at."というのが、ユーリーがこの商売を
している理由。膨大な利益を得る武器輸出。
でも、法にふれることはしていない。

「僕がやらなくても、誰かがやるさ。」

最愛の妻は、
「法にふれなくても、悪いことをしてるよの。」
と、最後には子供をつれて彼のもとを去る。

最後のシーンでは、
彼が取り扱う1年分武器量を米国は合法的に1ヶ月(?)
に輸出するようなことをいってたっけ。

年末にNHKのBS海外ドキュメンタリーでしてた
「なぜ米国は戦うのか」
"Why We Fight"Eugene Jarecki, USA, 2005で
軍需産業に頼るアメリカや、
マイケル・ムーアの「華氏9・11」での
公共事業である軍需産業のために武器を使い戦争を
せざるをえない歪んだアメリカの構造がわかる。
銃工場で働いていたおばさんが、
「本当は人形なんかの工場で働きたいのだけど・・」
と言っていたのが印象的。

ブッシュは、大量破壊兵器があるという間違った
情報(最近、発表したが)でイラクの先制攻撃を
はじめたが、大量破壊兵器を論じるより、米国の
製造する武器で世界中で、毎日、どれだけの人が
死んでいるか・・・

9・11以降、米国の輸出規制にともない、日本でも
米国の輸出規制の影響をうける武器として使われる
可能性のある部品などの規制をホワイト国
(いわゆる工業先進国)以外にしているが、
米国の自国の軍需産業をさておき、よくそんなこと
を他国に強制するものだと思う。

また、一部の戦争好きの日本の評論家は、
「日本も米国に頼らない防衛のため武器を製造し
輸出すべきだ。」
「米国の技術の発展は、軍需産業からきてるのだから
武器を作るべきだ。」などと、言うが、
先進国でも日本は武器を輸出していない唯一の国
なのだから、それを誇り断固として武器製造に
はしるべきではないと思う。


===公式HPプロダクション・ノートから===
1.事実の出来事にもとづく
ユーリーのキャラクターは架空だが、この映画で
描かれる出来事自体は架空ではない。
しかも、ユーリー自体も実在の人物への調査や
取材をして作り上げたキャラクターだけに、
完全に架空とはいえないだろう。

「映画の出来事のほとんどすべてに実例がある。
救助ヘリとして売られる軍用ヘリ、大洋で積荷を
運ぶ船の名前や登録を変える武器ディーラー、
拘留されていたアメリカから不可解な事情で
釈放される有名な武器ディーラー、
ソビエト連邦の崩壊後ソビエト軍の軍用品が
略奪されたという事実、これらはすべて本当のことだ」

2.アメリカ資本はゼロ  
この作品が事実に忠実であることが、資金調達を
困難なものにさせた。  

監督は「この映画が武器供給におけるアメリカが
担う役割についての事実を赤裸々に語るため、
物議を醸しだすものであるとみなされた。
アメリカでの資金調達は、イラク戦争勃発の
1週間前に脚本が提出されたというタイミングによって、
さらに困難なものとなった」と詳しく説明している。  
だが、様々な国の投資家たちが、この映画の正当性と
脚本の力に賭ける勇気を示した。

===================
コントロール・アームズ (銃を規制しよう!)
http://www.controlarms.jp/campaign/index.php

無防備地域にしよう!

http://www.ne.jp/asahi/manazasi/ichi/heiwa/muboubi9905.htm



ロード・オブ・ウォー公式HP
http://www.lord-of-war.jp/index2.html

ロード・オブ・ウォー公式HP (英語)
トレーターが見れます。
http://www.lordofwarthemovie.com/

**********
映画ブログ

ボーリング・フォー・コロンバイン
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=668637

華氏9・11
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=625833

====================
1月23日追記
NHK BSの紹介から「なぜアメリカは戦うのか」
2回シリーズ

 2001年9月11日の同時多発テロは、アメリカの
軍産複合体にとって新たな戦争の時代への幕開け
となったのではないか。
番組は、ニューヨーク在住のベトナム帰還兵が、
2003年のイラク戦争で爆撃に使用する爆弾に、
同時多発テロで失った息子の名を書き記すよう
電子メールで米軍兵士に呼びかけたという
体験談を縦軸に、アイゼンハワー大統領の家族の
証言や連邦議会の国防族議員の活動などをちり
ばめて、第2次世界大戦で誕生し冷戦で巨大化
した軍産複合体がいまもアメリカの政治・経済
に大きな影響力を持つ背景と現状を探る。

(前編) 巨大化する軍産複合体 後10・10〜11・00
 ベトナム帰還兵ウィルトン・セクターは、
同時多発テロの日の朝、仕事に向かう途中、
息子の勤務先の世界貿易センタービルから
煙が上がっているのを目撃した。
やがて息子の死が知らされる。
1960年退任を前にアイゼンハワー大統領は
テレビ演説を行い、
「この国には制御が困難な軍産複合体が
生まれつつある」と警告した。
しかし、この警告にもかかわらず兵器産業は
今もアメリカ各地に巨大な工場を持ち
地元選出議員にも強い影響力を持つ。
カメラは国防予算を審議する連邦議会で
露骨な利益誘導の演説を行う議員たちを
映し出し、政治と軍産複合体の癒着の問題を
提起していく。

(後編) 超大国への警告 
同時多発テロで息子を失ったベトナム帰還兵
のセクターは、自分の呼びかけに応じた
米軍兵士の手で息子の名が記された爆弾が
バグダットに投下されたことを知り最初は
満足したが、イラクに大量破壊兵器が
なかったとブッシュ大統領が認めたことで、
次第に自分が欺かれたと感じるようになった
という。
 冷戦後アメリカが行った数々の戦争は、
アメリカの国益を誘導する一握りの
エリートたちによって進められ、イラク
戦争も、ブッシュ政権に強い影響力を
持つ保守系シンクタンクが提唱した中東の
安定化だと、開戦の直前までペンタゴンに
勤務していた元将校が証言。

[原題] Why We Fight
[制作] アメリカ/2005年
※2005年サンダンス映画祭グランプリ
(ドキュメンタリー部門)
スポンサーサイト



category: 映画

コメント

こんばんは!

こんばんは。TBありがとうございました!
>公共事業である軍需産業のために武器を使い戦争を
>せざるをえない歪んだアメリカの構造がわかる。
そうですねぇ。ほんとこういう構造だから戦争っておこるんじゃなくて、おこしてるんですよね・・・。
最後に安全な方法は”戦場にいかないこと”っていってたのが印象的でした。
goma #79D/WHSg URL [2006/01/08 02:49] edit

TBありがとうございます。

ビン・ラディンと手を握ってたブッシュ(うろ覚えですけど)とか知ってるようで知らないこと勉強になりました。
ニコラスのズラは有名なんですね。知りませんでした、ショック…
trichoptera #79D/WHSg URL [2006/01/08 04:05] edit

gomaさん、コメントありがとうございます。

>最後に安全な方法は”戦場にいかないこと”っていってたのが印象的でした。
日本は銃がないけど、アメリカだったら戦場じゃなくても、いつ巻き込まれるかわかりませんよね〜
軍需産業に働くトップは、罪の意識を感じてないのかしらね?
あずーる #79D/WHSg URL [2006/01/09 21:02] edit

trichopteraさん、コメントありがとうございます。

ニコラス・ケージ、去年くらいの映画から偽装(かつら)してるようですね〜^^
ビンラディンとブッシュはお友達だったようですよ。
まえに、BBSのドキュメンタリーでやってましたが、相手のわからないテロをおばけ(ファントムという英語つかってました)にしたてあげ、それに向かって軍備しているというのが、米国とイギリスの傾向だと批判してました。
たしかに、マイケルムーアも、Fear(恐れ)をあおって軍事力を強化していると映画でいってましたよね。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/01/09 21:07] edit

違います

>公共事業である軍需産業のために武器を使い戦争を
せざるをえない歪んだアメリカの構造がわかる。
それ、根本的にムーアの勘違いです。
F-22削減やコマンチヘリ開発中止、ボーイングの業績不振を見れば、ムーアの主張がいかに頓珍漢なものか分かります。
むしろ、えげつないので有名なのはフランス系の企業ですね。
とおりすがり #79D/WHSg URL [2006/01/15 00:54] edit

とおりすがりさんへ

>>公共事業である軍需産業のために武器を使い戦争を
せざるをえない歪んだアメリカの構造がわかる。
>それ、根本的にムーアの勘違いです。
マイケル・ムーアだけがアメリカの軍需産業の構造を
批判しているのではありません。
フランス企業がもっとえげつないかどうかは知りませんが、
欧米では、ムーアがドキュメンタリーを公開するまえから、そんな議論は多くあります。
NHK海外ドキュメンタリー
「なぜ米国は戦うのか」
"Why We Fight"Eugene Jarecki, USA, 2005
では、すでにJKケネディーの後の軍出身のアイゼンハワー大統領の時代から、軍需産業にたよる米国の産業構造を危惧する発言がとりあげてられました。
ずいぶん前のケビン・コスナー主演「13デイズ」で、JKケネディーのキューバ危機を描いた映画がありましたが、その映画でも政治家と軍需産業に依存しているようなことを示唆していました。
ボーイング社の業績不振の原因はしりませんが、ボーイング社は、軍用機以外に、民間の飛行機、宇宙衛星関係の製品をあつかっているので、ひとえにボーイングが不振だから、アメリカは軍需産業に依存していないとは言えないと思います。
また、公共事業として、税金で兵士を雇っている構造もありますよね。今はベトナム戦争の時とちがい、米国の兵士は志願兵だから、リクルートのために多大な税金がつかわれているし、また、現在、イラクに派兵されている多くの若者は、教育も経済力もない人たちです。戦争で、誰が一番、得しているかも考える必要があると思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2006/01/15 14:15] edit

映画はフィクション

>ボーイング社の業績不振の原因はしりませんが、
イラク戦争での予算上の煽りを喰らって、装備品の受注はガンガン減ってますよ。
それにイラク戦争以降装備品の受注が増えたって話を聞いた事あります?
むしろ武器供給面で紛争原因に貢献しているのは、中国、ロシアです。
紛争地域の武器の殆どは中国、ロシア製ですよ。
AK-47、カチューシャ、RPG-7、T-55、T-34、MIG系統等、これらの生産国を調べてみればいかがですか?
>欧米では、ムーアがドキュメンタリーを公開するまえから、そんな議論は多くあります。
デマなので気にしなくていいです。
>公共事業として、税金で兵士を雇っている構造もありますよね。
そんな構造なんて存在しませんw
軍事予算を突っ込んでも経済効果が低いっていうのは、経済論理の中では常識です。
利権が欲しいのであれば、軍事より遥かに市場規模の大きい産業なんていくらでもあるので、そちらに振り向けた方が遥かに効果的です。
とおりすがり #79D/WHSg URL [2006/01/15 14:38] edit

信頼できるデータはどこに?

とおりすがりさんへ
たしかに映画にはフィクションもありますが、特にドキュメンタリーでは、それをバックアップするリサーチに多額の時間とお金が使われています。
>武器供給面で紛争原因に貢献しているのは、中国、ロシアです
冷戦構造では、ロシアと米国だったと思います。現在は、中国もはいってきてるみたいですね。
そんなに言われるなら、とおりすがりさん、その3国が世界でどれくらいの武器供給を占めているか教えてください。
>>公共事業として、税金で兵士を雇っている構造もありますよね。
>そんな構造なんて存在しませんw
なぜ、そんな事がいえます?
>軍事予算を突っ込んでも経済効果が低いっていうのは、経済論理の中では常識です。
その経済理論の常識、おしえてください。
>利権が欲しいのであれば、軍事より遥かに市場規模の大きい産業なんていくらでもあるので、そちらに振り向けた方が遥かに効果的です。
たとえば、どんな産業でしょう?
だれもが、その産業に参画できるのでしょうか?
あずーる #79D/WHSg URL [2006/01/15 15:13] edit

デマは真実と嘘の混合物

>冷戦構造では、ロシアと米国だったと思います。現在は、中国もはいってきてるみたいですね。
そんなに言われるなら、とおりすがりさん、その3国が世界でどれくらいの武器供給を占めているか教えてください。
そんな統計はありません。
兵器関係において額面っていうのはアテにはなりません。
しかし、紛争地域でアメリカ製の武器が使われているって話は聞いた事あります?
M-16(米)は一丁10万円、AK-47(露)は1〜4万円。
M-1A2(米)は一両7億、T-72(露)は1億。中古のT-55に到っては下手すればタダでくれる場合もあり。
アメリカ製地雷はそもそも輸出せず、中国の対人地雷は100円ほど。
紛争地域の経済事情から考えれば、アメリカの兵器なんて高すぎて競争力はほとんど有りません。
>その経済理論の常識、おしえてください。
GDPの十数%の金を突っ込んだソ連が崩壊し、北朝鮮が何故あそこまで貧乏なのか考えれば簡単です。
>たとえば、どんな産業でしょう?
自動車、食品、建設、家電、娯楽等、挙げればキリがありません。
そもそもアメリカの装備品市場はGDP比では1%程度です。
とおりすがり #79D/WHSg URL [2006/01/15 16:31] edit

デマ?

どうも、とおりすがりさんが言ってる事はなんだかおかしいですね。
戦争が起きてもアメリカの軍需産業にはメリットは無いなんていいながら、フランスの企業はえげつなく得しているとか、いくら数字を出しても言ってる事が支離滅裂ですよ。
同じ産業な訳だから、アメリカは儲かってなくて、フランスだけが儲かっているなんて言うのははおかしいでしょう。それこそ世界中でそんな話聞いた事もありません。アメリカも儲かってるけど、フランスも同じ様な事をしている...とか言う事だったら理屈は通りますけど。
 
とおりすがりさんがどんな理屈を言っても、ブッシュアメリカが自分たちの利益のために戦争をしているのは世界的な常識ですよ。
 
とおりすがり2 #79D/WHSg URL [2006/04/08 12:22] edit

>紛争地域の経済事情から考えれば、アメリカの兵器なんて
>高すぎて競争力はほとんど有りません。
確かにそう言う面もありますよね。
なので、アメリカそのものが戦争するのが、アメリカの武器産業に取って最もてっとりばやく、効率が良いのです。
あとは、イスラエルなんてどうでしょうね?
あそこはすごいですよ。
自由のために、爆弾もって自分の命と引き換えに自爆で戦う人たちに、金にあかせて最新鋭の戦闘機から爆撃機から戦車から核兵器までこさえて蟻を指でつぶす様な戦争をしているあの国ですよ。あそこもアメリカの良いお客さんですよ。
そして、紛争地域だけがアメリカ兵器を買っているとは限らないですからね。
例えば日本等は大変良いお客さんです。
イラク戦争というきっかけから、北朝鮮との関係をメディアであおって、日本が買ったのはこれ。
 [弾道ミサイル迎撃システム]
 海上自衛隊イージス艦に配備。
 シュナイダー氏(ラムズフェルドの顧問)による。
 必要とされる予算約7000億円
 その他に現状ではアメリカの偵察衛星の情報を使うことが必要。
その他OPEC国なんてアメリカ兵器たくさん持ってますよ。
まぁブランドみたいなもんですよね。
AMERICA IS NO.1! F16戦闘機万歳!
カラシニコフなんて売れるだけ売れてもアメリカは儲かるんですよ(笑)
>そもそもアメリカの装備品市場はGDP比では1%程度です。
それって常識的に考えて、もの凄い大きな市場なのでは(笑)
 
とおりすがり2 #79D/WHSg URL [2006/04/08 12:32] edit

禿鷹商人

>GDPの十数%の金を突っ込んだソ連が崩壊し、
>北朝鮮が何故あそこまで貧乏なのか考えれば簡単です。
これは自分たちのために兵器にお金をかけたからですよ。
アメリカのようにちゃんと売って儲けなきゃ(笑)
そして、そういう崩壊した国の兵器ですら二束三文で買い、他の場所に売りさばくいて、巨額の利益を得る商人、武器の販売を扱う商社、エンパイアの姿。
禿鷹ですよ。
あの映画にはそうう言うものがまさに描かれていたわけです。
 
とおりすがり2 #79D/WHSg URL [2006/04/08 12:46] edit

ずいぶん昔の記事にコメントして申し訳ないですが

たまたま、別の件で検索をしててここにたどりつきました。
とおりすがりさんのような意見はよく見るので自分の知っている知識で少し補足です。
>>イラク戦争での予算上の煽りを喰らって、装備品の受注はガンガン減ってますよ。
イラクで一儲けするつもりで(非常に大雑把な表現ですご容赦を)戦争を始めたら、イラク占領後にテロが頻発し米軍にも収集がつかない事態となり余計な費用がかさみ(不本意な兵力の増強)、撤退したいがそうもいかない状態にある。このためイラク戦争はあらゆる観点から失敗したと言われるのです。最初からこれだけの泥沼を予見していたら、まず行わなかった戦争ですから。「ほら誰かが得をしているわけではない」というのは当てはまらない論理です。
AK-47、カチューシャ、RPG-7、T-55、T-34、MIG系統等、これらの生産国を調べてみればいかがですか?
カチューシャですかw軍オタとしてはニヤリとしてしまいますね。ソ連や中国が武器市場において白であるとは言えません。ですが、例えば、歩兵用武器において、紛争当事国の中では圧倒的にアメリカ系資本のシェアが大きいのです。紛争国の中で使われるAK-47(または、その亜種)は、ほとんどがアメリカの工場でスポーツ用という名目で生産されたものをマガジンなどを改造をして使っている例が多く。映像で共産系武器で武装した武装集団をみてソ連、中国を連想するのは無理からぬことですが、実態とは違います。
とおりすがり3 #79D/WHSg URL [2007/05/15 22:33] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/331-d1f55919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ ロード・オブ・ウォー ]ダークスーツを身にまとった武器商人

[ ロード・オブ・ウォー ]@有楽町で鑑賞。武器商人とは、こんなにもビジネスマンらしい服装をしているのか。名刺こそ出さないまでも、手には黒のアタッシュケースを持ち、上下黒のスーツに、白のシャツ、エンジのネクタイというイデタチ。情報命、信用第一、現金決済と普通のビジネスマンよりビジネスマン然としている。この映画は、実在する5人の武器商人から抽出したキャラクターを融合して作られている。監督は[ トゥルーマンショウ ]の脚本を手がけ[ ターミナル ]の原案も手がけてい...
アロハ坊主の日がな一日 [2006/01/08 00:32]

「ロード・オブ・ウォー」

「キングコング」も初日なのに、ニコラス・ケイジを観てきました(^^; 年末の忙しいなかで、なかなかペースが上がらんなぁ。タイトルロールでいきなり魅せてくれます。「チャーリーとチョコレート工場」は、昔、NHKでやっていた「働くおじさん」で見たかのような「チョコが出荷されまで」だったけど、こちらは「銃弾の一生」が陽気な曲に合わせて描かれてる。もう一つ素晴らしいのが、それが銃弾目線なとこ(^^; 転がった銃弾を指でつまむシーンなどお茶目な感じで始まるのですよ。主役のユーリー・オルロフ(ニコラ...
the borderland [2006/01/08 00:46]

『ロード・オブ・ウォー』を観たよ。

 今みたいなご時世だからこそ、こういう映画は必要かも。重厚なテーマのわりにはライトで単純な作りだけど、それはイコール「わかりやすい」ってことでもあるわけだし。『ロード...
【待宵夜話】++徒然夢想++ [2006/01/08 02:33]

『ロード・オブ・ウォー』 9P

私的オススメ度:9Pこれは元々上映日に見に行きたいほど楽しみにしていた映画です。でもちょっと映画どころの心境じゃなかったので、遅ればせながら昨日見てきましたぁ。【STORY】レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然......
OL映画でいやし生活 [2006/01/08 02:54]

「ロード・オブ・ウォー」 (2005) now load show!

コロナワールドで温泉入って、ナイトショウで見てきました。温泉→映画コースはもう極楽ったらありゃしないっすね。たまに寝オチする可能性を秘めてるリスクはあるけど…。で、偶然にも封切り日だったようで、お客さんも結構いた…いつもナイトショウは僕1人で独占状態なんですが、ちと残念。ネタバレなしで…レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが……。...
とりあえず生態学 [2006/01/08 03:45]

ロード・オブ・ウォー

<ストーリー> 「世界中の人間が一人一挺の銃を持つのが理想」と公言する最強の死の商人として知られるウクライナ生まれの武器商人ユーリー=オルロフの(ケイジ)の半生を描く作品。アメリカでの極貧時代。裏家業に手を出して大もうけし、理想の結婚相手も見つけた蜜月時.......
ナバラーの郷 [2006/01/09 00:38]

ロード・オブ・ウォー - load of war - (個人的評価:★★★)

遅くなりましたが、今年の初の投稿です。皆さんよろしくお願い致します。 以前、GY......
地方競馬情報品質向上委員会 [2006/01/09 00:40]

『ロード・オブ・ウォー』

大きな抑揚があるわけでもなく、ハッピーな気分になれるわけでもなく、感動するわけでもない作品ですが、よくまとまったうちの夫婦には相性のいい映画でした。武器商人の生き様を描いた作品なので、サスペンス的要素はなく、どんでん返しとかがあるわけでもなく、かといって......
Rappikoの映画生活 [2006/01/09 12:35]

ロード・オブ・ウォー

一つの弾の行方を追ったオープニングの映像が面白い。武器商人という職を知りたい方は一度観てみると良いでしょう。...
★☆★ Cinema Diary ★☆★ [2006/01/09 15:04]

ロード・オブ・ウォー

映画「ロード・オブ・ウォー」の感想です...
ジャスの部屋 -いん ぶろぐ- [2006/01/09 15:55]

「ロード・オブ・ウォー」評/スーツ姿の死神はかく語りき

『ロード・オブ・ウォー』(2005 / アメリカ / アンドリュー・ニコル) Text By 仙道 勇人  「今世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は"1人1丁の世界"」そう嘯いてみせる男の独白から始まる本作は、この男――ユーリー・オルロフが「死の商人」と呼ばれるほどの......
I N T R O+blog [2006/01/12 11:26]

ロード・オブ・ウォー

弾の数だけカネが舞う――――ロード・オブ・ウォー Lord Of War 史上最強の武器商人と呼ばれた男怖い映画だった。実際に起こっている出来事だ。そう思うと空恐ろしい。今、自分が平和で幸せな環境にいる事に感謝したい。上質のスーツに手にはブリーフケース、ピカピカに磨かれた革靴で、敷き詰められた膨大な数の薬きょうの上を歩く。史上最強の武器商人と呼ばれた男。分け隔てなく、どこの誰にでも銃を売る。銃器売買と言う名のビジネス。彼は商才に長けた商売人であり、家族を愛するごく普通の平和的でさえある男...
映画とCINEMAとムービー [2006/04/04 11:19]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ