FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

世界の人が迷惑してるのに、こんなにお金使っていいの? 

河北新報のニュースですが、4兆円も核燃料リサイクルに
費用がかかるそうです。

地元の雇用問題をあげられていますが、そんなにお金を使って
健康も害する危険のある施設を運営し、未来の世代に不の遺産
を残すことよりも、現在の雇用のほうが大事なのでしょうか?

フランスから わざわざ、大金と時間をかけて、そんな危険な
高レベル放射性廃棄物を日本に運ぶ必要があるのだろうか。
もし、テロに そんな危険物が渡ってしまえば・・・
なんて、考えるだけでも、ぞっとする。

**************************
トラブル続き誤算の道 核燃サイクル立地締結20年

 青森県が核燃料サイクル施設の六ケ所村立地に同意し協定を
結んでから18日で、20年を迎えた。約10年で稼働が見込
まれた核燃料サイクルは、核関連施設の相次ぐトラブルの余波
を受け、今もその「環(わ)」は未完のままだ。
高速増殖炉やプルサーマル計画の見通しが立たないまま、中心
施設の使用済み核燃料再処理工場は2年後の稼働に向け漸進
する。(青森総局・佐藤英博、大場隆由)

<「困難」振り返る>
 県は1985年4月、前年に要請を受けた再処理工場など
核燃サイクル施設の立地に同意し、事業者の旧日本原燃2社
と基本協定を交わした。
 20年の節目を、三村申吾知事は「ようやく再処理工場の
試運転(ウラン試験)が始まったが、幾多の困難を経て今日
を迎えた」と振り返る。

 核燃料サイクル事業はこの間、核関連施設の事故や不祥事
にほんろうされ続けた。
 高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県)のナトリウム漏れ
事故、茨城県東海村の臨界事故、東京電力の原発トラブル
隠し、関西電力美浜原発の11人死傷事故…。

<建設費3倍以上>
 再処理工場では、使用済み核燃料貯蔵プールで、水漏れ
事故が発覚。原因となった不正溶接個所は、291カ所に
も上るずさんな実態が明るみに出た。
原発から出る使用済み核燃料の再処理工場への搬入が止ま
り、原発の中には運転停止にさえ追い込まれそうなものも
あった。

 こうしたトラブルの影響もあり、再処理工場は建設費
だけでも当初の3倍以上の2兆1900億円に膨らみ、
稼働後の諸費用を含めると4兆円近くに達する見込みだ。

 もんじゅの事故で、サイクルの柱に浮上したプルト
ニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を一般の原発で
燃やすプルサーマル推進のため、県は今月14日、MOX
燃料加工工場の六ケ所村立地に新たに同意。プルサーマル
の先行きが不透明なため、反対派から「拙速だ」と批判を
受けた。

<厳しい雇用状況>
 一方、県には、立地と引き換えに、これまで膨大な
「核燃マネー」が注ぎ込まれてきた。電源三法交付金は
昨春までに1600億円が県と六ケ所村、周辺自治体に
交付された。六ケ所村は県内唯一の普通交付税不交付
団体になった。

 ただ、県の有効求人倍率は全国最下位が続く。
「産業構造の高度化で県民の生活安定に寄与する」と、
立地に同意した故北村正〓知事が描いたバラ色
の理想と懸け離れた現実も横たわる。

(注)〓は哉のノがない字

(河北新報) - 4月19日7時4分更新
*************************

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/317-b4326519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ