FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

脱線事故で思うこと 

電車は一番安心とおもってたのに・・・
大変な脱線事故がおこってしまった。

一瞬にして人生が終わってしまった人たち・・・
助かったけれども、事故に会った人たち・・・
一瞬にして大切な人を失ってしまった人たち・・・

私は阪急の宝塚線で通勤しているので、この事故の日から
ただでさえ満員電車なのに、倍くらいの満杯状態で通勤した。

一歩間違えれば 私たちだって被害者になりうる。
先頭車両は、携帯OFF車両なのと、すいてる時は運転士さんになった
みたいな気持ちになれるのが好きなので、いつも先頭車両にのって
いたのだけど、この日から真ん中車両にのることにしてる。

TVでは連日のように このニュースをとりあげている。
今日から休みなので、ニュースをみていると、ちょっと心あた
たまるニュースがあった。
それは、事故直後に いろんな面で事故の手助けをした地元の
人達のこと。
魚屋さんは、けが人のために、大量の氷を用意し運んだ。
運送会社は、けが人緊急輸送のために、トラックを提供した。
仕事場のおじさんは、チェーンやスパナ−みたいなのを持って
消防員といっしょに救助活動に携わった。・・・

それから、運転士の日勤教育の有り方が問われているが、
秒刻みの過密ダイヤが問題じゃないかなぁと思ってたところ、
あるニュースでニューヨークタイムズの記事のことを
取り上げていた。

それは、日本人の時間厳守に対する脅迫観念のこと。
欧米では、遅れるというのは、6分以上のことをさすのだが、
日本では2,3分でも遅いと感じる。
日本は、時間どおりの列車を走らせる正確さでは世界一だそうだ。

同じ番組で、交通と労働環境に詳しい専門家の人がでていた。
このような事故では、いつも運転士の責任が一番に問われる
のだが、その専門家は、いくら教育しても、いつも優秀な人材を
確保できるとは限らない。それなら、だれが運転しても安全を
確保できるシステム(ダイヤ)を構築するほうが、事故防止策に
なるというような事を言われてた。

いいこと言われているのに、記者クラブ制度でコチコチのいつもの
新聞解説員のおじさんは、どうしても日勤教育に焦点をあてたい
みたいで、そのコメントで終わってしまったのが残念;;!

確かに、朝は忙しいし、誰でも少しでも早く、列車が時間どおりに
くるほうがいいにきまってる。でも、その為に、時間的に無理な
ダイヤで運行され、運転士にとってはストレスになる可能性は
高いと思う。そんな仕事環境では、どんな優秀な運転士にでも、
今回のような事故を起こしてしまう状況を使ってしまう。

時間ということについて、私達はもう一度考えなおさないと
いけないのではないか。
JRの労働組合は、過密ダイヤについて運転手のストレスを
減らす努力して労働者のために戦うべきなのに、経営者側
についているような印象もうける。

オーストラリアに住んでた時、オーストラリア・タイムとか
よくストをするとか、バカにしてたけど、その方が働いてる人に
とってはいいんだよね。
日本人は、同じ働く人でも、労働者の立場をわかって
サポートしようとしない。それが問題なんじゃないかな。
サービス残業なども しょうがないでしてしまう人や、脅迫
観念でしてしまう人も問題だよね。

それから、同じNYタイムスの記事で日本の住宅は、線路から
どれくらい離れて建設されなくてはいけないという規制も
ないという事がのっていた。

そうだよね。いつも電車にのると、なんで、こんな近くに
住宅やマンションが建っているのかと いつも疑問に思う。
電車の音って結構うるさいし、今回みたいな事件も有り得る
かもしれないのに。どうでもいい規制は多いのにね。

4月27日 NYタイムス 
日本の脱線事故、時間厳守妄想が罪を問われるべきかも
       大西のりみつ東京支局長(日系アメリカ人)
”In Japan Crash, Time Obsession May Be Culprit”
http://www.nytimes.com/2005/04/27/international/asia/27japan.html

大西のりみつ氏の経歴関連記事
http://plaza.rakuten.co.jp/atsushimatsuura/diary/2004-04-23
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 6   tb 1   page top

コメント

TBありがとうございます

TBありがとうございます。
記事を読みまして今回の事故に対する基本的な感じ方に共感できました。例えば今回の事故は速度の出し過ぎではないのか。運転士が悪いのか。いや厳し過ぎる管理体制のJRがわるいのか。いろいろ問いかけていくと時間厳守を強要しているのは日本人一人一人であり、日本社会全体である、というところに辿りつきます。
日本は清潔で豊かで安全で便利な国だとは思いますが、一方でその清潔さ豊かさ安全さ便利さを維持するために、個人にいろんなストレスを与えていると思います。
マスコミにはバランスの取れた、本質をとらえた報道をしてもらいたいと思います。
サンド #79D/WHSg URL [2005/04/30 12:54] edit

遅ればせながら初コメントです。

大阪離れて長いのでわかりませんが宝塚線って事故の近くですよね。
ニュース見てると既にスクープ合戦の様相を呈してますが現場の人に聞くとまた違う見解があるんでしょうね。
やれやれって。
事実がわからないので私も日記ではコメントもしてません。
確かに時間にうるさいのはJRの問題だけではなくて一般の会社がそうだからあわせないと客が離れてしまう。
前の会社でもタイムカードがあって遅刻でなくても押し忘れると上司のハンコ押してもらわないといけない。
電車遅延があると駅で遅延証もらってこないと給料や有給休暇の申請に影響する。
まったく窮屈この上ない。
世の中全体の問題なんですよね。
lions seven #79D/WHSg URL [2005/05/01 22:49] edit

サンドさん、コメントありがとうございます!

すいません。レスおくれました。
サンドさんの、下記のところ特に共感してしまいました。
>時間厳守を強要しているのは日本人一人一人であり、日本社会全体である、というところに辿りつきます
時間厳守にあまりにもとらわれすぎて、幸せを見失っているような
気がします。
清潔さなどでも、人間が清潔に感じられるように化学物質をつかって
環境汚染をしている。もうすこし、バランス感覚をもつのが必要じゃないかなぁと重います。
安全については、こういう問題があったあとはお金をかけても第1という議論がでますが、これもバランス感覚だと思います。
小学生が巻き込まれた回転ドアの事故について、NHKで特集をして
いました。もともとはオランダでつくられていたデザインを日本風に見た目を重視して豪華にみせるためにドアを重くしたそうです。
ヨーロッパでは安全が第一に考えられたデザインなのに、日本では
デザインを修正するときに安全性がぬけおちたそうです。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/05/02 23:43] edit

らいおんさん、コメントありがと!

阪急、宝塚線と JR福知山線はよくにた地域を走ってるんです。
関西は、私鉄の運賃が安いので、JRの運賃競争も大変だと思います。
京都・大阪をJRで通勤している友達は、便が増えた分、便利だけど
しょっちゅう事故で遅れると言ってましたね。
安全はもちろんだけど、やっぱり利用者としては、かなりお金が
かわるのであれば、安いほうを選ぶのが普通だと思いますが。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/05/02 23:53] edit

なるほどね

関東はJRと私鉄比べるとJRの方が安いのでJRを選んで定期買ってるって話は聞きます。
でも鉄道の事故って前からしょっちゅうありましたよね。
人身なんて年末になるとひどいくらい。
脱線はさすがにないですがオーバーランなんて私も見たことあるような気がします。
大阪にいた時に土方のおっちゃんの友達に聞きましたが宝塚線って名前でもわかるように洒落た客が多いとか。
復旧は時間かかりそうですが客からしたら「すぐ元に戻せ」って言いますよね。
JRの運転手は全員ビビリまくって毎日やってるでしょうが現場の人は気の毒です。
lions seven #79D/WHSg URL [2005/05/03 16:21] edit

ものを言えない環境・・・

らいおんさん、厳密に言うと 川西池田までが、阪急とJR福知山線
がバッティングします。たしかに、宝塚線の客は比較的裕福ですね。
最近は、所得格差のせいか、線によって客層の違いをとても感じ
ます。
今回の事故、時間がたつにつれてわかってきたことは、JR西日本は
ものが言えない職場環境のようですね。
それに、日勤教育は イジメとしかいいようがない内容のもの。
人権侵害ですよね。それをほったらかしにしてる労働組合にも
問題があると思います。
このイジメ、古い体質の企業では多いようです。それに、減点
主義なのも・・・。
日本の古い企業の体質がモロにでてますよね。
「しょうがない・・・」であきらめる態度をあらためないと、
前にすすまないと思います
あずーる #79D/WHSg URL [2005/05/05 21:37] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/316-9fee7d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

列車事故・・・残された者の悲しみ

尼崎の列車事故の犠牲者が106人になった。ああ、106人・・・。多いな・・・。と私たちはその数を見て思う。けれども、その後ろには数百人の家族がいる。まだ幼い子どもたちは、新聞に載っている母親の顔を見つけて「あっ、ママだ!!」と言ったという。家族の数だけ悲しみ......
おしゃれ手紙 [2005/05/03 11:02]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ