FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

能勢ダイオキシン焼却場の代替施設計画問題 

一時、能勢のダイオキシン焼却場問題が連日のようにニュースになって
いましたが、まだ終わってなかったんですね〜
ゴミ問題は なんにも解決してないんですよね。

ほんとに近くに住んでるのに、能勢のダイオキシン焼却場の代替施設計画問題
全然知りませんでした。
下記の情報を知ったので、貼り付けておきます。

**************************
Subject: [jaesml:00044] 能勢ダイオキシン焼却場の代替施設計画問題
鉱毒の心配!をよそに工事の強行
は許されない。猪名川流域100万人の
安全・安心のため専門家を交えたリ
スクコミニュケ一ションを!
  
・5月14日(土)午後2時―5時
 川西市の文化会館(川西警察署の東隣)大ホ一ル
大阪市大・大学院教授 畑 明郎先生と市民
代表の質問に・・・
 柴生管理者・川西市長(若しくは代理)と調査業者に
答えて戴きます。

 川西市と猪名川町、豊能町、能勢町の一市三町が進める「ごみ
処理施設建設の用地」は、奈良時代にさかのぼる「大規模な鉱
山」の跡地です。
 一庫ダムに隣接する鉱山跡において、24万立米(200×
200×6メ一トル)に及ぶ大量の土砂を動かす=切り盛り=を
すると、どのような事が起こるか心配です。
 住民訴訟の証拠として出てきた「土壌の状況・対策検討報告
書」と「森の泉(広報誌)」によって住民に知らされた内容は、
まるで「別の事」のような違いを感じます。
 切土の部分だけの調査(鉱毒が心配される場所が除かれ「極め
て不自然」なもの)を行ったとしていますが、平面調査において
約8割の地点で「鉛(最大は、環境基準の76倍)」の汚染が
あり、約7パ一セントの地点で「カドミウム(最大2.9倍)
の汚染が明らかになっています。
 また、深度調査として、10箇所のボ一リングを行い「55の
検体を分析した。」としていますが、これも「鉛は24検体=約
4割(最大の含有量は環境基準の42倍、溶出量は15倍)で
す。」 このほか「砒素が、1検体(1.2倍)」確認されて
います。
 ところが、「ボ一リングコアのうちから4体を粉砕せず、溶出
試験を実施した結果、いずれの検体も検出限界以下であり、岩石
の状態では、環境への影響は認められない。(原文)」として、
19万立米もの岩を破砕して「盛土基部の資材として再利用
します。(森の泉の原文)」としています。学者は、「調査地点
の不自然さ!」と「僅か4検体による安全宣言」は疑問!
「寝てる子を起こす」心配があると言われています。 *これが
最大の争点です。

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/311-30376bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ