FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

おわっちゃった人間の証明 

あんまり視聴率よくなかったのかなぁ?

はじめは、見る気しなかったんだけど、2話くらいから
だんだんひきこまれていった。
竹野内豊のファンというのもあるけど、出てる俳優がうまい人
ばっかり。最終回は、ちょっと無理ありすぎだけど。

昔、小説で読んだし、たしか映画もみたと思うのだけど

西條八十の詩とジョー山中の Mama, do you remember?♪くらいしか
記憶にのこってなかった。

***************
Mama, do you remember the old straw hat you gave to me
  I lost the hat long ago,flew to the foggy canyon
スポンサーサイト



category: カテゴリ無し

cm 5   tb 0   page top

コメント

-

母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね

ええ、夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで

渓谷へ落としたあの麦藁帽子ですよ...

#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

----『帽子』西條八十作



******************



でも、年になったせいか、今回は人種差別やら人間の欲や良心があらわれてる

気がした。そして警察批判も。



竹野内くん演じる棟居は、正義感の強いひとで 納得するまでとことんつきつ

めるという昔のよき日本人のような気がする。

棟居は、米軍兵に連れ去られそうな女性を助けにはいった父を 見殺しにした

聴衆や その女性を恨むのだが、今もかわらぬ、そういう集団の風潮を

批判してるのかもしれない。



また、米兵のやりたい放題で警察もみてみぬふり・・

先月、沖縄で米軍のヘリが大学構内におちたにもかかわらず、情報は公開

されず政府は小泉さんの休暇とかで対応せず・・・

今でこそこんなだから、昔って もっとひどかったんだろうなぁ。



そして、白人警官の白人以外を人とも思わず、いいかげんな仕事をしている態度。また、日本の警官は、まがったことでも政治圧力に弱い。

でも、ほっとするのが、棟居と それを応援する上司や同僚がいること。



松坂慶子演じる、郡恭子は、凍りのような人だけど、生きるためにそうなったの

かもしれない。でも、最後には やっぱり人間というのが、この「人間の証明」

というタイトルのゆえんかなぁ。



印象的だったのが、郡恭子の友人でかつて学生運動でたたかった女性、はるみ。

この学生運動をかたるとき、棟居の学生運動を経験した同僚も上司も 目を

輝かせて、「おまえも、キラキラしてたときがあるだろう。」なんて言う。

ちょっと自分にあてはめたけど、私はそんな時期ないなぁ・・・

そんな風に、キラキラしてたって言えるなんて素敵だと思う。

今からでもキラキラした時期をつくらなきゃ^^



それから、行方不明の妻をさがす夫と妻の愛人が、愛する人のために

いろいろ協力するというのも なんかほっとする話。

お金には困らない恭子の息子娘の精神的な不満は、今の社会の風潮を

批判してるのかも。



アメリカ編で、棟居の英語がうまかったのには、おどろいた。

テーマソングの河口恭吾の歌う"A place in the sun"なんか明るくって

好きなんだけど、これスティービーワンダーの曲だそうです。

番組の最後の写真クリップなんかも、新しくておしゃれっぽくて好きなところのドラマでした。

#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXTENDED BODY:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXCERPT:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

KEYWORDS:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/198-7ca8ed89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ