FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

年金問題と同じ道をたどらないように・・・ 

原子力発電については、特にそのコストは度外視で 高度成長の波にのって
発電所が次々と建設されてきました。

今、話題の年金問題と同じように 問題は先送りされ、将来の世代に負の遺産が
どんどんつみあがってきています。
毎日、何気なく使っている電力ですが、ちょっと考えてみる必要があるのでは
ないでしょうか。

東京でのグリーンピースの学習会のお知らせはりつけておきます。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

\19,000,000,000,000

**********************************
六ヶ所再処理工場と核燃料サイクルの値段

学習会:再処理と経済性−フェッター教授にきく19兆円負担のゆくえ

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

日時:2004年6月1日(火)18:30〜20:30

会場:渋谷女性センター・アイリス 7階会議室
渋谷区渋谷1−17−7 (全国婦人会館内)
TEL 03-5466-3956

講演:スティーブ・フェッターさん
米・メリーランド大学教授
エネルギー・原子力問題の専門家

資料代:800円
*事前申し込み必要ありません。お気軽におこしください。

連絡先:ふぇみん 婦人民主クラブ
TEL 03-3402-3238
主催:コストから原発を考えるプロジェクト

日本原燃(株)が青森県六ヶ所村に建設している再処理工場で、放射性物質を使
うウラン試験がこの6月にも開始する計画が進んでいます。
一旦施設が放射性物質で汚染されると、施設の解体費用だけで1.6兆円もの巨費
がかかるとの試算を電気事業連合会は算出しています。
電力自由化が本格化し、原子力発電所をもつ電力事業者は、
これまで費用手当てをしてこなかった約9兆円を、
消費者から新たに回収する制度・措置をつくることを国に求め、
経済産業大臣の諮問機関・電気事業分科会での審議が大詰めを迎えています。

一方、国の原子力政策の見直し作業が原子力委員会(近藤駿介委員長)で間もな
く開始されます。
原子力委員会はこの見直し作業をはじめるにあたり、不充分ながら
国民各層からの意見を聴取し、核燃料サイクル政策の見直しも課題になるとの
報道もなされています。
新たな制度・措置を検討している電気事業分科会では、
新たな消費者負担の大枠が決まり、6月中にも分科会の結論が出されようとしています。

そんなおり、再処理の経済性を問題視した報告書「再処理VS.直接処分の経済学」
をハーバード大学上席研究員のマシュー・バンさんとともに著した
メリーランド大学公共政策学科教授、スティーブ・フェッター教授が来日します。
この機会に、学習会を開催します。

ぜひ、おこしください。

「コストから原発を考えるプロジェクト」
呼びかけ団体(アイウエオ順):核燃やめておいしいごはん/グリーン・アクシ
ョン/グリーンピース・ジャパン/
原子力資料情報室/ストップ・ザ・もんじゅ東京/東電と共に脱原発をめざす会/
日本消費者連盟/ふぇみん婦人民主クラブ/福島老朽原発を考える会

事務局:グリーンピース・ジャパン
〒160-0023新宿区西新宿8-13-11 N・Fビル2階
TEL03-5338-9800/FAX03-5338-9817
______________________________________________
スポンサーサイト



category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/184-3cb14c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ