FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

死をみつめるということ・・・ 

幸せの種のスレッドに なんか場違いなタイトルだけど・・・

昨日みたNHKのご近所の底力のことを紹介します。
テーマはお葬式でした。
お葬式の経験は、まだ数えるほどしかないけど、なんでこんなにお金が
かかるのだろう。別に生きているときに、それほど親しくもなかったのに
お葬式に行く必要あるのかなぁといつも思っています。

で、TVで同じように思っている人が沢山いて、「自分らしいお葬式」を
としようというNPOもできてるようなので驚きました。

いいなぁと思ったのは札幌のお葬式を考える会(名前はうろ覚えです)の
活動。老若男女で、自分のしてほしいお葬式を生前から考えるのです。

70代のおじいさんの例が紹介されました。
人生を振り返るという作業が 残り少ない人生をどう生きるかを改めて
考えられるそうです。そして、自分の一番楽しかった時のことを思い出し、
お葬式には 好きだった曲を流してくれと自分で書き留めるのです。
また、なくなるときに言い残したいことも。これは、パートナーへの
ラブレターにもなるようです。^^

また、棺に入るときの白装束じゃなく、自分でデザインした好きな色の好きな
衣装を着たいと言い残したり。
お花も通り一遍の菊ではなく、自分の好きなお花を供えてもらう。
お骨は自分の好きな山に散骨とか、もう、それは自分でそれぞれ生きてるとき
から常識にとらわれずにお葬式を考えるという会。

そして、大切なのは 自分のお葬式について、家族に詳しく話して理解しても
らうということ。

死を考えるという作業から、今どう生きるべきかが少しづつみえてくるようです。
そんなに単純ではないだろうけど、幸せの種がみつかるかもしれません。
スポンサーサイト



category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/171-fc3cebbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ