FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

フクシマ原発事故: ガス室に住民を閉じ込める戦争犯罪者たちの告発を 

世界中で40件以上の原発作業者や周辺住民の健康被害の訴訟で
内部被爆の専門家の証人として勝訴
に導いている
欧州放射線リスク委員会(ECRR)の
技術議長、クリス・バズビー博士の2011年8月のお話を
下記に書きます。
今までの裁判でICRPが正しいと主張する専門家の証人は
ひとりもいなかった
。)

2011.8 内部被ばくに警鐘?クリス・バズビー博士
http://www.youtube.com/watch?v=YGDM5eyRvCM

**
子供たち(放射性物質にたいして成人と比べると10倍以上の
影響を受けやすい)を含む住民を避難させず被爆させているのは
ナチスのガス室におくった戦争犯罪人(日本政府や関係者)と同じ。
彼らを告発すべきた

(政府は、複数の個人で構成されている。
ナチスの場合、ヒットラーは政府の
意向でユダヤ人をガス室におくった。すなわちヒットラーのみならず、
個々の政府関係者たちも戦犯である。)

日本政府はICRPモデルを基準にしているが、
世界ではECRPモデルを採用

1952年にICRP(国際放射線防護委員会)が原爆の健康を調べるために
設立された。物理的アプローチを基本に簡易的方法でICRP許容量モデル
が決定。(年間放射線被爆限度:20mSv以下)
もともとは、人々が核開発をやめることを阻止するために作られた
機関である。

1953年にDNAが発見された。

第2次世界大戦以降、自然界に今まで存在しなかったプルトニウム、
ウランが排出されたので、核開発者たちは、早急に調査する必要が
あった。

ICRPは独立した放射能のリスクを評価する科学者の団体だと
いうが、実際には核開発を推進するために設立された団体だと
いうことを多くの人は認識している。また、ICRPは原発を
推進しているとは決して言うことはない。

例えば、小さな子供がストロンチウム入り牛乳をのんで白血病に
なっても、ICRPは放射能値が低いから原発の関係ではないですと
言う。

このように、ICRPは放射能内部被爆のリスクの解釈をコントロール
している。

医者たちが放射能のリスクについて騒ぎ出したので、彼らの
行動を制限するために、
放射能の健康被害についてWHOとIAEAはWHOは(蚊や
エイズなどの病気に対してだけ責任をもち)放射能については
責任は持たず、IAEAが責任をもつという協定をむすんだ。

ECRRモデルは、一般の人については、1mSv以下の限度を定めて
いる。欧米では、1mSv以下にするように規定されている。

ECRRモデルや我々がおこなった長さ結果を無視し続けるなら
日本政府は最終的に戦争犯罪者として糾弾されるでしょう。

ヨウ素:甲状腺に蓄積
ストロンチウム90、トリチウム、ウラン:骨に蓄積し、DNAを
壊す。
セシウム137:筋肉に蓄積
セシウム137の放射線トラックの1%が子供の心臓の細胞を
こわしたとすると、25%の心臓の筋肉が失われる。

1963年に世界中で核実験が実施された。
そして、20年後、周辺住民の幼児死亡率が増えているのが
わかる。

1963年の核実験の盛んだった放射能汚染濃度と比べ、福島は
1000倍で千葉は300倍。おそらく東京南部でも汚染されているだろう。
チェルノブイリで証明されたように放射能汚染は満遍なく広がると
いうものではない。

会津若松(汚染を計測)にいきましたし、東京に行きました。
日常は普通の状態ですが、しだいに人を殺していくでしょう。
チェルノブイリで調査した仲間が多く癌で亡くなりました。
なので、原発100キロ圏内はもちろんのこと、
会津若松にもいきたくありません。


提言1.住民を避難(特に大人の10倍もの放射線影響が強い子供) 
2.空から放射能汚染マップを早急に作成 
3.低線量被爆者にも補償を 
    汚染した原発業界に補償を求めよ。(世界の原発業界にも)
4.フクイチの汚染を閉じ込めるために囲む
4.セシウムだけでなくストロンチウム90、トリチウム、プルトニウム、
ウランの汚染を監視(ウランは一番危険な遺伝子に影響を核種)

プルトニウム、英国、ハワイ、グアム、西海岸でプルトニウムが
計測されている。

今回のフクシマ原発事故は大惨事でいまだに多くの人が苦しまれて
います。
科学者はうそをつく。」というのがわかった顕著な例です。
科学者の言う「真実」の情報に疑問をもちましょう

現在、世界中の多くの科学者たちは大きなビジネスに買収されて
しまっている。

2011.8 内部被ばくに警鐘?クリス・バズビー博士
http://www.youtube.com/watch?v=YGDM5eyRvCM

***

★子供たちを早く逃がして! 2011英国バズビー博士(8.41分)
http://www.youtube.com/watch?v=oqiPZ39ljjw


★2011年10月10日(月)に埼玉県深谷市
被爆医師 肥田舜太郎先生(94歳)講演会
「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ〜内部被曝につ­いて〜」
から第2弾
「隠された内部被曝〜シーベルト&ベクレルにだまされるな!」
http://www.youtube.com/watch?v=6mdUwmAoHow

★海の放射能に立ち向かった日本人
~ビキニ事件と俊鶻丸(しゅんこつまる)
http://wallaby97.blog.fc2.com/blog-entry-1520.html
スポンサーサイト



category: サステイナブル

thread: 気になるニュース - janre: ブログ

tag: 暮らし  幸せ  戦争  犯罪  健康  原発  放射能  食べ物  環境  内部被爆 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1523-97f2ec8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ