FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

詐欺まがいだと言われていますが・・ 

「ホワイトバンド」だけが一人歩きして、誤解が
あるようです。
非難している人、まず活動の趣旨をちゃんと理解
してほしいなぁと思います。

>このキャンペーンのゴール(目的)は、寄付を
>募ることでなく、
>啓発活動だけでもなく、啓発活動の結果として
>「貧困をなくす政策をみんなで選択する」
>ことです。
(ほっとけない世界の貧しさキャンペーンHPより)
http://hottokenai.jp/home.html

私が7月にみつけたHPの日本版では、ホワイトバンド
をわざわざ買わなくても、独自の白いバンドを
つけてもOKですということが記載されていました。
日本版、今チェックしましたが、それから、
ずいぶん内容も充実してきているようです。

7月に、イギリスとUS.の両方みましたが、U.S.の方
では、「募金をお願いするのではありません。
賛同してあなたの声を届けてください。」という
趣旨が明記されいました。

ホワイトバンドの300円の44%が活動費に使われます。
下記のサイトを参照ください。
http://hottokenai.jp/blog/archives//000626.html

今回のキャンペーンについて、お金の使われ方に
疑問を投げかける方が多いようですね。

お金の使われ方を気にすること自体はいいことだと
思います。
しかし、日本のメディアでは取り上げられて
いませんが、欧米では国連の活動でさえ運営費に
巨額の費用が使われ、本当に必要な援助が
必要な人たちに届いていないという批判は、
もう10年以上前からあります。
そして、国連ではできないことをNGOが補完
しているという役割分担ができています。

日本では、大きな団体だと名前だけで
信用する人が多いようですが、大きな団体に
なればなるほど運営費用にお金が使われ、
本当に必要な人たちに援助が 
いきにくいようですね。
先週、みた映画「マザー・テレサ」でも、
最後にそんな場面がありました。

アフリカの貧困問題は、もう何十年も続いて
いるもので、南北の所得格差はどんどん
広がるばかりです。

メディアで戦争、飢餓やエイズ問題などで
取り上げられると、一時的には世界中から
募金が集まるそうです。が、それ以外の
ほとんどの国の貧しい人達は忘れられた
存在です。
国自体が借金のために悪循環に はまって
しまっていて、そこに住む人々は借金地獄
から抜け出せません。

また、金持ち国の経済活動がひきおこした
急激な気候変動により 多くの貧しい人は、
農作物が収穫できない、漁業ができない、
洪水の被害にあうなど、自然災害に
あっています。

まずは、そんな状況をひとりでも多くの人に
知ってもらうことが必要ではないでしょうか。

日本では、政治のこと社会のこと、真面目な事を
話すと「ださぁ〜」「うざい」とか
思われないかなぁと、話しにくい空気があります。
ホワイトバンドがきっかけで、そんな空気を
吹っ飛ばして、話が始まればいいなぁと思います。
私は、最近ずっとつけてるのですが、昨日はじめて、
ホワイトバンドのことを聞かれました。

このキャンペーンがめざしていること(HPより)
>3つあります。
>●援助の方法を
  ちゃんと貧しい国の貧しい人達が、
  自分達の力で食べていけるような長い目で見た
  支援の方法に変えていきたいのです。

>●悪循環に完全にはまってしまっている国の
  借金を帳消しにしたいのです。
  それは、借金をさせた先進国側にも責任が
  あると考えるからです。
 
>●今の貿易の仕組みを変えたいのです。
  富める国にはどんどんお金が集まる。
  貧しい国からはどんどんお金が出て行ってしまう。
  このような仕組みの現在の貿易の仕組みを
  根本から変えていきたいのです。

>ホワイトバンドは中国製ですか?
>日本で売られるホワイトバンドは、フェアな
>貿易を心がけ、労働 環境などの面をチェック
>するために担当者が現地視察をしています。
>そのうえで、これまで販売されているホワイト
>バンドは、本キャンペーンの趣旨に賛同して
>くれた中国の工場で作られています。
>ホワイトバンドの生産に携わる労働者や工場
>経営者にフェアなお金を渡すことで、世界の
>貧困削減に貢献したいとの思いから、中国
>以外にも、マレーシアや南アフリカでの
>生産を計画しています。

================
ほっとけない貧しさ・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1120142

映画「ザ・インタプリタ-」ブログ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1061356

黄色いハッピ集団
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1213512
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 8   tb 1   page top

コメント

初めまして

こちらでは初めまして。
ホワイトバンドの記事にコメントしていただきました将馬です。
確か福知山線脱線事故の記事のときにもコメントしてくださったかと(違ってたらごめんなさい)。
嬉しくてこちらにコメント返しに参りました。
ホワイトバンドの価格構成を初め、政策の変更などに選択余地がなかったりとたくさんの問題点があることは事実だと思います。
やはり、まだまだ曖昧な点が多い。
ですが、『世界の貧困をなくそう』という意思表示は大切ですし、それよりも大切なのは
その気持ちを持って次の段階に進むことだと思っています。
CMやそのほかのプロモーションで、『なんとなく』ホワイトバンドを購入している人たちがアクションを起こすこと、
そしてきちんと現実を知ること。
それが大切なのではないでしょうか。
わたしの言っていることもかなり曖昧ですが、
大切なのはホワイトバンドを購入すること、ではないのでしょうね。
(個人的な意見ですが、形から入ったほうがやりやすかったのでは?と思うのはどうしても否めません)
私は今、ある書店の店長をしています。
その前は、通訳として世界各地に行っていました。
現実として貧困を目の当たりにしたことは、あるといえばありますし、ないといえばありません。
日本よりは確かに貧しい国に行った事はあります。
きっとその国や、その国よりもっと貧しい国(言うまでもなく、私たちから見て、です)にとっては
積って山となった募金でさえ、現地の人たちには届かない。
知らされなければ、知らないまま。
ホワイトバンドは、良くも悪くも情報を与えてくれました。
あずーるさんの日記も、とても参考になりましたよ☆
私には私なりの意見がある!ということで
私はホワイトバンドは買っていません。
ですが、自作の白い飾り紐を括っていますよ。
きっと誰にでもわかっている、
『大切なのは気持ちと行動』ということ
本当の意味で、広まればいいと思っています。
自己満足で終わらないための戒めといえば言いすぎかもしれませんけど
常に疑問を持つという私なりのやり方で、活動に参加できたらと心から思っています。
ああ!長くなってしまいました!すみません。
また、ちょくちょく覗かせていただきますね。
将馬 #79D/WHSg URL [2005/09/26 01:51] edit

はじめまして。

トラバ、ありがとうございます。
せっかくトラバいただいていたのに、お返事が遅くなってしまってすみません。
こちらの記事を読ませてもらって勉強になりました。
私自身、自分の記事では勉強不足も否めなく、書き足りなかったことが多かったもので・・
そんな記事でも何となく気持ちを汲み取ってもらえた気がして嬉しかったんです。
短いですが、今日はご挨拶までに・・
また遊びに寄らせていただきます☆
なつ #79D/WHSg URL [2005/09/28 00:04] edit

将馬さん、コメントありがとうございます。

そんなに喜んでもらえたなんて、私もうれしいです*^^*
なのに、カメれすで、すいません。m−−m
将馬さんのように、常に疑問をもつということ、納得して行動をおこすということ大切なことだと思います。
私は、若い時、ほんとうにノーテンキで、なんでも受け入れるタイプだったので、外国にいったり、勉強すると、信じてた事が逆のことだったり、ショックなことが多いです。
まず、疑問をもって知るってこと大切ですよね。
>『なんとなく』ホワイトバンドを購入している人たちが
>アクションを起こすこと、
>そしてきちんと現実を知ること。
>それが大切なのではないでしょうか。
そのとおりだと思います。
いつか、将馬世界で経験したこと、ブログで書かれるのを楽しみにしています。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/10/01 23:35] edit

なつさん、コメントありがとうございます!

記事よんでもらって嬉しいです。
ホワイトバンド、いろいろ非難もでてますが、お金の流れに皆が関心をもっていることは とてもいい事だと思います。
ホワイトバンドは、個人が自主的にするものだけど、
義務として自分がはらっている税金のこと、車を運転する人は、自動車税、ガソリン税(+消費税)、年金の掛け金などについても、そんな風に疑問に思うひとがもっと増える事を望みます。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/10/01 23:41] edit

ホワイトバンド

「ほっとけない世界の貧しさ」キャンペーンの活動の中で、
>●悪循環に完全にはまってしまっている国の
  借金を帳消しにしたいのです。
  それは、借金をさせた先進国側にも責任が
  あると考えるからです。
は本当に、貧しい国を助けることになるのでしょうか?
それによって「国際的な金融信用」をなくすことはメリットでしょうか?
国民をジェニサイドしている国の、
国民をジェニサイドするための武器を買うために行った借金を帳消しすることが本当に貧しい国の国民のためになりますか?
今、助けなければならないのは、
そういった国家ではなくそういった国に住む国民のはずです。
表向きの趣旨をまったく実現せず、
戦争(内紛)によって潤う国家(先進国)の利潤だけを追求する運動が非難されるのは当然ではないでしょうか?
蛇足で付け加えるなら、
日本におけるホワイトバンドの制作費の70%近くは中国に流れています。
国民をジェニサイドしている国々へ武器を輸出している中国へ
ホワイトバンドの制作費として武器製造資金を流すことが
本当に貧しい国の国民のためになりますか?
「ほっとけない世界の貧しさ」を主催する団体は、
掲げている趣旨とは正反対の行為を行っているから批判されてるのではないでしょうか?
ͪǵ #79D/WHSg URL [2005/10/29 02:50] edit

悠乃さんコメントありがとうございます。

こうやって議論することは言いことだと思います。
>国民をジェニサイドするための武器を買うために行った借金を帳消しすることが本当に貧しい国の国民のためになりますか?
映画「インタプリター」でもありましたが、大量殺戮(ジェノサイド)を平然とおこなっている国には国民の希望はありません。民主主義が一番いいとは思いませんが、民主主義で血をながさずに政権をたおすということが機能しないのですから。
悠乃さんもご存知のとおり冷戦という名のもと、同じ地域に住む部族たちを戦わすように仕向け、また武器を輸出したのは欧米です。
借金を帳消しにするだけでは、国民に平和がもどってくるとは思いませんが、少しは希望がみえてくるのではないでしょうか?また、欧米ではホワイトバンド・キャンペーンでAIDS撲滅をかかげています。平和で経済的に豊かな国に住んでいてもAIDSというのは深刻な問題です。
>今、助けなければならないのは、
そういった国家ではなくそういった国に住む国民のはずです。
そう、そのとおりですよね。日本でも政治家、公務員の汚職など 長年かくされていたのが、どんどんでてきますが、汚職が機能している国で頼れるのはNGOや外部からの圧力しかないのではないでしょうか?
南アフリカのアパルトヘイトが終わった時、うれしかったけど、外部の私は驚きのほうが大きかったです。でも、これは長年の住民とNGO、そして外部のNGOの働きが功を奏したのでしょう。
>国民をジェニサイドしている国々へ武器を輸出している中国へホワイトバンドの制作費として武器製造資金を流すことが本当に貧しい国の国民のためになりますか?
そうですね、中国という国というレベルだけで考えれば。
この団体は、フェアートレードで製造者を選んでいるので、彼らの行動が中国という国の行動を変えるかもしてません。
ひとことに、中国という国をとっても、貧富の差はかなり大きいです。中国の貧しい人たちのことも忘れてはならないと思います。
なんか、ちょっとうまく答えてられないかもしれませんが。
ホワイトバンドを非難するのはいいのですが、赤い羽根募金や税金の使われ方など 長年にわたって情報公開がないなか、一人でも多くの人が、正当に使われていないお金の流れにも目をむけてほしいものです。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/10/29 14:27] edit

矛盾

> 悠乃さんもご存知のとおり冷戦という名のもと、同じ地域に住む部族たちを戦わすように仕向け、また武器を輸出したのは欧米です。
その欧米は、債務放棄しても更なる武器輸出で、
放棄した債務の数千倍の利益を得られます。
ホワイトバンド運動を批判する人たちは、その矛盾を問題視しています。
貧困を救うための債務放棄という美名のもと数千万ドルの債務を放棄して、
債権がなくなることで財政に余裕ができたアフリカの国々が、更なる武器輸入することで得られる欧米の利益は数千億ドル。
今のホワイトバンド運動は欧米を富ませる運動なのです。
中国にしても、本当に貧しい地域には工場は建てられないので、
中国の富裕層が居る地域に工場が建てられます。
そして、その工場のオーナーはますます富みます。
富裕層をより富ませる運動が団体の趣旨にかなっているのでしょうか?
ホワイトバンドを非難するなら、赤い羽根募金や税金の使い道を批判せよというのは議論のすり替えですよ。
そういう論理は折角の議論に水を指すもので、
建設的な議論の妨げになると思いますよ。
残念な事です。
ͪǵ #79D/WHSg URL [2005/10/30 01:19] edit

矛盾を解決するには どうすればいい?

>その欧米は、債務放棄しても更なる武器輸出で、
>放棄した債務の数千倍の利益を得られます。
>ホワイトバンド運動を批判する人たちは、その矛盾を問題視しています。
そうかもしれません。
では、悠乃さんは、具体的に、アフリカの貧困を救うためにどうすればいいと思われますか?
>債権がなくなることで財政に余裕ができたアフリカの国々が、更なる武器輸入することで得られる欧米の利益は数千億ドル。
今のホワイトバンド運動は欧米を富ませる運動なのです。
それは、ホワイトバンド運動が、武器輸出企業と結びついていると言う事ですか?
私は、欧米の武器輸出企業は、アフリカの国の腐った独裁政権がつづく限り存続しつづけると思います。
いっこうに解決しないエイズ問題については、どうですか?
中国でのホワイトバンドの製造をいうのなら、日本や欧米の企業活動のほうが、経済効果(悠乃さんが言われている富裕層を増やしているということについての)は数段大きいです。日本企業も中国各地に工場をたて、沢山の雇用も生んでいます。日本や欧米の企業に中国での企業活動をやめろと言えますか?
また、日本の政府のODAについても、ホワイトバンドと比べ物にならないほどの巨額のお金が動いています。
>ホワイトバンドを非難するなら、赤い羽根募金や税金の使い道を批判せよというのは議論のすり替えですよ。
私は、なにも批判せよとは言っていません。
ホワイトバンドは300円ですし、別に買う事はいっさい強要されていませんし、趣旨に賛同するなら、自分で白いバンドを作ってしてればいいのです。「サポートする声」がひつようなのですから。
それに、賛同しないのなら買わないでいいのです。
税金は、国民の義務として払わないわけにはいきませんよね。それについて、今までお金の使い方に対して、全然無関心で、なぜNGOがすることに、みな非難するのかわかりません。嫌なら、そのNGOをサポートしないでいいという選択肢があるのです。
また、赤い羽根募金は、長年、日本では善意とうけとられて今もそう信じている人もいるし、赤い羽根募金の税金控除はNPOではうけられない25%から30%とという特別の扱いがされています。そして、町内会や学校などでほぼ強制的にはらっている人が多いようです。そして、何よりホワイトバンドより多額のお金が動いています。
それに対して、なぜお金の使われ方を問わないのか不思議でたまりません。
あずーる #79D/WHSg URL [2005/10/30 03:24] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1068-ccc65788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民主党内でホワイト・バンド・ブーム(笑)

(画像クリックにて拡大表示 ↑)
陽光燦爛的日子 a diary of Worldwalker [2005/09/25 02:43]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ