FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

柿もぎ 

覚えておられますか?
去年の今ごろのクマ騒ぎ。
私は、毎日、クマが人里にでてきて殺されると
いうニュースを聞くたびに優鬱になっていました。

今年は、ちょっと様子がちがうようです。
締切りは、うっかりしていて過ぎてしまいましたが、
下記のような取組みがあるようです。
同じような取組みが広まってほしいという願いを
こめて、はりつけておきます。

===========
<ツキノワグマ>柿もぎで駆除を防ぎ保護を 
鳥取で呼びかけ

 人とツキノワグマの共存共生を目指す
「山陰ツキノワグマ研究会」
(安田亘之会長)が、柿もぎ作業をする
ボランティアを募集している。
クマが人里に誘い出される柿の結実時期に
合わせ、鳥取県若桜町で
10月1日から1泊2日で初めて行う。

昨年、クマが各地で出没して「有害駆除」
されるケースが相次いだことから、同研究会は
「住民の不安解消とクマが殺されないように
するにはどうしたらいいか、考えてもらう
きっかけにしてほしい」と企画。
同様の試みが各地に広がることを願っている。

 同研究会は、中国山地のツキノワグマの生態
を調査・保護していこうと、鳥取、島根両県の
自然保護関係者らで02年発足。
ツキノワグマは中国山地で最大で約780頭生息
しているとされ、西中国山地では環境省レッド
データブックの「絶滅の恐れのある地域個体群」
に指定されている。

 昨年は、北陸や山陰などでツキノワグマが
人里に出没し、人に危害を加えるケースが多発。
安田会長によると、昨年度は中国山地で288頭が
有害駆除されたという。

 当日は、クマが昨秋出没した鳥取県八頭町に
集合後、隣の若桜町で柿を採取。
翌日は秋のブナ林観察会を行うが、柿は持ち帰る
ことができる。
 参加費は3000円で、22日締め切り。
問い合わせは同研究会(0852・66・3499)。
【松本杏】
(毎日新聞) - 9月20日13時17分更新

====================

クマを殺さないために
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=734842

くまさんのために(・・)
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1048639
********************************
10月6日追記

クマからの手紙
http://www.wwf.or.jp/support/2005sm/index.htm
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1065-a83399f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クマよけ一役、山里柿もぎ隊

さて、クマの出没は主として人間に責任があるということは上述の通りですが、ユニークな試みとしての柿もぎ隊活動をご紹介しておきましょう。 ><ツキノワグマ>柿もぎで駆除を防ぎ保護を >鳥取で呼びかけ >(毎日新聞) - 9月20日13時17分更新 記事の.....
新・新・優しい雷 [2006/05/19 01:12]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ