FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

愛はあたえることで、与えられる・・・ 

タイトルは、3週間くらい前にみた映画「マザー・テレサ」
で一番心にのこった言葉。

死にいく人々やハンセン病の人々のために生涯活動を
つづけたノーベル平和賞の受賞者でもあるマザー・
テレサ。名前は知れども、どういう人なのかは 
はっきり知らなかった。

映画は、マザー・テレサの自叙伝的なもの。
映画自体は、あまりお金もかかっていないし、映像も
それほどこっていない。
インドを描くハリウッド映画では、昔みた
「ガンジー」や「シティー・オブ・ジョイ」のほうが
ずっとインドの貧しさを描いていたと思う。
この映画は、イタリア人監督の作品。
ハリウッドでは作れない映画という声もある。

ITの技術者、欧米企業のカスタマーサービスの進出
などで中産階級が近年ふえてきているインド。
いっぽう1日1ドル以下で生活する人も、今も
3人に1人と最近のニュースでいってたっけ。

この映画では、緑がきれいで、あまりインドの
悲惨さは感じさせられなかった。

でも、いい映画だった。
ずいぶん古い映画「ロミオとジュリエット」で
有名になった あの可憐で可愛かったオリビア・
ハッセーが、今は おばあさんに近い年齢に
なり、マザー・テレサをうまく演じていた。

テレサは、現在のマケドニア旧ユーゴスラビア
共和国のアルバニア系のローマン・カソリック
の家に生まれる。
が、7歳のときにお父さんが殺害されたらしい。
当時、アルバニア人ではイスラム教徒が多く、
カソリック教徒というのはめずらしかった。
18歳で、アイルランドの修道女となる。
英語も上手でなかったらしい。

そして宣教師としてインドへ。
この映画は、マザー・テレサのインド・
カルカッタのクリスチャン・スクールから始まる。
道に倒れ死に行くひとを毎日、目の当たりにし、
テレサは、クリスチャンという枠をこえ、
ヒンズー教徒もイスラム教徒も宗教に関係なく
本当に貧しい人たちのために働きなさいと
神の声をきき、行動をはじめる。

ところが、教会を支援面でサポートするインドの
金持ちから批判をうけ、また教会からも破門に
なろうとするのだが、彼女の意志か、神の意志か
最後にうまくいく。

学生達は、テレサの行動を目にし、賛同し彼女の
活動の手伝いをはじめる。たった一人の行動が
善意の輪を広げていく。
問題があっても、いつも神の意志か、誰かが
助けてくれる。

死にいくひとびとの最後の家に最初移った時、
地元の人たちに「改宗をするためにきたクリスチャン」
と思われ、連日の「でていけ!」抗議にあうが、
その中のひとりが、中にはいってテレサたちの活動
を前にして
「私達が見捨てた人たちに、この人達は働いてる」
と呆然としていたのが、印象的だった。
とにかく、彼女の行動力と意志はすごいと思った。

バチカンの法王に嘆願に行くときも、まずはじめに
街かどでみた お金はあるけど精神的に病んでる人
たちの為にシェルターを作って下さいとお願いして
いたっけ。

最後のシーンで、大きくなったテレサの団体の
幹部とテレサがニューヨークの高層ビルの一室で
会議をしている時に、テレサが突然、前に
おいてあるミネラルウオーターの値段をきいた。
そして、「このお金で、どれだけの人が救えるか。
解散しましょう・・・」みたいなことを言ったのは
本当にすごい人だと思った。
そして、以前は団体が大きくなると戦略や経営が
必要だと言っていたテレサと共に長年はたらいて
きた牧師さんも、「僕も それをわかるのに
20年(もっとかも)かかったよ。」みたいな事を
いっていた。

はじめは善意ではじまった活動も、規模が大きく
なれば、お金もうけに利用されたり、当初の目的
と違う方向にむいていったりする。そして、組織
だけを守りたいという人もいるなか、テレサは
やっぱり偉大な人だ。

テレサの言葉に、イスラム教徒は よりよい
イスラム教徒に、ヒンズー教徒は よりよい
ヒンズー教徒に・・・・というのがある。
マザー・テレサの教えにつづいて宗教も人種も
超えて一人の人間として愛を与える人が増えます
ように!

いい映画なので、まだの人、是非みてください。


マザーテレサ公式HP
http://www.motherteresa.jp/index2.html

WIKIPEDIA マザーテレサ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5

マザーテレサ語録
http://www.nsknet.or.jp/~kmg/teresa03.htm

TIME100: Mother Teresa(英語)
http://www.time.com/time/time100/heroes/profile/teresa01.html
スポンサーサイト



category: 映画

cm 5   tb 7   page top

コメント

理想の世界

いい映画なのに、上映館が少なくて、あまり話題になってないのが残念です。
今まで、いろいろ観てますと、いい映画ほど、巨額の制作費と宣伝費のかかった大作の陰になって、入りは悪かったりするんですよね。
テレサの教えは、まったく突飛なことは言っていない、本当は誰でもわかることなのに・・・。
日本人には理解の及ばない、宗教の壁もあるのかもしれませんが、彼女が存在したことが無駄にならない世界を願います。
ashica #79D/WHSg URL [2005/10/09 22:31] edit

TB,ありがとうございました。

はじめまして。
TB,どうもありがとうございました。
「マザー・テレサ」,派手ではないですが,いい映画でしたね。もっと上映する映画館が多ければいいのに,本当に残念です。こういう記事を読んで,1人でも多くの人が興味を持ってくれるといいですね。
私もTBさせていただきますので,何とぞよろしくお願いいたします。
ばけらった #79D/WHSg URL [2005/10/10 02:14] edit

確かにそう

確かに映画館は多くなさそうですね。
ドキュメンタリーもそうですが、いい映画ほど少ないような気がします。大スターが出ていれば、多くなるんですけど。
沖さんの『マザー・テレサ あふれる愛』(講談社文庫)もそのうち読んだ後で紹介できればと思います。
読みたい放題 #79D/WHSg URL [2005/10/10 17:28] edit

見たいです。

>上映する映画館が多ければいいのに・・。
そうですね。こちらでは、今は上映されていないみたい。
マザー・テレサのようにはなれないけど、
周りの人に愛を持って接していくこと、心にとめて生活していきましょう・・。
HIROMI #79D/WHSg URL [2005/10/15 18:20] edit

みなさんコメントありがとうございます!

まとめて書いておゆるしを・・・
ひとつ思い出しましたが、
「笑いは伝染するのよ!」っていうマザー・テレサの言葉もよかったですね。
マザー・テレサには、なれないけど いつも彼女のような気持ち心にとめて*^^*
>ばけらったさん、コメントありがとうございます。
>HIROMIさん、ひさびさのコメントありがと!
あずーる #79D/WHSg URL [2005/10/15 20:14] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1061-c1e96436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マザー・テレサ

マザー・テレサ 優しさを奮い立たせる力がある〜ストーリー〜1946年、インドのカルカッタ。カトリック修道院内の女子校で教鞭をとっていたマザー・テレサは、イスラム教徒とヒンズー教徒の抗争で負傷したインド人を助けたことで、修道院長と対立してしまう...
みかんのかんづめ [2005/10/09 10:34]

映画「マザー・テレサ」

 先日,映画「マザー・テレサ」を観て,深く感動しました。映画を観て,こんなに心...
ばけらったいむず [2005/10/10 02:15]

愛されるよりも愛することを(「マザーテレサ」)

主演のオリビア・ハッセーは68年に「ロミオとジュリエット」で主演を演じた。それから約40年を経過した。「ロミオとジュリエット」の時と比べればかなり、年季が入っているのが受け取れる。彼女は20年前からマザーテレサの役を演じてみたかったらしい。テレサはスラムでの......
読みたい放題の一日 [2005/10/10 17:22]

素晴らしい人の生涯なのに、全く心に響いて来ないのはなぜ?

「マザー・テレサ」 自分が恵まれているかどうかは、本人の自覚しだい。今の日本じゃあ、金持ちじゃないから、無名だからって恵まれてないと思う人がいるかもしれません。...
人生はお伽話もしくは映画のよう [2005/10/11 08:35]

マザー・テレサ(★★★☆)

マザー・テレサ ★★★☆(3.5) 公式ページ マザー・テレサ(1997)@映画生活 オリビア・ハッセーがマザー・テレサを演じる! それだけでも興味津々の映画である。実際、36歳から87歳までのマザーテレサを演じきったオリビアの演技はすばらしかった。特にオリビアの目はマザーテレサの純粋な心を演じきっているかのごとく美しかった。 マザー・テレサは知っていても、その人となりや人生についてはほとんど何も知らなかった。この映画を見て初めてその一端に触れることができた。彼女は単に純粋なだけではなく、...
夢の中のわすれもの [2005/10/15 01:05]

[映画]「マザー・テレサ」レビュー

[映画]「マザー・テレサ」に関するレビューをトラックバックで募集しています。 感...
レビュートラックバックセンター [2005/10/17 04:27]

『マザー・テレサ』

    今日はちょっと寝坊しましたが、『マザー・テレサ 』を観に行ってきました。 公開後1ヶ月以上経っているにも関わらず、ほぼ満席に近い状況でした。STORY 1946年、インドのカルカッタ。カトリック修道院内の女子校で教鞭をとっていたマザー・テレサは、...
今日も映画、明日も映画♪ [2005/10/18 15:06]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ