FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

3月3日7:00AM締め:朝鮮高校無償化賛同のお願い 

非戦さんの記事で下記のことを知りました。

……以下転載歓迎……

高校無償化の朝鮮高校排除の動きに対し、以下の
要請書を政府に提出するよう運動が行われています。
ぜひ賛同してください。

賛同は、個人でも団体でもかまいません。
賛同の方は、3月3日 午前7時までに、
koshida@jca.apc.org
あるいは、FAX: 011-596-3683
まで返信してください。
また、知り合いの方にも知らせてください。


「高校無償化」制度の朝鮮学校( 高級部)への
適用を求める要請書
2010年3月3日
内閣総理大臣 鳩山由紀夫様
文部科学大臣 川端達夫様

鳩山首相が、衆議院で審議されている高校無償化
法案に関連して、在日朝鮮人の通う朝鮮学校を
無償化の対象から外す方向で調整していることを
明らかにし、その理由を「朝鮮学校がどういうこと
を教えているのか指導内容が必ずしも見えない」
と述べたという記事(北海道新聞、2010年2月
26日)を、私たちは読みました。

私たち、教育問題や国際協力、差別問題などに
関心をもつ市民は、この発言に驚いています。
私たちは鳩山首相に対して朝鮮学校も高校無償化
の対象に含めるよう再考することを強く求めます。

また川端文科相に対して、朝鮮学校を対象にして
いた方針を変更することなく進めることを要請します。

朝鮮学校だけを、無償化の対象から外すことに
合理的な根拠はありません。
朝鮮学校は、各都道府県が各種学校として認定し、
公立・私立大学の半数以上が独自の判断で
受験資格を認めてきた学校です。

国立大学で初めて受験資格を認めた京都大学
は、朝鮮学校の授業や教科書を検討し「高校」
と差がないことを確認しています(朝日新聞、
2002年9月13日)。

この事実をみれば、朝鮮学校が「日本の高校に
類する教育課程」をもつ学校を対象とすると
いう文部省の方針に合致していることは
明らかです。

また「教育の機会均等」や「教育の国際化」と
いう文部科学省の方針からしても、朝鮮学校
だけを排除することはできないはずです。

朝鮮学校を学校教育基本法第1条の学校として
認可しないというこれまでの文部科学省の
方針に対しては、日本政府が批准(または加入)
している国際人権諸条約の委員会から、これを
民族差別とする「懸念と勧告」が何度も出されて
います。

とくに社会権規約委員会は「朝鮮学校のような
マイノリティの学校がたとえ国の教育カリキュラム
を遵守している場合でも正式に認可されておらず、
したがって中央政府の補助金を受け取ることも、
大学入学試験の受験資格を与えることもで
きない事について、懸念する」(2001年8月31日)
と強い勧告を出しています。

もし、高校無償化から朝鮮学校をはずすことに
なれば、これまでの差別をさらに広げることに
つながります。それは「友愛」を掲げる鳩山政権
の本意に反することではないでしょうか。
私たちは、朝鮮学校を高校無償化から除外しない
ことを求めます。

呼びかけ人 林 炳澤、黒田秀之、越田清和、
小林久公、高橋 一、高橋芳恵、七尾寿子、
花崎皋平、秀嶋ゆかり、細谷洋子、堀口 晃、
三澤恵子、宮内泰介、山口たか

===転送おわり===

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 2   tb 0   page top

コメント

[高校無償化]朝鮮学校除外は筋違い (沖縄タイムス社説)

=====================================
たー坊さんのところで下記の記事をみつけたので
はりつけておきます。
==============
[高校無償化]朝鮮学校除外は筋違い
全国 2010年2月27日 09時50分
(10時間39分前に更新)
 人種差別として国際社会をがっかりさせそうだ。
 衆院で審議入りした高校無償化法案に対し、在日朝鮮人の子弟が通う朝鮮学校への支援はすべきではない、という意見が閣内で上がっている。
 対北朝鮮強硬派の中井洽・拉致担当相が一貫して圧力強化を主張しており「(生徒は)日本が制裁している国の国民だ」と、朝鮮学校を除外するのは当然との考えを強調している。
 政府は当初、学校の種類で支援の有無を区別すべきではない、という考えだった。閣内から異論が上がったことで、川畑達夫文部科学相は学校の教育内容を見て適否を判断する、としている。
 拉致問題がある北朝鮮に日本が厳しく対処するのは当然だ。しかし、在日朝鮮人の子どもたちの教育をめぐる問題を外交問題と同次元で扱えるだろうか。
 国連人権差別撤廃委員会が9年ぶりに行っている対日審査会合で25日、この問題が取り上げられた。北朝鮮との外交関係を理由に差別的措置がとられようとしている、という問題認識が委員から指摘された。
 審査会前にNGOが放映したビデオは、日の丸を掲げた集団が京都の朝鮮学校前で集会を開き、「北朝鮮のスパイ養成所だ」と罵声(ばせい)を浴びせている様子が映し出された。
 審査員は「なぜ北朝鮮がやっていることで、子どもたちが責められるのか」と問うた。審査会は朝鮮学校が公的援助を受けられない現状を問題視した。それは人種差別とみなされる。
 朝鮮学校の高校課程に相当する高級学校は、沖縄にはないが全国で10校。約2000人が学んでいるという。
 日本の敗戦後、在日朝鮮人たちが母国語を取り戻そうと各地で始めた学校だ。1950年代後半から北朝鮮の援助を受けて存続してきた。厳格な思想教育が行われた時期があり、教育内容が偏向しているという批判もあった。
 現在は、例えば東京朝鮮中高級学校は生徒600人のうち韓国籍が49%、日本籍1〜2%で、民族の言葉や文化を大事にしたいと通わせる家庭も増えた。授業の大半は朝鮮語で行われ、朝鮮史など以外は日本の学習指導要領に沿って授業しているという。
 こうした「民族教育」に対する受け止め方も問われている。米国ハワイ州でもハワイ語で授業する学校があり、言語、風習を守ろうと取り組んでいる。
 教育と外交問題を同一視すべきではない。
 高校無償化法案は、公立高校の保護者から授業料を徴収せず、国が授業料収入相当額を補填(ほてん)する。私立高や専門学校生らには世帯の所得に応じて年額約12〜24万円の就学支援金を支給。学校教育法では「学校」と認定されていない外国人学校を含む「各種学校」も無償化の対象としている。
 ほとんどの国公私立大学が朝鮮学校の受験資格を認めており、多くの地方自治体が独自の助成金を交付している。
 そこで学び、青春を過ごしている若者たちは何も違わないはずだ。
======================================
あずーる #79D/WHSg URL [2010/03/02 00:04] edit

国際人権規約B規約

在日ブラジル人学校や在日中国人学校などの外国人学校も含まれるんじゃないでしょうか?
あべさんが上記の記事に参考として貼り付けられていたコメントを転載します。
==================
国際人権規約B規約
(市民的及び政治的権利に対する国際規約)
第二七条 種族的、宗教的又は言語的少数民族が存在する国において、当該少数民族に属する者は、その集団の他の構成員とともに自己の文化を享有し、自己の宗教を信仰しかつ実践し又は自己の言語を使用する権利を否定されない。
子どもの権利に関する条約(国際教育法研究会訳)
第8条(アイデンティティの保全)
1 締約国は、子どもが、不法な干渉なしに、法によって認められた国籍、名前および家族関係を含むそのアイデンティティを保全する権利を尊重することを約束する。
2 締約国は、子どもがそのアイデンティティの要素の一部または全部を違法に剥奪される場合には、迅速にそのアイデンティティを回復させるために適当な援助および保護を与える。
第29条(教育の目的)
1 締約国は、子どもの教育が次の目的で行われることに同意する。
(c)子どもの親、子ども自身の文化的アイデンティティ、言語および価値の尊重、子どもが居住している国および子どもの出身国の国民的価値の尊重、ならびに自己の文明と異なる文明の尊重を発展させること。
(d)すべての諸人民間、民族的、国民的および宗教的集団間ならびに先住民間の理解、平和、寛容、性の平等および友好の精神の下で、子どもが自由な社会において責任ある生活を送れるようにすること。
第30条(少数者・先住民の子どもの権利)
民族上、宗教上もしくは言語上の少数者、または先住民が存在する国においては、当該少数者または先住民に属する子どもは、自己の集団の他の構成員とともに、自己の文化を享受し、自己の宗教を信仰しかつ実践し、または自己の言語を使用する権利を否定されない。
あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)
第2条
2 締約国は、事情が正当化する場合には、締約国に属する特定の人種的集団又は個人に人権及び基本的自由の完全かつ平等な享有を保障することを目的として、社会的、経済的、文化的その他の分野において、その集団又は個人の十分な発展及び保護を確保する特別のかつ具体的な措置をとる。ただし、これらの措置は、いかなる場合にも、その結果として、目的が達成された後、異なる人種的集団に対して不平等な又は別個の権利を維持させることになってはならない。
第7条 締約国は、人種差別に導く偏見と闘い、諸国家間及び人種的又は種族的集団の間における理解、寛容及び友好を促進し、並びに国際連合憲章の目的と原則、世界人権宣言、あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際連合宣言及びこの条約を普及させるために、特に、授業、教育、文化及び情報の分野において即時のかつ効果的な措置をとることを約束する。
あずーる #79D/WHSg URL [2010/03/02 00:14] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1035-63d91843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ