FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

高速道路無料化に対して今なぜCO2削減??? 

今日はこのブログの調子がおかしくて、
昨日もらってちょこっと読んだだけの
点子さんとkusukusuさんのコメントも
開けられませんでした。やっと復旧しました。

「高速道路を無料化すれば誰が得する?」
の記事で
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1853351

点子さんとkusukusuさんからCO2削減に
逆行するとのコメントを沢山もらいました。


気候変動については、
人為的な環境負荷を無視した経済活動は大きな
要因で、環境負荷を減らす経済活動システムづくり
が重要と考えていますが、CO2だけを取り上げる
のは疑問に思っています。


また、地震、集中豪雨などの自然災害によって
住民は被害をうけますが、復興時に政府の公共
事業や家屋の建替えなどで、GDPは上がります。

市民にとっては、自然災害によってGDPが
上がるより、市民が安心して暮らせるような
規制を要求していくべきだと思います。

例えば、政府が前もって自然災害が
おこりそうな地域に住民を住まわせない
(原発の立地もそうです)、
また自然を破壊するような大型開発は
やめるというような要求なのです。


また、政府の大きな仕事として、環境、社会、
経済が相互に影響しあう関係にあるという
サステイナビリティの視点で政策の優先順位
をきめていくべきです。
http://www.eonet.ne.jp/~alt97/kankyo/sustainability.htm


今回の山崎養世氏の高速道路無料化で、
効率化した道路や周辺の国有財産を民間に売り、
上場させるような話がでていますが、その一点
については、郵政民営化と同じように
反対です。


山崎氏は元ゴールドマンサックス投信
日本社長です。
私たちの税金が長年投入されている国有資産を外資
に売り飛ばすようなことは絶対してはいけません。
効率化、民営化のもと今まで売却されたグリーンピア
やかんぽの宿などと同じ道をたどっては絶対に
いけません。


山崎養世氏の高速道路無料化に
私が賛成な主な理由は


・40年間で無料になるという道路整備特別措置法
のもと、長年続けられてこられた不透明で無駄遣いの
金食い虫の道路行政をリセットできる。


メリット:
・道路行政に使われていた税収を福祉や教育に使う
 ことが可能

・経済効果が最大7兆数千億円
   特に疲弊の激しい地方経済の活性化
   地方で雇用が増えれば、長年の大都市集中
   の雇用が緩和 


雇用問題は貧困にかかわる大きな問題です。
先日、BSで湯浅誠氏が発言されていましたが、
日本の貧困率は17%。20年前にはイギリスより
高かったのに、今はイギリスより低いそうです。

OECDの日本の貧困率について、政府の
外郭団体がデータを作っている(すなわち
税金も使われている)ので知らないと
問題を正面から受け止めないそうです。


(あずーる:同じような外郭団体を通じての
問題を正面から解決しようとしない姿勢が
他の労働や福祉問題でも長年おこなわれて
いるような気がします。)

この問題解決には、ブレア首相がイギリスで実施
したように教育も含め省庁横断的な政策が必要です。

この経済第2の日本で、年収200万円以下という人が
15万人超えるというのは異常です。

年収が低ければ、健康にいいか悪いか関係なく
とにかく安い食品を買うことになり、結局は
健康を害してしまいます。健康を害すれば、
医療費がかかります。結果的には社会コストが
トータルで高くなります。


年収が低い人口が増えれば、企業も低価格の商品
しか売れなくなり、その利益も微々たるもの。
低賃金で長時間労働が蔓延する社会
になるのです。
(もうすでになっていると思います。)
デフレの悪循環社会です。


私がいく大手スーパーで(この地域はもと
もと環境意識が低いのですが)、
去年の末に引っ越してきた時には有機などの
商品も棚にあったのですが、最近はずいぶん
撤去されました。私自身も環境に配慮した
商品をできるだけ購入したいと思いますが
年収が低いのに今、求職中でさらに減って
いるので二の足を踏んでいます。

道路が無料になれば、料金所の仕事がなく
なるという人がいますが、料金所ではたらく
人の収入は排気ガスを吸いながら健康を
害してまで働きたい魅力的なお給料でない
ので、なくなっても他に雇用が確保できれば
問題ないと思います。

気候変動に対応する施策は大変重要です。
そのためにも、現在の税金無駄遣いで必要な所
に税金を配分できる新たなシステムが必要だと
思います。


前にも書きましたが、元鳥取知事の片山氏
が言うには、道路行政、100円でもお金が発生する
と利権の温床になるそうです。

報道されない市民の知らない利権が多くあると
思うので、高速道路無料化で道路行政のリセット
が必要だと思います。


★晴耕雨読さんのブログ
「環境問題 気候変動は二酸化炭素が原因か? 」 
を、文献から一部抜粋されています。
http://sun.ap.teacup.com/souun/41.html


また、まず、なぜこの時期に、このような記事が
でるのか とても不思議です。


この件について、kusukusuさんは気候ネットワーク
のサイトを教えてくださいましたが、なぜ、今なの
でしょう?(朝日新聞も なぜ今?)

気候ネットワークは京都議定書策定のときに
大々的な役割をはたされ、頻繁にメディアで
とりあげられていたのに、なぜ今まで具体的に
与党に提言して現在のガソリン税などの暫定税率
よりの収入をCO2削減に使うように提言して
こなかったのでしょう?


2003年の民主党の案で高速道路無料化がでていた際に
このような声明をだされなかったのかも疑問です。

また、なぜ自動車のCO2だけをとりあげるので
しょう?流通業の営業時間への短縮やなども政府に
働きかけていかないのでしょうか?

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20090311/101061/

>90年代以降、流通各社は店舗数の拡大とともに、
営業時間の延長や定休日の減少などを実施した。
これによりCO2排出は急増。3業界を合わせた
正確な排出データは残っていないが、大ざっぱに
言って90年度比で2倍前後になったとみられている。


========
脱線^^8月20日の新月に植草さん
応援ブログを書くの忘れていたのですが
道路無料化問題に特化はしていないけれども、
下記でかかれていることは常に頭にいれて
おかないといけないと思います。


★2009年8月15日 (土)
「政・官・業・外・電=悪徳ペンタゴン」との闘い
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-5c7d.html


>自民党の最大の目標は「政治権力=既得悪徳
利権の死守」である。「政治屋・特権官僚・
大資本・米国」が「御用マスメディア・御用言論人」
を支配して世論誘導を図る。


>政治屋は国民の幸福など考えたことがない。
政治屋にとって政治は自己の利益を満たすもの
でしかない。彼らは「目的のためには手段を選ばない」。
・・・


>福田政権は本年4月に期限が切れたガソリン税の
暫定税率を、衆議院の多数の横暴により復活させた。
2.7兆円の増税が実施された。・・・


★cosmiceyesさんのブログ
「CO2急増の試算は信頼できるか?」から一部転載
http://tcat.easymyweb.jp/member/cosmiceyes/default.asp?c_id=35834


(8/14朝日夕刊の高速道路無料化でCO2急増)
>この記事を読んで疑問に思うのは、地球温暖化防止に
対する国民の意識の高まりや、高速道路の無料化に
より物流のコストが下がり、それが国民生活に反映
されるであろうメリットについて、全く触れていない
ことである。


>記事は「衆院選のマニフェストで自民党は高速無料化
にも暫定税率廃止にも触れてない」そして、「千円乗り
放題」の継続についても自民党は明記を避けたと記す。
あたかも民主党のマニフェストを批判するような論調
である。因みに「環境自治体会議・環境政策研究所」
なる団体の正体についても記事は何も触れていない。


>このような一見客観的であるように見せて、世論
誘導を計るような記事(と私には思える)が最近
多いが、気を付けなければならないだろう。


Easy Resistanceさんのブログの4記事から一部転載
★「高速無料化が否定される理由」から
http://easyresistance.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/08/post_daa4.html


*故石井紘基さんのドキュメンタリーの道路行政に
関する「日本病の正体 石井紘基の見た風景」を
埋め込まれていますので是非よってみてください。


>内容を見てみましょう、まずこの試算が国土交通省
幹線旅客流動調査(2005年)のデータを基に行われ、
都市間交通など長距離交通への影響のみを集計した
ものだそうです、つまり予想される各交通機関の
増減を基にCO2排出量の積算を行ったものです。


>それは「旅客流動調査に基づいた都市間交通に
限定したCO2の増加量」と表現しなければいけない
ものです、増える部分だけピックアップして、
いかにもそれがまだ増えそうな、控えめな数字で
あるかのような脚色が行われています。


>まず排出ガスの増減のポイントは渋滞
・・・効率を良くしてやれば同じ程度の
使用量でも排出ガスは減らせるということです。


>もう一つそれは信号です、止まらない程燃費
効率は良くなるんですが、止まらないとぶつ
かりますよね、危ない危ない。
それも高速料金が無くなれば解消する場合が
あります、うまく高速を利用することで「信号を
避けられる」出口が増えれば利用し易くなります。


>もう一つは「集中」です、「週末だけ」とか
先程の「出口が少ない」っていうのも集中の
一つの形です。
集中すれば渋滞が起き易くなります、分散する
ほど交通の効率は上がります。
「週末だけで料金所あり」っていうのがいかに
愚作かこれで分かりますよね


★「高速道路無料化、当たり前です。」から
一部転載
http://easyresistance.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/08/post_46c5.html


>最近記憶に新しいのが(財)高速道路交流推進
財団が1000円ポッキリの時ETC助成で60億円拠出
しましたが、それも元々国民の財産なんです、
偉そうですよね国民の財産を我が物の様に使う。


(あずーる:ETC特需でETCメーカーと設置
サービスに利益が落ちましたよね。
利用者にとっては期限限定でしかないのに。)


>その無駄の象徴のような存在がポンと60億円
出して見せる、方や国民が43兆円を41年間かけて
払わなければいけない重荷を課せられているの
にです。


>解散しましょう、こういう無駄な組織は、まだ
280億円残っているそうです。


>こういうところを処分し資金を回収していけば、
無料化後の運営もそれほど難しくはないはずです。


★「高速料金無料化政策の正当性」から
一部転載
http://easyresistance.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/08/post_a3cf.html


>自動車の排ガス規制はもっと大気汚染や環境破壊
として考えるべきもので、co2削減でそれを取り
沙汰するのは的が外れています、最も効率よく
その方向でお金を使う方法は森林保護と植林では
ないでしょうか?


>高速料金無料化は日本経済活性化に寄与し、
地域はその分振興され、国民には歪に曲げられた
制度前、本来の割合で平等に機会が与えられます。


★「アウトバーンでドイツは?」でこれまでの
日本の道路行政について書かれています。
一部転載
http://easyresistance.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/08/post_df01.html


>高速道路は無料にする前提で建設されたと
いうことです。いえいえ過去形ではありません、
今も政府の見解では無料化が前提なんですよ41年後
後ですがw
・・・


>リベラル派が「高速料金の無料化」を批判する
のは「あべこべ」な話です。
その真の中身は国民間の利害にはありません。


>日本での高速料金とは権力者の貴重な資金源で
あるということです。
族議員、利権、天下り、
特別会計が独法、特殊法人の
ブラックボックスである以上に
美味しい収賄のネタ。


>世界一高い日本の高速料金、ほとんどの先進国
では実質無料です、比較的高いとされるフランス
の2倍以上。

>国内の経済力を裏打ちする、地方の活性と内需
の確保という強力な、ドイツで大戦前に
アウトバーン(無償のw)で実証された、
経済活性化の切り札。


>この活力がそのまま不効率、不当に吸い上げられ
ていると言っていいでしょう。
「もう一つの2重会計」


★YouTubeでみつけられなかった
報道ステーションの山崎氏VS猪瀬氏の
討論、このブログ(マイぷれす)の管理人さんの
「高速道路無料化はバラマキではない!」
ところに貼り付けられています。
http://www.mypress.jp/v2_writers/admin2/


==========
点子さんの朝日新聞の社説について
8月24日にしたあずーるのコメント


>朝日新聞の社説
「実現には巨額の財源が必要だし、公共交通や環境に
与える影響もある。それらを考えると、優先的に
進めるべき政策ではないことが見えてくる。」


朝日新聞は御用メディアだから”実現には巨額の
財源が必要”というのは疑問です。都会の公共交通
には影響ないし、それこそ、CO2削減には公共
交通を有効利用できるところは、もっと利用
しやすいようにすればいいと思います。

現在、地方で公共交通手段は財政難のため廃止に
おいやられているのが現状です。


>「トラック業界では今春から運送時間が延びて
配送の遅れや労働の長時間化が問題になっている。
無料化すればこれに拍車がかかるのは必至だ。」

無料化すれば高速道路が使えるからより早く配達
でき労働時間は減るはずです。


>「鉄道やフェリーでは春以降、売り上げが落ち
込んで経営に深刻な影響を受けている会社もある。

CO2削減を第一義に考える政府なら、CO2削減
に貢献するぶん鉄道やフェリー業界に補助金を
与える事も可能だと思います。


>車を利用できない『交通弱者』への影響も
避けられない。」


この『交通弱者』というのがわかりません。
地方では公共交通の廃止ですでに困っている車を
のれないお年寄りなども多いです。

8月27日追記:地方の経済が活性化すれば公共
      交通の復活も可能だと思います。 


>「民主党の無料化案の最大の問題は、高速道路
を建設・維持する費用を誰が払うのか」

税金の無駄遣いで捻出できると思います。一般
予算の4倍の与党しかしりえない特別会計が
あるそうですから。


>「無料が多かった米国や欧州の高速道路でも、
最近ではこうした理由から有料化が広がり始めて
いる。日本では利用者負担の原則を引き続き
維持するべきではないか。」


最近の欧米の一部道路有料化のうごきは、欧州
ではCO2削減のためであり、米国は財政難の
ためかと思います。豪州は交通渋滞緩和のため
(CO2削減になりますよね)に一部シドニー
で有料化しています。海外の情報については、
かなり日本語での情報は間違っています。


=================

9月4日追記

今日、お昼のワイドショーで
2003年より高速道路無料化を言っている
民主党の馬淵議員がコメントしていました。

高速道路無料化により、今まで一般道路を
使っていたトラックなどが高速道路を使う
ことになるのでCO2排出量が減ると。

高速道路だと信号がないので止まる必要も
ないから排出量が減るのでしょうね。


また、高速道路無料化による
CO2排出量を国土交通省の試算で
言っていました。

無料化でもCO2排出量は310万トンで
この数字は京都議定書で約束した量の
運輸部門の4分の1だそうです。


小泉改革の時、タクシー規制緩和でタクシー
台数が急激に増えました。
この時はCO2排出量の議論はなぜ
でなかったのでしょうか。


この不景気の中、タクシー規制緩和で
多くのタクシーがお客さんを待っています。
CO2排出量増えてますよね〜
また、規制緩和により乗る人が少ないのに
ますますタクシー運転手さんたちの労働
時間は長くなり収入も少なくなっています。

==============
★消費税を上げる議論の前に天下りを何とかして!
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Blog/node/BlogEntryFront/user_id/21940/blog_id/63341


=====================

投票権の重さ

一年間の国家予算:約80兆円(一般会計)X4年間

スポンサーサイト



category: 健康

コメント

-- =320万円

有権者数:約1億人



一人、320万円(車が買えます!)の投資です。



選挙にいきましょう!

また、最高裁判所裁判官に×を!

国民審査で×をつける最高裁判官の

名前と理由がのっているので是非、一読を↓

http://www.labornetjp.org/news/2009/1249734584241staff01">http://www.labornetjp.org/news/2009/1249734584241staff01





http://www.mypress.jp/imagew/wallaby97/senkyo.JPG" alt="" />

★人材派遣協会の署名活動反対の呼びかけビラ

 (どんどん転送してね)

    http://files.acw2.org/hakougi.doc">http://files.acw2.org/hakougi.doc



  規制強化を求める署名用紙  

第1次 締め切り  8月31日です。

  http://files.acw2.org/hasyomei.doc">http://files.acw2.org/hasyomei.doc

  

署名送り先: 働く女性の全国センター(ACW2) 

151-0053 

東京都渋谷区代々木1-19-7横山ビル1F 

         電話03-5304-7383



■インターネット署名:

派遣労働の規制強化を求める請願署名

  署名プロジェクトURL:

http://www.shomei.tv/project-1200.html">http://www.shomei.tv/project-1200.html


#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXTENDED BODY:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

EXCERPT:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

KEYWORDS:
#79D/WHSg URL [1970/01/01 09:00] edit

上岡直見氏個人はずっと言って来ていることだと思いますが・・

>この件について、kusukusuさんは気候ネットワークのサイトを教えてくださいましたが、なぜ、今なのでしょう?(朝日新聞も なぜ今?)
>気候ネットワークは京都議定書策定のときに大々的な役割をはたされ、頻繁にメディアでとりあげられていたのに、なぜ今まで具体的に与党に提言して現在のガソリン税などの暫定税率よりの収入をCO2削減に使うように提言してこなかったのでしょう?
たしかに、気候ネットワークはどちらかと言うとCO2削減の方を主体にやってきた団体というイメージがあるからなぜ、今という感じがするかもしれないけど、この気候ネットワークが発表した文章を書かれたのは上岡直見氏で、この人は交通論が専門の方でこの人個人としてはずっと以前からそうしたことは言って来ているようですよ。唐突に今、言い出したわけではないと思います。
山崎氏とは論敵のような方なのでしょうかね?
団体としても今回のNGO共同声明にも名をつらねている「持続可能な地域交通を考える会」などでは以前からずっと言って来て
いることです。(下記のリンク先の団体です。)
持続可能な地域交通を考える会
http://sltc.jp/">http://sltc.jp/
ただ、おそらく今回、NGOが共同声明を出すにあたって、気候ネットワークのほうが知られている団体なので、そっちを取りまとめの主にして出したのでこういう形になったのではないでしょうか?
あくまで僕の憶測でしかないですが。
別に政治的な意図ではないと思います。たまたま今回、高速道路無料化を言い出したのが民主党だったので民主党に対する意見になったので、これが自民党が言い出したものだったら同様に意見を出しているはずです。(自民党が高速道路無料化を言い出すということは有りそうにないことですが。)
まあ、環境問題を言う人は、政治的には透明で、純粋にこれで車がますます増えちゃ困るという気持ちで言っている人が多い気がします。
ただ、否定をするだけでは建設的ではない気はするかもしれません。代案を出したらということがありますが、代案ということでは上岡直見氏はjanjanの記事で「高速道路無料化よりも公共交通無料化をしたほうが地域活性化になるのではないか?」と書かれていて、これなどは面白い代案のように思いました。かなり思いきった案だけど、特定地域は公共交通無料化にして。そうすれば改札自体もなくしてしまえるから改札の駅員も削減できるし。これだとCO2削減にもなるだけでなく、車を持っていない人にもメリットがあるし、それでその地域活性化になるなら考えてみてもいいのではないでしょうか?
kusukusu #79D/WHSg URL [2009/08/28 01:46] edit

取り上げていただいて有難うございます。

賛成派反対派でこれほど真っ向から意見の割れる政策も珍しいものです。
国は財政破綻し、環境は破壊され、雇用悪化、地方はさらに疲弊するそうです、あと危険とかw「一般道のように高速を利用するなど危険極まりない」笑わせてくれます。
何故かと言うと彼らも必死だからです。
高速料金=利権の源ですから、そこを絶たれれば腐敗の構造は維持できなくなります。
表だって論陣を張る人達を注目して末路を見届けてやりましょう。
EasyResistance #79D/WHSg URL [2009/08/28 17:28] edit

まあ、僕個人にはこういう主張をしても何の利益もないんですけど・・(笑)

何度もしつこくコメントしてすみません。
先程、知ったのですが、WWFジャパンもこの件について意見を出しているようです。これも参考までに。
「高速道路料金の割引・無料化」および「自動車関連諸税の暫定税率の廃止」に対するWWFジャパン意見
http://www.wwf.or.jp/activity/lib/press/2009/p09082001.htm">http://www.wwf.or.jp/activity/lib/press/2009/p09082001.htm
また、ガソリンの税率についての各政党の考えは以下のアンケートで公表されています。マニフェストに書かれていない点までこのアンケートでは明らかになっているようなので。これも参考に。
「環境・持続社会」研究センター による、気候変動政策(中期目標・国際枠組みと税制)に関する政党アンケート結果
http://www.jacses.org/paco/senkyo09/press090828.pdf">http://www.jacses.org/paco/senkyo09/press090828.pdf
前にコメントされている方へ
まあ、僕個人にはこういうコメントしてもなんの利益もないんですけど・・(笑)。ほんと、そういう利権を得ている人達がいるのであれば、ここにこういう書き込みしたり、必死でその人達の既得権益を守ってあげようとしているような僕に感謝して、その人達からお金をもらいたいぐらいです(笑)。その人達は僕にお金をくれるわけでもないのに、なんで自分はしつこくこういうコメントしているのかと思います(笑)。
kusukusu #79D/WHSg URL [2009/08/28 23:44] edit

ちょっとかいかぶりすぎ

kusukusuさん、
何度も書いていますが、自民党は40年したら無料にするといいながら延々とその約束を無視していたのですよ。気候ネットワークの人たちは、自公政権は約束をまもらないから、ほっておいても大丈夫と今まで何もいってこられなかったのかもしれませんね。。
>まあ、環境問題を言う人は、政治的には透明で、純粋にこれで車がますます増えちゃ困るという気持ちで言っている人が多い気がします。
そういう人も沢山いるようですが、あんまりかいかぶってはいけないと思います。上岡氏や持続可能な地域交通を考える会の考え方は知りませんが、環境によい活動とかにすると補助金がでるので、いいかげんな活動をしている団体も多々あります。また、反対企業がサポートして、自分たちの宣伝みたいに利用しているところもあります。環境問題は今、流行ですから。最近、TVで話題になっていたどこかの女性団体(環境ではないけど)もそうでした。
例:
鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 2009年06月24日
環境名目の補助金事業に疑問
http://onigumo.kitaguni.tv/e1174108.html">http://onigumo.kitaguni.tv/e1174108.html
社団法人も長年の政府との癒着で政府に言われたことしかしないとか、いいかげんな活動しかしていないというところも沢山あるようです。
>上岡直見氏はjanjanの記事で「高速道路無料化よりも公共交通無料化をしたほうが地域活性化になるのではないか?」と書かれていて、これなどは面白い代案のように思いました。かなり思いきった案だけど、特定地域は公共交通無料化にして。そうすれば改札自体もなくしてしまえるから改札の駅員も削減できるし。これだとCO2削減にもなるだけでなく、車を持っていない人にもメリットがあるし、それでその地域活性化になるなら考えてみてもいいのではないでしょうか?
時間がなくて上の記事よんでいませんが、ドイツで公共交通を低料金化が一部はじまっているようです。それは、街に車をいれないための街づくりからだそうです。そのため公共交通は大赤字で多額の税金が必要になってきているそうです。
公共交通を無料化にするにしても、道路行政の税金無駄遣いをきちっと清算しなければ、利権はそのままのこって、私たち市民はさらに税金をとられることになると思います。
あずーる #79D/WHSg URL [2009/08/29 02:23] edit

EasyResistanceさん、コメントありがとうございます♪

>何故かと言うと彼らも必死だからです。
>高速料金=利権の源ですから、そこを絶たれれば腐敗の構造は維持できなくなります。
もう何十年もおいしい思いをしているから、それこそありとあらゆる手段を使って阻止したいでしょうね^^末路が楽しみです。
あずーる #79D/WHSg URL [2009/08/29 02:27] edit

無料化でもCO2排出量は310万トン減る

今日、下記を追記しておきました。
今日、お昼のワイドショーで
2003年より高速道路無料化を言っている
民主党の馬淵議員がコメントしていました。
高速道路無料化により、今まで一般道路を
使っていたトラックなどが高速道路を使う
ことになるのでCO2排出量が減ると。
高速道路だと信号がないので止まる必要も
ないから排出量が減るのでしょうね。
また、高速道路無料化による
CO2排出量を国土交通省の試算で
言っていました。
無料化でCO2排出量は310万トン減り
この数字は京都議定書で約束した量の
運輸部門の4分の1だそうです。
小泉改革の時、タクシー規制緩和でタクシー
台数が急激に増えました。
この時はCO2排出量の議論はなぜ
でなかったのでしょうか。
この不景気の中、タクシー規制緩和で多くの
タクシーがお客さんを待っています。
CO2排出量増えてますよね〜
また、規制緩和により乗る人が少ないのに
ますますタクシー運転手さんたちの労働
時間は長くなり収入も少なくなっています。
あずーる #79D/WHSg URL [2009/09/05 00:10] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1024-10d13305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ