FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

あなたの知らない食のはなし:苦い紅茶 

★“苦い”紅茶 The Bitter Taste of Tea
制作:Borgen Production & Heinemann Media
ノルウェー/デンマーク 2008年




日本でも認知度が高まってきたフェアートレード
製品。でも、この作品をみて、とてもがっかりした。

フェアートレード製品は認証にコストがかかり
すぎて、生産者にあまり利益がいかないという
ことを読んだことがあるが、この作者が取材
したスリランカやケニアでは状況はもっと
ひどい。


リプトンの商標商品を扱うユニリーバ。
スリランカのユニリーバと
その傘下のフィンレー(英国)は
生産したお茶の3分の1をヨーロッパに輸出して
いる。


スリランカの作業者は、ヒル、蚊、蛇に
悩まされているが、作業中のケガなどに
ついて会社は補償さえくれない。


フェアートレード茶園の作業は、伝統的な農園
のものとかわらず、女性は75%以上の稼働日数を
働けなければボーナスを得られず、女性は
慢性的栄養失調。


GEMI TEA (デンマーク)コロンボの
最大の顧客はスーパーNedo。

200年前にイギリスが定めた規則に従って
今も労働者は働いている。
農薬を使いながら、作業者は防護服を
つけていない。

茶畑の近くの医者は農薬の中毒患者がほとんど
という。

スリランカの元農園労働者で長年はたらき
引退したおじいさんは、作業内容は同じでも
昔は農園のオーナーはちゃんと働く人のための
住むところを確保してくれたり、教育をうけさせ
たりしてくれたというようなことを言っていた。


ケニアのユニリーバ傘下のイースタン・プロデュース
・ケニア(EPK)では、労働者は固定給を貰う
ことなく、3ヶ月ごとに解雇されている。

2007年のフェアートレードの職員のコメントは
フェアートレードの調査は抜き打ちで年1回おこな
われている。紅茶は経営者の規模が小さく管理
するのが難しいとのこと。


このコメントは、紅茶ではないが
バングラデッシュのドキュメンタリーで
(労働現場からの告発)
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/090730.html

CSRをうたう欧州企業の傘下の工場での劣悪な
労働条件に対して欧州企業のコメントと同じ
ような発言なのに驚く。彼らも外国人が訪問してくる
時だけ労働条件をつくろっていた。


フィンレー バングラデッシュ
監督者は作業の安全性についてビデオを見せたり研修を
しているとコメントするが、作業者はそんな研修うけた
ことない。(外部の人、特に外国人と話すことは
禁じられている。)

茶摘女性は最低賃金の半分しかもらっておらず、
賃金に不満なら止めろといわれている。
児童の労働者もいる。


2006年にフィンレーはバングラデッシュから撤退。

労働者はフェアートレードによる割増金がどのように
使われているか知らないし、フェアートレードで
何を補償しているのか、労働者の発言権があるの
かわかっていない。


ケニアのEPKは国連のグローバルコンパクトに
傘下しているが、EPKが労働者に提供する家には
電気も水道もない。労働契約もなく、1日10時間から
12時間以上働いている。訪問者とは話すなといわれ
ている。


このドキュメンタリーにより、フェアートレード
事務局は問題に真剣にとりくむことにした。
 
デンマークの学者は、
生産者の公正な労働条件などを求めて一般より
高い価格の商品を消費者が選んでいるのだから、
その条件が守られていなければ(価値がないと
すれば)消費者はフェアートレード商品を買って
はいけないとコメントしていた。

日本では偽装ラベルが横行しても、メディアは
とりあげていない。政権がかわったのだから、
このような調査報道がメディアに最も求められる
ことではないか。


下記のサイトではサスティナブル農業なんて
書いてあるけど・・・


ユニリーバHP
http://www.unilever.co.jp/


下記のサステイナブル農業サイトには
ユニリーバ、フィンレー、EPKでの認証された
農園での生産が書かれています。
http://www.rainforest-alliance.org/agriculture/tea_fact_sheet_japanese.html


フェアートレード(英語)
http://www.fairtrade.org.uk/
http://www.fairtradetowns.org/


===========
○チョコレートの原料を作るひとたち
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1560263


○イメージよりも中身!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1415877

スポンサーサイト



category: 健康

cm 2   tb 0   page top

コメント

フェアトレードか地産地消か・・・

フェアトレードも色々な問題がありますね。私の好きな、いまはなき、大外大(おそらく、いまは阪大にいるかな)の神前(こうさき)先生の授業で、フェアトレード製品についての話し合いで議論になってどう思うかって言われて、フードマイレージの問題などもあって、国産のもの、地域のものをみんなが選ぶことも大切ではないかっていう話になって、実は世界的にもそういうことも問題になっているという話で盛り上がったんです。結局、遠い世界のことはなかなか見えてこなかったり、間にたっている人が利益を搾取したり、情報をいがめてしまったりする場合もありますよね。地域で見て、信頼される商品が確立されることが大切ですよね。もちろん、フェアトレードも、地域が独立していくためにはとっても大切な1つの方法であるのですが・・・難しい問題ですね。で、私は、最近は、国産、できるだけ、地域のものを買うってスタンスに決めています。なかなか厳しいこともありますが。食べるものは幅広くて批判される活動家もいるかもしれませんが。。。オーガニックかフェアトレードかと聞かれると、私はオーガニックの食品を優先してしまいます。
taeco #79D/WHSg URL [2009/09/15 23:14] edit

RE

taecoさん
>結局、遠い世界のことはなかなか見えてこなかったり、間にたっている人が利益を搾取したり、情報をいがめてしまったりする場合もありますよね。地域で見て、信頼される商品が確立されることが大切ですよね。
本当にそうだと思います。
国産の作物でさえ偽装ラベルがあったりですから。
ラベルがなくても、自分が信頼できる情報にもとづいたものなら
消費者は買うでしょう。
福島さんが、食品安全の担当大臣になったので、食品偽装や
食の安全について省をまたがってこれまで農薬づけにされてきた
食品について大幅に改善されるのを期待しています。
そんなに結果はすぐにでなくても、国民に選ばれた議員主導で
政策が実施されるのは大きな変化です。今まで官僚たちも情報公開
もせず好き勝手やってきたのことに歯止めがかかります。
前に書いた記事ですが、国産JASの有機も現在では信じられない
かもというのが現状みたいですし。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1628411">http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1628411
エネルギー効率では、国産の近くで作られているのものが一番
いいと思いますが、価格とのかねあいですよね。
そのためにも民社、特に社民は減農薬などの食物をつくる
農家が農薬で効率よくつくられた作物に価格でまけないような
システムを実施してほしいです。
珈琲豆、紅茶の葉、バナナなどはもともと熱帯地方のものですから、
どうしても外国のものになりますね。
フェアートレードには労働者の労働条件もですが減農薬という
のもはいっているので、フェアートレード・マークの紅茶
買っていましたが信頼できる小規模のフェアートレードの
ほうがいいかもしれません。
ちなみにバナナは有機のをできるだけ買っていますが、
XXXの有機とか自然園バナナと表示があっても販売元は
ドールやチキータだったりするので気をつけて買うよう
にしています。
あずーる #79D/WHSg URL [2009/09/16 15:45] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wallaby97.blog.fc2.com/tb.php/1017-85f43bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ