FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

11/01のツイートまとめ 

soraazure

突然の大臣退任騒ぎ予算や悪材料を報道させない為じゃない?「なんでも委員会」ではなく一日3億円で運営されている、「公金を使用する予算委員会」なんだから国会議員には、国会独自予算案を作成し、内閣独自予算案を大幅に変更できる審議をし、可決成立させる義務がありhttps://t.co/ZHBdJXuqxp
11-01 23:58

広報:特別区制度(都構想)がめざすもの”身近なことは身近で決める”←税金で大嘘 税収は大阪府に権限は村以下に今でさえ住民の声届かないのに>大阪/堺市民が大阪/堺市にそれぞれ納めた固定資産税(税収のほぼ半分)と法人住民税:その納税先が大阪府に自動的に変更 特別区は英文憲法第八章違反行政 https://t.co/mJhkNhIPpS
11-01 23:55

本物の不適格な防衛大臣https://t.co/sKVbOU5QZ4米大統領が指名した閣僚;選挙で確認受けてない→就任前CHを受ける義務←日本も首相/各大臣CH必須←憲法74条 日本には米韓に存在する確認聴聞(CH)制度存在しない?https://t.co/BAwR2cQsar#任命権 #税金ドロボー #暮らし #大臣 https://t.co/NDJvKK7Gio
11-01 23:51

人事聴聞会制度の設立を@Day_Swing憲法33条&35条の「competent judicial officer」を (司法官憲)と訳し、憲法37条3項の「competent counsel」を(資格を有する弁護人)と訳し、憲法74条の「competent Minister of State」を(主任の国務大臣)と訳https://t.co/VVJiGqbmrx  #任命権 #大臣 https://t.co/NDJvKK7Gio
11-01 23:50

何時まで同じ事繰り返す?@Day_Swing改造から1カ月半2人の閣僚辞任 安倍政権に打撃→大臣を任命できない首相に任命責任が発生しようがありません←理由:憲法は権力分離(separation of powers)を保障→首相が指名し指名された大臣候補者の有能性を確認する確認聴聞委員会の設置が70年以上も未整備 https://t.co/NDJvKK7Gio
11-01 23:48

RT @soraazure: @news_ewsn おおさか維新 “交付金ロンダリング”実態未公表団体「なんば維新」で資金還流(代表:松井)https://t.co/6Ff6HshLVG「日本維新」 交付金ロンダリングペーパー団体「なんば維新」は3か月で解散https…
11-01 23:47

RT @soraazure: @Xha95NSJ5N87eQy @pretty_occho @Day_Swing「カジノ」は超金持ちの為の「両替所」カジノ側が手数料を取り裏金と表金とを両替する←汚いカネをきれいなカネに洗浄。更に数億円「負けた」事を証明できれば税金を納めずに…
11-01 23:47

RT @soraazure: @fkmild2011 中央集権の押付けカジノ>穀潰し国会議員が税制(特に消費税)を決定すると;全国の地方自治政府(英文憲法第八章が謳う)の自主財源(自治財源)を奪う結果となり皆様の自治権(英文憲法92条が謳う)の権力が弱まってしまい中央政府の…
11-01 23:47

@xHR7f7DTfGXmyfa @Day_Swing「大阪都構想」大阪市民が大阪市に、堺市民が堺市に、それぞれ納めた固定資産税(税収のほぼ半分)と法人住民税:その納税先が大阪府に自動的に変更されてしまい自動的に、大阪府の固定資産税と法人住民税に成ってしまいます。大阪市長と堺市長主導「納税先自動変更 #オレオレ詐欺」
11-01 23:46

@Xha95NSJ5N87eQy @Day_Swing「大阪都構想」大阪市民が大阪市に、堺市民が堺市に、それぞれ納めた固定資産税(税収のほぼ半分)と法人住民税:その納税先が大阪府に自動的に変更されてしまい自動的に大阪府の固定資産税と法人住民税に成ってしまいます。大阪市長と堺市長主導「納税先自動変更 #オレオレ詐欺」
11-01 23:46

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ