FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

空気、山、水、海、川、生き物も人間も健康で安全なくらしができるように 

毎年、この時期になるとクマが射殺された
というニュースを聞く事が多い。

先日の乗鞍のバス停でのクマが数人を襲って
射殺というニュース、私はいつもなぜ殺してしまう
のだろうと思うけど、人を襲ったんだから
射殺は当たり前と思う人も多いのだろう。


野生動物のことではないけど、
昨日、北海道の養豚場で大規模な火事があり
人間の死亡者はいなかったが、3600頭もの
豚が死んだというニュースにも、どれだけ
ブタたちは苦しかっただろうと思った。
家畜だから殺されても何とも思わない人も
多いのだろうか。

クマに限らず、野生動物や動物、自然、
環境、人間との共存を考えた社会って、
日本では古来からあったものなのに、戦後、
そのすべてを無視した産業構造をつくって
きたと思う。


国土の70%は森林の日本。
そのおかげもあり水資源に恵まれている日本。
下記の記事で、はじめて日本の森林が中国
などの外資系企業に買収されようということ
を知りびっくり。
そしてそれに関する規制もないとは・・

CO2削減25%達成はいいけど、
ダムや道路の建設、住宅地の
大規模開発など
自然を破壊しつづけてきた政策をやめ、
それこそ 動物を含み自然との共生をはかる
「友愛」政策を前原国土交通省大臣、
馬渕副大臣、辻元清美副大臣に
ぜひとも実施してほしいと思う。


「日本熊森協会」 会員さんからの投稿を
メルマガでみつけたので、転載します。

==============−

9月19日に高山でクマが9人にケガを負わせて
射殺された事件について、いち会員として、
思うところを投稿させていただきます。

まず、今回の事件はとても残念な事で、被害に
遭われた方には
お見舞いの言葉を申し上げたいと思います。


ただ、これはクマが人間の生活圏に侵入して
起こしたのでなく、
標高2,700mのクマの生息地に観光客を入れた為に
起こった事件であり、
「クマ=凶暴=殺すのは当然」 という図式で
考えないでいただきたいと思います。


報道では 「以前からクマが出没していた」 
とあります。
また、同じ新聞紙面にはハチに刺された事件も
載っていて、そこには
「今の時期、ハチは敏感なので、巣には
近づかないこと」 という識者のコメントが
載っています。

クマが出ることが判っているなら、その様な場所
へ一般の観光客を入れるべきではない、となぜ
書かないのか。
この違いは、観光収入など商業的な理由による
のでしょう。


日本は緑も多く、自然に恵まれた国土だという
イメージがあります。
しかし実態は、そうではありません。

戦後、スギ・ヒノキを植えれば高値で売れる、
という政府の誘導策の元、
大量のスギが密生する人工林が量産されました。

けれど、安い輸入木材の流入で、手入れもされず
放置されてしまいました。

最近、大雨の度に土砂崩れや洪水で多くの被害が
出ていますが、
横にも根を張り雨風に強い広葉樹から、衝撃に
弱い針葉樹に転換され、
放置されてしまった事も原因の1つだと
言われています。
放置人工林には光が差さず、土には雨水を蓄えて
おく力がありません。


また、針葉樹ばかりでは、山の動物の頂点にたつ
クマなど野生動物の食糧が不足します。 
(ツキノワグマの主食は木の実や昆虫です)
食べ物を求めて山から人里へ降りてくるクマや
シカなどが増えているのは
国の植林政策に原因の一端があります。


私が子供の頃、とんぼが飛ぶのを見て「秋
だなあ」と思ったものですが、
もう久しくとんぼを見ていません。
森の中でも、昆虫がどんどん姿を消しているの
だそうです。

普段街中に暮らしていると見えにくいですが、
日本の森林は既に危機的状況にあるのです。

動物が滅ぶのは「自然淘汰」で、仕方がない。
私も以前は、漠然とそう思っていました。

私達は、水と空気がなければ生きていけません。
では、水はどこから来るかというと、雨水が
森林の土でろ過されて・・・
位は、ペットボトル水の宣伝文句を見ればわかりますね。

でも、ろ過する能力を、日本の森は失いつつあります。

野生動物を、一見、人間にとって害を与えると
いう側面だけを見て
殺してしまえば、森の生態系の破壊は加速化し、
廻りまわって
人間の生活環境にも影響を与えます。


一方、中国など外資が、水源地である日本の森林
(奥山)買収に動いていると言われ、それを規制
する術も、阻止しようという確固たる姿勢もないのが
従来の日本の中央省庁の現状です。
http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=656


森林とそこに棲む野生動物の保全は人間の生活環境
にも大きな影響を及ぼす問題であり、
単なる動物愛護ではなく、国家規模で政策転換を
図るべき政治課題でもあるという事を1人でも
多くの方に知っていただけたらと思います。
(くまもりでは、国会議員への働きかけも
行っています)
私のこの未熟な文章では、説得力に自信がありませんが、
くまもり協会のHPをご覧いただければ幸いです。
http://homepage2.nifty.com/kumamori/

また、売り切れてしまいましたが、
Big Issue 110号にも特集が組まれています。


====転載おわり===


★岐阜県高山市乗鞍山頂近く2700mで、
クマにより数人がケガ                               ⇒クマ射殺
    顧問先生指導熊森見解
http://homepage2.nifty.com/kumamori/norikurakuma2009919.html


★新・新・優しい雷さんの
9月20日 「クマへの挑発@乗鞍」記事で
読売のニュースを載せられています。
http://ecology.sblo.jp/article/32259840.html

>やはりクマを挑発したのは人間だったようです。


★9月21日 「出没」は人間の側 3記事あります。
http://ecology.sblo.jp/archives/200909-1.html


================
中国資本が日本の水源地を買収 
危機感強める林野庁、調査開始 (1/3ページ)
2009.5.12 23:36 産経ニュースから
一部転載
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090512/biz0905122342041-n1.htm


日本国内の水源地に中国資本が触手を伸ばして
いる実態が明らかになった。
この背景には、中国での深刻な水不足がある。
その一方で日本国内の水源地は現在、約30年前
の価格まで暴落していることも中国にとって買い時
と映ったとみられる。世界各地では、水資源の獲得
に向けて激しい争奪戦が繰り広げられており、識者
は「国内の水源地を守るためには現在の法制度は
未整備」と訴えている。

東京財団の調査によると、中国では飲用水の需要が
急速に伸びており、ペットボトルに換算すると、
この10年間で約4倍になっている。また、急速に
工業化が進む北部では工業用の水不足が慢性化。
穀倉地帯や内陸部の小麦地帯でも、干魃(かんばつ)
被害の影響で農業用の水不足が深刻化しているという。


 国連の予測では、人口爆発と経済発展により、
水不足の深刻な国で暮らす人は現在でも5億人に
達し、2025年には約30億人に増加すると
している。水不足の危機は一方でビジネスチャンス
を生み、「水メジャー」といわれる大企業が、世界で
水源地を確保しようとする動きが目立っている。


 これに対し、日本国内では水源地を守る役割を
果たしてきた林業が衰退の一途をたどり、外国
資本が入り込むすきを与えているとの指摘がある。
日本不動産研究所によると、安価な輸入木材に
押されて、林地価格も立木価格も昭和55年
以来、ほぼ一貫して下落。平成20年3月末現在、
10アール当たりの林地(用材)価格の全国平均
(北海道・沖縄を除く)は5万5118円で、
昭和49年時の6万460円を下回る価格となった。


 また、森林が国土の約7割を占めるにもかかわ
らず、法制度の不備もある。国土交通省水資源
政策課によると、「現在の法制度では地下水の
規制は都市部で地盤沈下を防ぐことが目的と
なっている」といい、山間部については、地下水を
くみ上げる量に制限がないのが現状
だという。


 さらに、地権者の権利移転がチェックされる農地
と違い、森林法では民有林の売買に関する規制は
なく、所有者は自分の山林を自由に売買すること
が可能。国土利用計画法でも、1ヘクタール以上
の土地(都市計画区域外)の売買であれば都道府
県知事への届け出が義務づけられているが、
1ヘクタール未満の土地の場合はそもそも届け出
義務がなく、外国資本による水源地買収を把握する
制度すらない。

*日本の森林がルーマニアのランドラッシュ
みたいにならないことを願います。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1859346

=============
★クマ問題から社会を考える
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1496071

★くまさんのために
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1048639

スポンサーサイト



category: 健康

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ