FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

大正ロマン建築とカフェ 

最近、中ノ島界隈の再発見をしている。

↓の浜村淳が紹介する
レトロ浪漫中ノ島タイムトラベルコースを
歩いてみた。
http://www.osaka-info.jp/machiaruki/retro/index.html


ビジネス街で無機質な新しいビルがたつ中に、
大正建築が残っていておしゃれだし、昔のほうが
時間をかけしっかりした建物をたてていたような
気がする。

中ノ島中央公会堂は1918年に建てられ(大正7年)、
2002年に修復されたらしい。
一度、催しものでいったことがあるが、ホールも
素敵だった。

入り口に中ノ島倶楽部というレストランがある。

このレストランでランチをたべるのに、
かなりの待ち時間のうち、館内をうろうろ。
壁に取り付けられた木製のベンチも素敵。

この日は大正ロマン定食みたいのをたべたけど、
次回はオムライスが有名らしいので、それに
しよう。値段は800円以下でお手ごろ。
お昼は禁煙。ただ、2時過ぎるとタバコOKに
なるので注意。

★中ノ島倶楽部
http://www.cfs.co.jp/restaurant/nakanoshima_c.html


公会堂の前は川沿いに街路樹が続いていて
緑が多く、大阪らしくない好きな一角。

最近のお気に入りは、昔の銀行を改装した北浜
新井ビルにあるパティシエ五感。
ここの米粉ロールケーキが好きで、阪急でたまに
買っていたのだが、こんなところにゆったりお茶も
できる素敵なカフェがあるなんてうれしい。
それも全館禁煙。そして、ここのお菓子は素材に
こだわっているし。


1度目は、ランチに行くつもりだったけど、
品切れで断念。あとでお茶によったが、その日は
沢山並んでいたので断念。


2度目はGWの土日でお客が少なく、ランチに
ありつけた。といってもランチは1品。
サラダとパンのブランチ的シンプルなもの。
ただ、サラダもパンもおいしくて、コーヒーが
ポットでくるのがうれしい。
価格が850円とお得感大。


昨日は久々に会った友達とケーキを食べにいった
けど。ケーキにシャーベットと小さなバーム
クーヘンがのっててお得感大。ケーキの種類も
多くて目移りしてしまう。隣の席のひとは
ケーキ3つも食べてたのは驚きだったけど。


五感 北浜本店
http://www.patisserie-gokan.co.jp/shop/kitahama.php


北浜のサンマルクカフェもレトロ・ビルで
ひろくって外国風でいいのだけど、分煙で
タバコの煙がくるのがたまにきず。

レトロビルとは関係ないけど、最近お気に入りの
八百屋さんのレストラン。
ここだけ、なんか外国風。
店内ではジャズがかかっていた。

野菜の素材を前面にだしたお料理。

ランチ900円で、ちっちゃなスープとちょこっと
前菜つき。
はじめていったときは玄米リゾット。
きのうはスパゲティー。
味は普通のイタリアンなどとちがうが、いろんな
種類の野菜がいっぱいはいっているので、
健康志向のひとにはいいかも。
月によって中の素材がかわるみたい。
友達がたべていたかぼちゃカレーもおいしかった。


テイクアウトもできるし、
併設のちょっとこだわり価格高めの野菜を買って
帰ることもできる。

★ベジキッチンやまつじ
http://www.vegekitchen.jp/concept.php


でも、最近かなり気になるのが、
朝バナナダイエット
の効果もなかなかでない体重;;

★大阪まちあるき
(中ノ島以外のコースものってます。)
http://www.osaka-info.jp/machiaruki/

スポンサーサイト



category: その他

cm 2   tb 0   page top

グラン・トリノ 

少し前にみたクリント・イーストウッド
監督、主役の映画「グラン・トリノ」。

クリント・イーストウッドの監督する映画は
いい映画が多いが、この映画も期待を裏切る
ものではなかった。


映画のタイトルのグラン・トリノという
のはフォード社の車の名前で、今は
クラッシックカー。

イーストウッドが演じるベトナム戦争にも
いったことのある頑固じいさんのウォルトは
フォードに何年もつとめで車を作っていて
それを誇りにおもい、その車を愛している。

この脚本は、実際にミネソタの人が経験した
ことに基づいてかかれているらしい。


物語はウォルトの奥さんのお葬式からはじまる。
ウォルトの息子はトヨタのセールスマン。
ウォルトは、口先だけで収入を得ている息子
のことをよく思っていないし、自由奔放な
服装で何も考えていない孫たちのことも
よく思っていない。アジア人嫌い。
キリスト教も信じていない。


息子たちは一人暮らしのウォルトに老人ホーム
にはいることをすすめるが、誕生日のプレゼ
ントの品といい、とてもウォルトの幸せを
考えて老人ホームの入居をすすめている
とは思えない。


彼が住んでいるのは、あまりよい地域だとは
いえず、「白人は引っ越すのに、なぜ彼だけ
は引っ越さないのか」と隣のラオスから
の移民のモン族のおばあさんに思われている。

ひょんなことから、ウォルトは隣のモン族の
タオとその家族とのつきあいがはじまる。

モン族の文化を垣間見れ、その違いに対して
のウォルトの反応がおもしろい。
頭には頭をさわってはいけない。
例えば、人と話すときに目をあわさない。
叱られても笑っているのは、笑っていると
わざわいがなくなると言っていたような。

(日本人もモン族のような人いるとおもう。
若いときに私も愛想笑いをよくしてて
アメリカ人に何がおかしいのと何度も
聞かれた事がある。父はよく「特に
女の子は愛想がよくないとあかん」
みたいなこと言っていたから、
知らないうちに愛想がよければ何でも
乗り切れると育てられていたのだろう。)

モン族は家族を大切にする。

この映画、今のアメリカ社会の個人主義を
批判しているようにも思えた。

ちょっとモン族のこといいように描き
すぎかも。白人の国で言葉もできず、教育
も、お金もなければ、おなじ民族でかたまる
のはあたり前のことだと思う。

ウォルトは口は悪いが、正義感の強い
良きアメリカ人。
ウォルトはベトナム戦争で多く人を
殺したことに自責の念を感じ、また国に
強制されることなく、当時は正しいと
思ってしたことで、余計にたちが悪いと
思っている。


タオは、いくら真面目に勉強したくても、悪い
おなじタオ族に邪魔され、お金もないし助けて
くれる人もいないし、希望がみえない。

映画と同じような状況をパースに住むオージーの
おじさんが近所にすむベトナム移民のギャング
の子供達のことについて言っていたことを思い
だした。


映画の最後は悲しいけど希望がもてる終わり方。
やっぱりクリント・イーストウッド監督の映画。
お薦め映画です。


そうそ、この映画、はじめて郊外のシネコン
でみて、席はゆったり、空気も特別な清浄をして
いるとかで綺麗で快適だったので大満足。

★グラン・トリノ 公式HP 日本語
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top


英語版
http://www.thegrantorino.com/


★極東ブログ「ラオスとモン族のこと」
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/11/hmong.html

=================
★硫黄島からの手紙
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1544023


★父親たちの星条旗
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1520671

category: 映画

cm 0   tb 0   page top

天下り温存の大判ぶるまい補正予算で一般市民の生活はよくなる? 

2009年度補正予算の総額13.9兆円が
民主党などの野党による参議院の否決にも
かかわらず、自公議員の多い衆議院で可決し、
成立。


参議院で否決された案件について、
何度、衆議院によって可決されたことか。
本当にばからしくなる。


この自公政権、2007年に本当は安倍
政権時、衆議院選挙で大敗したときに参議院
解散をすべきだったのに、民主主義を無視して
ズルズルと首相をかえながら税金無駄づかい
を繰り返しながら何一つ国民にとっての
施策もとらず、多大な税金をつかって少しでも
長く首相として外国に行きたい麻生首相の
エゴのためだけに存続している。


あれだけ安倍首相のときに年金問題を解決
するといっていて、あれから2年にもなろう
というのに宙に浮いた年金問題はどうなった
のだろう?

大手メディアは小沢代表おろしと
豚インフルエンザ協奏曲でもう、しらんぷり。
豚インフルエンザでは死者はでていないのに
あれだけ水際対策に税金と人材を投入。
政府とメディアの恐怖対応で、今回、どれ
だけ関西経済に打撃をあたえたことか。
医者不足および専門家不足などの根本的な
システム的なことも含め、今後、秋にも
やってくる感染症対策について、野党は
代替案をだしてほしい。

11年もつづけて年間3万人以上の自殺者に
ついて根本的な原因を追求せず。
非正規雇用対策についても、失業保険の適応
が最近改定になったけど、6ヵ月未満の人は
適応外。何も状況はよくなっていないし、
2日ほど前のニュースでは正規雇用求人倍率
は0.27%。


植草さんが このバラマキ補正予算について
書かれている。
NHKのニュースでは、鳩山代表の党首
討論の肝心な発言が流れなかった。
NHKの政府よりの偏向報道の姿勢の
あらわれである。


ちなみに麻生首相は、小沢代表の秘書逮捕
問題について、裁判で有罪と決まったわけ
でもないのに、違法行為だとか言ってあたかも
犯罪者扱い。裁判官でもない首相があんな発言。
この日本の首相は中国や北朝鮮の首相とあんまり
かわらないのかも。日本は国のお金があるだけ
もっとたちが悪いのかもしれない。


★5月30日追記:弁護士 郷原信郎さんの
首相が「罪を犯す意思がない行為でも逮捕される」
と公言する国から一部転載
http://www.comp-c.co.jp/pdf/20090528_issue.pdf


>一国の総理が、国会党首討論の場で、
「罪を犯す意思がない行為」でも
結果的に間違った記載をしたら逮捕されると
堂々と公言したというのは、信じられないこと
だ。


>刑法38条1項に「罪を犯す意思がない行為は、
罰しない。」と規定され、犯罪が存在する事が、
刑事処罰の大原則であることは、刑法の基本中
の基本である。

植草さんのブログ
2009年5月30日 (土)
お手盛り・バラマキ補正予算成立と総選挙日程
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-324d.html

以下一部転載===
民主党は最新「天下り天国」の実態
を調べ、鳩山代表が追及した。


4500の天下り機関に25000人が天下りし

12.1兆円もの国費が投入されている・・・
(あずーる:10兆円は1億円の10万倍で
 日本のGDPは約500兆円でこの10年間ほとんど
 増えていない。)


4500の天下り機関の半分が政府と随意契約

結んでいるんでいる・・・

補正予算では、本予算で6490億円しか予算が
計上されない公的部門の施設整備費に2.8兆円
もの国費が投入される

大盤振る舞いの補正予算で、役人が使用する公共
施設を豪華に刷新しようというのだ。


マンガ・アニメの殿堂には建設費だけで117億円
が用意される。
(あずーる:日本のアニメは政府が力を入れなく
てもすでに世界的に有名なのだから、そんなこと
より政府はアニメ業界の低賃金で劣悪な労働条件
改善するならまだしも・・・)


「エコカー」、「エコ家電」にかこつけて、役所の
公用車が1万5000台=588億円、
地デジ対応テレビが7万1000台=71億円、
購入される。補正予算を「官僚のこづかい」と
捉えているのだろう。
(あずーる:エコといっても本来のエコの定義から
はずれる電化製品も多いようだし、地デジも別に
光なら新たに地デジ対応しなくていいのに・・・)


さらに、補正予算では58の基金に4.6兆円の
国費が投入
される。4.6兆円のうち、どれだけが
事務経費に充当されるのかは国会審議でも明らか
にされなかった。58基金への4.6兆円が
「天下り」利権拡大に利用されることは間違い
ないだろう。


==転載おわり==

★非戦さんより、党首討論の映像の紹介
↓のフォームに、5月27日、鳩山由紀夫と入れれば、
見ることができるはずです。 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php


5月30日追記
★ミニーさんの日記で党首討論の偏向報道について
書かれています。
「党首討論:これで決まった!ボンクラ首相の
「ご臨終」 (YouTube動画あり)」
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1610.html

★【不思議発見!】二階議員と森田実氏
の関係 地獄への階 段
http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/111.html

森田さん、反自民だと思っていたのに・・・
先日の西川のりおの番組でも自民よりの発言
だと思っていたら、こんな事実が。。。

==================

★政治とお金のながれを明らかに!(特別会計)
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1634696


★洞爺湖サミットで誰が得した?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1823790


★天下り
30年前から渡りをやめる?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1805371

2007.7.16号日経ビジネス
「官治国家再び国民不在、名ばかりの改革の罪」
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1671096

category: 健康

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ