07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

2008年がんがら火祭り 

先週の土曜は一日中、大雨がふったり止んだり
だったけど、24日の日曜は快晴。
秋風を思わせるさわやかな一日の夜、地元・池田の
がんがら火祭りがありました。
祝日と重なるのはめずらしく、池田小学校を会場に
市民カーニバルはにぎやかでした。

また、いつものように後半だけついていきました。
ぞろぞろーっとゆーるりついていけるというのが、
このローカルな祭りのいいところ。
それも、花火大会くらい人手は多くはないから。

全コース、3キロを4メートル、重さ100キロの
火のついた松明を「人」の字をこわさず
2本の松明をあわせながら街を練り歩く姿(男衆?
っていうのかなぁ?)は迫力あります。
マッチョのお兄さんたちの松明は安定していました。
色の白い今風のお兄さんも松明かついでるのが、
池田の特徴でしょうか。

今回は、保存会の人たちの尽力のおかげでしょうか、
担ぎ手も増え、3対の松明の火が奉納されました。
見物客も年々、増えているような気がします。


がんがら火松明パレードの最初ののろし?










終わってやれやれ今度は奉納です。
背中に火がつきそう。。。


この小さな鳥居をとおって火を奉納




おしまい

昔は耐火構造の家などなかったから、
火の災いは恐ろしいものだったのでしょうね。
ねりあるく時におちた、この松明の燃えかすには
家を守ってくれる効果があるそうです。
軍手して火箸とビニール袋持参で、準備万端の
人もいてはりました。

===========
がんがら火保存委員会
http://www.gangara.gr.jp/news.html


2006年がんがら火祭り
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1478515


2002年がんがら火祭り
(歴史などちょっと詳しく書いています。)
http://www.geocities.jp/wallaby97/gangara.html

スポンサーサイト

category: その他

cm 2   tb 0   page top

遺伝子組み換え生物パブリックコメント(8月22日締め) 

農水省が遺伝子組み換え生物
についてパブリックコメントを募集しています。

遺伝子組み換え生物を認可してしまえば、
今でさえ輸入生物により自然界に影響が
多くでてきているのに、それこそコントロール
できないとりかえしのないことになってしまいます。

せっかく島国で少しでも遺伝子組み換え生物
を防ぎやすい地理的要素をもつ日本です。
ただでさえ低い食糧自給率の日本。
日本の農業を守るため、未来の世代が食糧
で困らないためにも遺伝子組み換え
生物の許可にNOと大きな声をあげていか
ないといけません。

GMO MLから農水省のパブリックコメントの
お知らせを貼っておきます。
ひとりでも多くの人に協力してもらえると
幸いです。

農水省の資料によると
8/22締め切りのパブリックコメントの申請は
高オイルダイズ: 日本モンサントから
除草剤プロキシニル耐性セイヨウナタネ:
バイエルクロップサイエンスからでています。

====転載開始=====
今、環境省は、遺伝子組み換え生命体(作物)が
環境中へ放出されるとき、その問題はないとして、
全部で5体の遺伝子組み換え作物を認可しよう
としています。

それにむけて、パブリックコメントを募っています
ので、参加してください。
直接、政府に意見を届けられるいい機会です。

ここで寄せられた意見については、政府は質問
をまとめ、認可の可否をきめる前に、質問に
答えるはずです。

農水省でパブリックコメントを募集中です。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?OBJCD=100550


特に下記の二つは重要ですので、
日本の農業のために、ふるって御応募ください。

・2008年7月24日(案件番号:550000878)【締め切り:2008年8月22日】

遺伝子組換え生物等の第一種使用規程の承認申請
案件(セイヨウナタネ、ダイズ)に対する意見・情報の募集
について
↑《締め切り間近ゆえ、早く応募してください!!》

・2008年8月7日(案件番号:550000882)【締め切り:2008年9月5日】

遺伝子組換え生物等の第一種使用規程の承認申請
案件(トウモロコシ、ワタ)に対する意見・情報の募集
について

農林水産省消費・安全局農産安全管理課

電話:03−3502−8111(内線4510)

=========
遺伝子組み換え食品について いんきょさんが
詳しく書かれています。ぜひよってください。
http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/28.html

8月17日の「遺伝子組み換えで最近作られた生物たち」
をよむと、人間のために、こんなことを人間が生き物
たちに勝手にしてもいいだろうか恐ろしくなります。
http://taruwosiru.seesaa.net/article/104889886.html

★遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
100万人署名
(まだの方、是非、おねがいします!)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei


まだの方、オンライン署名はこちら。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/gm/petition/labelling/index_html


=================

★食糧はあるのに飢餓問題1
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1742484#hide


パート2
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1757858
★ドキュメンタリー映画「食の未来」
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1693841

==========
★遺伝子組み換えで誰が得する?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801

★フランケンシュタインになる?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1043598


★笑顔^−^で毎日いられるように!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1670776


★ロハスにトランス脂肪はバツ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1474091


category: サステイナブル

cm 2   tb 0   page top

スマイルが多いピースな日が続きますように! 

今週は夏休みなのだけど、いつものように暑いし
ダレダレ、ゴロゴロモードですが、オリンピックで
元気をもらっています。

でも、今日は終戦記念日なので、
いままで書いた戦争関連を読み直してアップします。



先日かいた米国軍人のオダネルのように
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1759483

事実が悲惨であればあるほど、国のために
闘ったけれども、そのために数え切れない
市民が犠牲になったことで、何十年も事実を
自分だけの胸に納めて苦しんできた兵士の
ひとたちも多いと思います。
二度と同じあやまちを繰り返さないために
多くの人が戦時中の事実を知ることが
必要だと思います。

また、最近は「テロ」という言葉をつかって
国家自体が「恐れ」をあおりたて軍備や
警備を拡大しているような気がします。
人権や言論の自由があると思われてきた
米国などでも「テロ」という言葉が正当化され
市民の反政府活動さえも制限されるという
国家権力行使の範囲の拡大がおこって
きていることを危惧します。



===========
★旗ふるな、旗ふらすな、旗ふせよ、旗たため・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1692532

>城山三郎氏は
戦争とはすぐにおこるものではなく、じわじわ
と動いていて そのうちNOといえない雰囲気に
なってしまう。
空気をよんで大多数の流れにながされてしまうという
危険性を示唆されていた。

・・・

城山氏は、戦争で300万人の命を犠牲にして
得たものは
平和憲法だけだと言っていた。


軍隊式教育は、形をかえて企業などの
日本の組織で残っていることも言われていた。

また、いつの時代にも大義が権力者により
利用されるので、大義など信じるなとも。
・・・・

作家、平和運動家小田実氏の
こともとりあげられていた。
彼は平和とは漢方薬のようなもので、
長いことかかってつくりあげていくものだと
言っていたのが印象的だった。

そして、I AM JAPAN 
私 というひとりひとりの人が市民がつながって自分の
あってほしい日本という国になるように努力している。
また、個人、個人の声によって日本や世界を平和な
社会へかえられることを言われていた。

★ちょっとまって!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1471465

>ドイツ人のメーラー牧師の下記の言葉が
紹介された。

「ナチスは共産党員をはじめに捕まえた。
 私は共産党員ではないので、
    何もしなかった。

 次に社会党員を捕まえた。
 私は社会党員でないので、
    何もしなかった。

 次にユダヤ人を捕まえた。
 私はユダヤ人ではないので、
    何もしなかった。

 そして、今度は牧師を捕まえた。
 でも、その時には私を助けてくれる人は
    誰もいなかった。」

★靖国問題 パート1:政治に利用される靖国神社
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1496759

>ドイツのベルリンにあるノイエ・ヴァッヘ
(国立中央戦争犠牲者追悼所)にある。

ドイツ人が
「自らの国が行った戦争を誤った戦争として否定し、
その死者を「英雄」としてではなく
「犠牲者」として哀悼する」
戦没者追悼施設として高く評価されている。


★靖国問題 パート2: 
死はいかなる意味でも賛美されてはならない
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1534117

>「死はいかなる意味でも賛美されてはならない。」
四国訴訟の訴状にはこう書かれている。

「国も小泉首相も、靖国神社も、戦死者を称えます。
見習うべき死だといいます。
でも、国がやるべきことは、褒めることでも、感謝
することでもありません。
それは、戦争の事実を隠蔽しています。
国が何かをしたいなら、2度と繰り返さないという
システムをつくることでしょう。
でも国家はいやらしいから、そんなことはしない
でしょう。」


靖国神社と厚生省とのつながりをこの本で
はじめて知った。戦没者を利権に使うなんて。

9・11
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1488701
>相手のわからないテロリストを追いかけるという
ことは、いつも恐怖という妄想にさいなまれ
終わりなき戦いを続けることになるのです。

「・・・戦争が現実なものであろうとなかろうと
重要なことではない。

というのは、戦争が現実になったとしても、
勝利することが可能でないからである。

戦争は勝つことを意味するのではなく、
継続することを意味している。」

英国の作家、ジョージ・オーウェル、
「1984年」第9章



★蟻の兵隊
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1484466

★満蒙開拓団と中国残留孤児
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1486945

★平和を考える日
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1640783#hide


★Ignorant 知らないってこわい
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=625833

★自由の女神が不自由の女神に
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=247945

★ゾーン 核と人間
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1148438


 

category: サステイナブル

cm 2   tb 0   page top

グルジアでの停戦と戦闘部隊の完全撤退を求めるネット署名に協力おねがいします! 

AMLからのメッセージの転載です。


=========

AVAAZ.org が以下のサイトで
「グルジアでの停戦と戦闘部隊の
完全撤退を求めるネット署名」を
始めています。
署名にご協力ねがます。

転送・転載歓迎

署名のサイト:
http://www.avaaz.org/en/georgia_ceasefire_now/?cl=114817462&v=2019

>To Russian President Medvedev and Prime Minister Putin, Georgian President Saakashvili, and the United Nations Security Council:


ロシア・メドベージェフ大統領、同プーチン首相、
グルジア・サーカシビリ大統領、
および国際連合安全保障理事会 へ:


>As citizens of many nations, we call for an immediate ceasefire in Georgia and the full withdrawal of all combat forces.
Only a peaceful, negotiated process can
resolve this crisis and the status of regions
such as South Ossetia - further aggression will only endanger civilians and risk escalation of
the conflict.


多くの国の市民である私たちは、グルジアでの
即時停戦と、全戦闘部隊の完全撤退を訴えます。
平和のうちに交渉することでしか、この危機と
南オセチアなどの地域の状態を解決することは
できません。
武力攻撃の続行は、一般市民を危険にさらし、紛争を
エスカレートさせる危険を冒すだけです。


★署名の仕方

一番上の箱は以前署名した人用:
メールアドレスを打ち込み、SEND(送信)をクリック

初めて署名する人用:
氏名
メールアドレス
携帯電話番号(任意)
国名(クリックして所属国名を選択)
郵便番号
SEND(送信)をクリック

他の人に広げて下さい。
====転載おわり========

Webニュースより
ロシア軍が「停戦違反」=
グルジア政府−首都方向に戦車の列
8月13日20時17分配信 時事通信


モスクワ13日時事】グルジア・南オセチア自治州を
めぐる軍事衝突で、ロシア、グルジア両国が13日未明、
和平案に合意した後、グルジアでは戦闘や空爆は止まった。


しかし、AFP通信によると、同日午後(日本時間同)、
ロシア軍の戦車や兵員輸送車の車列が同国中部の町
ゴリから首都トビリシ方面に移動するのが目撃された。

グルジア政府高官は深刻な懸念を表明、「停戦違反だ」
と非難した。

AFP通信記者はゴリから約10キロ地点で、ロシア
軍の戦車など約60両がトビリシ方面に移動するのを
目撃した。


米CNNテレビは、グルジア政府高官の話として、ロシア
部隊が向かっているのはトビリシではなく、近郊に
ある無人の基地だと伝えた。

これより先、グルジア国家安全保障会議のロマイヤ
書記はゴリにロシア軍戦車、装甲車約50両が展開
していると述べた。

サーカシビリ大統領は「停戦にもかかわらず、ロシア
部隊がグルジア領内を動き回っている」と非難した。 

================
グルジア、日本にとっては遠い国ですが
SAYOさんのブログのファイナンシャルタイムズ
の記事、参考になります。
傷ついたプライドのせいで発火、南オセチアの偶発戦争
――フィナンシャル・タイムズ

http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10126394726.html

category: サステイナブル

cm 0   tb 1   page top

どろろ と オダネル 

今日は、今週みたTV番組のハイライトを。

1.映画「どろろ」妻夫木聡 柴崎コウ
公式HP
http://www.dororo.jp/

手塚治の漫画が原作でSFXがすごいと
いうので気になっていた映画。
たまたまTVをつけるとやっていた。

最後がいまいちだったけど、期待をうらぎらず
楽しめた。

妻夫木くんのアクションもよかったし。
柴崎コウのいつもとちがった役柄もよかった。


撮影されたのはロードオブザリングなどの舞台と
なったニュージーランドで、神話、戦国、SFXと
私の好きなパターン。
今はまっているNHK海外ドラマ、ヨン様の
「太王四神記」とも少し共通するところがある。
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/taioshijinki_gtv/index.html


「どろろ」はクライストチャーチで撮影されて
現地エキストラを採用したからワーホリの日本人も
多く参加したそう。

大きな昆虫とかは、スティーブン・キングの後味の
悪いグロテスクな「ミスト」という映画より
ずいぶんましだったけど、やっぱり気持ち悪かった。
ストーリー全体としては、最後、なんかいまいち
だった。

おまけ:昨日の大阪・扇町 チベット・キャンドルナイト

2.NHKスペシャル
「解かれた封印 〜
米軍カメラマンが見たNAGASAKI〜」
初回放送 2008年8月7日(木)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080807.html
2008年8月27日(水) 
深夜 【木曜午前】0時45分〜1時34分 総合

今日は長崎に原爆がおちた日。
また、いつもこの時期は平和について考えさせられる。

木曜にNHKで広島と長崎の原爆投下後、海兵隊の一員
として見た写真家ジョー・オダネルの
ドキュメンタリーをしていた。

この番組もたまたまつけたらやってた。

そんな米兵がいたのかとかなり感動した。
私的な写真を撮ることは軍では禁じられていた
のだが、そのあまりにもおぞましい状況が
彼に記録を残すためにシャッターをおさせたの
かもしれない。


その時の写真がいくつも番組で紹介されたが
臭いがなくても、そのいいようもない状況を
簡単に想像できる。


40数年間記憶を封印しようとしていたオダネルの
言葉で一番印象的だったのは、

「おなじ人間として、こどもたちや母親たち民間人
の多くの人たちを国のために殺したことは正当化
できない。」というような事を言っていた。


人間、その経験が想像もつかない苦しいものであれば
あるほど、忘れさりたいを思うだろうし、また忘れる
ことで生き続けられるのかもしれない。


戦時中に多くの悲惨な出来事を体験した日本の兵士の
人たちが今、証言しはじめているのも、オダネルと
同じような心境からかもしれない。


オダネルが、この写真を見てもらう活動をはじめて
から彼や彼の家族にも嫌がらせがむけられる。
「非国民!」「そんなに米国がきらいなら出て行け!」

まして、軍事大国で軍に働く人の多い米国での運動
は、それは想像もつかないほど勇気と精神力のいる
ことだっただろう。


現在、亡きオダネルの活動をひきつぐ38歳の息子は
当時、学生で、嫌がらせする人に「まず図書館に行って
自分の目で事実を調べてください。」ということを
言ったそうな。
(現在の活動でも同じことを伝えている。)


戦争時の慰安婦問題、南京大虐殺などのアジアでの
日本軍による虐殺などについて「そんなことはなかった」
と言い続けている人たちに、私もオダネルの息子さんと
同じことを言いたい。


またオダネルのような兵士は非国民どころか本当の
意味の愛国心を持っていると思う。
自分の愛する国のために精一杯戦ったからこそ、その
ために多くの何も罪のない人達が苦しんでいるという
事実をまのあたりにし、現実をうけいれれられずに
写真の箱を封印したままだったのだろう。

番組でオダネルのインタビューが紹介されているが、
トルーマン大統領に勇気をだしてオダネルが
「広島、長崎に原発を投下したことに悔いはないですか?」
と聞いたときに、「前任者の大統領が計画していたことを
したまでさ。」と後悔のひとかけらも見えず、
軽く応えていたトルーマンの顔がにくたらしかった。

(下記にリンクでいれている去年オダネルが亡くなられた
時のNYタイムスの記事には大統領の印象を悪くするような
感じではかかれていない。)


43年後にその写真とともに反核活動をはじめた
オダネル。
今日、長崎の原爆投下の日に、原爆で亡くなられた方々、
今も原爆症で苦しまれる方々のためにも
オダネルたちの平和活動の輪が消えないように、
この記事に書き留めておきます。


==========
参考資料
 
★極東ブログさんの記事、
ジョー・オダネル(Joe O'Donnell)
新聞の表現の違いを指摘されているのが面白い。
メディアのとる姿勢のちがいだろう。
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/08/joe_odonnell_6972.html


★にんげんをかえせ
GIVE ME BACK MY PEOPLE
http://www.cdngk.net/


★"DAD'S IMAGES OF DEATH"
By PAUL HARASIM, REVIEW-JOURNAL
Aug. 06, 2007
http://www.lvrj.com/news/8932727.html


★”Joe O’Donnell, 85, Dies; Long a Leading Photographer”
By DOUGLAS MARTIN
Published: August 14, 2007
http://www.nytimes.com/2007/08/14/washington/14odonnell.html


★Joe O'Donnellさんの後をひきついでる息子さんのサイト
http://www.myspace.com/thephoenixventure


==============
平和を考える日
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1640783

沖縄のこと、戦争のこと・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1602581

category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

海のゆりかごを壊さないで!8/31締め沖縄・泡瀬干潟の埋め立て中止を! 


久々にSOBAさん作成のバナー登場です♪
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/12/index.html

宣伝:かおりさんも参加のジュゴンの一筆便箋Vol3が
できました♪
http://alate.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/vol_1805.html

長崎県諫早湾のギロチン閉門
からもう10年がたつ。
あの時、はじめていろいろ署名集めしたし、
メディアでもよくとりあげられていたにもかかわらず、
結局とまらなかった大型公共事業。
税金が2500億円も投入されたという。


当初の農地目的より、治水という目的で
利権のある人たちがごり押しした感じだった。
10年たった今、干拓で諫早湾の環境悪化。
プロジェクトをとおした自民党の議員達や、
あの時の税金をつかっておこなった
環境アセスメントの専門家たちの責任が
まったくとわれない。


7月には佐賀地裁で「開門」の命令がでたのにも
かかわらず、国は控訴し、当時の若林農水大臣は
開門調査の先送りをした。

この10年間民間では構造改革で
お給料もあがらないし、非正規雇用からの雇用状況
の改善もみえない。

いっぽう自民党・公明党政府は無駄を
減らすといいながら、オオカミじじい・おばさん議員たちは
官僚にさせたい放題で、まったく自分達の利権構造を
かえる気配はない。
日本中で税金をかけて未来の世代に借金を増やし
ながら自然環境を破壊する政府の無駄遣いは
とまらない。


沖縄のことは、本当にほとんどマスコミで
とりあげられないのだけれども、世界自然遺産に
もなりうる多様性豊かな干潟を
また計画性もコスト意識のない税金約650億円も
かけて破壊する埋め立て事業を国と沖縄県が
すすめている。


リーフチェッカーで沖縄在住のさめさんが
この干潟埋め立てプロジェクトの中止について
記事を書かれています。
http://shark.ti-da.net/e2290930.html


泡瀬干潟と浅海の埋め立て中止を求めるWeb署名
8/31までです。お願いします。
http://www.shomei.tv/project-97.html


干潟は「海のゆりかご」といわれるほど
沢山の生き物の子供たちになくてはならないところ。
そして渡り鳥や普通の鳥達にとっても大切な餌場。
http://www.econavi.org/weblogue/special/28.html


その上、干潟って水を浄化する大切な役割をしている
んだって!
サイエンスライブラリでアニメでやさしく説明
されています。↓
http://www.mpstpc.pref.mie.jp/kids/library/lib1/


=======署名プロジェクトから一部転載====

泡瀬干潟と浅海は琉球諸島の
世界自然遺産の中核になりうる貴重な自然です。
貝類などの種多様性では(320種以上)と
日本一の干潟です。浅海域には、サンゴ群落
があり8月から始まる工事で生埋めになろう
としています。

 ぜひみなさんで埋め立ての危機にあるサンゴ
や生き物たちを救ってください。

◎泡瀬干潟はどんなところ?
詳細は、泡瀬干潟を守る連絡会ホームページ
(//www.awase.net)をご覧下さい。

◎埋め立て計画はどんなもの?
 国(内閣府沖縄総合事務局)と沖縄県の約650億円
の埋め立て事業。典型的なムダな公共事業。
国が土砂捨て場として利用し貴重なサンゴ群落や
生きものたちを埋め殺すだけ。
地元、沖縄市が埋め立て地にホテルやマリーナや
人工ビーチを計画。
しかし、希望するホテルは無く実現性はゼロ。
県のお目付役の外部監査人もこの埋め立て事業
計画の見直しを報告しましたが、県は無視して
工事続行。
地元沖縄市民への各種アンケートでも埋め立て
反対が圧倒的多数です。


====転載おわり=====

★いさはやひがたネット
http://www.isahaya-higata.net/

諫早湾干拓 開門調査の実施を求めるWeb署名
もお願いします!
http://www.shomei.tv/project-69.html#detail


++++++++++++++

2007年12月ちょこっと沖縄・・・
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1684132

category: サステイナブル

cm 8   tb 0   page top

Candle4Tibet 8月8日(金) 

北京オリンピック開会式が
今週末にせまってきました。

平和の祭典のはずのオリンピックなのに
昆明のバス爆発やウイグルでの警察テロなど
物騒なニュースばかりですが・・・・


電気猫さんが北京オリンピック開会式の
キャンドルナイトの記事をのせられています。

その中に「祈りの灯火を」のリンクがはられています。
[http://www.candle4tibet.org/jp/] (2008年08月05日 21:37) 以下一部転載===

自由とは言葉だけのものではありません。


それは形のある巨大なものにすることができるのです。
キャンドルに火を点しましょう!
あなたの家で,友達と,さらには公共の場で .

これは地球規模の大いなる光の抗議(意思表示)なのです。


高層ビルや山々の頂上を見てみましょう。
そこからは赤い煙が立ち昇っています。
それは,私たちと連携している,もう一つのチームの
全世界規模の活動でもあります。

24時間,車のヘッドライトを点けたまま運転しましょう。
チベットのために点せる,あらゆる明かりを点しましょう!

私たちがお願いしているのは,とても簡単な事です。
それは,北京五輪の開催式典の開始に合わせて
明かりを点すこと
そして,趣旨に賛同いただける方々の登録をお願い
していることです。

登録は右側にある「あなたの光を加えてください」です。
「世界を変える」をクリックして登録です。
 ==転載おわり==


あずーるはさっそく登録して、このページの下の
地図に光を加えました。画像もアップしました*^^*

**************

電気猫さんの記事

8月8日キャンドル・フォー・チベット
(幻想的なキャンドルナイトの写真が載ってます!)
http://blogs.yahoo.co.jp/electric_cat2003/55385990.html


>キャンドルライトによる世界最大規模の抗議行動が、
北京オリンピック開会式の前日である2008年8月7日
(※日本では8月8日の夜)に行われます。

あなただけではなく、世界中の何千万もの人たちが自由と
希望の祈りのためにキャンドルを灯し、フリーチベット
を訴えます。


大阪でのチベット犠牲者追悼のためのキャンドル
ライティング

>企画の趣旨は「FREE TIBET」だけど、
四川地震犠牲者追悼や、ウイグル・モンゴル等の少数
民族を含めるのもおk。
ゆるい企画なので、お気軽にどうぞー。

【日時】  8月8日(金) 19時〜22時
【場所】  扇町公園
※ JR天満駅より関西テレビ方面へ徒歩5分、
地下鉄堺筋線扇町駅2-A番出口より徒歩1分

詳しくは(地図ものってます)
http://www33.atwiki.jp/candleosaka/pages/1.html
奈良、神戸のキャンドルナイトの詳細
http://www33.atwiki.jp/candleosaka/pages/15.html

category: サステイナブル

cm 7   tb 0   page top

食糧があるのに飢餓問題2 

この間から書こうと思ってあまりにも複雑に
食糧、石油、投機マネー、
多国籍企業などがいりこんでいて
なかなか書けていなかったのを書きます。

この食糧、石油、投機マネーの関係は今はじまった
ことではなく、欧米の学者、メディア、NGOが10年
以上も前から指摘していることで、日本の大手
メディアがほとんどとりあげていない。


今年6月の国連世界食糧サミットで毎日放送
NEWS23で食糧危機の特集をしていた。

>6月4日 シリーズ食(3)食の危機 笑うのは誰
>6月3日 シリーズ食(2)食の危機極限に


アグリビジネスの多国籍企業の投機による多大な
収益増収と、
もともとは穀物を自給していたハイチの悲惨な状況は
特に印象的だった。

ハイチでは、穀物はあるけれど多くの人が貧しく
現在の穀物物価高騰で収入の何倍もの価格の穀物
を手にいれることができない。
米国の補助金で守られている安い米国から
の穀物の輸入にたよる経済構造にされてしまった
結果である。


そんなシリーズに、ワールドウォッチ研究所の
レスター・ブラウンがゲスト出演していた。が、
そのシリーズの前半でとりあげた話題の内容にも
かかわらず、レスター・ブラウンの
「世界の増え続ける人口のため食糧危機が
せまっている。」とのコメントに何もつっこみ
まないキャスターに唖然としてしまった。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1742484

最近、スーザン・ジョージ著
「なぜ世界の半分が飢えるのか 食糧危機の構造」
(1984年初版発行朝日新聞社)で
レスター・ブラウンはフォード財団のもとスタッフで
あり、アジアや南米の環境を破壊した緑の革命の
推進者であることを知りショックをうけている。
日本では「環境問題」を語る彼の優しそうな風貌に
だまされいるひとが多いことだろう。 


また、ジャン・ピエール・ポリス著
「コーヒー、カカオ、米、綿花、コショウの
暗黒物語 生産者を死に追いやるグローバル経済」
(2005年作品社)では、食糧の投機が今、はじまった
ことでないことを証明している。

ところで、以前に勉強会でその複雑な関係を
ひもとく資料の一部を下記に載せます。


===============
Biofuel "greenwars" and speculating on hunger :
A capitalist food mafia monopoly combination.
Posted April 29th, 2008 by Anonymous
http://sydney.indymedia.org.au/story/biofuel-greenwars-and-speculating-hunger-capitalist-food-mafia-monopoly-combination


"Who controls the food supply controls the people;
 who controls the energy can control whole continents;
 who controls the energy can control the world."
 Henrry Kissinger


「食糧供給を支配するひとは人々を支配する。
エネルギーを支配するひとは全大陸を支配する。
エネルギーを支配する人は世界を支配する。」
ヘンリー・キッシンジャー

この言葉、現在の世界経済状況を表していると思う。

Elen BrownのInvestment Newslettersレポートでは
グローバル食糧危機からどのように利益をあげるか
の特集をくんでいて、農業系商品に投機するアグリ
ビジネス株や上場投資信託(ETF)への投資をすすめて
いる。

グローバル食糧危機では、これらの投資はまちがい
なく利益になるだろうが、投資をするまえに、
食糧危機問題を緩和する助けをしたいかどうか
考えてほしい。
あなたは、本当に飢餓に”投資”したいですか?


4月23日のドイツのSpiegel Online記事
"Deadly Greed(死をまねくような恐ろしい欲):
 The Role of Speculation in the Global Crisis
(グローバル危機における投機の役割)"で
 Balzi and Horningは
「多くの投資家はグローバル・カジノに投資して、
世界の最もまずしい人々の毎日の食糧を
ギャンブルで失っている。」と書いている。

食糧の権利についてのUS特別レポーター
Jean Ziegler は急増する食糧危機を
"a silent mass murder"(声のない大量虐殺)
という言葉を使い(Rachel Carsonの Silient Spring
沈黙の春をもじったかな?)、地球上の富裕層を
独占しているグローバリゼーションと多国籍企業
を非難している。


ハイチ:米の価格が12月より倍以上になっている。
主食の価格をめぐっての1週間以上もの暴動で
4月に首相は辞任。

バングラデッシュ、アフリカにつづき、エジプト、
ウズベキスタン、イエメン、フィリピン、タイ、
イタリアと暴動がおこってきている。


ウォールストリート・ジャーナル4月21日の
"Load Up the Pantry(食糧庫をつめこめ)"で
 Brett Arendsの記事では低諸国国で現在
おこっている食糧騒ぎは、すぐにアメリカでも
おこるだろうと、食糧の買いだめを薦めている。
というのは、彼は食糧不足を予測しているのではなく、
投資としてみているのだ。

「食糧価格は投資で得る利子よりもっと早く
すでに動いている。」と。


Arendsは食糧価格高騰の主要理由は、
中国とインドの中産階級の増加の需要増を
あげている。
そして2番目の理由は、とうもろこし需要については、
石油添加剤としてのエタノール需要の急増を
あげている。


しかし、中国とインドの米の主食は何世紀も前から
のもので何も今はじまったものではないし、金持ち
だけが食べているものでもない。


国連の食糧農業機関の2008年4月の分析によると
2006年からたった1%だけしか、穀物の食糧
消費量が増加していないのがわかる。


この数字からArendsの説明では2ヶ月間で75%も
急増する理由にならないのがわかる。


また、世界人口増加率が1980年代から劇的に
減少していて穀物供給力は人口をしのぎ続けて
いる。

バイオ燃料はこの穀物のいくらかを排出して
いるが、急におこったものでないし、食糧危機は
アジアの中産階級の台頭によるものでもない。

ウォールストリート・ジャーナルのライターが
書いていない説明が4月16日のInternational
Herald TribuneのWilliam Pfaffの記事に載って
いる。

「もっと根本的なことは、油や貴金属のような商品と
おなじように食糧への投機である。

サブプライム・ローンや他の借金でできた商品
によって汚れた金融資産から逃れる金融投資家に
とって格好の投機の的になっている。


購入者の投機マネーの流入が食糧価格を引き上げ
世界の貧しい人々に食糧が買えない状況をつくり
だしている。ファンド資金が農業分野に流れ込み
価格を引き上げている。」


崩壊した不動産バブルに流れていた"hot money"
(短期資金)が商品バブルにうごいている。
"hot money"は、高収益を求めてひとつの市場から
動く次へと素早く投機投機的資本流入である。

製品がよいからではなく、投機"spread"(投資
差額利益)がよいから動く。


お金は、実体の商品やサービスをつくるのに
投資されているのではなく、ただお金を生み出す
のに投資されている。

(先物取引では、実体の商品やサービスの価値の
何十倍ものお金でそれらが売買されています。)

食糧価格は投機家により決まっている。今や、
あなたや私のような一般投資家もふくんで
価格がきまっている。


投機は、かつては大口投資家にだけしか利用でき
なかった儲けのいい市場をひらいたETFによって
一般投資家も農業系先物とりひきでギャンブル
できるようになっている。

・・・・


モンサントのような農業系ビジネスは食糧価格
を高騰させている。


モンサントは食糧のバイオ工学、遺伝子組換え
種、農薬、除草剤、殺虫剤を通じて緑の革命を
推進した。


モンサントが特許権を持つ遺伝子組換え種は
次の年には使えず、毎年、その会社から種を
買わなければならない。

高生産の誇大広告にだまされた小さな農家は、
GM種と化学肥料により生産高が落ち、土地は
GM種意外のものをうけつけなくなる。

GM種を毎年買うことができない農家は市場
からおいだされ、アグリビジネスの巨大企業に
市場での価格支配をも譲り渡すことになる。

・・・・

最後にこの記事の著者は
もし罪の意識を持たずに売買ブームに投資したいなら、
だれの食糧でもなく、燃料でもない「金」を購入する
のがいいでしょう。で締めくくっている。


参考
US Fed To Blame for Global Food Crisis
Politics / Food Crisis
Apr 26, 2008 - 03:09 PM
By: Mike_Whitney
 
http://marketoracle.co.uk/Article4486.html


==========
2008年7月28日
「遺伝子組み換え食品は危険」中高教師の6割がイメージ
で意識調査のニュースについて詳しくかかれています。
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/07/6_52.html


上の記事のニュースについて、自民党政府は
理解が足りない(どの議員が言っているのでしょうね?
官僚のコメントなんでしょうか?)というコメントを
していましたが、
健康もさることながら 自国民の環境、健康、所得などを
無視して、そんなに欧米多国籍企業のいいなりになりたい
のでしょうか?


=============
先日、TVのニュースで自民党政府は
遺伝子組み換え食物について65%の教師が


★遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
100万人署名
(まだの方、是非、おねがいします!)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei


まだの方、オンライン署名はこちら。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/gm/petition/labelling/index_html


=================

★食糧はあるのに飢餓問題1
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1742484#hide


★ドキュメンタリー映画「食の未来」
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1693841

==========
★遺伝子組み換えで誰が得する?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801

★フランケンシュタインになる?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1043598


★笑顔^−^で毎日いられるように!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1670776


★ロハスにトランス脂肪はバツ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1474091

★モンサントによるモンサントのための世界
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1780571

category: 健康

cm 4   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ