FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

3人寄れば文殊の知恵、たくさん寄ればもっといい考えがあるかも・・・ 

市民社会フォーラムからのイベントのお知らせです。

雨宮処凛さんや首都圏青年ユニオンの河添誠さん
がイベントにこられるそうです。

雨宮処凛さんは、ビッグイシューで
連載もされているし、最近、NHK教育などの
番組にでられていて、御用評論家とは全く違い
普通の若者に近い感覚をもたれて、聞いていて
気持ちいい発言をされています。

それに、茶髪(というより金髪かなぁ)のロンゲで
チェックのスカートもいい^^
そんな雨宮処凛さんたちとのおしゃべりの中で
今の苦しい出口を抜け出せるヒントがみつかるかも
と思います。
お近くの方、是非、参加ください。

以下転送転載歓迎
======================
★☆市民社会フォーラム協力企画のご案内☆★

生きさせろ! 雨宮処凛と考える反-貧困
近畿三都物語

 「好景気」が続き大企業は史上空前の利益を得ている
一方で、日本社会の貧困は拡大し深化しています。

 働いても働いても生活できない「ワーキングプア」が
増大し、ネットカフェ難民をはじめ、貯蓄ゼロ世帯、
多重債務者などが急増し、自殺者は毎年3万人を超え、
国保料を払えず保険証が取り上げられ、医療を受けら
れず死にいたる人や、生活保護を受けられずに餓死
にいたる人など、

「健康で文化的な最低限度の生活を受ける権利」
(憲法第25条)が侵害されています。

そして、貧困は世代を超えて拡大し、将来の夢を描けない
フリーターや非正規雇用が増大しています。

 貧困の拡大は、競争に勝てない人々の「自己責任」
ではなく、労働分野での規制緩和や社会保障の給付
削減・負担増を推し進めてきた、
政府の「新自由主義・構造改革」が生み出したものです。

 ますます生きづらくなっている若者の将来を考える
ため、「反貧困」をテーマに、生活も職も不安定さに
晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み
取材・執筆・運動されている雨宮処凛さんを、神戸・
大阪・京都にお招きし、学習・交流企画を開催します。


★神戸企画
「生きさせろ! 貧困と労働を考えるシンポジウム」
日 時 08年2月16日(土)14時〜16時30分(開場13時)


開 場 神戸市勤労会館 403+404号室
 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各
  三宮駅から東へ徒歩10分
神戸市中央区雲井通5丁目1-2 電話078-232-1881

 パネリスト 雨宮処凛さん(作家)
       河添誠さん(首都圏青年ユニオン)
       藤藪貴治さん(北九州大学非常勤講師)

 参加協力費 500円

 ※生活と職に不安を持つ若者を取材されている
雨宮処凛さんと、「反貧困たすけあいネットワーク」
を立ち上げた首都圏青年ユニオンの河添誠さん、

「ヤミの北九州方式」など生活保護問題に詳しい
藤藪貴治さんを交え、生きづらい、働きづらい社会を
どのように考えていくか交流します。


★大阪企画
「雨宮処凛と語ろう、Vegasでオーオー!」
 日 時 08年2月16日(土)19時〜22時


 開 場 LIVE BAR VEGAS
  (大阪・地下鉄長堀橋駅南5分、日本橋北5分)
大阪市中央区東心斎橋2-1-5ゴールデン第一プラザB1F
 電話06-6211-2620
 第1部 雨宮処凛さんトークライブ
 第2部 平和と反貧困の井戸端会議
     (参加者のアピールタイム) 
      司会 遊牧民
 参加協力費 500円  ワンドリンク500円 
 ※深夜はホストクラブになるVegasで、
雨宮処凛さんと「青年の主張」を交流します。


★京都企画
「雨宮処凛と“すごい生きかた”語り合おう!」
日 時 08年2月17日(日)午後14時〜16時30分
     (開場13時)

 
開 場 京大会館101号室
・京都駅より市バスD2のりば(206)
    「京大正門前」下車
・三条京阪より京都バス17番のりば出町柳経由系統
    「荒神橋」下車
・京阪電車「丸太町駅」下車徒歩7分

 京都市左京区吉田河原町15-9  電話075-751-8311
 参加協力費 500円

※雨宮さんと参加者で「働くこと、生きること」
に関して、「しんどい時にしんどい!と言い合える社会」
にするにはどうしたらいいか交流します。


※京都市民の皆さん、この日は京都市長選挙の投票日です。
 ぜひ投票に行かれてご参加くだされば幸甚です。
 
<雨宮 処凛 さん プロフィール>
1975年、北海道生まれ。幼少期からイジメを受け、
10代はリストカット、家出、ビジュアル系バンド
追っかけに使い果たす。

21歳のとき、右翼団体に入会。愛国パンクバンドで活躍。
00年、自伝『生き地獄天国』(太田出版)で作家デビュー。

以後、右は辞め、執筆活動に専念しながらも、北朝鮮、
イラクへと渡航を繰り返す。


現在は新自由主義の中、生活も職も不安定さに晒される人々
(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
 『雨宮処凛のオールニートニッポン』(祥伝社)
 『生きさせろ!〜難民化する若者たち〜』
            (太田出版)など著書多数。
 「雨宮処凛公式ホームページ」
http://www3.tokai.or.jp/amamiya/


★事前申し込みなしでも参加いただけますが、
 人数把握のために(市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com
までお申し込みいただければありがたいです。
  
主 催 「生きさせろ! 雨宮処凛と考える反貧困 
近畿三都物語」プロジェクト
連絡先 市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com

チラシデータ
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/amamiyakarin.pdf


======================
市民社会フォーラム協力企画のご案内
第6回神戸市民公開講座
人口激減!21世紀の神戸のまちづくり

講 師 中山徹さん(奈良女子大学准教授・一級建築士)

日 時 2月17日13:30〜(開場13時)
会 場 神戸市医師会館3階市民ホール
     神戸市中央区橘通4−1−20 電話078-351-1410
資料代 500円

 神戸では高層・超高層マンションを中核とした都心開発
が継続されています。

70年代ニュータウン(中・低層団地)とその周辺の戸建中心
のミニ開発地域も商店や医院の撤退など、暮らし難い街
になってきています。


まちづくりの専門家である中山徹さんは、
人口激減の21世紀を見据えたあるべき「まちの姿」を
提言されています。
都市間競争で企業誘致に血まなこになっている日本と
企業の撤退を無条件で許さないヨーロッパの事例など、
市民の胸にストンと落ちる講演です。

主 催 神戸市民公開講座実行委員会
共 催 兵庫県保険医協会神戸支部/兵庫県商工団体連合会
協 力 神戸をほんまの文化都市にする会
    神戸まちづくり研究所
    兵庫県労働組合総連合
    市民社会フォーラム
    神戸芝居カーニバル 

事前申込不要、どなたでもご参加できます。

======================

市民社会フォーラム第40回例会のご案内
色平哲郎医師(いろひらてつろう)と
グローカルに社会保障を考える

日 時 3月2日(日)13時30分〜17時

会 場 神戸市勤労会館会議室304
市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー
各三宮駅から東へ徒歩10分


神戸市中央区雲井通5丁目1-2 電話078-232-1881
定 員 17人(要事前申し込み)
参加費 500円
 
 「医療難民」「介護難民」「ネットカフェ難民」
という言葉がマスコミでも頻繁に用いられるように、
医療・福祉・介護などの社会保障の貧困さが、
格差社会を深刻ななものにしています。


 日本の社会保障をどう考えるか。
佐久総合病院で農村医療に従事する色平哲郎さん
に、海外での知見も交えながら、グローバルかつ
ローカルな視座から交流会を開催します。
 
お申し込みは、市民社会フォーラム 
NQC41966@nifty.com まで

スポンサーサイト



category: 健康

cm 2   tb 1   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ