FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

海と空に放射能を流さないで! 

三陸の海を放射能から守る岩手の会 hokutoさんからの
よびかけです。

岩手といえばNHKの朝ドラ「どんと晴れ」。
いつもはじまりの空や山の自然の映像が綺麗なのと、
主人公の夏美の人を疑わず、天然の笑顔が好きで
見ています。

そんな自然豊かなところで活動するhokutoさんからの
メッセージに賛同します。

仲間がいないから街頭呼びかけに参加できないわと
いう方も、署名活動や この呼びかけメッセージ転載など
協力おねがいします!

=======転載開始=======
*転送大歓迎です

「海に、空に、放射能を流さないことを求める」
全国一斉街頭署名の呼びかけ
 
「海と空に放射能を流さないで」どうしてこんな当たり前
のことで署名を集めるのだろうかと不思議に思うこと
があります。

事実を知った人はとても驚き、署名に協力してくれます。
この署名活動で多くの人に事実を知ってもらうことが
できました。

微量でも発ガン、遺伝的障害などの危険性が増す放射能
を環境に放出することは決して許されることではありません。   

私が再処理工場の問題に深く関心を持ち始めたのは
昨年の夏。
多くの若者と同じく「六ヶ所村ラプソディー」がきっかけです。
上映会・講演会・勉強会と草の根的な取り組みも始めるよう
になりました。

しかし、大抵の人は「自分に何が出来るのだろう?」
「やって意味があるのか?」など結論から考えてしまう。
何より一番の問題は活動・運動というものに慣れていない。
私の一年前の姿でもあります。

なぜ自分は動けたのか。たぶん全てはタイミングと助言。
自分が何かしたいと思った時に上映会や講演会のノウハウを
教えてくれた人達のおかげだと思います。

自分で全ての責任を負うことで、再処理・原発はもちろんの
こと、核燃サイクルの矛盾や憲法・戦争・教育に至るまで
全ての問題が繋がってきました。

そして事実を伝えることの大切さ・考えることの大切さを
感じました。

一歩を踏み出した人、踏み出せない人、踏み出したけど
続かない人、いろんな人がいると思います。
たまには間違うこともあると思います。
でもやっぱり大切なのは続けること。

特に再処理はマスコミにもなかなか取上げられない特殊
な問題ですから、どうやって継続するかが私にとっては
大きな問題でした。

ただ署名を集めることだけは継続しており、一人でも多人数
でもそれぞれの条件に合わせて無理なくできる行動だと
感じていました。

そんな時に、全国一斉署名を思いつきました。
イベントの要素を込めれば、事実を知った一人の若者も
新しい団体も長年活動された皆さんも、それぞれが地域
の中心になって動けるのではないか。

全国で多数の市民団体や個人が一斉に街頭署名運動を
同時に行えば、マスコミや報道も関心を持ってくれるのでは
ないかと考えました。

再処理工場を止めたい・綺麗な海を守りたい・平和な世界
にしたいそんな思いを持った全国の有志が行動を起こせば
新しい流れがつくれるはず。

最終目標が一緒の人達が手と手を取り合って協力して
いこうではないですか。

 【 この全国一斉署名にはいくつかのメッセージがあります 】

1)世界的な放射能汚染を防ごう
2)署名活動で事実を少しでも多くの人に伝えよう
3)事実を知った人たちが行動できるきっかけを作ろう
4)マスコミ・報道に少しでも関心を持ってもらい記事にしてもらおう
5)これまで活動を続けた人とこれから始める人が
  繋がるきっかけにしよう

私もまだ活動をはじめて1年ほどしかたっていません。
普通の31歳の会社員です。
最近、やっと周りに仲間が増えてきました。
少しずつですが、成果は出ています。

草の根的な市民の地道な活動が一番大事と思います。
だからこそ、市民レベルで活動できる今回の一斉署名に全国の
活動を続けている皆さん、事実を知ったばかりの皆さん、多くの
自然・平和を望む皆さんに参加して頂きたいと思っています。

「再処理を止める」その一歩を国や原燃が踏み出せるよう、
どうか全国一斉署名にご協力よろしくお願いします。

地球とともに 武藤北斗(chikyuutotomoni@yahoo.co.jp)

署名:「海に、空に、放射能を流さないことを求める署名」
    取り扱い団体 三陸の海を放射能から守る岩手の会
日時:2007年8月20日(月)〜8月26日(日)
場所:日本全国

署名用紙はこちらから
http://homepage3.nifty.com/gatayann/syomei07.pdf

道路許可の取り方
http://blogs.yahoo.co.jp/chikyuutotomoni/13509053.html

===========

六ヶ所村ラプソディ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1541404
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

ムリヤは無理や!(無理ムリ) 

日本企業は日本政府のあとおしで日本と同じ地震国
インドネシアにも、原発を輸出しようとしている事
を知りあきれている。

まして、インドネシアは天然資源に恵まれ、石油も
天然ガスもでる。そして、世界最大の液化天然ガス
(LNG)輸出国である。


日本の企業もトヨタ、松下をはじめ多く進出している
国。


デビィ婦人で知られるように、インドネシア政府と
日本政府のおつきあいは長い。また、日本政府の
ODAの額も最大。

「おさまらないインドネシアの地域紛争」によると
http://www.janjan.jp/world/0512/0512080089/1.php


==転載開始===
日本はインドネシアへのODA最大供与国である。
「外務省ODA白書」によれば、2003年度の実績
は11億4100万ドル(円ではない、ドルである)。
ODA全体の10%を占め、対国別ODAでもトップだ。


世界屈指の汚職大国インドネシアに、日本からの巨額
ODAが大河のごとく流れ込む。
キックバックは政治家のポケットに入り、事業を受注
した日本企業は潤う。


====転載終わり======


これまで日本のODA資金でインドネシアの熱帯雨林を伐採
して、無用のダムを建設したことを思い出す。


インドネシアでは、長年、天然資源の利権をめぐり
紛争がたえない。
また、他民族国家といえども、88%以上がイスラム教徒
(ウィキディア2000年のデータ)の国、インドネシア。


インドネシアのイスラム教徒は中東のイスラム原理主義と
はちがうとは思うが、抜け出せない貧困から原発の
テロ計画の可能性も危惧する。


下記のYouTubeのキャンペーンビデオによると
(日本語と韓国語)
http://jp.youtube.com/watch?v=Rethpz4-cnY


インドネシア政府は2008年に原発の1基めを入札予定。

原発推進計画は90年代からはじまっていて、
91年〜96年に日本企業が原発の立地可能調査をはじ
めているが住民の反対運動にあう。
その後、経済危機で、この計画は一時停止していた。


下記にグリーンピースからの情報を転載します。
===============================

Greenpeace Japan Mail Magazine
【 グリーンピース・ビジョン】(転送歓迎)

       2007/07/10    No.89
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1 インドネシアへの原発輸出を止めよう!


インドネシアを含む東南アジアには、原子力発電所
がありません。


しかし現在、自国では原発建設が厳しくなっている
日本などの企業が、原子力技術を維持するために
海外進出を狙っており、日本政府などの支援の
もとにインドネシア・ジュパラ県でのムリヤ原発
建設計画を進めています。


しかし、2年前にはジュパラ県付近で大地震が起きて
おり、原発を設置するには危険な場所です。


なぜ土地が不安定なジュパラ県へ不必要な原発の
建設を進めるのか、政府からの公式な説明も、
実行可能調査の結果も地元民には知らされてい
ません。

しかし、住民を無視した原発建設計画は着々と
進んでいます。


地元住民たちのあいだでは、原発反対の声が急速
に大きくなっています。6月に開かれた集会には
数千人が参加し、中央政府への原発抗議行動を
繰り広げました。


グリーンピース東南アジアもその集会に参加をし、
不透明な政府の行動に異議を唱えました。

グリーンピースは、日本のNGOと共同で、
「ムリアは無理や!」(ムリ無理)キャンペーンを
行いました。

活動の一環として、7月3日から9日にかけて、イン
ドネシア地元代表ヌルディン・アミンさんや、
グリーンピース東南アジア気候・エネルギー問題担当
のヌル・ヒダヤティとともに日本政府や国際協力銀行、
企業に対し、インドネシアの原発導入計画を支援しな
いよう、申し入れました。

インドネシアは、風力や太陽光など自然エネルギー源
が豊富な島です。地球温暖化問題を解決するのは原発
ではなく、自然エネルギーの導入とエネルギー効率の向
上を進めるべきだと、ヌル・ヒダヤティは述べています。


ジュパラ県を含むインドネシアの80%の住民の生活は農業、
林業、漁業に支えられています。この原発輸出が遂行
されれば、地元民の自然と共存した生活は破壊されか
ねません。


また、日本が東南アジアで初めての原発を建設すること
になります。
これを引き金に、隣接した他の東南アジアの国々も
原発建設に着手するのは必然です。この穏やかでない
流れを止めるのは、今しかありません。

グリーンピースは、この計画を止めるため、引き続き
活動を続けてゆきます。


◎詳細はこちらから:
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/climate/nuke-export/?gv


◎2050年までにCO2を半減する自然エネルギーのシナリオ
『エネルギー・[レ]エボリューション――
持続可能な世界エネルギーシナリオ』
日本語・要約版ができました。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/climate/e-revo/?gv


◎グリーンピースをご支援ください:
http://www.greenpeace.or.jp/info/supporter/?gv

=================

参考サイト

YouTubeでキャンペーンのようすが見れます!
(日本語と韓国語)
http://jp.youtube.com/watch?v=Rethpz4-cnY


ノーニュークス・アジアフォーラム
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/86a.html


資源太りの大企業とインドネシアの地元住民
http://www.ipsnews.net/jp/11/28.html


日本のODAとアジアで一番長い内戦
http://www.janjan.jp/world/0512/0512080089/1.php


東方観光局 インドネシア
http://www.eastedge.com/indonesia/economy.html


おさまらないインドネシアの地域紛争
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20030617/index3.htm

category: サステイナブル

cm 4   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ