FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

党の大きさにかかわらず、議員は情報公開を要求できます! 

先日も大阪府議会委員の政務調査費のブログの
記事に書いたように
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1621928


私も地元、大阪府池田市で、全国市民オンブズマン
連絡会議のアンケート(簡単な内容で1分もかから
ないと思う*この記事の最後参照)を市会議員さん
たち24名に6月22日に送付し、先週の7月6日必着で
回答をお願いした。


書面には私の電話番号もメールアドレスも載せて
いるし、議会で各議員さん宛、ひとりづつ宛名を
かき、住所をかいた返信用封筒もいれた。

議会事務所が回答を預かってくださるということも
書面でいれているし、議会事務所の方も議員さんに
配布する際、回答を預かりますと言ってくれたとのこと。


現在のところ、すぐに回答くださった無所属議員さんの
1名からか回答がない。

もう1名、若い議員さんで前回の市会議員選挙で無所属
議員で当選した人がいるが、以前、自民党ででていたの
で、まったく回答がないのは本当は自民党に属している
のだろう。


メールアドレスを持っている議員さんを議会事務所が
把握していないので、ネットと議員さんの所へ電話を
かけて調べた。職業として議員さんやっておられるの
に、「本人がいないのでわかりません」という
あきれた答えをする人もいた。


そして、アドレスのわかった9名には提出前の3日前に
も、再度、提出日が近いというメールを送付。そして
当日の夜、返事がなかったので 
「提出できないならできないと、その旨、返信メール
ください」と書いて、再度、メールを送信。
しかしながら、まったく何の回答もない。


また、締切日の当日の夜、議員さんに提出してもらえ
るかの電話をかけたが、自民党のひとりの議員さんは
「会派でまとめるとのこと」といわれたので、どの
議員さんに聞けばいいか教えてもらい、その議員さん
に電話して留守電に提出してもらえるのか電話くだ
さいのメッセージをいれたが、2日たつが何の連絡
もなし。土曜に再度、電話したが、留守電もつながら
ない。


公明党については、ひとりの議員さんが、党で保留に
してくださいと言われているとのことだった。


また、他の党の議員さんも、留守のところが多く、
伝言や留守電にメッセージをいれたが、何の連絡も
ない。ひとりだけ、共産党の議員さんが連絡を
くださり、月曜に回収ということになったが。


月給60万円(驚き!!!)もお給料もらっている人が、仕事で
連絡も何もしないとなれば、取引はすぐに終わってしまうだろうに。

市の条例では
「第7条 市議会議員は、議会の活動状況及び市政の状況等
について、市民へ情報を提供し、説明に努めなければならない。」
ともあるのに・・・。


市会議員は市民の声より党の意向の方が大切なの
だろう。しかしながら、こんな簡単なアンケート
にさえ答えられないとは情けないし、そんな議員
に税金を費やしているのもバカバカしい。
地方レベルの議員は、やはりボランティアに
すべきだ!!ボランティアのほうがもっと効率に働いて
くれると思う。


今回、市レベルでさえ、自分の党の顔色をうかがう
というなさけない実態を知った。


しかし、ほとんどの人が 数の論理だから、選挙で
小さい政党の議員にいれたって国政で力を持つわけない
と思っているだろう。


私も多かれ少なくそう思う一人だったが、今日、
天木直人氏の「怒れ、9条」をよんでいて、
「質問主意書」というものの存在を知った。

これがあれば、党の大きさに関係なく国会議員がさまざま
な問題について情報公開を政府に求めることができる。


マスコミは、やっぱり現政府よりなので、
「質問主意書」で国民にさまざまな情報公開されて
国民が覚醒させられることを恐れて、あえてこの
法律のことを報道しないのかもしれない。


天木直人氏のブログの記事から一部転載
「質問主意書」新党を作ろう
http://www.amakiblog.com/archives/2007/03/28/


==転載開始===

質問主意書は国会法74条にもとづいて国会議員が
内閣に対して行う文書による質問である。
内閣は閣議決定を経てその答えを議長を通じ7日以内
にその議員に文書で答弁しなくてはならない。


これを有名にさせたのが鈴木宗男である。
一人政党の新党大地には国会での質問時間は割り当て
られない。
それを逆手にとって鈴木宗男は質問主意書を連発した
のだ。

残念ながら鈴木宗男の質問は外務省に対する嫌がらせ
のような次元の低い質問がほとんどであった。
だからメディアも国民もこの質問主意書の本当の重要性
に気づいていない。

しかし、もし国会議員が国民に代って政府のさまざまな
政策についてまじめな質問をし、政府を追い詰め、政府
の答えをメディアを通じ国民に情報公開したらどうか。
おそらく最も有効、かつ強力な情報公開の手段となる
であろう。

・・・

いまや国会審議は完全に空洞化している。
一方において自民党の八百長質問が延々と続き、野党の
質問に対しては、政府はまともに答えようとはしない。

共産党や社民党の弱小野党はろくな質問時間を与えて
もらえない。こんな中での国会質問は茶番である。


そんな質問を繰り返すよりも、良質で鋭い質問主意書
をどんどんと政府にぶつけ、政府の政策を追及する
ほうがはるかに効果的である。


そのためには国会議員に頼まなければならない。しかし
大部分の国会議員は政党に属しているために、必ずしも
国民の知りたい事、聞きたいことをそのまま質問して
くれるとは限らない。
しかも質問の手柄は所属政党のものになる。
これでは本物の質問にはなりえない。


だから新しい政党をつくるのだ。もっぱら国民に代って
質問主意書を政府に提出し、その答えを国民に届ける役目
を果たす国会議員を一人国会に送り込むのだ。


たとえば私が何らかの形で国会議員になったとしよう。
直ちに「質問主意書」新党を立ち上げて国民に呼びかける。
国の政策について知りたいことはないかと。
あるいは国民の中から有識者を集め良質の質問を作っていく。

そしてそれらをどんどんと政府にぶつけていってその答えを
国民に情報公開する。
国民との連絡はすべてインターネットで行えばよい。
自らのHPで公開してもよい。

既存の政党に属さないので自由に何でもできる。
国民の支持が広がれば複数の政治家を当選させることができ
るようになるだろう。


政権政党など目指す必要はない。国民の声を代弁し、どの
政党が政権をとろうとも、政府を監視し続ける「質問主意
書」政党に徹すればいいのだ。


国民の支持が広がり複数の優秀な政治家を擁するようになる
と、キャステイングボートさえ握れるようになるかも知れ
ないのだ。
これこそが私が考えるまったく新しい政党なのである。


===転載終わり===
Wikipedia 質問主意書
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AA%E5%95%8F%E4%B8%BB%E6%84%8F%E6%9B%B8


>その一方で、質問主意書制度に関し、「行政の阻害要因
となっている」との問題点も指摘されている。


>質問主意書の答弁を作成する場合、担当省庁は内閣法制局
の審査を受けねばならず、案件によってはさらに関係各省
との調整も経なければならない。


>これにより、政府部内での作業が膨大に増え、担当職員の
超過勤務手当の増加等によって国民の血税の無駄遣いと
なったり(もっとも、予算上の制約等から、その分超過勤
務手当が増えているとは限らない)、本来業務が停滞し国民
にとって損害となる、との指摘がある。

・・・

>しかしながら、諸外国との比較をしてみると、このような
日本の“文書質問”の状況は異常なものである。


>議会制度の原則では、議員が文書質問をするのは政府統制
権に基づいていて議員の当然の権利だと見なされている。
政府が国家の情報を握っている以上、それは必要に応じて
公開されなければならず、政府には議員からの膨大な質問
にも回答する義務があるとされる。


>政府に情報を公開させること、情報を得て議員活動に利用
すること、そして政府のミスを暴いて政府を追及することが
文書質問の意義とされ、議院内閣制の国の議会では活発に
利用されている。


>具体例としては、イギリスでは年間5万以上、フランスで
も両院で1万5千以上の文書質問がなされている。
これに対し日本では年間の質問主意書の件数は年間に1000
にも満たず極めて低調である。


>この状況を見る限り、日本においては文書質問が効果的に
運用されているとはとても言い難い。


>議院内閣制の諸外国に比べて、10分の1の文書質問しか
提出されていないにもかかわらず、日本の行政機関の
活動が阻害されてしまい、制限しようという議論がされる
状況はお粗末なものである。


>また質問制度の重要性も理解されているとは言い難く、
質問制度がいまだに前途多難な状況にあるというのが
日本の現状であろう。


=========
天木氏と耐震偽装の藤田氏の対談のなかに
メディアについてもでてきます。下記のYoutubeで見れます。
 

http://www.youtube.com/watch?v=_xzNOh8NNFQ


http://www.youtube.com/watch?v=0a8tp3rjnmI


http://www.youtube.com/watch?v=TGGBJRxNDQE


====================

*政務調査費アンケート内容


1.現在支給されている政務調査費の交付額について、
どう思われますか
 a)多い  b)妥当  c)少ない


2.政務調査費の支給対象について、どのようにすべき
とお考えですか
 a)会派に支給  b)会派と議員個人それぞれに支給 
c)議員個人に支給


3.政務調査費支出の領収書を公開することについては
どのようにお考えですか
 a)全面公開  b)      円以上公開  c)非公開


4.政務調査費をもちいた活動の報告書を公開すること
についてはどのようにお考えですか
(作成していない場合には作成して公開することの是非
をお答えください)。
 a)賛成である  b)反対である  c)その他


5.政務調査費による視察の報告書を公開することに
ついてはどのようにお考えですか
(作成していない場合には作成して公開することの是非
をお答えください)
 a)賛成である  b)反対である  c)その他


6.政務調査費の支出が1件ごとにわかる会計帳簿を
公開することについてはどのようにお考えですか
(作成していない場合には作成して公開することの
是非をお答えください)
 a)賛成である  b)反対である  c)その他



========
領収書添付義務がない政務調査費 大阪府議会委員は月59万円
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1621928


正しいことを言う人が不当な仕打ちを受けない社会に!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1622788


あなたの年金は大丈夫です?????
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1624937
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ